ブンブンGR~さだまさしで『ポツダム宣言』~

このブログはフィクションです。

シリーズ:カブとか関西とか「テロリスト、ピコハンライダーに遭遇す」とかそんな話

2007-10-12 10:16:14 | Weblog


京都観光を慣行すべく、私が市内をカブで移動しているとカブ仲間発見!
近づいてみると荷台に何かが…
「ピコピコハンマー?」
そうである、ビートたけしがお笑いウルトラクイズやテレビ特捜部などで
愛してやまないあの伝説の凶器である。

「なぜカブの荷台にピコハンのみ乗せているのだろう、おのれ怪しい奴」
怪しい奴はお前だという突っ込みは無視ししばらく追跡。
「もしも奴がくるりと反転し荷台のピコハンで襲い掛かってきたらどうしよう」
という無用の心配をしつつ、1対1ならばまだ勝機はあると思い直し尾行を続ける。
「このまま追跡を続けると同じピコハンライダーが一台、また一台と合流し
 100人近くが鴨川あたりに集結、時の声も高らかに一斉に襲い掛かって
 きたらもはや北海道には帰れん」
という自らの想像にガクブルしているうちに烏丸通りで取り逃がしてしまった。
きっと彼、いや彼らは自らの正義を実行すべく今夜も京都市内を疾走していることだろう。

さて、今後の予定がなんとなく決まった。
本日12日はGRのakisuteの下に名前が来る不幸でお馴染みのaitoさんと
普通の京都観光。
明日13日は大阪、14日は神戸に、そして15日に天橋立をみて舞鶴から北海道へ。
初日の舞鶴~京都の深夜100km強行軍のダメージからようやく復帰、
夜の移動は避けようと心に誓うのでありました。
さみーしこえーし。
コメント   トラックバック (1)

シリーズ:カブとか関西とか「超意欲的に百万遍交差点」とかそんな話

2007-10-11 17:20:19 | Weblog


お世話に(ry

さて、本日は森見登美彦著 新釈走れメロス(詳しくはググれ)の主人公、芽野の逃走ルートをカブでまわってみた。
詳細は後日述べるとして、一応ゴールの百万遍交差点だけでも。
中央にあるのは○大の今年の学園祭のテーマらしい。
『超意欲的ニート』て。
コメント (10)

シリーズ:カブとか関西とか「テロリスト警告さる」とかそんな話

2007-10-10 20:32:22 | Weblog
さっそくフェリーターミナルに警告文が。
おそるべし小樽港湾。

コメント

シリーズ:カブとか関西とか「テロリストin小樽」とかそんな話

2007-10-09 21:45:56 | Weblog
お世話になっております、重信の父こときるたまです。
北海横断ウルトラクイズのスタッフの皆様お疲れ様でした。

さて、私めはと申しますと小樽フェリーターミナルの待合室で、
棺桶に半分足を突っ込んだ年齢の方々を横目にライトアップされた
船を見ながらコーヒーなんぞをすすっております。

何故に小樽か?
そこで今回の企画発表でございます!
(ここでBGMをコンバットに)

「テロリストが行くカブの旅:関西編」

えー、実は某民営化(これからPKのことを民営化と呼ぶのかなー、とこれは余談)
の影響でもらえた連休が10日間!
これはカブでどこでもいけるかも!?と思った訳でありまして、
当初は八戸経由で関東行くとか京都から長崎の軍艦島を見に行こーかと画策しておりましたが
『他人に厳しく自分に甘く』
がモットーの私(この姿勢が一部で物議を醸し出してるようですが知ったこっちゃありません)
としましては「いいじゃん、関西ちらっと廻れば」
ということで小樽から舞鶴をフェリーでその後は愛車のカブを用いて
主に京都を中心に(理由は後日書く気力があれば)
ノープランで行きたいと思います。
まあ来週早々バトルキャンペーンもありますんでそのころまでには
帰る予定。
では。

コメント (2)