桐生観光情報局~まち歩紀~

~このまちを 歩いて 紀す まち歩紀~
北関東のおすすめスポットを紹介します。Instagram:82kazu

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旧足尾本山製錬所(足尾廃墟巡り7)

2018-03-16 | 廃墟
さて、古河橋の向こうに見える巨大な建物、これが足尾銅山最大の製錬所、
銅山の中核をなす旧足尾本山製錬所です。



ここに採掘した鉱石を運び込み、製錬して銅を取り出していました。
川をはさんで見ても圧倒される迫力があります。
古河橋を撮る時、この重厚な建造物をどうとりいれるか、センスが問われますね。

残念ながら内部に入ることはできませんが、県道250号、川を挟んだところから遠めに見ることができます。
大煙突に大きなタンク、当時から残されている歴史遺産が集中して見られる場所です。






本当は足を踏み入れて探索したいのですが、足尾本山駅跡地を含めて一切立ち入ることはできません。
この製錬所も廃墟というわけではなく、
タンクの近くに車が写っていることからもわかるように、
従業員さんが日曜日も出入りしているようです。
調べたところリサイクル事業をまだここで続けているとの情報もありました。
ただ、機械音などは一切聞こえなかったため、少なくともこの巨大な建物では
作業は行われていないようです。



松木川をはさんでこの製錬所を見つめるとき、どうしても往時の姿を思い浮かべます。
製錬所から轟音が響き、大勢の従業員が鉱石相手に奮闘する声をあげ、
工場内は夥しい熱気に包まれ、まるでそれが漏れ出すかのように、大煙突がもくもくと
煙を吐き出す。
そんな光景を想像するのも楽しいですね。

Apple iPad Wi-Fi 128GB ゴールド 2017年春モデル MPGW2J/A
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 古河橋(足尾廃墟巡り6) | トップ | さらに本山に向かって(足尾廃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

廃墟」カテゴリの最新記事