goo

素敵な日本画でした~上村松篁展

横浜そごう美術館へ行きました。近代美人画の大家、上村松園を母にもつ方の日本画です。‘写実に根ざした近代感覚溢れる画風’とのまえがき通り、特に動物の写実の見事さにまいりました。

『早秋』『月夜』 とても気に入りました。身長よりも大きな絵です。これらの絵があった一角は、絵本のワンシーンが並んでいるようで惹きつけられました。

『月夜』は「キビ畑で見た月夜の光景をもとに制作。ゴブラン織り風の単純な表現で、童話のような世界を描いた。」との解説。キビの根本でうさぎがの一家が佇んでいます。穂先や葉の表面等がほんのり明るくぼやけているのがいい味を出しています。
-------------------------
「ゴブラン織り」を帰ってから調べてみました。

ゴブラン織り:フランスのゴブラン家の管理下にある織物工場が、名前の由来。ここで製作されるつづれ織りのタペストリーが精巧で、デザインが美しいことから有名になり、やがてつづれ織り自体がゴブランと呼ばれるようになった。

つづれ織り:爪で織る芸術品。極めて簡単な織機によって原画を頼りに一本一本の糸を、のこぎりの歯の様にギザギザにした指頭の爪で、丹念に糸を掻き寄せて織り上げていくため複雑な図柄になると、僅か数センチ織るのに数日を要する場合もあります。

…そんな技術があることにびっくりです。
-------------------------
『母子の羊』「陽炎のゆれる春の野原で遊ぶ羊の母子。目を閉じて浮かんだ情景。草原のみどりと羊の白だけでは満足できず、黒か茶のなにかがほしいと思っていたところ、自宅の庭で飼っていた羊が産んだ子羊が黒いまだらもようで'神様からのおくりもの'と歓喜して描いた」と。ききょうやたんぽぽがまたかわいいのです。色々な動物を飼われていらしたようです。

そして、中国の画家の絵に感銘を受け、テーマでもあったような『鶴』の絵は、本当に本当に見事でした。

『鴨』や『鶏』たちが毛づくろいしている様子の絵も良かったし、『蓮』『ガクあじさい』の絵も良かったです。

学芸員さんのお話が少しだけきこえてきました。
『…“創造美術”という新団体を結成したきっかけは、松篁の絵をみて「あの鳥は何も考えていない」と言った弟子の言葉だったそうです。松篁は寛容だったので素直に聞き入れたのですが、まわりは「師匠にそのような口をきくとはとんでもない!」ということになってしまい…』80才を過ぎて、水墨画に関心を持ち、それに挑戦されるようなお人柄を表すエピソードだったのかもしれません。

良かったです。とても、とても、素敵な日本画でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

豆本の製本キット

世の中には「製本キット」というものがあるのですね。。。

先日、【手作り絵本と雑貨 ねこのじゅうたん】店長ハナさんが「サンプルがあるので良かったらおひとつどうぞ」と、豆本用の製本キットを下さったので、作ってみました♪

まずは本文のテンプレートをダウンロード。写真を選んで、ちょこっと文章も考えて、レイアウトも考えて…。「写真全面」「さくら」「クローバー」など、表紙のパターンも選べます。「花柄-02」を使ってみることにしました。1_2

2b 3b 内容さえ決まってしまえば、あとは工作感覚です。切り込み入りのL判サイズの紙にプリントして切ったり、折ったり、両面テープでくっつけたり。表紙にはラミネート、なるほど、これで持ち歩いてもキズがつかない訳ですね。4b

Photo 厚紙をくるむようにして表紙を貼って、本の部分をセットして、しっかり接着させて、最後に指でみぞをつける。おぉ、小さいけど「本」です!手の平サイズの小さな小さな豆本。両面テープもラミネートもセットされていてすごく手軽に作ることが出来ました。

ハナさんは携帯のストラップにもなりますよ~とブログで書かれていました↓ http://plaza.rakuten.co.jp/hananomirai/diary/200802180000/#trackback

ポケットにしのばせて、時々眺めて癒される★というのもいいかもしれません。

手作り製本キットとじ郎倶楽部 ↓ http://tojiro.co.jp/mame/howto/index.html

【手作り絵本と雑貨 ねこのじゅうたん】でも購入出来ます☆

『ねこのじゅうたんHP』http://www.dearme.info/
『保育士店長ハナさんの日記』http://plaza.rakuten.co.jp/hananomirai/
OPEN:火~土 11時~19時

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝顔プロジェクト(金沢21世紀美術館)

昨年の夏、金沢21世紀美術館は朝顔で覆われていたそうです(咲いているところでなく、つるで覆われているのはみました)。

『外周約350mの建物を約2000本の朝顔が覆うという壮大なプロジェクト。 市内の小中学校、一般参加者が育てた苗1000株と全国12カ所で育てられた苗1000株が集まります』仕掛け人は日比野克彦さんでした。

「ホーム→アンド←アウェー」方式というタイトルで3月20日まで作品が展示されています。自分がいつもいるところから別の場所へ行って、自分の場所の良さを認識して、それをまた他のところで伝え、互いに交流し合うのがいいのではないか…というテーマのようです。

一見、倉庫のような工房(市民参加型で皆さん一緒に作品を作られていました)と展示室2箇所にわかれていました。最初に入った展示室は、長良川をイメージして作られた川&橋の部屋。川=床には、段ボールが敷きつめられていて、何となく寝っ転がりたい気分。でも奥の方に段ボールでコピー機のような大きさの機械と、印刷された新聞が置いてありました。「まさか本当の印刷は出来ませんよね?」と学芸員の方にうかがうと、「出来ます」とのお答え!本物の機械を段ボールで丁寧に覆ってあるのでした。

そして、もうひとつの展示室は入口から手作りの番号がふってあり(本当はない部屋を無理やりつくってあるような)、面白い。入ると壁にびっしり、たくさんの正方形の段ボールにひとつひとつ表情の違う朝顔の種が大きく描かれていました。そして中には段ボールでつくられた大きな船が3隻。窓からのぞけるだけでなく、1隻は乗り込むことも出来ました!階段を登ってそぉっと入ってみると、写真や小物、そして明後日新聞社の基本理念というのが飾ってありました。

『明後日新聞社の基本理念』

あしたのそのつぎに思いを描きます。
まだ見えないけど、なんとなく見えるかな、を大切にします。
もうすぐやってくるという気持ちと、そんな先のことなどわからない、という気持ちが共存する場所を活動の拠点にします。
同じようなことを感じている人がどこかにいるというふうに考えたいという小さな期待を抱いています。Article

ちょっと楽しくなってしまいました。外へ出て、改めて船を眺めてみると、なんだか形がとってもかわいく思えてスケッチ(落書きに近いのですよ)していたら「許可を得ましたか」と注意されてしまいました。あー、びっくり。海外の美術館では若いアーティストを育てる為に美術館を安く利用できたり、いくらでもスケッチしていいようになっていたりするときいたことがあります。うーん。。。

ともかく、神沢利子さんの時に引き続き、またもや段ボールの味わい深い世界にひきこまれました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハムのガムテハゲ…

(ちょうど1年位前のハナシですが)ときどき、ケージから出して部屋で遊ばせていると、脱走をはかろうと段ボールをかじかじするハム。穴をふさいであったガムテープをかじって、おでこにその一部がついていたので、はがしてあげたら…。P3100020

そこだけ、脱毛してしまいました!

Blog_p3100012痛がっている様子などは無かったのですが、しばらく脱毛状態でしたので少し心配でした。

ちなみに、今は無事にすっかりはえそろっております。あ~良かった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハム、砂場(トイレ)にて

19_2 ハムスターにとっての遊び場でもあり、トイレでもある砂場。掃除をした後は必ず、たたた~っと走って行き、中に入って「くるっ」とひっくり返って、背中をこすりつけます。その時みえる、お腹もかわいいのです。Blog

そして、ときどき、ぼーっと砂場でくつろいでいます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

猫の美術館へ行きました♪

昨日、ヨコハマ猫の美術館へ初めて行きました。

Art_museum たどり着くと、入口で猫が丸くなって寝ていました。館長さん(だと思う…中にいらしたおじいちゃん)に聞くと「飼っているわけじゃないんですけど、ずっと居ますねぇ」との事でした。看板猫ですね(^_^)

いろいろな方の絵やポスター・写真・彫刻・木彫り・置物(大小さまざま)・手作りのお土産品・ポストカードなどなどが、ところせましと並んでいました。

その中で、高橋行雄さんという方の「モンマルトルの猫」ともう一つのとても写実的な猫の絵に見入ってしまいました。鉛筆と少しの色で仕上げてあるのですが、見事な毛並みのタッチとにゃんこのハナの淡い色加減と、瞳の輝きにうっとり。。。ネットで調べてみたら6月には東京大丸で、8月にはプランタン銀座で個展があるようなので、もう是非行ってみたいと思っています。

猫好きの友達が大好きな布施和佳子さんという作家さんの作品(木彫、絵)もありましたし、「What’s Michael」の漫画家、小林まことさんのイラストつきサインの色紙もありました。他にもチラホラ有名な方の作品が置かれていたようです。

元町に住んでいて昨年なくなった「母さん」という猫の写真もありました。専用のベンチがあって、「’母さん’のベンチなので座らないで下さい」という貼り紙があったとか。なくなった時は新聞にも載って、たくさんの花束が置かれていたそうです。

風邪が治りかけで迷っていましたが、心惹かれる絵との出逢いがあって、行って良かったです。天気も良かった!風が強かったですけどネ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )