アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

ノスタルジック 昭和30年代

 | Weblog
 昭和という言葉を耳にすると、たちまち懐かしさがこみ上げてくるのは(自分ではまだまだ若いつもりでいても)やはりトシを取った証拠なのかなあ。昭和30年代のくらしと電化製品展が、東京・銀座の東京電力「TEPCO銀座館」で開かれているというので、一時的にタイムスリップしてみようと出かけてみました。


 ちょうどこの時代をテーマにした映画「三丁目の夕日」が大ヒットしたのも、同じような考えの人が多いからでしょうし、なぜかこの言葉には郷愁を誘うものがあります。当時、三種の神器といわれた白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫はじめ茶の間の再現もありました。平成生まれの人たちにはなにこれ?でしょうが当時はこれが平均的な家庭だったんですよね。


 確かにあの頃は何もなかったけど、誰もが不平不満は言わなかったし、経済が成長していたから皆に夢があった。今は極端な、醜い(と、私は思う)格差社会になって、大方の人たちには夢も希望もない時代になってしまった。いつもこうした昭和に接すると思うのだが、「あの頃はよかった」だけでなく考えさせられます。物質から精神へと転換を図らないと早晩、この国は滅びてしまう(と、私は思う)。
 [写真は昭和30年代の平均的なお茶の間風景。ちゃぶだいが懐かしいね]
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« これが駿河桜 | トップ | 間もなくデビュー、西武の新... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も^^ (non2926)
2008-03-29 10:45:56
アルさん、おはよ~♪
昭和29年生まれの私!懐かしいです。
狭い部屋の真ん中にちゃぶだいがあって、家族5人でご飯を食べたり勉強をしたり、父は新聞を読んでいましたっけ。小さなちゃぶだいでも、丸いと大勢で座れちゃうんですよね(笑)たためで便利ですしね。
私も昨日、銀座へ行って来たのですが、こんなノスタルジックで素敵な催しが行われている事を知っていたら、寄って来たかったです!う~ん、残念!!

本当に!!耳を覆いたくなるようなニュースばかりが聞こえて来るこの頃ですが、誰もが夢と希望が持てる世の中になって欲しいですね。

上野公園の満開の桜の下を散歩して来ましたが、とても綺麗でした。桜って…好いですね^^

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事