森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

天地人第三回「殿の初恋」

2009-01-19 09:18:39 | ドラマ (大河)
 戦国ホームドラマって言う言葉がありますが、今日の「天地人」見ていたら、戦国青春コメディと言う言葉が浮かんできてしまいました。

 口が重く、なんだか一見パッとしない殿の為に兼続は身を挺して仕えます。

たとえそれが裏目に出ることばかりでも、その一生懸命さが伝わってきました。そしてそれは演じている妻夫木君の熱心さのような気がして、高い好感度で持って見ることが出来ました。

殿の名前で意見を言ってみたり、殿に変わって手紙を書いたり・・・
景勝が舞を断り宴の場が白けそうになると間髪いれずに、名乗り出て舞を踊ったりする兼続。健気じゃないですか~。


初回二回でテレビの前の視聴者の心を掴んだ与六の子役の子も、回想シーンで登場で、ちょっと嬉しかったりもします。
御館の女性陣の心を鷲掴みしている玉山景虎、役どおりに美しいです。どちらかと言えば、私も景虎派になってしまいそう・・・

その景虎と比較して、殿には違うものがあると励まそうとするシーンは面白かったですね。女性人気も書も何もかも上の景虎。
「でも殿には・・・」
・・・・
「何も思い浮かびません。」
こける景勝。

怒った景勝に追い回されたり(じゃれて・・)、仙桃院に武田の領地に入ったことを、危ないことをするでないと、長々説教されたり、兼続にとって既にそこは主君の側でもあり、兄の側もうひとりの母の側、生きて行く場所であることが窺い知れます。

そしてそれは初陣の叶わなかった兼続が、景勝を送り出すときに涙ながらに側にいられないことを、申し訳なく思う姿に繋がって行くと思います。
「兼続、留守を頼む!」
「はい!」
殿の言葉こそ、兼続の支え。

ああ~、教育って怖い!! アッ、違う違う、ちょっと心の声が・・・

でもこの時微笑ましく嬉しかったのは、共に育った仲間達の仕草でした。みんな兼続の気持ちが痛いほどわかっていました。さりげない仕草で、「殿は任せておけ。」「お前の分まで頑張るぞ」「留守は頼むぞ」と言葉ではない言葉を送っているようでした。
それらのメッセージを受け止めながら、兼続はしっかりと彼らを送り出すのです。


殿の初恋の相手の船が登場してきましたが、暴れ馬のなだめ兼続の危機を救う・・・なんかちょっと在り来たりで詰らない・・・って言ったら我侭かしら。

今週の兼続キラリン
「京に進めと進言しましたのは、信玄は亡くなったものと思えるからです。」
なぜそう思うのかと言う問いに
「勘です!」

勘って、脳が視覚聴覚既にインプットされている情報から、言葉にしない部分で情報分析してくれている部分の結論だと思うのですよね。少年兼続、冴えています。

母のお藤の容態も気になるところですが、
今週は織田信長のセリフで出て来た「天地人」はメモしておかなければならないところですね。

「天の時、地の利、人の和、この三つが揃っている武将が天下を取ることが出来る。それは信玄かと思ったらそうではなかった。・・・」
そう言って、自分に風が吹いてきたことを猿(藤吉郎)に語るのです。
これは元は謙信の言葉。意味的にはもっといいことを言っていると思います。そのことはNHKのHPに載っていて、フムフムとは思いましたが、自分の言葉で書き直すのが面倒なので読みに行って下さい。
またその出典は孟子。
その孟子の言葉を調べると、さらにもっと良い事を言っているように思います。
天が与えてくれたチャンスは地の利には及ばず、その地の利は、人の和には及ばない・・・みたいなことなんじゃないかなと思うのですが、その辺は孟子に詳しい方にお任せします。でも、少し調べただけなんですが、孟子の考えって結構魅力があって、時間があるときに、もう少し丁寧に調べて見たいと思いました。


とにかくですが、私が勝手に思いこんでいた「天地人」の意味は修正されました。私は勝手に
「天アリ 地アリ その間に人アリ」だと思っていたんですよね。オープニングなんかを見ているとそんな気がしませんか。よく考えてみると、そんな言葉はないですね。私が作ってしまったのかしら・・・
まっ、いいか。修正したんだし。



コメント (6)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 草原のみなしご≪その1≫ | トップ | 草原のみなしご≪その2≫ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (くみ)
2009-01-19 19:58:55
>戦国青春コメディ

ほんと、そうですね。

妻夫木くん以外の人物が、皆「青春」とは程遠い人たちが演じているあたりが、アイタタなんですけど(特に東幹久)。
でも役者さんってすごい!と思いますよ。

>天地人

わたし、最初この本が発売されたとき、「てんちひと」って読んでました。
トラブルメイカー (ぴえる)
2009-01-19 22:49:44
こんばんは。
まさに「戦国青春ドラマ」ですね!
兼続のやることなすこと全て裏目に出るのなんか,月9や火9のトレンディドラマを見ているようです。

「青春とはほど遠い人たち」というのが笑えました!
こんにちは♪ (ミチ)
2009-01-20 08:52:16
いつのころからか大河の演出にコメディっぽさが混じるようになったんでしょうか?
昔見ていた「独眼流」とか「太平記」なんかには一切そういう演出は無かったような覚えが(あまりに遠い昔なのでうろ覚えですが)
これも三谷幸喜の「組!」あたりからかもしれませんね(爆)
妻夫木君の資質と兼続の少年時代がピッタリマッチしているように思いました。
原作はイマイチだったけど、ドラマはなかなかいいかもと思いつつあります。
くみ様 (kiriy)
2009-01-21 09:11:14
おはようございます。
>妻夫木くん以外の人物が、皆「青春」とは程遠い人たちが演じているあたりが、アイタタなんですけど
ぴえるさんと同じく笑えました。
「功名が辻」の前半の若作り軍団を思い出してしまいますね。

このノリ、O.K。私もですよ。プレイとかは、ちょっと言えないですけど

来週の「てんちひと」も楽しみです(笑)
ぴえる様 (kiriy)
2009-01-21 09:16:14
おはようございます。
>兼続のやることなすこと全て裏目に出るのなんか,月9や火9のトレンディドラマを見ているようです。

内容的には軽い感じの今回(別の言葉で言うと、中味がナイ)は、このコメディタッチで救われましたね(笑)
面白く感じました。
この青春とは程遠い人たちは、やっぱり後半にその良さが生きてくるんでしょうね。
ミチ様 (kiriy)
2009-01-21 09:38:33
おはようございます。
そう言えば、「組!」の最初は、まさに青春幕末コメディの要素がありましたね。ああ~、懐かしいシーンがたくさん!!
それでこそ楽しくて、後半のシリアスな部分が生きたように思いました。

あの時はみんな実年齢も若くて・・・
確かに妻夫木君以外は、ちょっと年齢的には頑張っているなと言う感じがしてしまいますが(笑)、
>妻夫木君の資質と兼続の少年時代がピッタリマッチしているように思いました

殿一筋の献身振りが、ぴったりでしたね。

>原作はイマイチだったけど、ドラマはなかなかいいかもと思いつつあります。

そうなんですか期待も膨らみます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ (大河)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

「天地人」第3話。 (Flour of Life)
「天地人」の第3話を見ました。脚本家の小松江里子氏は、女性週刊誌のインタビューで「(天地人を)ゆるい話にはしません!」と宣言されたそうですが、今週のサブタイトルを見るとその言葉を信じてよいものやら…
「天地人」第3回 (日々“是”精進!)
第三回「殿の初恋」1573年4月、上杉軍の軍議の場では熱い議論が交わされていた。兼続は景勝の考えとして、武田軍の様子が不穏であるから京に兵を進めるべきと主張。だが謙信のもう一人の養子である景虎は、混乱する越後国内を鎮めるべきだと訴える。謙信は、景虎の意...
天地人、人が欠けていた信長!! (函館 Glass Life)
相変わらず景勝は寡黙なのです{/kaeru_alone/} なかなか心の内を見せようとしません。 ただ一人兼続にだけは別なようですが… 『殿は女子の人気では景虎様には勝てませぬ』{/down/} 『全てにおいて景虎様の方が上で御座います』{/down/} 何と辛辣な、そこまで言うかと云...
天地人~第3話 殿の初恋 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
天地人ですが、直江兼続(妻夫木聡)がいかに凄い人物だったかの説明から始まります。他の戦国武将に比べて有名でないことは素直に認めますが、あの太閤秀吉が黄金積んで家来に迎えようとしたり、神君家康が上杉を攻めあぐねたのも兼続の存在が大きいそうです。(以下に続...
『天地人』第3話「殿の初恋」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
秀吉、家康が認めた男・直江兼続。樋口兼続。天正元年(1573年)4月。川中島の武田軍を見た兼続と久秀は景勝へ。そこへ謙信からの戦評定へのお召し。上杉謙信。兼続も末席に! と。評定の席にはもう一人の養子・上杉景虎も。守りを固めると謙信。そこに兼続。越中に留まら...
【天地人】第三回 (見取り八段・実0段)
上杉家では、越後内の争いを鎮めるために兵を出すことに決議され、その支度で沸き立っていた。兼続は、頼み込んだが景勝の初陣に連れて行ってもらえない。京にまで進撃するべきだと主張した兼続は、謙信から何故、京へ上るべきだと言ったのか尋ねられる。信玄は死んでいる...
大河ドラマ「天地人」 (休羽捫虱帳)
第三話「殿の初恋」 うわあああ、来週から日曜アップができないなんてこれほど辛い事があろうか?
大河ドラマ:天地人 第3回「殿の初恋」 (山南飛龍の徒然日記)
妻夫木与六が正式に登場しました。今回は、殿こと上杉景勝の初恋がテーマということで、景勝が常磐お船に一目惚れしてドギマギする展開でしたが、あの聡明だった喜平次・景勝は何処へ行ってしまったのでしょう?景勝も与六も性格が変わりすぎていて驚きましたよ。というか...
天地人「殿の初恋」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
天地人「殿の初恋」 ちょっとコントっぽい感じの第三回。これからはこういう感じなのかな?。 1573年。 さすが主人公です。 初陣も未だなのに戦評定に参加して発言できるなんて…。 上杉は越中の一揆を治めるために出陣の準備を進めていました。 兼続「越中に止まらず、...
大河ドラマ「天地人」#3 (ミチの雑記帳)
「殿の初恋」 兼続の人となりがどんどん出てきましたね~。 かなりの元気者でオッチョコチョイにも見えましたが、それはまだ14歳ですからね。若さが溢れてるって感じで{/m_0204/} 無口で不器用でアピール下手な景勝のために先走って余計なコトしたり、フォローに回った...
“天地人 3話「殿の初恋」” (『ならうよりなれろ!!』)
天地人 3話「殿の初恋」 こんばんは。 「機動戦士ガンダム00」は録画しても「大河」は録画しない、ろくでもない女です。 3話を見たところ、主人公がKYだったので、記事を書くわたしもKYな発言をしてみましょう。 こういうノリ、嫌いじゃないんだ。 「功名が...
天地人・第3話 (ブルー・カフェ)
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る →天地人第3話です。ザ少年倶楽部プレミアムを見た後なので正直頭の切り替えが・・・でも頑張ります。えっと・・・ 【天地人】 天正元年(1573年)4月春日山...
天地人 第3話 殿の初恋 (cogito,ergo sum)
成長した兼続は川中島で、海津城主高坂弾正を目撃します。 大急ぎで、主君である景勝に知らせようとしますが、そこにはちょっとした事 情が…。