森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

「天上の虹」1巻~3巻

2018-08-13 10:15:51 | 漫画・マンガ・まんが

今、「「AKIRA」2,3」

と同時に読み進めてきたのは、里中満智子の「天上の虹」でした。

ゆっくり書き進めている「私の漫画史シリーズ」での里中満智子氏の記事「「ナナとリリ」&「レディー・アン」☆私の漫画史」の中で、

>それでもやっぱり、今も現役で精力的にお仕事をされている氏の作品をスルーするのは、やっぱり何か心に引っ掛かるものを感じ、まずは・・・・

と書いて「天上の虹」を読もうと思ってると繋げました。

 

と言うわけで、読み進めていて、だけど23巻中のまだ3巻までです。

 

百人一首などで私が一番最初にちゃんと覚えたのは、

「春過ぎて 夏きにけらし しろたへの 衣ほすてふ 天の香具山」

だったと思います。何とも女性らしくおおらかで、そして色彩的に綺麗な和歌ではありませんか。

 

この「天上の虹」は、その和歌の作者である持統天皇の歴史物語です。

日本にも女性の天皇がいたことは周知の事実。だけれどみなその天皇は、息子が育つまでとか、夫に死に別れた後の次の天皇が立つまでの繋ぎであるなどと、学校で習いませんでしたか。

私は小学校の時に、この持統天皇も孫が育つまでの繋ぎだったと習ったように記憶しています。

 

だけどこの持統天皇は実際に政治を行った女帝だったのです。

もちろんお話の内容は、フィクションです。ですが、歴史の登場人物・流れなどに間違いなく、その時代の歴史を知るにはすこぶる分かりやすいと思いました。

そして更に登場人物に興味が沸いてきます。

例えば、有間皇子。

物語の中では、讃良(のちの持統天皇)と想い合う関係に描かれています。だけど有間皇子は父である孝徳天皇が崩御すると、政争に巻き込まれるのを恐れ、狂人の真似をするのでした。政敵はなんたって実権を握っている中大兄皇子なのですから、勝ち目などないのです。雑な説明ですが、詳しくお知りになりたい方は→有間皇子

結局は、謀反の疑いを掛けられて19歳で処刑されてしまいます。

その代表的な歌は

「磐代の 浜松が枝を 引き結び ま幸くあらば また還り見む 」

「家にあらば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る 」

万葉集に載っている、かなり知られている歌だと思います。

その背景を知ると、なんて悲しい歌だと感じてしまいますね。

 

讃良の父は大化の改新を行った天智天皇(中大兄皇子)、夫はその弟の天武天皇(大海人皇子)で、つまり叔父と結婚したのです。

13歳ぐらいで嫁ぎ16歳で草壁皇子を産み、そして18歳ではすでにいっぱし。

聡明であり、夫に戦友のようだと愛されても、女性として愛されている充足感は満たされず、その寂しさに苦しめられます。

同母姉の大田皇女は同じ大海人皇子に先に嫁ぎ、たおやかで大人しい姉は、夫に安らぎを与え愛されます。

讃良と大田皇女とは仲も良く、助け合って生きていますが、徐々にお互いの心の中に、それぞれの苦しみが生まれていくのです。

一夫多妻のこの時代。その苦しみは当然と言えば当然。

だけどこの時代の事を考えると、血の繋がりの勢力拡大にかなり意味があったわけで、多くの女性に多くの子供を持つことは、ある意味意味があったのだと思います。まあ、分かっていても、今となっては理解しがたいものがありますし、理解したくないと言う正直な感想もあります。

しかしこの一族は、相当血は濃いですよね。

 

大田皇女は順当に長生きすれば、皇后になったポジションの人でしたが、残念な事に早死にしてしまいます。と言っても、3巻の終わりにはまだ生存中。

先の未来で新たなドラマを生む大津皇子誕生までです。

 

歴史的背景としては白村江の戦い。

同時進行の物語としては、額田王の愛の行方、またその子供の十市皇女と高市皇子、大友皇子の三角関係の行方と、簡単に書くとそんな所ですが、なかなかの読みごたえがあります。

そして、あれ、やっぱり良いですねぇ。

額田王の

「熟田津(にきたつ)に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」

 

またこれを読んでいると、昔、頭がくらくらするくらい好きだった、またあの本を読んでみたくなりました。

 

その本と言うのは

額田女王 (新潮文庫)
井上 靖
新潮社

 

井上靖さんの本は、皆面白いですよね♪

 そしてなかなか読み応えのある「天上の虹」は  ↓ こちらです。

 

天上の虹(1) (講談社漫画文庫)
里中 満智子
講談社

 

天上の虹(1) (講談社コミックスmimi)
里中 満智子
講談社

・・・・・

天上の虹 全11巻セット (講談社漫画文庫)
里中満智子
講談社

 

 

 
 
天上の虹 コミック 1-23巻セット (KC KISS)
里中 満智子
講談社

・・・・・

 

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「AKIRA」2,3 | トップ | 綱島源泉湯けむりの庄 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (omachi)
2018-08-14 21:17:27
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
omachi様 (kiriy)
2018-08-15 01:37:08
こんばんは~☆コメントをありがとうございました。
「naraのブログ」様ですね。
面白そうなところを教えてくださって、ありがとうございます。

気持ちのアンテナがバチッとそこに向いた時に、読まさせていただきますね。正直すぎる言い方ですが、「すぐに読んでみますね。」と書いたら、社交辞令も甚だしいと言う感じになってしまいそうです。社交辞令が苦手と言うより、はっきり言って嫌いなものですみません。

>奈良のはじまりの歴史は面白いです。
私も本当にそう思います。
いろいろな意味で、心がときめきます。

>日本史の要ですね
だけど、そこまで思っていなかったので、「そうなのか ! 」と、またまたその時代に興味が沸いてきました。

是非、またお越しくださいませ。
そして私の薄い知識に、風を送り込んでくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

漫画・マンガ・まんが」カテゴリの最新記事