森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

やれやれ♪

2009-05-20 01:50:43 | 梢は歌う(日記)
お休みしていた間も、ご訪問ありがとうございました。

なーんだ、10日を待たないで出てきたじゃないかと思われてしまいますね。なんとなくピークは過ぎました。でも、いろいろうんざりするような事が山のようにあって・・・。

それらの事を、やっつけ仕事のように(そういう言葉ってありますか?)取り組むべきなんでしょうが、ちょっとストレスが溜まってしまいそう。

前に私はドラマの見過ぎだとここに書いたことがありましたが、夜は疲れてそういう受身の事しか出来ないと言うのがその理由でした。でも今はそんなに仕事をしていないのでドラマ時間を減らして、家事や読書時間に当てようと最近思っているとも書きました。

でもそうじゃないんだわと、今日気が付きました。

何もテレビなんか見ていなくても眠くなくても、私は立ち上がれません。ソファに横たわり何かがジーンと押し寄せてくる事に耐えているのです。
その何かが何なのか、私には分かります。それはストレスなのです。

何年も前から思っていることですが、「ストレス」と言うのは嬉しい悲しいと言う感情の作用ではなく、暑い寒いと言うような感覚で感じる事が出来るものですね。

「ねえパパ。来世と言う確約があるのなら、死んでしまいたい。」

そんなことを言って夫を困らせたりする私です。

「何言ってんだい。来世なんかないよ。だから死んじゃダメなんだ。いや確かに来世は信じたほうが楽しいよ。手塚治虫の「火の鳥」の世界みたいに。でもね、来世があってももうそれはあなたではないんだよ。」
「じゃあ、パパ。今生でお別れね。」

って、この後夫が私になんて言ったのかは、長いし面倒なので省略ですが、意外と世間話風でありながら予防線を張っているのがわかります。ありがたいことですよ。そんな馬鹿なことを言いながら、私はゆっくりと復活していくのです。

結構気持ちが弱くて、また近頃力に合わない事を抱えすぎていて大変です。

それでも先週は「頑張るぞー!!」モードだった私。

やっぱり若くないので(こんな所でしみじみ実感です。)、「がんばらないけどいいでしょう~♪」モードで行こうかな。


たまに出てくれば、ろくでもない独り言で申し訳ありませんでした。

ところで、上の画像・・・

本当はもっとかわいくて綺麗だったのですよ。このポニャポニャした感じがいいなと思って適当に撮ったのですが、あまり綺麗に取れなかったのでがっかりです。でも、今日(昨日でした)その前を通ったら、すべて抜かれ土がならされていました。
最近良く言う言葉ですが、過ぎていく日々との出会いも一期一会。今日と言う日、明日と言う日。しっかり出会ってしっかり生きていきたいものです。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 春雨の・・・・ | トップ | SYUGOSIN »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
偶然 (YAN)
2009-05-20 16:59:14
kiriyさん、こんにちは!
なんと同じ時期にブログを休んでらしたんですね。
偶然にも、私も今日再開をしたところです。

kiriyさん、ちょっとお疲れモードのようで・・・
10日間のうちにストレスは解消できましたか?

死はあまりにも身近で見る事が多くて、
逆に恐怖でもないし、通過点のように思えてきます。
でも、kiriyさんの言うように、生を大切にしなくちゃね。
YAN様 (kiriy)
2009-05-21 00:33:48
さっき訪問したから、早速来てくださったのだと思ったら、そうではなくこれも偶然だったのですね。ここに書いてくださったことはお返事になっているのかと思ったら、書き込んだことまで偶然・・、なんか凄いタイミングでしたね。

本当に昨日今日の私はお疲れモードなんです。先週はやらなくてはならない仕事が片付いていくのが気持ち良くて、元気溌剌でした。ブログもさらに一ヶ月ぐらい休もうかと思ったくらいです。
でもやらねばならない事が、さらにさらに積み重なっていくと、だんだん元気溌剌モードが萎んできてしまいました。

YANさんの言われたとおり、書く事は私のストレス発散なので、再開し、またゆっくり行くことにしたのです。

YANさんにとっては、死を冷静に見ることや受け止める事が出来るのかもしれませんね。ここ数年はとここ何日かは本当に大変でしたものね。

>通過点のように思えてきます。
そうかも知れないと思います。
でも、私が軽く死を口にするのは、受け止める事ができない最大の恐怖だからかも知れないなとも思いました。

というわけで(?)
またよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

梢は歌う(日記)」カテゴリの最新記事