森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

平成最後の夏の終わりに

2018-09-16 03:16:25 | 梢は歌う(日記)

子供が教えてくれたのですが、今は何でも「平成最後の」と冠を付けるのが流行りだそうですね。

確かに何も間違えていないわけで、「平成最後の夏」が来れば、「平成最後の夏」も終わる・・・・。

そして今は「平成最後の9月の日々」と言うわけなのですが、

なんだか趣深く感じるから不思議ですね。

 

私は、平成最後の夏の終わりに、ルート君に内緒で自転車を買いました。ずっと考えて買った割には、なんだか失敗したかもしれない感がちょっとしてしまいます。その話はまた今度聞いてくださいね。

今、私は自分がちょっと嫌いかも。

そう言う時は、いつもポジティブ全開の発想の人である私も、少々気弱になっている…って、そうでもないです。そう言う時私はヤケッパチになるタイプ。

ヤケッパチになっている私は少々怖いもの知らずです。分別臭さを投げ打って、ストレートな言葉で会話した結果が良い方向に進んだバイト先での出来事があったり、またずっと止めたかった、とあるボランティアをやっと「止める」と言えたりしたのです。

 

時間の使い方が、どんどん下手になってしまったのは、やはり休憩時間が多いからだと思います。

あまり体調がすぐれません。

だったら早く寝ろと言う所ですね。

分かっているけれど、長年着いてしまった習慣は、なかなかチェンジ出来ないのです。

 

PC時間を止めると言うのも、一つの考え方だと思うのですが、この開かれている窓は、私にとっては大事な窓だと思っています。

しばらくは更新ゆっくり目と、短い文章のみで記事を作って行こうと思います。

 

 平成最後の朝顔とヒマワリ。

ベランダで出来なかった事を、マンションのサークルで手に入れたようなものです。だけど努力したのは別の方々 ?

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「検察側の罪人」を見てきま... | トップ | 9月16日の別れ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Bluemoment)
2018-09-16 14:28:00
平成最後の…というと「ああ、そうだった」と何となく我に返る自分がいます。
西暦だとあまり思わなくても、元号になると、自分が生まれたのが2世代前になるのかと思うと
急に歳をとったような気になるので笑、あまり
意識しないようにしているようなところもあります。
前向きになったり後ろ向きになったり、やさぐれたり優しい気分になったりと
平成だろうがなんだろうが、この「感情の幕の内弁当」みたいな毎日は続いていきますね~。
うちも、平成最後のひょうたんが実っております。
(平成最後って言っても昭和から平成にかけて育てたのはたったの2回です笑)
Bluemoment様 (kiriy)
2018-09-17 23:47:39
こんばんは~☆
私、前に「明治・大正・昭和」と生きた人たちを見て、何気に憧れていました。凄いな、三つの時代を生き抜いたなんて、私にはあり得ない事だなんて思っていましたが、来年まで無事に過ごせたら、とうとう憧れの「昭和・平成・何か」と三つの時代を生きた女になることが出来そうで、嬉しく思っています。
あっ、だけど
>急に歳をとったような気になる
それ、ありますよね~(笑)

それと
>「感情の幕の内弁当」
面白い事をおっしゃられるなって思いました。お弁当はいろいろ入っている方が美味しそうに見えますものね。いろいろな感情があって良いのだと感じました。

>平成最後のひょうたんが実っております。
やっぱり何かしみじみしたものを感じますね。
「平成最後の」はやっぱりある種の呪文ですね、きっと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

梢は歌う(日記)」カテゴリの最新記事