森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

劇場版「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」

2018-08-04 18:24:05 | 映画

7月29日に夫と観てまいりました。

ふと今回はこの感想を書く前に、映画サイトの皆様のレビューを読んでしまいました。いつもなら書く事に影響されそうで書いてから読むのが常なのですが、別にそのような心配もないと分かっていたので、ついつい読んでしまったのです。

駄作と言う方と感動したと言う方で真っ二つに分かれていました。

私はと言うと、別に駄作とはまったく思わないけれど、そんなには感動もしなかったのです。いや、普通に泣きっぱなし。

もう「泣く」と言うのは、私の場合普通の事なので、あまり評価の参考にはならないかと思います。

私の中ではそれなりには基準はあるにはあるのですが、泣いたからと言って褒めるかと言うと、そうでもない時もままあるのです。

だけど「大好き!『コード・ブルー』」。楽しい時間でした。

もうそれで良いのではないでしょうか。

 

このドラマが大好きだったから、この映画が完成することを楽しみにしていました。公開されたのでやはりこのドラマが大好きな夫といそいそと見に行ったのですよ。

「なんか泣かそう、泣かそうってな感じだったな。」と夫が言えば、

「そうねぇ。で、泣いちゃったわ、私。」と言って、私は笑うー。そして、

「あっ、でもさあ、あれ、要らないよね。なんで包丁がブスリ。あれ、インパクト狙いで、要らないや。それにあれもどうかと思うわよ。」などと偉そうな事を言って盛り上がりました。

この映画は、「大好き、『コード・ブルー』」と思いながら、10年見続けてきた人たちへの感謝祭的な、そして10年演じてきた俳優さんたちへの卒業映画だったと思います。

 

だけど映画好きな方は、ドラマを見ていなくても映画館に行ってくださる、映画愛に満ちた方々だと思うのですよね。

「相棒」なんかもそうですものね。ドラマと映画ブログの人の中には、ドラマの「相棒」などは見向きもしないのに、劇場版にはちゃんと足を運んでくださる方も多数いるのです。

この作品は、ドラマの方を見ていなくて初見の方には、確かに少々きついかなと思われました。

彼らの成長などをジーンと感じる10年の重みなどを感じさせるシーンなどは乏しかったからです。

ラストの・…って、ここからはネタバレになるので画像の下にちょっとだけ書きます。

 

先に言わせていただくと、私的には主メンバーが誰一人凹むことなく、この10年をドラマの中では医療界、リアルの世界でも第一線の役者として成長し続けてきた結果の映画として、ただそれだけで見ていて満足でした。

 

 

 

で、以下ネタバレ感想です。

 

 

 ラストの田所先生のみんなへの手紙は、彼を知っているのと知らないとでは、感動の時間か退屈な時間かに分かれる危険な演出だと、私は思いました。

そして田所先生の手紙が出てくるなら、柳葉さんが演じた黒田先生は元気でいるのかと気になってしまいました。

 

家族との確執は、このドラマの一つのテーマで毎回描かれているように思いました。だけど上にも書いたことですが、運び込まれたアル中の母親の頭に包丁ブスリは、あれはあまりにも酷いエピソードだと思いました。医療現場にありがちな残酷なシーンを見せたかったのかしらと、気持ちがざわつきました。

身体を貫いてしまった鉄柱の話も同じく。

残酷と言えば、あの脳死の少年の話だけでも、もう気持ちがいっぱいになるし、最末期のがんの女性の結婚式のエピソードも良かったです。お別れのシーンは見せず、夫になった青年の指に結婚指輪を二つ羽目させ、それを示唆した優しさには好感を感じました。

 

映画とドラマスペシャルの大きな違いは、お金が大きく動く事だと(私は)思います。撮影にも大きなお金が動き、観客を動員できれば収入になると言うものです。

それゆえにお金をかけた部分はもっとじっくり見せなければ、見ている側には「スペシャルで良いじゃん。」となってしまう事も多いのではないでしょうか。

せっかくの海ほたるロケや諸々。駐車場や地下とかじゃ、ちょっと見せ場がなかったかもしれません。

語られたセリフは、心に残るような良いものも多く、共鳴することが出来ました。多く詰め込められたエピソードは、他の方の感想でも多く出ていた事ですが、少しこそげ落としても良かったのかも知れないと、私も感じました。

 

また藍沢先生を意識不明にするのなら、その手を握って白石先生が「生きて、お願い。」ぐらいのムネキュンシーンがあっても良かったかなあ~。

…と、言いたい放題になって来たので、もう終わりですが・・・・

 

なんたってこの映画は「レインマン」を見たばかりの時に見たもので、椎名桔平の橘先生が出てきただけで、「ああ、レイモンド」と、胸がキュンとなってしまっていたことは、この映画には関係ない事だけれど、私的にはダブルの幸せ時間だったと言えるのかも知れません。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「モリのいる場所」 | トップ | 「ジュラシック・ワールド ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポチ)
2018-08-06 00:59:57
こんばんは。5日に観てきました。
あら、児玉 清さん。このシリーズではご存命なのだ...。

藍沢先生の感電シーン。だいぶ前(映画「ホワイトアウト」が公開された少し前。この映画ではテロリストが感電してましたが。)に、会社の受電室で東京電力の下請けさんが感電事故を起こしました。高圧電気6600Vが左肘~心臓~右手の甲~床に抜けましたが、私が駆けつけたときは30秒に1回ぐらいの自発呼吸もあり、近所の消防署から救急隊がきた時点では心臓も動いてました。停電してましたがバッテリー駆動の電話で119番に通報した時、完全に電気が止まっていることが確認できなければ隊員を派遣できない、と1回は拒否されました。
電撃が心臓を貫いていたため搬送途中(消防がそういうことにしてくれたようですが)に亡くなりましたが、労基署の署長、警察、消防が次々やってきて後始末が大変でした。当然会社内の電気の復旧も。

足が感電~落下~肺挫傷で心肺停止。藍沢先生、運悪すぎ。それもナースをかばった上で事故。そこのところはだれもふれなかったようですが。

最近のドラマや映画はリアルな表現を売りにしたものが多いと思いますが、人間は簡単には心肺停止にはなりません。

10年の区切りを強調してましたが、続編、楽しみです。
ポチ様 (kiriy)
2018-08-08 01:40:38
いつもコメントのお返事が遅くなってしまって申し訳ありません。

リアルな感電事故のお話、胸に迫るものがありました。
>完全に電気が止まっていることが確認できなければ隊員を派遣できない
そこ、リアルでは大事な事ですよね。
映画でもフライトドクターや救命士の方々は、大変な現場に向かうのですから、藍沢先生のような危険もいっぱいで、たとえドラマでも頭が下がるなと感じました。

ドラマの中では存命中の児玉さん・…ちょっとそこもジーンときました(/_;)

続編は…あるかなあ ?
出も楽しみに待っている人がいる限り、テレビ局は、作り続けるかもしれませんね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事