沖縄・神人・ユタ

いろんな災難・病気・人間関係の不和などで悩んでいる方に、

自分が体験した中で、何かの良い切っ掛けになればと・・!

甥っ子が彼岸とともに!

2021年10月26日 | 新たに!

☆「沖縄・神人・ユタ」の題名で始めたこのブログは、大病して一年後から投稿し始めました。今年で14年程経ちますが、いろんな出来事が有りました。

このブログを見てご連絡頂き、喜瀬様にご紹介した方も沢山いらっしゃいます。投稿を始めたばかりの頃と 今の私は随分変わってきましたが、今の自分で居られる様になって本当に良かったと思えています.
もう一度、14年前の始めたばかりの頃のブログを見て、もう一度昔の自分から今の自分を振り返りながら、新たに皆様に見て頂けたらと思っています。

 ★6年前のブログを振り返り、改めてお伝えしたい事!★

          2015年3月27日 お題<甥っ子が彼岸とともに!>

私は彼岸の間体調が良くありませんでしたが、彼岸明けて三日目頃からやっと元の調子に戻ってきました。
今回の彼岸に嵌ったように私の兄の子ども甥っ子が、沖縄に来て我が家に一週間滞在していきました。
甥っ子は長男である兄の息子で二人兄弟の長男です。
私は初めての甥っ子でもあり、小っちゃい頃からとても可愛いがってきました。この甥っ子も30歳後半になりますが、10年以上前に何でそうなったかははっきり知ることは出来ませんでしたが、うつ病になり薬を飲むようになっていて、気分を変えようと沖縄に急に遊びに私のところに来たのでした。
その時はいろんな所に遊びに連れて行き、1日は喜瀬さんにお願いして神様のところを回り、払いごとや病気平癒に元気にになるよう力を貰いに行きました。家に戻ってからは、随分元気になり薬もしだいに飲まなくなってくれました。
その後、病院で働いていた甥っ子は、同じ職場の看護師をしている女性と6年前に結婚しました。とても可愛い女性で私も好きでした。

甥っ子夫婦は結婚してからは父方ではなく母方の方に寄り添い生活していました。甥っ子夫婦はなかなか子供に恵まれずにいました。
それは奥さんの実父お父さんも脳梗塞で倒れられたりして、彼女の実家もいろいろあるようで、私は子供が授からないのは何かしらご先祖様が影響しているのではないかと感じていました。
私は何もできずにいて、なんでそうなったのかは分かりませんが、甥っ子夫婦は去年の末、彼女が出ていってしまい別居状態なんだと今年に入ってから兄から聞かされました。
それを聞いて直ぐ思ったのが、甥っ子の親である兄夫婦も、本当の事情は分かりませんが、義理の姉は20年余り前に家を出て別居状態が続いていていることもあり、兄夫婦と同じことになってしまった!真似方させられていると思いました。
ずっと大丈夫かな!と心配はしていましたが、何もアドバイスすることも出来ずショックで、やっぱりそうなってしまったかな!と、親と同じことをしてしまう「真似方」をしてしまったと思いました。
それからも私は気になっていましたが、甥っ子に聞くことが出来ないでいて、今月の頭に2泊3日で実家に帰った時、兄から甥っ子がうつ病を発症し仕事を休んでいて心配だと改めて聞かされビックリし、私は甥っ子に連絡しお酒でも飲もうと誘い話す機会を作りました。
奥さんのこと仕事のことは聞かず少しでも楽しくしようと話をし、まずは沖縄にリフレッシュしに沖縄においでと話をすると、甥っ子も早々に沖縄に行きたいと思っていたようでした。
来るのならばちゃんと喜瀬さんに相談し拝みをしてもらわないと思い、喜瀬さんの都合も聞き沖縄行が決まり嵌った日時が、彼岸入りに来て彼岸明けとともに帰る日程になっていました。
私は彼岸入り前から風邪気味でしたが熱はなく甥っ子を迎えることが出来ましたが、咳だけは止まらずにいました。来た日は迎えるだけでしたが、次の日に喜瀬さんに判断をとり拝みをやって頂きました。結果甥っ子がこうなった一番の原因は、母親の父、警察官だったお爺ちゃんで、すい臓がんで亡くなられていて、このお爺ちゃんが甥っ子に付いて回るというより、ぬり込んで憑依されていたからでした。それで身体も重く何をしても上手くいかず精神的にも振らされていたのでした。
拝みの時に、このお爺ちゃんが甥っ子に「何で外すのか!」と怒っていたようです。そんな時甥っ子は何が何だか分からず涙がずっと出ていたそうです。
拝みをしてもらった後の甥っ子は、顔つきも変わり少し元気が出てきているのが分かりました。甥っ子自身もハッキリではないでしょうが、母方のお爺ちゃんが原因だったと分かったようで身体も楽になり、前向きに考えれるようになれたようです。
甥っ子は今後お爺ちゃんの供養をすることも可能でしょうが、まずは自分の身体を良くするのが一番なので、このまま母方の側にいると、今外れて真肌でいられるかもしれませんが、何かの切っ掛けで声が掛ってまた憑依されてもまた元に戻ってしまう事もあるので、取り敢えず母方から離れて、神様からも「沖縄は受け入れてくれる!」と出てきたので、甥っ子は原因も分かり前向きに良い方向に進む道が見えてきたようでした。
甥っ子は無事に彼岸明けととみに元気で帰って行きましたが、私は彼が帰った後、何だか気が抜け普通の生活に戻れなくいて、咳も酷くなり夜は寝れないほど咳が出るのでした。1週間気を使っていないようで使っていたこともあり、帰った後も甥っ子は気を残している為、私にも掛ってきてしまい、気も身体も重かったのでした。
やっと火の神様にお願いして外してもらいましたが、やっと喪が明けた気がしてブログを書くことが出来ています。
甥っ子が帰ってから今回、彼は昔から霊などを見る人だったことも知り、本当にきつい思いをしていたんだと可哀想になりました。しかし、喜瀬さんがおっしゃるには、本当にうつ病で酷い人は、家から外に出れなくなり病院行きになってしまうので、まだ沖縄に一人で来れる程で良かったよ!と言われました。

**今の私から*** 

「甥っ子が彼岸とともに!」は、甥っ子は今現在沖縄で働き生活しています。

* 喜瀬優様のご紹介 ***
下の画像をクリックしてご覧ください↓!

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ウコーは沖縄独特な線香!結書! | トップ | 霊が見える子!加山雄三ファ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿