goo

松本竣介展

P1010026_2

世田谷美術館で開催中の松本竣介展、NHKの日曜美術館でみて気になっていて、先日の絵本イベントの時に観てきました。
以下、チラシに載っていた文章です

------------------------------------------------------------------
松本竣介(1912-1948)は、昭和前期の近代洋画史に、一種独特の足跡を遺した画家でした。新しい時代の絵画を標榜しつつも、過激なだけの前衛性や画壇での政治的栄達には背を向け、あくまでも個としての自由を貫きとおした凛然たる表現者であったともいえるでしょう。戦時下、都会の一隅にあって時代の趨勢(すうせい)や生活者としての現実をきわめて冷静に見つめながら、同時に、絵画にみずからの生死を賭した彼は、わずか36歳という若さで病に倒れ夭逝(ようせい)してしまいました。しかし、その厳しくも清廉なる画家精神は、作品のなかに今なお息づいており、多くの人々を魅了しつづけています。
少年時代を過ごした盛岡で13歳のときに聴覚を失ってのち、画家になる決意を固めた竣介は、1929年に上京。以後の約20年間が、短いながらも起伏に富んだ竣介の画歴となりました。・・・・・・
------------------------------------------------------------------

前期、後期:人物、後期:風景、展開期の4つにコーナーがわかれていました。チラシにも載っている横浜の風景画も良かったし、抽象的な絵も良かったです。


~~~お知らせ~~~

 大阪・手作り絵本が楽しめる、小さな絵本屋さん。PICTUREBOOK  GALLERY

Rirebanner_9 RiRE(リール)さん

【わんにゃん・にゃーご!展】に参加しました。観て下さった皆様、ありがとうございました!!!
動画もどうぞ★
※以前、お店<大阪堺市>で作品展を行った時の記事は コチラ から。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり絵本へ
にほんブログ村
に参加しています。ポチッと押して頂けると嬉しいです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 世田谷美術館... 今日も鴨が »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。