森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

花燃ゆ第1回「人むすぶ妹」

2015-01-04 23:49:23 | ドラマ (大河)

今年の大河が松陰の妹が主役と聞いた時から、あまりにもマイナーな人なので大丈夫なのかと思いましたが、昨年山口の萩を訪れたこともあって少々期待値も上がっていました。

井上真央さんは子役で昼ドラに出ていた時から、その元気っぷりが好きで応援したくなる女優さんです。

NHKのどこかの何かで読んだような気がするのですが、マイナーな人がモデルゆえに物語の展開が視聴者に読めず面白いものが作れるというのが狙いのようです。

 

そして今日始まった「花燃ゆ」。

OPが素敵で見とれました。

「八重の桜」の時も思いましたが、女性が主役の時はそれに合うような美しいOPが作られるので、それも素敵だなと思いました。

 

松下村塾でのシーン・・・・

イケメンがいっぱいでこの先が楽しみ♡

ナポレオンと秀吉が戦ったらどちらが勝つか!?

同じ武器だったらどっちかは分からないところですよね。

面白い!

そこに文さんの

「みなさーん、ごはんですよー!」

 

この発想、凄いなとその時に初めて感じたのです。

幕末を描くときに、誰々の妻や愛人、そのような人が少々出てくるけれど、考えてみればいつだって男の数と同等の女たちが時代を作ってきたのですよね。

無名に近い女性が主人公、いいじゃないですか。

 

小田村伊之助と文の出会いも印象的でしたね。

泣いている姿を見られるなんて、これが運命の出会いにならないわけがないって感じですよね。

 

このドラマ、いろいろ難しい言葉が出てくるじゃないですか。

 たとえば

「至誠にして動かざるは、未だ之有らざるなり」とか。

これの解説はHPにあって、結構お勉強になりますね。

HPは→こちら

 

お勉強といえば明倫館にて寅之助と伊之助の掛け合いの教育論も良かったです!!!

学ぶのは何のためかー。

ここはとっても大切なところです。

 

寅之助と伊之助はお互いによき友となっていきます。

寅之助は文に言います。

「人と人を結びつける才能があるのかもしれぬ。」と。

 

ちょっとここで全く関係のないことを書かせてくださいね。

昨年、ちょっと銀座の成功したママさんたちのインタビューをまとめたものを読んだのですが、その中であるママさんは常に人と人を結び付けて良い方向に行くことに心を砕いていたという内容が書かれていました。

 

人と人を結びつける才能とは、それは女性に与えられた力なのでしょうか。

そんなこともちょっと思ってしまったのでした。

 

そしてセットが山口で見たあれやこれやと同じで、そんなところにも萌えた第1回でした。

例年通り感想は初回と最終回、そして大きく心が動いたときにと思っていますが、面白そうなのでちょっと多めに書くかもしれません。

 

大河ファンの皆様、また今年もよろしくお願いいたします。


コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 「ケーキの配達です!」 | トップ | まっ、いいか 2014 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あけましておめでとうございます~! (くう)
2015-01-05 00:08:44
個人的には「無名に近い女性が主人公」は止めていただきたいです^^;
朝ドラでやればいいじゃん、みたいになるんで…。

…が、危惧していたよりホームドラマじゃなかったので好感持てました^^先が楽しみです。

今年もよろしくお願いします~!
楽しみですね♪ (koumama)
2015-01-05 07:58:30
1回目楽しみに見ました(笑)
東出君も大沢さんも好きなので
これから主人公とどう絡んでいくのか楽しみです。
無名の女性が主人公 うん、それはそれで勉強になるし違った視点で面白いですよね

今年始まりました。
またいっぱいお邪魔します。レビューの感想がだぁいすきです。今年もよろしくお願いします
くう様 (kiriy)
2015-01-05 13:50:34
あけましておめでとうございます。

しかし・・・!
くうさんのブログ、面白すぎる。
そして自分の所に戻ってきたら、ちょっと恥ずかしくなっちゃったです。

かくのごとく手抜きがぐるっとまるっとの内容になるかと思いますが、また時々書ける時には書くと思いますので、その時はよろしくお願いいたします。

なんか番宣で幕末ホームドラマとか言ってるみたいだけれど、それは今後の展開を考えると無理があるんじゃね?
ライターさんと番宣係の食い違いと言うか。でもそうも言わないと、この無名の女性を前に押し出すことはできないんですよね、きっと。

私はどちらかと言うと、こっちが良かった、あそこが良かったと言う甘っちょろいスタンスで書いているんですが、こっそり言うと、「みなさーん、御飯ですよー」のシーンはなぜかイラッとします。なんでかな~(笑)
koumama様 (kiriy)
2015-01-05 13:58:50
こんにちは~。

このドラマ、素敵な男性陣がたくさん出てくるので、それもなにげに楽しみですね。

第一回は20代前半の寅次郎と伊之助の絡みも素敵でした。でもやっぱり子供が息子なので、その年齢設定にはかなり無理があるよなぁって、ちょっとニヤニヤ見ていたのですが、実際の松陰先生も実に老け顔だって知ってました~?(笑)

とりあえず〈今の時点では〉日曜日の楽しみが増えました♪

今年はコメント書き込み、少々頑張るつもりです。

今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
嘉祥陽春 (はなこころ)
2015-01-05 16:04:58

みみかほう、本日
年明けです。
輝く未年
どうぞ、よろしくお願いします。

どんどん、お話しましょう。
た~ぷり、仲良くしてくださいね~♪

幕末大好きおばさんです。
久坂玄瑞の不倫を
どうNHKがあつかうか
いまから、どきどきです。

・・はなこころ
はなこころ様 (kiriy)
2015-01-05 19:01:17
今年もよろしくお願いいたします。

ここのところ戦国と幕末を繰り返しているような大河ですが、私も幕末の方が、何かがきらきらしているようで好きなんです。

>久坂玄瑞の不倫を
そうですよね(笑)

キャストが爽やかな雰囲気の人なので、ドロドロにはならないのかなとは思うのですが、気になりますよね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ (大河)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

【 花燃ゆ 】第1回 「人むすぶ妹」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
嘉永3(1850)年、萩。杉文(ふみ)は下級武士の娘。 大好きな兄の吉田寅次郎(伊勢谷友介)は若き兵学者として期待を集めていたが、 鎖国の日本の未来に危機感を募らせ禁書を手にする。 その頃、文は小田村伊之助(大沢たかお)と運命的な出会いを果たす。 儒学者...
花燃ゆ - 2015年大河ドラマ 井上真央 (新ドラマQ)
花燃ゆ 平成27年大河ドラマ NHK総合 2015年1月4日~ [キャスト] 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大 優香 瀬戸康史 劇団ひとり 佐藤隆太 要潤 かたせ梨乃 内藤剛志 奥田瑛二 長塚京三 松坂慶子 北大路欣也 ほか...
花燃ゆ (Akira's VOICE)
第1回「人むすぶ妹」
花燃ゆ「人むすぶ妹」 (のほほん便り)
果たして、今年の大河はどれだけもつでしょうか?(ここのところ、早い段階で脱落傾向だったので…(;^◇^;)ゝ)でも、珍しく最後まで見た「龍馬伝」関係の方が関わってるのと、その龍馬伝でイイ味だしてた伊勢谷友介が松蔭役っていことで、素朴に期待。最初は、諸事情。...
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹1文は運命の人伊之助との出会いで兄寅次郎との縁結びに一役買った (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」は吉田松陰の妹杉文の視点から明治維新から日露戦争へ向けて激動の時代を観て行くストーリーである。大河史上ここまで無名の人物を描く事も珍しいが、多くの ...
花燃ゆ 第1回「人むすぶ妹」~この世の中のためにおのれがすべき事を知るために学ぶのです (平成エンタメ研究所)
 人はなぜ学ぶのか?  吉田寅次郎(伊勢谷友介)は言う。 「おのれを磨くため」  小田村伊之助(大沢たかお)は言う。 「この世でおのれがすべきことを知るため」 「おのれを磨き、この国の役に立つため」  公(おおやけ)の精神ですね。  決して出世のためとか、...