森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

「相棒」この胸の高鳴りを

2007-11-29 00:11:07 | ドラマ(相棒)

 あらすじはコチラ→HPのストーリー

 夫が言いました。
「この番組のために歌まで作らなくてはいけないから、大変ね。」
そーなんだ。   でもこの歌、素敵でしたね。ざっとHP見たけれど、歌情報はなかったのですが、良い曲でした。ほんとうにオリジナルでしょうか。もともとある曲でしょうか。どうも私はこういう音楽情報には疎いので分かりませんが・・

 

 近頃、ワタクシ「相棒」と勝負してしまっているのか、犯人とか動機とか意外と序盤に分かってしまったのです。でも、根拠なし。大概、推理物はこんな感じで終わると言う「勘」です。(でも、殆どの人が今回此の勘が働いてしまったと思いますよ~)

 だけど、中ほどは、撹乱されましたね~。

しかし、コレ、一つ間違えると、お話ちょっとホラー系。または「世にも奇妙な物語 」になってしまうのではないでしょうか。(一つも間違えていないので普通の「相棒」でしたが・・)あまりにも偶然過ぎます。なにか「因縁話」と私が思っても仕方がないと思いませんか。

それとも移植された臓器に、人は影響されるものなのでしょうか。「臓器の記憶」と言うものが本当にあるものなのでしょうか。とてもそうは思えませんが。

でも、やり直そうとした丹野だったので、そのチャンスを奪われて可哀相に思えてしまいました。福地が死を選んでしまったのも、丹野に裏切られたショックからだった事を考えると、福地も丹野の死よりは、その再生を喜んだと思えてしまうのです。丹野に再生の道を選ばせた、夏生との出会いは、やはり心臓が引き合わせたと言えるのかも知れません。

< 青春・ホラー・アンド相棒>といった感じ・・・・

ホラーと言っても怖いシーンはなし。これは横道一歩逸れて、恐怖シーン付け足し可能と言う意味です。

 


コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小江戸川越散歩 その参 | トップ | 三個の霊 »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神秘的ですねぇ~。 (おくにとらプー)
2007-11-29 20:14:42
始めまして、こんばんは。

先程はコメント、ありがとうございます。

そうですね、今回の「相棒」は
ホラーと言いますか、神秘的だと言いますか
「縁」みたいな感じがしました。

何だか、右京さんや薫ちゃんも
若者の「青春」にすっかりお株を
奪われてしまった様でした。

こちらこそ、よろしくお願いします。
こんばんは! (日向。)
2007-11-30 01:48:54
歌、あれ本当にありそうな曲でしたよね。
サイトに情報が載るといいですねぇ。

相棒と勝負ってありますね~ッ!
ただ見るというよりは少し考えてしまうというか。
直感で犯人誰っていうのは2時間ものでよくやります(笑)
その後、何も考えないで見て、ほら。って。
完全に勘のみなんですけどよく当たります(笑)
そういう点では今回のミステリー部分はよくある感じだったのですかねぇ。
おくにとらブー様 (kiriy)
2007-11-30 08:31:02
おはようございます。

ちょっと「ホラー」と言う言葉を入れたのは、乱暴すぎましたね(笑)
でも、あり得ない偶然のストーリーに、不思議ワールドを感じました。
青春ドラマっぽいところも、良かったです。「相棒」はいろいろな顔を持っているところがいいですね。

日向。様 (kiriy)
2007-11-30 08:51:37
おはようございます。
歌の事は、HPのBBSでも盛り上がっていましたね。CD出してとか、それも含めてサントラ出してとか着うたでとか・・・そのうち何かあるかもしれませんね。

>完全に勘のみなんですけどよく当たります

私もこれ得意なんですよ。子供に役に立たない特技って言われています。
だから、「そうだったのか~」と最後に唸りなくなるような「相棒」に出会えると、幸せ~な気分になるのですよ(笑)
今回は、それとはちょっと違いましたが、最後のマネージャーの涙なんかに描ききれなかった深みみたいなものを感じて、ドラマ的には良かったと思いました。
(ちょっと、甘いかな/笑)
こんにちは~! (さくらこ)
2007-12-01 16:13:31
三個の霊で笑ってしまったんですが、ちょこっとだけこちらに失礼いたします。

まだこのドラマ見初めて間がないので何とも言えませんが、今回新聞が見当たらず、TVで手当たり次第チャンネルを変えていたんですが、このドラマだと言うのが初め分かりませんでした。

何と言うか・・若者がいっぱいいたので、別の番組かと思ってしまったんですが、そうそう違和感を感じることもないですか?

被害者となってしまった青年が、実は全然ずるい子ではなかった、と言うあたり、切なくなってしまいました。

ドナーとなった彼も、こんなことで(おばちゃんからみたら「こんなことで」と言いたくなるぞ~)何も死を選ばなくてもいいのに・・。
でも彼の死がなければ、この物語は出来上がらないんですよね。

kiriyさん風のホラー色の入った脚本に、ほんのちょっと作り直してみたらどうなるのかな。
面白そう。
さくらこ様 (kiriy)
2007-12-02 00:29:29
こんばんは~。
>若者がいっぱいいたので、別の番組かと思ってしまったんですが
ちょっと、コレ笑えます~。考えてみると、若者ゲストは珍しいかも知れません。
「夢」「裏切り」「誤解」「死」「愛」「再生」・・
青春ドラマのようでしたね。推理ドラマなので、犯人が分かっても切なかったですね。
一時間ドラマなので、福地の葛藤がさくっと割愛されているのは残念な所ですが、仕方ありませんね(涙)

私がホラー系で脚色しちゃうと、皆様にバカ言ってるんじゃないと叱られてしまいそうです。なので書けませんが、たぶんホラー系にしてしまったら、私はプロダクションの社長には、震えてもらいます(笑)
初めまして (Chimoneka)
2009-01-31 19:33:49
本放送の時も見ましたが、最近再放送があり、録画して何度か見ました。
ホラー的な見方は本放送の時から気がついていましたが、
新しい視点、福地は繊細な青年みたいだったので、丹野に対してホモセクシャル的な気持ちを持っていたら…。
丹野が三原の話に乗り、福地を拒絶した理由とか新しい見方が出来ると思いました。
Chimoneka様 (kiriy)
2009-02-02 01:20:58
初めまして、こんばんは~

>丹野に対してホモセクシャル的な気持ちを持っていたら…。

おお、結構斬新な見方ですよね。再放送で見直したときに、その見方でシックリ言っていれば、それもありですよね。

だから絶望も大きかったのだと思えます。でもそうするとあのガールフレンドが、ちょっと可哀相ですね。


Unknown (平成ライダー蝙蝠)
2013-06-12 09:40:17
度々失礼します。この前の化石です。
ハンドルネームを変えているのは、ノリというか気分です。なんかタイトルや事件と関係があった方が、面白いかなーと。ということで、化石の理由は正解です。

世にも奇妙な・・・になりかねないというのは、面白いです。っていうか、確かにそうですね。
心臓は誰のものなのか?
右京さんが、最後にしめてくれましたけど、実は本当に、元の持ち主の怨念が残っているのでは?というのが残る気がします。
肯定も否定も、確固たる証明はできていないのですものね。

またお邪魔させていただきます。


平成ライダー蝙蝠様 (kiiriy)
2013-06-14 00:47:23
ハンドルネームのノリ、面白いし楽しいですね。好きです、そういうの。一種の遊びみたいだし、ネームの謎を解くっていうのも「相棒」の感想にはぴったり。

だけどそうすると、今回のは私には難しいです。
うーんうーん。

青年の見方によっては違う者であったということを示唆するのかな。本編にヒントが有りましたっけ?


それとも単純に俳優さんの一人がライダー俳優さんなのかな。あまり詳しくないものですみません。
ぜひ次回種明かしをお願いします。

今回のちょっと不思議なお話、人気も高かったと思います。切ない部分も良かったですね。

またお持ちしています。

ドラマ(相棒)」カテゴリの最新記事