goo

横浜美術館レクチャーホールで

03 先週末の日曜、横浜美術館レクチャーホールでのピアノコンサート【南日美奈子 横浜コンサートシリーズ7 ピーターと狼 ~物語の世界へ~】へ行ってきました。同じ会社に勤めている方の奥様のコンサートで、招待券を頂いた同僚と現地で待ち合わせました。

地元の駅に向かう途中に、満開でした。“サトザクラ”というのかな?(サトザクラを調べたら…オオシマザクラを基にして開発されたと考えられる園芸品種の桜の総称。オオシマザクラにヤマザクラ、エドヒガン、カスミザクラ、マメザクラなどを掛け合わせたものとされるとのこと。サトザクラ ⇔ ヤマザクラ みたいな気がしますけど…) 02

こちらは横浜美術館の前に咲いている薄紅色の花水木。かわいくってきれいで大好きです。

さて、コンサートは物語性のある音楽…というテーマで ♪ ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」から始まって(北の国から でも流れてきますよね)♪ ハチャトゥリアン(激しい曲がメジャーなのだとか…今回の選曲は楽しくなる、懐かしくなる、、、という雰囲気のものでした)♪ プロコフィエフ <シンデレラ>による小品より(バレエ)、義理の姉たちが争うときの「争い」、シンデレラが舞踏会を夢見て踊る音楽「ガヴォット」、王子様と踊る「ワルツ」など、目を閉じると映像が浮かんでくるようで聴き入りました。

休憩をはさんで、朗読とピアノ【ピーターと狼】が始まりました。プロコフィエフというロシアの作曲家であり、ピアニストであり、指揮者だった方が「子どもも楽しめる音楽はありませんか」ときかれ、4日で作り上げた音楽物語なのだとか。少年ピーターが、動物達の力を借りて狼を退治するおはなし。登場人物ごとにテーマ音楽があります。ピーターとか、おじいさんとか、アヒルとか、ねことか、狼とか。最初にそれを聴いてるだけでも何だか楽しくなってくる感じです。

鶴野峰子さんの朗読、南日美奈子さんのピアノ・・・とぉっても素敵でした。

よい時間をありがとうございました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『うしろ耳で聞こえてくる声』

Photo 京橋でみてきました。

なんとなく、懐かしい気分になるアイテムがたくさん感じられました。ご本人が大切にされていたものたちなのかなぁ。

宙に浮かんでるようにみえた花たちも良かったです。

映像もあって、座ってゆっくりみました。いい時間を過ごせました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初★トムズボックス&カレルチャペックへ

ながーい間(行きたいなぁ…)と思っていた、吉祥寺にある【トムズボックス】へ初めて行きました。豆本フェスタ2に出展される(私も出展します)いちむら みほこ さんと。

入口は【カレルチャペック】という山田詩子さんの紅茶のお店で、みほこさんにつんだっていった私は、いつの間にかお店に入っていたので「トムズボックスの入口、どこでした?」と聞いてしまいました(特にドアがある訳ではなくつながっていたので「アレ?」という感じでした)。

まずは、楽しみにしていた『片山健』さんの原画展をじっくりと。。。そして、店内もじっくりと。。。

よく行く書店ではあんまりみたことないような、さまざまな本&絵本がいーっぱいありました。「こどものとも」という、保育園などには置いてあるらしい年間購読本があったり、マッチ箱に入った小さな本があったり、ピンバッチがあったり。

ながいことウロウロして、絵本を3冊(片山健さん・大道あやこさん・井上洋介さん)持ってレジへ。店主・土井さんに「変わった取り合わせだなぁ」と言われてしまいました。でも、他にも買いたいの、いっぱいあったので、また行きたいと思います。

偶然、カレルチャペックでは山田詩子さんのサイン会が開催されていました。試飲した紅茶が美味しかったので買い、サインを頂いて写真も撮らせていただいてお店を出ました。山田詩子さん、とっても気さくに接して下さいました。紅茶は会社で頂いてます。

その後、いちむら みほこ さんが以前展示会をなさったことがあるという、ケーキのおいしいお店【A.K Labo】へ。私も展示できるといいなぁと思いつつ、紅茶とケーキをいただきました。

楽しい一日でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三菱重工横浜ビル内郵便局

20100428165845

昨日、無事に展示会が終了しました が、

私の手作り絵本をみて持って来て下さったという「とらのすけ」さんご自宅のたくさんのとぉってもかわいい猫の写真が置いてあります。

職場の方もみて下さって、職場以外の方もみて下さって、更にこんな風に写真まで置いて下さる方がいらして、つながって広がって嬉しいです。感想ノートにメッセージを下さった皆様、どうも、ありがとうございました。

そうそう、お昼にSさんと雨の中外へ出たら、サツキのしげみの中から「にゃーお、にゃーお」という子猫のかなり強い声がきこえてきました。

Sさんが「昨日の帰りも同じ声でないてた!」「きっと出られなくて助けを求めてるんだ!」というので、茂みをのぞいてもどうしても何処にいるのかわからない。段を登って茂みをかきわけようと思っても密集度がものすごくて手が入れられない、奥の方もみえない、、、しかも、声がきこえてくる場所が移動する。。。「生きてるってことはわかった」と、とりあえず用事を済ませ、御飯を食べて戻ってみると、やっぱり声が。で、三菱重工横浜ビルのガードマンの方に「どなたにお伝えすればいいのかわからないんですけど」と言ったら「どんな話?」と言われ「猫の…」「あー、小さい猫がいるんでしょ?白いやつ」「……」「わかってますから大丈夫ですよ」どうやら、色々な人がそこに猫が居るということを伝えに来てたらしいです、ハイ。ということは私達がその子猫にからかわれたのかな?でも、みんな心配してガードマンの方に伝えてたってことが何だかほっと安心でした。

あービックリした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パソナ倶楽部【手作り絵本講座】7

21日は7回目のパソナ倶楽部【ミニ絵本講座】の日でした。今日は寒かったですけど、昨日は暑いくらいでした…

01 『アート・ナビ』をみて来て下さったWさん。カッターで川のしぶきのカーブをきれいに切られてらっしゃいました。製本に興味がおありなのだとか。。。関係ないけれど、お住まいが近くてびっくり。

02 03 カッターでもはさみでもお好きな方を使って製作して頂きます。ところで、今回のミニしかけ絵本『ティムのすきなきらきら』には“花水木”が出てきます。今、あちこちで咲き始めていて(きれいだなぁ)と心底思います。。。

04 Kさんは、背表紙に一工夫。この写真を撮った後、とってもキュートな“もぐら”を下の方に描いてらっしゃいました。でも、端の方は折り込んでしまうからみえなくなってしまいます…と最初に言い忘れたことを、反省。製本後は上手い具合に顔だけちょこっと出てる感じで、“もぐら”としてはちょうど良かったのかな?

05 Wさんはお城風の素敵なおうちを描かれてらっしゃいました。出版社の名前をいれるイメージだったのだと、後から教えて下さいました。色合いも表紙に合わせて下さったような。。。

今回もいろいろありつつ(本文を途中さかさにくっつけちゃったけど、そぉっとはがして、正しくくっつけなおした ← 気付くのが遅くて申し訳なかったです。のりで貼ったからこそ出来たことかと思われます。)、出来上がった時は「楽しかった~、いい体験させてもらいました!」と喜んで頂けて、良かったです☆

皆さんも小さなしかけ絵本を一冊、作ってみませんか?

次回は『みみとふうせんさん』です。

5月26日(水)・28日(金)19時~20時半(同一内容)、

場所は横浜シェラトンホテル隣の横浜ファーストビル10階(横浜駅西口)にて。

お申込みはパソナのWebから。

手作りキットから、紙を切ったり貼ったりしてしかけを作り、タイトルやご自身の名前を書いて頂いて製本します。表紙にラミネートをするので、丈夫な仕上がりです。色鉛筆やはさみ・のり等、ご用意しておりますので、懐かしい工作を楽しむ感覚で、是非お気軽にいらして下さい。 お待ちしております(仕上がりサイズ約13cm角・本文8P)☆

  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エンドウユキコさんのお菓子

今日も、とっても寒かったですけど、、、手作り絵本&原画を展示中の【三菱重工横浜ビル内郵便局】に、(懐かしの)ねこじゅうで知り合った、お菓子作りがとっても上手なエンドウユキコさんに来て頂きました 局員さん達に食べて頂きたくて、数日前に、お菓子を注文をさせてもらったのでした。

そして持って来て下さったのが

Photo_5 『フロランタン』ナッツが上にのっているクッキーだそうで、とっても可愛いイラストの袋から出した瞬間、フワッと超おいしそうな香りが…。すぐにでも食べたかったけど我慢、我慢(10個注文して、1個おまけしてもらいました♪ )。

エンドウさんにはコーヒーを飲んでゆっくりしてもらい(できたかな?入ってくる時、静かなビルでびっくりしたとおっしゃっていましたが)、私は職場へ。

帰り際、同僚に配って、自宅に帰って食べたら・・・超美味しかったです もっとたくさん作ってもらえば良かったなぁ☆☆☆

エンドウさん、寒い中、本当にありがとうございました メッセージも楽しみにしています

今回の展示は、身近な職場の方々にみてもらえて良かったです。「ずっと居たくなっちゃいました」「癒されました」などなど、ありがたいお言葉もたくさんいただきまして、本当に感謝、感謝です。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

明るい母のその後の生活(3)

退院後

2009/12/24(木) かきを食べて下痢?翌日何回もトイレへ行った。

2009/12/26(土) 脱水症状で点滴。

2009/12/27(日) 私が金沢へ。母は駅まで迎えにきてくれた。昼食におそば。Tさんが15時頃、家に来て下さった。17時頃、弟も来て夕食を食べに外へ(しゃぶしゃぶ)。

2009/12/28(月) 11:30頃、病院。14時頃、スーパー。15時頃、MOAへ。

2009/12/29(火) 母は午前中、寝ていた。

2009/12/30(水) 追加で注文した年賀状100枚をとりに行く。お昼は友達がいる喫茶店“トリゴ”へ。隣の方が鮎の甘露煮をくださった。夕方、体調不良。

2009/12/31(木) 弟も揃い、3人で食事。母は元気。私は1ヶ月に1回以上、帰省することにした。

2010/1/23(土)~25(月) 私が金沢へ。洗濯物を干すのがつらいようで、乾燥機を使ってストーブの前で乾かすようになった。

2010/2/20(土)~22(月) 私が金沢へ。たくさんある植物への水やりは、ペットボトルに水を入れて少しずつ。

2010/3/6(土)~8(月) 私が金沢へ。少し前に、夜中に息苦しいと弟に連絡があり、病院へ行ったということがあった。その時は異常なしということで帰った。

2010/3/22(月) 「友達の絵を観に六本木(新国立美術館)に行くから飛行機を予約してほしい」と言っていたが、翌日、背中が痛くなる。病院に検査入院。

*背中は異常なし

*胸に水はたまっていない

*時々息苦しくなるのは、肺が小さく、うまく機能しないことがあるからであろう

2010/4/2(金)~4(日) 私が金沢へ。Tさん、送って下さってありがとうございました!母は外泊させてもらい、家へ。

2010/4/6(火) 弟と先生の話をきいて退院。ソーシャルワーカーの方を紹介してもらった。

2010/4/10(土) もともと予約していたチケットで私が金沢へ。羽田へ行く前に、新国立美術館で母のお友達の絵を観ました。『運河』というタイトルで、水の様子が美しく、とっても素敵でした。中村哲さんが書かれた“ペシャワールにて”ともう1冊を持っていき、母へ。体調不良で、翌日のお茶会欠席連絡。

Photo

2010/4/11(日) 早めのお昼を食べて、お昼寝。しっかり寝て起きたら、好調で16時頃、Tさん宅へ。はるかちゃん達がいて、にぎやかに過ごした。はるかちゃんは、メモ用紙で舞台を作り、お話を作ってきかせてくれた。妹のさなちゃんは、お姉ちゃんの真似をしたくてしょうがない。はるかちゃんと、しかけ絵本『ティムのすきなきらきら』を作る約束をしてキットを置いてきた。

01 

2010/4/12(月) 書類提出ときれた薬をもらう為、病院へ。先生が呼んで下さって、息苦しくなる事が不安ならば酸素吸入の機械を自宅に設置して、携帯のものも使ったらどうか、と提案され早速その日に設置したが、やっぱり1人になった時は不安だということで、再入院。「呼吸に自信がついたら退院しましょう。」と先生が言って下さった。翌日の夜、私は横浜へ戻った。

2010/4/14(水) 京大の温熱療法を調べていたら、「呼吸リハビリ」というのが載っていたので、伝えた。複式呼吸をすると良いらしい。

①寝て、足の膝を曲げたてる。

②手を胸とお腹にのせ、鼻から息を吸いながらお腹をふくらませる。

③口をすぼめて息をゆっくりはく(吸う時の2倍の時間)。

 

いつもご心配下さる皆様、力になって下さる皆様、本当にありがとうございます。今後も、どうぞ、よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

静嘉堂文庫美術館へ(先月)

先月22日、静嘉堂文庫美術館で開催されていた【茶道具名品展 国宝・曜変天目(ようへんてんもく)と付藻茄子(つくもなす)】へ行きました。大井町で東急大井町線に乗り換え、二子玉川駅へ。バスターミナル①番乗場から東急コーチバス「玉31・32系統」で『静嘉堂文庫』下車、徒歩約5分。01_2 02a

曜変天目(国宝・稲葉天目・宋時代12~13世紀)、まじまじとみてきました。不思議な感じ…。油滴天目(重文・唐物茶碗・宋時代・12~13世紀)も素敵でした。前田家の旧蔵品、白磁蓮花文輪花水指(重文・八弁の花形・のびやかな片切り彫り・内外にはすもよう)というのや、千利休が使った象牙の茶杓(覚々斎極筒・桃山時代・16世紀)もあって、なんともきれいでした。。。

こんなにたくさんの歴史ある茶道具をみたのは初めてでした。絵を観に行くのとまた違って良かったです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

空とこども絵本館・宮本三郎館へ(小松)

Photo_3 4月のアタマ、小松にある宮本三郎(1905-1974洋画家)館へ、Tさん&病院を外泊中の母と行ってきました。舞妓さんの絵が有名だそうですが、ホテルの壁に飾られていたという四季をテーマに描かれた大きな絵と花の絵(特に芥子(けし)が多かったように思います)が印象に残りました。

道路を挟んで向かいに、空とこどもの絵本館という所があり、Tさんと母は喫茶店で休む事にしてもらい、私だけみてきました。

Photo_4 2階建てで、とても広いスペースに親子がくつろげるようになっていて、絵本もたくさんありました。特に大型絵本に惹きつけられて、和室の畳の上でちょと浸ってしまいました。絵が大きいと物語の中に入りやすいのかも。単純ですね。

幼稚園や保育園では充実しているらしい、書店にはおいてない「こどものとも」という月刊誌もたくさんありました。小松市・白山市に在住・在勤の方に、貸し出ししているそうです。

とってもきれいで、リラックスできる場所でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

You Tube 『あしたはなにすんのかな』

3月14日(日)、経堂のkarura Hallにて、ヒューマンアカデミー絵本講座で、柳沢晴子講師指導のもと初めて描いた絵本【あしたはなにすんのかな】を、ピアノ演奏とともに読み聴かせして頂きました。

You Tube】に載っておりますので、みなさま是非、みてみて下さい

読み:高島希美、コタカエミ
ピアノ:モマン・デ・ロズ ピアノ教室 講師の方
音楽編成/構成:尾花泉・萱嶋佳代

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明るい母のその後の生活(2)

2009/07/06(月) 体調不良により点滴。

2009/07/22(水) 入院。

2009/07/23(木) ゾメタ(ビスホスホネートと呼ばれる種類の薬で、骨を壊す破骨細胞という細胞の働きを止めることで骨からのカルシウムの放出を防いだり、骨のがんによる骨の変化を抑えたりするのだとか)点滴。様子をみて体調が大丈夫なら、今後、定期的に。

2009/07/27(月) 体調OK。14時、退院。

2009/08/03(月) 少し前から時々行っていたMOA金沢で「継続」治療。もみ返しのような痛み。悪いものが出きるまで痛いらしいので、旅行に合わせて一時中断してもらった。

2009/08/14(金) ハローワーク、お墓参りへ。 

2009/08/15(土) 長野県安曇野市穂高有明にある、穂高養生園へ。

金沢⇒糸魚川。0201_2 大糸線で糸魚川⇒南小谷。南小谷⇒有明駅へ向かう。南小谷で乗り換えた時、隣に座った少年がスケッチブックを持っていて「上手だね~」と母が話しかけると「個展もやったことあるんです」と!そちらは立体作品だったそうですが。。。大阪に住んでる元気な小学生でした。

有明駅からはタクシーで穂高養生園へ。03

05 受付で、ゲルマニウム温浴を予約。ヨガや朝の散歩は参加自由。食事については、こんな風に書いてあります。“食事はマクロビオティックをベースとした玄米菜食。新鮮な食材、安全な調味料を使い、キッチンスタッフがていねいに心を込めて作ったお料理。食事の回数も1日2回(10時半と17時半)。お腹がすいた!という感覚を味わってください”と。裏には畑があり、採りたての食材で丁寧に作られていて、とっても美味しかったです。フレッシュハーブや3年番茶も置いてあり、自由に飲めるようになっていました。

0406

0708 部屋に入ってしばらく寝た母。起きて、周辺を散歩。自然を満喫。ツユクサやミズヒキが無茶苦茶綺麗でした。

いつもお世話になっているK&Tさん、穂高に行くなら…と「わさび園」のことを教えて下さいました。09  とても広くて、きれいでした。黒澤明監督が「夢」という映画を撮るときに造った水車もありました。ボートをみて母も「乗る」と。涼しい気分を味わいました。

穂高養生園への帰り道、「森のおうち」美術館へ。その時の話はコチラ

ゲルマニウム温浴で汗をかき、部屋に戻って、貸し出し自由の本を読んだり、お茶を飲んだり。ゆったりした時間を過ごしました。

2009/09/23(水) 私が金沢へ行き、二人で秋元順子さんのコンサートへ。

2009/09/24(木) 母と羽田へ 母は、横浜の同級生の家へ泊まらせてもらった。

2009/09/26(金) 横浜パシフィックでの日野原重明先生の講演&対談へ。翌日、帰った

2009/10/15(木) 「ペシャワール」について調べて欲しいとのこと。

2009/10/31(土)~11/3(火) 私が金沢へ。

2009/11/13(金) 右足親指爪の巻き爪が治らないので手術。もと同僚のNさんが送迎して下さった。ありがとうございます。

2009/11/19(木) 病院の駐車場で迷子になり、雨の中歩きまわった。

2009/11/22(日),23(月) 左足のつけ根が痛む。

2009/11/26(木) 入院。痛み緩和&リハビリ中心で2~4週間の入院といわれる。大変お世話になったKさんが脳梗塞でなくなられた。心よりご冥福をお祈りいたしております。

2009/11/27(金) 皮膚科で帯状疱疹の薬をもらった。身体が弱っていると出やすいとのこと。

2009/11/28(土) Kさん告別式。母と弟の気持ちも抱えて私が出席。Nさん、送迎ありがとうございました!

~続きは後日書きます~  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三菱重工横浜ビル内郵便局にて♪

本日より、展示させて頂いてます

平日9時~17時 4月28日(水)まで【三菱重工横浜ビル内郵便局】『趣味の展示コーナー』にて。

ポットが設置してあり、コーヒーも飲めますので、ぜひぜひ皆様いらして下さいネ

【三菱重工横浜ビル】は、横浜ランドマークプラザの、ブルーミングハウス花孝という花屋さんとスパゲッティの五右衛門がある出口から出て信号を渡ると、目の前にあります。右手に“みなとみらい技術館”をみつつ、ビル内をしばらくまっすぐ歩くと、右側にドトールがあるので、その先の入口を入り、エレベーターorエスカレーター、または階段で【3階】へどうぞ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パソナ倶楽部【手作り絵本講座】6

昨日は6回目のパソナ倶楽部【ミニ絵本講座】の日でした

001_331 社員の方、お二人が参加して下さいました。「はさみを使うのは久しぶりで…」とおっしゃっていた映画がお好きなYさん。それでも、さくさくとどんどん工程をこなされていました。

002_331 パソナ倶楽部でエクセル講座の講師でもある岩崎さん。このような細かい作業はお得意なのだとか。横浜ベイクォーターに「ユザワヤ」が出来たことを教えて下さいました。行かなきゃ!!!

003_331 004_331

しかけのページを先に仕上げてから、製本していきます。下の写真は、子猫のティムが川に落ちて「ばっしゃーん!!」となるページ。しぶきは自由に切って頂き、ティムのしっぽと共にお好きな場所に貼ってもらいます。

思わぬところで両面テープがくっついて見返しを差しかえた…という事はあったもののスムーズに終わったように思います。お二人とも、しかけが出来上がる度に「お~っ」と言って下さり、本が完成した時は「あっという間の楽しい時間だった」とおっしゃって下さって、とても嬉しかったです。

どうも、ありがとうございました

   

そして、次回のパソナ倶楽部【手作りミニ絵本講座】は

4月21日(金)・23日(水)19時~20時半です(同一内容)。

※横浜アートナビに掲載されている日にちから変更になりましたので、ご注意下さい。

場所は横浜シェラトンホテル隣の横浜ファーストビル10階(横浜駅西口)。

お申込みはパソナのWebから。

手作りキットを使って、簡単な『しかけ絵本』を作ってみませんか?紙を切ったり貼ったりして、タイトルやご自身の名前を書いて頂き、製本します。表紙にラミネートをするので、丈夫な仕上がりです。色鉛筆やはさみ・のり等、ご用意しておりますので、

懐かしい工作を楽しむ感覚で是非お気軽にいらして下さい お待ちしております
(仕上がりサイズ約13cm角・本文8P)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )