goo

横浜・みなとみらいホールでの演奏会

とっても素敵な演奏会でした
P1010012
・ベートーヴェン エグモント序曲 作品84
・ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調 作品58
・チャイコフスキー 交響曲第5番ホ短調 作品64
アンコールでは くるみ割り人形 など
特に3曲目のチャイコフスキーの曲が、物語性をとても感じるもので(曲目解説によると、チャイコフスキーはこの曲と同時期に「眠りの森の美女」のバレエ音楽を完成させていて、共通することがとても多いそうです)好きでした。
アンコールでは、指揮者の方がヴァイオリンを演奏しながら客席に降りていらして、凄いなぁと・・・。
一緒に行った友達と「素晴らしかったね」と言い合いながら帰りました 
Kさん、ありがとうございました

パソナ倶楽部 横浜 手作りミニ絵本講座のお知らせ

手作りキットから、紙を切ったり貼ったりしてしかけを作り、タイトルやご自身の名前を書いて頂いて製本します。表紙にラミネートをするので、仕上がりは丈夫です。色鉛筆やのり・はさみ等、ご用意しておりますので、懐かしい工作を楽しむつもりで、手ぶらでお気軽にいらして下さい。お待ちしております(仕上がりサイズ約13cm角・本文8P)。

5月27日(金) 19時~20時30分 
横浜ファーストビル(横浜駅近く)

パソナスタッフ:1,500円 一般:2,500円

お申込みはパソナのWebの申込みフォームからどうぞ。

今回の絵本は『みみとふうせんさん』です。“みみ”というのは主人公のハムスターの名前です。自由に変えて名付けて下さいね!また、ふうせんの色をピンク・ブルー・オレンジの3色からお選び頂けます。

大阪・手作り絵本が楽しめる、ちいさな絵本屋さん PICTURE BOOK GALLERY RiREさん【東急ハンズ全店(名古屋の2店舗を除く)で、5月28日(土)・29(日)にRiREさんオリジナルの豆絵本《seedbooks》を作るワークショップが開催されます!500円・90分、めっちゃお得で楽しそうです♪】の

5月25日(水)~7月4日(月『長靴をはいた猫展』

に出展予定です。

★手作り絵本等をご購入(ご予約)頂きましたら、その売上と同じ額を公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会(3年くらい前"アジアの子供たちにおくる絵本に翻訳シールを貼る" というボランティアに参加しました)へ寄付します。

JAL羽田空港 国内線【サクララウンジ キッズスペース】

北ウィング・南ウィングの2箇所に、手作り絵本『たんぽぽのたねをひろって』『くろねこきっきのなつのよる』『ティムのすきなきらきら』『りっきーのたからもの』4冊を置いて頂くことになりました★

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

横浜美術館レクチャーホールで

03 先週末の日曜、横浜美術館レクチャーホールでのピアノコンサート【南日美奈子 横浜コンサートシリーズ7 ピーターと狼 ~物語の世界へ~】へ行ってきました。同じ会社に勤めている方の奥様のコンサートで、招待券を頂いた同僚と現地で待ち合わせました。

地元の駅に向かう途中に、満開でした。“サトザクラ”というのかな?(サトザクラを調べたら…オオシマザクラを基にして開発されたと考えられる園芸品種の桜の総称。オオシマザクラにヤマザクラ、エドヒガン、カスミザクラ、マメザクラなどを掛け合わせたものとされるとのこと。サトザクラ ⇔ ヤマザクラ みたいな気がしますけど…) 02

こちらは横浜美術館の前に咲いている薄紅色の花水木。かわいくってきれいで大好きです。

さて、コンサートは物語性のある音楽…というテーマで ♪ ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」から始まって(北の国から でも流れてきますよね)♪ ハチャトゥリアン(激しい曲がメジャーなのだとか…今回の選曲は楽しくなる、懐かしくなる、、、という雰囲気のものでした)♪ プロコフィエフ <シンデレラ>による小品より(バレエ)、義理の姉たちが争うときの「争い」、シンデレラが舞踏会を夢見て踊る音楽「ガヴォット」、王子様と踊る「ワルツ」など、目を閉じると映像が浮かんでくるようで聴き入りました。

休憩をはさんで、朗読とピアノ【ピーターと狼】が始まりました。プロコフィエフというロシアの作曲家であり、ピアニストであり、指揮者だった方が「子どもも楽しめる音楽はありませんか」ときかれ、4日で作り上げた音楽物語なのだとか。少年ピーターが、動物達の力を借りて狼を退治するおはなし。登場人物ごとにテーマ音楽があります。ピーターとか、おじいさんとか、アヒルとか、ねことか、狼とか。最初にそれを聴いてるだけでも何だか楽しくなってくる感じです。

鶴野峰子さんの朗読、南日美奈子さんのピアノ・・・とぉっても素敵でした。

よい時間をありがとうございました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

親子で楽しむクラシックコンサート

ねこのじゅうたんの方から教えて頂いて『ズーラシアンブラスと弦うさぎによる音楽絵本Ⅱ~親子で楽しむコンサートシリーズVol.6~』へ行きました。

ズーラシアンブラスとは、よこはま動物園ズーラシアを拠点に活動している金管五重奏団(トランペット…インドライオン・ドゥクラングール、ホルン…マレーバク、トロンボーン…スマトラトラ、チューバ…ホッキョクグマ、指揮…オカピ)で、皆さん動物のぬいぐるみをかぶって演奏してらっしゃいます。弦うさぎとは弦楽四重奏団の4姉妹のうさぎで、今回はピアノ…べスとバイオリン…メグの二人がステージに。こちらもうさぎのぬいぐるみをかぶって目をひく鮮やかなドレスで演奏されていました。

日頃、子育てや家事、仕事などでコンサートに行けない両親とこどもたちが一緒に楽しめるように…と始まったようです。クラシックだけでなく、童謡やアニメの曲もあり、こどもたちが喜ぶ演出もたくさんあって、面白かったですヽ(^o^)丿

プログラム書いちゃいます。クラシックのタイトルはわからないのもありましたが、全て聞覚えのある曲でした。歌のお姉さん的な方が司会進行です。

1.剣の舞♪

2.愛の喜び♪(弦うさぎ)

3.メヌエット♪(弦うさぎ) ここで司会のお姉さん登場。楽譜を片付けたりセッティングをかえたりする2人(羽)のオウムも大活躍。

4.チキチキバンバン♪

5.ロンドンデリーの歌♪ インドライオンのトランペットがメイン!

6.蒲田行進曲♪ 意外な選曲です

7.ドレミの歌♪  「指揮のオカピさん、いいことを思いつきました。みんなが知ってる曲だから、指揮を誰かにやってもらいます。やりたい人!」とお姉さん。「はーい!」「はーい!」ほとんどの子が手をあげたんじゃないかと思うくらいでした。その中でひとり選ばれた男の子、のぶくん。のぶくんのゆっくりな指揮のスピードに合わせて曲もスローになったり、とまりそうになったりして、すんごく笑えました。

8.リクエストコーナー♪ 「となりのトトロ」「崖の上のポニョ」「天空の城ラピュタ」の中から拍手の多いもの…やっぱり今を反映して「ポニョ」でしたね

9.ジュ・トゥ・ヴ♪(弦うさぎ) この後ピアノソロも1曲あり

10.春の歌♪(弦うさぎ)

11.とんでったバナナ♪ ドゥクラングールがやりたかったというモーツアルトの曲からかわっていきます

12.静かな湖畔♪ 司会のお姉さんの「輪唱って知ってる?かえるの歌が~♪かえるの歌が~♪って順々に歌っていくやつだよ」というこどもたちとの対話から始まります。でも、“静かな湖畔”の輪唱をやるはずが、みんな“かえるの歌”と間違えてしまって、やり直すんだけどまた“かえるの歌”になってしまう…

13.オリーブの首飾り♪ チャラララララ~という手品の時のあの曲!ちょっとした手品あり

14.ルパン三世♪ かっこよかった~(^.^)goo!

そして、アンコールまで。曲の途中で、トロンボーンを吹きながらスマトラトラが客席を一周!普通のクラシックコンサートではあり得ない演出…楽器を間近にみることができました。

それに、動物と楽器を照らし合わせてみることも出来るので、どれがどの楽器かとか、ややこしい動物の名前とかも覚えられて一石二鳥かも(^.^)大人も十分に楽しめるコンサートでした♪

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

響け命の歌声 ローラ浅田さんライブ♪

6月15日、日曜日に藤沢の"インタープレイ"でのジャズライブ【ローラ浅田と素敵な仲間たち】へ、会社の友達を誘って行きました!す~~~んごく、良かったです♪\(^o^)/友達も、とても感動していました。低めの、心に響く歌声はもちろん、曲ごとに歌詞の意味を丁寧に説明してくれることや、本当に楽しそうに歌っていらっしゃることにも。

英語の原詩に日本語訳を交えた【千の風になって】から始まって、【テネシーワルツ】【愛の賛歌】、竹内まりやさんの【人生の扉】、ローラさんオリジナルの曲【花づくし】などなど、とってもとってもたくさんの曲を歌って下さいました。

ローラ浅田さんは…

金沢市在住。三十歳で渡米、ロサンゼルスのナイトクラブで弾き語り歌手として活躍。2002年に乳がんと診断され帰郷、手術しましたが、3年前に再発、多発性進行がんの第四期と診断されました。今、素敵な仲間たちに出逢い、生きることの喜びを伝えようと、石川県と関東を中心にコンサート活動を繰り広げてらっしゃいます。

1 6_2

23 5 

4

13日に私の母が退院して、鹿児島から小松へ帰った時、嬉しいサプライズで同僚さんと一緒に、ローラさんも迎えにきて下さいました!その時、小学校で行うライブの為に♪ぶん・ぶん・ぶん・ハチがとぶ♪をジャズにアレンジしたり(かっこいいんです!)、「花とおじさん」という歌を「花とおばさん」にかえて歌うことや、「こげよマイケル」♪Michael row the boat ashore Hallelujah!!♪の「ハレルーヤ!」の前の歌詞を

「転んでケガすると」                  「ハレルーヤ!」

「あんまり心配すると」                 「ハゲルーヤ!」

「皆で歌うと心が」                    「ハレルーヤ!」

などに変えて歌う事を考えているのだと、まっすぐに話して下さいました。楽しそうだなぁ、子供達は大喜びだろうなぁと感じました。あと、新曲の話もちらっとして下さいました。『今、私の伝えたい事は何だろうと考えて、何度も何度も歌詞を入れかえたり、切ったり、貼ったりしている』とおっしゃっていました。人生に勇気をもらえそうな歌が出来上がりそうで、とっても楽しみです☆

そして、藤沢のライブがあった翌日、平塚の小学校で、低学年の高学年の部にわけて、約660人の児童と保護者さんの前でもライブが行われたそうです。すんごいパワーです。

8月には石川県の根上(ゴジラ松井の出身地であります)でもライブがあるそうなので、今度は母と行かれる事を楽しみにしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )