森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

64-ロクヨン【後編】

2016-06-24 00:19:15 | 映画

月曜日に前編を見て、一日空けて水曜日に後編を見てきました。

前編の最後に「64」の模倣誘拐事件が起きて・・・・・・

 

そして事件は一気に解決して行きます。

この映画のラストは原作とは違うらしいですね。どんな風に違うのだろうかと、私は思わず検索してしまいました。

そして私は思いました。映画のラストはこのラストで良かったなと。

それでもサスペンス的には相当力ずくでねじ伏せられたような気がしました。

 

だけど私はちょっぴり泣きました。

あのシーンとあのシーンで。

 

ところで私、未解決の誘拐事件と聞いて、ある事件の事を連想していました。これだけの薄い記事を書く時も、結構ネット検索しています。やはりこの事件は、1987年に群馬で起きた事件がモデルになっているらしいです。

その時私は20代で子供もいない頃。ニュースを見ていて腸が煮えくり返り、思わず犯人に呪詛の言葉を呟きました。だから2002年に時効を迎えた時もはっきりと覚えていて、この事件を忘れないと心に決めたのです。

時効が来れば、みんな事件の事は忘れていくのだと犯人は思っていたのかも知れませんが、別に関係者でなくても忘れない人たちはたくさんいるのですよね。それを犯人に伝えてやりたい!!!

興味のある方は「功明ちゃん誘拐事件」で検索してみてください。

たった今、私も検索して驚きました。本当に大勢の人がその事件の事を忘れていませんでした。

もう野垂れ死にしてるかもしれませんが、

「忘れてないからな !! みんなお前の事を見ているぞ !」って一応言っておきます。

「64」の本がたくさん読まれてまた映画もヒットして、時効になってしまった事件ですが多くの人にこの事件を思い出させ風化させたくないと言う気持ちが作者の中に有ったのかも知れません。マスコミ相手に三上が思ったように。

 

 

たった7日しかなかった昭和64年。この7日間の間に生まれた子供は私の子供と同級生。もう一人の子供は幼稚園に上がる前でした。天皇崩御の時にテレビはすべての番組を中止し、昭和史一色になりました。

近所のやはり幼い子供が、べそをかきながら、

「この偉い人が死んじゃったから、楽しみにしているアニメがお休みなの。」と言いました。

レンタルビデオ店は大流行で棚がスカスカになりました。

仕方がないと言えば仕方がない事だと思うけれど、マスコミはいつも極端なような気がしました。あの時、犯罪者たちも喪に服してなりを潜めているのかしらなどと皮肉な事を思ったりもしたのです。いつかこの7日間を題材にして小説を書く人も居るかなと私は思いました。

まさに「64」はその時代の物語。

そんな昭和最後の7日間に取り残されてしまった男たちは今・・・・・。

 

<以下はネタバレ感想です。>

 

「64」の事件の時に、大ポカをして犯人の声を録音しそこなってしまった日吉。自分のせいだと14年間引きこもりになってしまいました。事件が解決してやっと彼の中で昭和が終わり、部屋から出てきたシーン。それをじっと我慢し続けた母親。

思わず涙が出ました。

その時の音声が残されなかったために、犯人の声を知っていたのは被害者の父の雨宮だけ。

彼は14年間来る日も来る日も近所の公衆電話からその声を探して電話をかけ続けます。

犯人の声に行きつくまで。

― 分かるかなあ、これ。

声は本当は厳しいよ・・・・-。

と言う事はさておいて、公衆電話の数字は押され続けられたことで数字が消えていました。

気が遠くなるような毎日の無言電話。

 

この無言電話が、三上の家のドラマにも繋がっていたと言うのも不自然でありながら、なんだか「そうだったのか。」と納得してしまいました。

 

時々映される公衆電話の横のベンチに座って、遠くの風景を眺める雨宮。

何度も言ってしまいますが、この映画は本当にひとりひとりが素晴らしくて演技合戦だと思うのですよね。

雨宮の悲しみがひしひしと伝わってきました。

 

三上が警視総監の視察の事で説得に来た時に、仏壇の上には幸田の名前のある仏前の袋が置いてありました。三上はそれに気が付いても、先に彼が来たことには触れませんでした。

あの時に、二人の共犯の打ち合わせが出来たのですね。だから雨宮はすっきりと髪を切っていたのです。覚悟の証だったのかも知れません。

模倣誘拐事件の被害者、目崎の鬼のような形相の演技も素晴らしかったです。

彼は男だけれど、鬼子母神みたい。

人の子供は殺せても、自分の子供が誘拐されたと思うと、命がけで助けに行くのです。

だけどもちろん彼はこの先に仏の守護神になる事はなく地獄に落ちていくばかりだと思います。

 

2000万円を燃やせと言われても、我が子のためには躊躇わず、だけどその2000万円の為に人の子供は殺す。

如何に人の子の父と言えども許せることではないと思います。

原作では逮捕まではいかないそうです。

そこが違いらしいー。

 

みなそれぞれの終わり方があって、三上も自分の娘との問題に真っ向から向き合おうとします。

そして何やら明るい兆しが・・・・。

 

このミステリー映画が好きかと問われれば、好みの問題で「好き」とは即答しかねますが、このヒューマンドラマを堪能したかと問われれば、私は「はい」と言うと思います。

 


コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 64-ロクヨン【前編】 | トップ | 同じだけれど同じじゃない »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嫁さんが見てきました。 (popolo)
2016-07-02 10:21:31
popoloです。

 64ですが昨日嫁さんが後編を見てきました。前編を一昨日に見て我慢できずにいたようです。一緒にと誘われたのですが断りました。

 テレビ・映画などの映像、ラジオなどの音声に興味が薄れてしまってきてしまって、というか最近のテレビは自分には面白くない、映画館の暗闇で約2時間集中している自信がなくなった、などと屁理屈な自己分析をしています。

 嫁さん曰く、とても面白かったそうです。自分も「影の時間・上川版」はとても面白かったし横山さんは好みな作家さんです。BSなんかで昔の横山さん原作のドラマを放送していることがあるので見始めるのですが続きません。気がついた床のゴミを拾い始めたり家具の配置を変え始めたり。当たり前ですが、「見たよな、これ。」って感じでしょうか?

 諸事全く興味が無いということでもないらしくって手元のメモには「マクベス」「二つ星の料理人」小泉今日子さんの「ふざけんな過去」なんかが残っていますからそれなりの興味は残っているのだと思います。

 64の誘い、なぜ断ったのか?

 横山さん原作のドラマを楽しみ過ぎたのかもしれません。自分はプロの批評家ではありませんのでこれぐらいの僭越も許してもらえるかな?

 追伸。

 はじめて親知らずを歯医者さんで抜かれました。噂どうりでした。抜かなればなないならさっさと躊躇せず抜いてしまうことをお勧めします。
popolo様 (kiriy)
2016-07-02 23:15:34
ちょっとお久しぶり~☆
「64」になぜ行かなかったのか。
私が思うには、そう言う時もあるって事じゃないかなと。

うちの旦那の話ですが、以前は良く一緒に映画に行ったんですよ。1月も一緒に「スター・ウォーズ」に行くはずだったのですが、映画じゃなくて病院に行く羽目になってしまって、死にかけちゃったんですね。おかげさまですっかり良くなったのですが、彼の口から映画に行くと言う言葉は出てこなくなりました。やっぱり映画に行く気力までは復活してないんですよね。座っている2時間は長いですし。
でもいつかまた行こうって言う気分になると、私は信じていい子で待つ事にしました(笑)

ああ、そうだ。親知らずのお話ですが、まだ未婚の時2本抜いたと言うか抜かれちゃったんです。肉の中に埋もれていた1本は怖かったので、相当後になってから勇気を出して抜いたのですが、これは大変でした。もう1本は歯周病で抜けちゃった・・・・これはけっこう悲しい出来事でした。
歳を取るって、ああ、嫌ですね~(/_;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

「64-ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大...
64 ロクヨン 後編 (映画的・絵画的・音楽的)
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『64 ロクヨン 前編』が素晴らしかったので、後編もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、雨が降りしき...
64 ロクヨン 後編 (勝手に映画評)
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?...
64-ロクヨン-後編  監督/瀬々 敬久 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 浩市  永瀬 正敏  緒方 直人  三浦 友和 【ストーリー】 県警の広報官・三上は記者クラブとの摩擦問題をようやく解決した矢先昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を...
64-ロクヨン-後編 (我想一個人映画美的女人blog)
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫る“ロクヨン”捜査...
映画感想『64-ロクヨン-後編』2016年・日本 (見取り八段・実0段)
自分にはもう「ドラマ版 64」を見ていない頭には戻れないので…やっぱり、何かこれじゃ原作者が求めていたものが伝わらないだろうって気がしてしまうのだった。改変部分がベタな刑....
「64-ロクヨン-後編」 子への思い、届かぬいたたまれなさ (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレ部分があるので、注意してください> 前編は昭和64年に発生した誘拐事件
「64(ロクヨン)後編」 (ここなつ映画レビュー)
「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていた...