きさな堂~kisana-do~

尼崎でプリザーブドフラワーとアートフラワーの花屋をしています。

手塚少年のあしあと・その1

2019-01-04 00:33:52 | おでかけ
きさな堂~キサナドゥ~
プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー、ドライフラワーのギフトと素材のお店です。
猫の人形も創作しています。
ウェブサイト
http://www.kisana-do.com/


こんばんは('∀') 花、時々猫のきさな堂です。

今日は清荒神に初詣に行ってきました。
…と、その前に
手塚治虫先生の少年時代を巡る聖地巡礼をすることにしました。

参考にしたのはこちらのサイト、「虫ん坊」さまです。

第一目的地にはバスを降りてJR宝塚駅から歩いて5分ほどで着きました。
この案内板を見逃すと大変。入口はここだけです。


民家と小屋のスキマを抜けて畦道の向こうにあるのが千吉稲荷神社。


手塚少年が昆虫採集に夢中になった杜です。


見たところ常緑樹の中に竹がたくさん生えていました。


お稲荷さんですが手塚少年はここを「猫神社」と呼んでいました。
何でだろうと思っていたら猫さん発見。やっぱり猫が多かったからなのかな?


当時、ここら辺を縄張りにしていた猫の子孫でしょうか。

神社から歩いて3分ほどで元・手塚家に到着。

手塚先生が枝を切り過ぎて弱らせてしまったクスノキは今も元気です。
すぐ近くのマンションにも同じくらいの樹齢と思われるクスノキがありました。


立派なモミの木。


家の持ち主が変わって、建物が建て替えられても庭の木はそのままです。
当時の雰囲気が感じられますね。
伐採せずに残してくれた住人の方に感謝です。

続きはまた明日。

兵庫県尼崎市 武庫之荘 きさな堂 花ギフト 猫人形
営業時間AM10:00~PM7:00
月曜定休(月曜が祝祭日の場合は翌火曜休)
●冬季休業日のご案内●
1月1日(火)~5日(土)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 謹賀新年 | トップ | 手塚少年のあしあと・その2 »

コメントを投稿

おでかけ」カテゴリの最新記事