森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

「モリのいる場所」

2018-08-03 00:43:29 | 映画

ちょっと前の7月5日に、またも姑と一緒に見てまいりました。

映画の感想が溜まってしまいましたので、続けて書いて行こうと思います。

 

見に行った先のシアターでは公開が終了してしまいましたが、空席が少ないほどの盛況ぶりでした。続々と入ってくる観客の方は、ベテランシニアさんがいっぱいで、私なんかは一番若かったような気もしてしまいました。

やっぱり樹木希林さんはシニア女子のアイドルなのでしょうか。

順次公開されているこの作品も、どんどん公開が終了されて行き、それでも都内では2か所全国では16か所公開中です。

 

この物語は伝説の画家熊谷守一のある日の一日を描いたフィックション。

物語の中では30年間、家の敷地から一歩も出ないで庭の自然を描き続けた画家と紹介されていました。

私はこの画家さんの事を知らなかったので、家に帰ってからいろいろと調べてみたのですが、30年間と言うわけではなかったとか50坪よりも狭い30坪ばかりの庭だったとか、いろいろな違いはあっても、やはり勲章授与の内示などを断ったエピソードなどは本当の事で、いろいろなそのエピソードをモチーフに描けば、なかなかの魅力あるお話になったと言うのも分かるような気がします。

もちろんフィクッションです^^

 

 

老いた人の朝食の風景。

はさみを使ったりペンチを使ったり。思わず笑いが会場に起こりましたが、私はちょっと感心してしまいました。

老いるとはいろいろな体の機能を失う事でもあると思います。でもこんな風に知恵を使い道具を使って補えばいいのですよね。

そして狭い庭での探索。

花を見て、「いつ、咲いた!?」と問うモリ。

昨日と違う場所にある石を見て、「いつから居る ?」と問うモリ。

ただそこにあるものを、普通に見てそして深く思う。

そして普通にあるものを、なんて美しく見せる撮り方なのだろうかと思いました。

だけど私、こんな風に夜遅くまで起きているのが常の生活。

ちょっと美しい自然の小さな風景の連続に、少々意識が遠のきかけました。

環境ビデオか!!って。

意外とその時間が長かったものですから。

「いけない。いけない。勿体ない。」と自らを叱咤し、失いかけた意識から数秒で覚醒すると、どこからともなく聞こえてくるスース―スーと言う寝息。しかも後からは、あれだけ注意されているにもかかわらず、携帯の着信音が鳴ってしまうしね。

 

もうね、決して「今の若い人は。」なんてことを、それらの人たちは言わないでくださいね。

映画館でのマナーは、断然、若い人たちの方が良いですからね。

頑張るのだ、ベテランシニア !!

 

さてさて、その後はいろいろと押しかけてくる人々(宿屋の主人・カメラマン・マンション建設の輩たち・謎の男など)でお話は盛り上がります。

どこかで読んだと思うのですが、モリの妻は、最初は違う男の人と結婚していて、モリを支えるために、彼と再婚をしたのだったと思います。もうそれだけでドラマになるような気がしますが、そこはこの作品の中では、さらりと妻の口から「前の人も良い人だったのよ。」と語られて御終いになってしまいます。

そこだけはもうちょっと踏み込んでもらいたかったと思いました。

 

ただ私、この作品のリサーチは帰って来てからやったと言う呑気ぶりで、

「まあ、この人も出るのね。」と嬉しい悲鳴をあげました。

カメラマン役の加瀬亮はもちろんでしたが、青木崇高、三上博史と、私の好きな人ばっかり。

 

既に記憶もおぼろでセリフは不正確ですが(いつもの事でしたね。)

モリの「生きているのが好きなんです。」と言う言葉には、100%の共鳴をしました。

朝食・昼食・夕食とそれぞれのシーンがあって、そして宇宙とも対話をして(?)、そして二人だけの静かな時間が来ます。その後、モリは「夜の学校」と称して、アトリエへと向かうのでした。

なんだか丁寧な暮らしを感じて、見終わった後、清々しさを感じました。

 

熊谷守一の事をもっと知りたいと思ったので、美術館を検索しました。

美術館だよりに次女であり館長の「モリの映画について」と言う記事が寄せられていて、それを読むのも楽しいですし、またその頼りに載せられている美術館へのアクセスの説明が、何とも言えない味を持っているのです。「30歩ほど歩くと左に入る道があるので・・・」みたいな感じです。まるで映画の中に出てくるような「美術館だより」だと思いました。

 

その「美術館だより」は→こちらです

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「レインマン」を観てまいり... | トップ | 劇場版「コード・ブルー ―ド... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
DVD化を待ちます♪ (けい)
2018-08-03 09:36:31
モリって、熊谷守一氏のことだったのですね。
ご紹介の美術館だより、とても良かったです。館長さんのお人柄がうかがえて。
>老いるとはいろいろな体の機能を失う事でもあると思います。でもこんな風に知恵を使い道具を使って補えばいいのですよね。
ここを読んだら、母のことを思い出しました。老いたこともありますが、病からくる手の不自由さに母は彼女なりに工夫して過ごそうとしています。その姿には工夫することの大切さを感じさせられます。きっと老いても生きやすくできるように頭を使うことが大事なんでしょうね。わたしは逆に頭が固いのかも。

この映画、見たいです。この映画を撮りたい! って思った監督さんの気持ちを感じてみたくなりました。

ところで藤原竜也さんがドラマの主演をするってどこかで見たのですが、違ったかしら。彼の演技、楽しみなんです。
けい様 (kiriy)
2018-08-04 01:44:34
こんばんは~☆
世の中には、まだまだ私の知らない事ばかりで、私はこの方を知らなかったので、凄く新鮮に感じました。
97まで生きたと言うのも、なんか憧れてしまいます。
正直な事をばらしてしまうと、映画の中に出てきた絵の良さが良く分からなくて、だからこそいつか本物を見てみたいと思うようになりました。
そしてHPを開き、そしてまた美術館だよりを読む事が出来たと言う繋がりです^^

館長さんが言う通り、この作品はフィクッション。でもこの映画で熊谷画伯に興味を持たれた方も、私同様にいらっしゃると思います。

手の不自由さを工夫して生きていらっしゃるお母さま、素敵ですね。親と子の関わりって、それなりに歴史があるじゃないですか。私にも・・・。
けいさんのブログのお母さまの記事を読むと、私も母に電話とかしたくなるのですよ。

それから竜也さんのドラマの件ですが、近場での情報は知らないのですが、2020年、「太陽は動かない」と言う映画で主演するのですが、その映画がwowowの連続ドラマと繋がっているのですよ~♪
これ、けっこうビッグな役で気合が入ると思うのですが、公開が先で、日本って売れている俳優さんをこき使う国なので(笑)、その間にまた何かドラマとか入るかもしれませんね。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事