アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

節分

 | Weblog
 3日は節分です。節分とは「季節を分ける」ということで、本来は季節の変わり目の始まりである立春、立夏、立秋、立冬の前日を指すものですが、江戸時代以降は冬から春に変わる立春の前の日だけが節分として残っているようです。節分と言えば豆まきがつきもののようですが、これは季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていた昔、それを追い払うための悪霊払いの行事として行われていたのが始まりでしょう。「福は内、鬼は外」の掛け声とともに威勢よく豆をまく行事は各地の神社などで盛大に行われており、早春の風物詩といえます。今晩は家庭でもこの掛け声が聞かれるかもしれませんね。通常は炒った大豆を撒くのが主流ですが、殻つきの落花生を撒く地方もあります。

 近頃は恵方巻きを食べるのも流行っていますが、もともとは関西地区で行われていた習慣が全国へ広がって来たようです。バレンタインと同じように、ある業界の陰謀なんていうことも言われていますが、まあ、季節のイベントみたいなものですので、それはそれでいいじゃないですか。具のいっぱい入った太巻きを、その年の恵方を向いてものも言わずに一気にかぶりつくというのはいささか苦労ですが(笑)。恵方とは、歳徳神(としとくじん)のいる方角で吉方だそうです。今年は南南東です。

 まだまだ寒さは続きそうですが、心なしか陽の光も柔らかく感じるのも季節が春に向かっているからでしょうか。明日は立春です。【写真はイメージです】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加