桐生観光情報局~まち歩紀~

~このまちを 歩いて 紀す まち歩紀~
北関東のおすすめスポットを紹介します。Instagram:82kazu

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

通称めがね橋~碓氷第三橋梁 廃線跡を歩く~

2017-08-19 | 番外紀
群馬の安中市にめがね橋と呼ばれる観光スポットがあります。



ここは正確には鉄道橋で、信越本線横川―軽井沢間に存在しています。
1891年に着工、1万5千人の人員を投入することで、わずか1年半で完成し、1963年に新しい橋が架かるまで、鉄道が走っていました。
使われているレンガは200万を数え、これだけ大規模なレンガ造りの橋は国内でも数えるほどしかありません。

駐車場はめがね橋のすぐそばに一か所と、軽井沢方面に進んだ地点(徒歩10分弱)に一か所確認できました。
訪ねたのがお盆だったため、10台程度しか止められない直近の駐車場は満車でした。

一応バス停がありますが、本数は絞られています。

長野と群馬を結ぶ路線、これによって大量の生糸の輸送が可能になりました。
化学繊維が衣服の主流となった現代の感覚からすると、生糸は地味な存在に思われますが、1909年頃、生糸は日本が世界最高の輸出量を誇っていました。
これによって得た大量の外貨(生糸を売って外国から得たお金)で機械を買うことで、日本は急速に工業化、近代化することが出来ました。
この辺を理解すると富岡製糸場が日本の歴史で重要な役割を担っていたということはもちろん、世界に与えた影響からして、世界遺産にふさわしい場所であることがわかります。



さて、古くは中山道と呼ばれた国道18号を挟んでめがね橋を見上げます。
山の中でこれだけ大きな人工物を見ると圧倒されてしまいます。

アーチをくぐって橋の裏手に回り、5分ほどかけて階段を上ると橋の上に出ます。

下を流れる川から測ると高さは31メートル、そのため見晴らしも当然いいです。



すこし向こうに新線が見えます。



長野新幹線が開通したので、今は列車は走っていません。
それまでは横川―軽井沢間を結ぶ鉄道橋でした。



いよいよトンネルです。
お盆のシーズンなので他に観光客がいましたが、一人で歩くと暗くて涼しいので、
独特の雰囲気があります。
天井からは水が滴っています。

当時このトンネルを通った列車の動力は蒸気機関でした。
しかもこの急な勾配です。現代とは違い列車の速度はおそろしく遅く、時速8キロ程度でした。
つまり人が早足で歩いているのと変わらない速度です。
壁と壁の間は、徒歩で歩いていればこそ、それほど圧迫感はありませんが、
燃え盛るボイラーを抱えて黒煙を噴き上げる列車で人の歩く速さと変わらない速度で
入ったとしたらどうでしょう。
夏場は恐ろしく熱いはずですし、季節を問わず肺に入り込もうとする煙に悩まされたはずです。

いくつかトンネルを抜けると、碓氷湖のビューポイントに到着します。



こちらは人造湖(ダム)です。赤い橋が映えますね。

この先に進むと横川駅や鉄道文化村がありますが、暑いので引き返しました。

私たちは観光で気楽にこの地を訪れています。
当時ここを列車で通過した機関士や、この橋の建設に携わった方たちは、
死と隣り合わせの毎日だったと思います。
実際、横川駅には橋の建設に従事している最中に命を落とした方たちを慰霊する
石碑が置かれています。
彼らの流したおびただしい汗と尊い人命の上に今の近代化した日本の生活があることを
忘れてはいけませんね。




死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編
クリエーター情報なし
三才ブックス
コメント

磯部簗~鮎づくし~

2017-08-19 | 食べ歩紀
磯部温泉にある磯部簗さんはお店の雰囲気もよく、気軽に新鮮な鮎が食べられます。

店内は座敷とテーブル席がありますが、おススメは簗と清流が見られる窓際の座敷席です。



メニューにはコースもありますが、刺身とてんぷら、塩焼きが食べたかったので
単品でオーダーしました。

まずお刺身。



鮎のお刺身ってなかなか食べることができません。
入り口の手前にいけすがあったので、これもそこからあげたものでしょう。
この鮮度はうれしいですよね。

氷が皿に敷き詰められていて、涼しげです。
しょう油で頂くのかと思ったら、添えられてきたのは魚醤でした。

しょう油のとがった塩気にじゃまされることなく、鮎の香りと刺身ならではの歯ごたえを楽しめました。

続いててんぷら。



前に魯山人のエッセイを読んだ際、鮎のてんぷらはかなりうまいと書いてあったので、
ぜひ食べたいと思っていました。
頭から頂きたかったのですが、ここは半身になっていました。

身がふわふわで鮎の旨味も引き出され、薄めの天つゆによく合いました。
かぼちゃもこの辺で採れたものなのか色が濃くて味も濃かったです。
ちなみに骨を揚げたものも下に隠れていて、噛めば噛むほど骨の髄に詰まった旨味が溶け出してきました。

続いて塩焼きです。



川をゆく鮎をイメージした盛り付けになっていました。

これはもう頭からぼりぼりいけました。
炭で焼いてあるので皮がほろ苦くていいアクセントになります。
もう少し早い時期に行けば、骨も頭ももっと柔らかかったかもしれません。



youtubeで鮎を焼いている様子も流しているので、良かったらご覧ください。
検索はyoutubeにて、桐生観光情報局blogでどうぞ。

コメント

いちごのスクイーズ!

2017-08-12 | スクイーズ
クレーンゲームでイチゴのスクイーズがあったので、やってみました。



種類は三つあるようで、それぞれかたさが違いました。
完熟(真っ赤なやつ)が一番やわらかいようです。



ゲットした時の様子を動画にしてるので、良かったら見てみてください!
(スクイーズって爪で完全にはさんで取るってめずらしいですよね笑)
↓コピペでどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=XudE6p2dA8k
コメント

にぎって チュルチュル バナナ スクイーズ

2017-08-01 | スクイーズ
ジョイフル本田で発見しました!
わりと取りやすかったのでトマトとバナナをゲットしました。
バナナは中に小さいジェルっぽい粒が入っていて、今までのスクイーズとは違った触感でした。

コメント

そばよしさんのあいもり(ひもかわ)

2017-08-01 | 食べ歩紀
少し前にテレビで桐生の「そばよし」さんが紹介されたので、食べに行ってきました。
あいもりとてんぷらを頂きました。





うどんはひもかわで、透き通ってい食感もよかったです。

コメント