森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

ブログ生活4444日♪

2018-03-04 23:54:53 | 新米パソコン生活

数学的才能などがあるわけではありませんが、それでも「素数」と「ぞろ目」には心惹かれるものがあるのです。

ブログ生活も4ケタになると、なかなかぞろ目を作ることは難しいと思います。「1111」も「2222」も「3333」もうっかり見逃してしまった私ですが、なんとなく私のラッキーナンバーであるような「4」のぞろ目を逃したくないと思って、うっかりしないように気を付けていました。

 

次の「5555」日になるのは、1111日後ですね。

先は長い。ボチボチ行きましょう。

 

今日は、さい芸で「ムサシ」を観てまいりました。

やっぱり

「どんなにつまらない一日だったとしても」「どんなに寂しい一日だったとしても」「どんなに悲しい一日だったとしても」生きていく輝きを感じる、あのシーンには涙が落ちました。

 

また感想は後日。

 

幸せな一日でした。

そしてまた明日から頑張って行こうと思います。

 

 

コメント (6)

ブログ生活4365日

2017-12-15 23:58:49 | 新米パソコン生活
 
ブログ生活4000日 ☆ありがとうございます☆
 上野の山の秋模様12月1日に「モネ展」を観に上野に出掛けましたが、その後お食事をして少々上野の山を散歩してまいりました。今年の紅葉は遅れているのだとか。確かに心と......
 

 さあ、「相棒」の感想を書こうかなとPCを開いて、ついでにメールチェックと思ったら、gooが送ってくれる昨年の記事が目につきました。

昨年の今日が4000日ならば、今日は4365日。当然の事ですが、やはり365日を積み重ねていく事には、そこに何かが生まれていくのかも知れません。

あるいは消滅とか・・・・・・

ある時「未来は見えない、予測するだけ。」と私が言いましたら

我が家にやって来る中学生が、

「『一寸先は闇』って言うんでしょう?」と言いました。

「そう。でも私は『一寸先は光でござる』って言う言葉の方が好きだわ。」

 

大河ドラマの「利家とまつ」の中で丹波哲郎が言ったセリフ。いつまでも心に残っています。

「未来は見えないんだもの。闇か光かも分からないのよ。だったら私は光を信じたいの。」

「確かに、その方が良いな。」と中学生。

 

明けない夜はない。

止まない雨はない。

一寸先は光。

明日もきっと良い日になる。

 

そんな想いを込めて、また明日からも続けて行こうと思います。

 

コメント (6)

ショック&残念 !!!!

2017-11-24 02:47:04 | 新米パソコン生活

gooブログのトラックバック機能が終了するそうです

真夜中のブログ周り・・・・

英様の所でこのような記事を読み、びっくりしつつ、かなりのショックを受けました。

 

何を呑気に今頃と思う人もいらっしゃるかと思いますが、私のような人は他にも絶対に居るはずです!!!

gooの元記事は→トラックバック機能終了について

 

ちょっとした好奇心やら思う事もあってブログを始めたのは10年とちょっと前。でも始めてみたら、TB機能のお蔭で、思わぬ人との繋がりがそこにはありました。

もちろん人との繋がりはその機能のみではないけれど、ドラマや映画やスポーツの大きなイベントなど、管理者様宛のコメントとは違う横の繋がりを感じさせるものがあったのです。

確かにTB機能には思う事もあります。

だけど私がそれを記事にすらしてこなかったのは、足し算引き算で考えてもプラスの面が多かったからで、あえて文句も言う事はないなと思っていたからなんです。

 

猫ブログと称して、主に二次元ピグのブログをごく稀にアメブロに更新していますが、仲良くなったブロガーさんが映画の記事をアメブロで熱く書かれていても、それに対してコメントでしか絡めないと、寂しくもありつまらなくも感じるのです。

その映画に対して、自分自身も長々とブログに感想を書いたのに、またコメントのみで「私も~~と思った。」と書いて、その方との語らいは終わってしまうじゃないですか。そのコメントに「私もここに感想を書きました。」とはいかにも宣伝のようで書きづらいものがありますよね。

親しみを感じている方だと、そのように書く場合もありますが、新しい触れ合いなんか望めませんよね。

 

gooブログの良いところはたくさんあって私は大好きです。だからこれからも私はこの場所で書き続けると思います。

だけどgoo自体が、自分のブログの良いところを分かってないなとも思います。

しかも告知から終了までが早すぎます。

いや、マジ早すぎる !!

「ダメだよ、コレは。」って、gooのしかるべき方が、しかるべき相手に、叱っていただきたい…って、ダメよね、こんな所でボケちゃ^^

 

だけど本当にショックだったし残念に思います。

またアクセス数も多いドラマ&映画ブロガーの方は、砂漠をさすらうかのように出て行ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私もドラマと映画の感想は来週以降、または12月でいいやと思っていましたが、先に書かないとgooから最後のTBも送れなくなってしまいますね。

機能終了日は11月27日月曜日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)   トラックバック (3)

みんなの居場所

2016-06-15 10:01:42 | 新米パソコン生活

ブログの流れでは、引き続き那須のお出掛け日記の続きを書くべきかなと思いますが、備忘録&心の整理などとして、少し続けて更新したいと思います。

昨日はgooとしては、かなり久しぶりの大がかりなメンテナンスがありました。

このブログを始めた頃は、gooの定期メンテはもっと頻繁にあったと思います。

朝、ログインしようとして

「ああ、メンテだった。」と思うと、他にもすることはいっぱいあるはずなのに、メンテ明けを楽しみに待ってしまったりしたのも良い想い出のような気がします。

 

昨日は、たまたまメンテ終了予定時間の12時にも、延長された後の予定時間の14時にもPC前に居ましたので(そうとうのネット依存か!?)インしようとしましたが、まったくもって繋がりません。

その時、昔のあのメンテ明けを楽しみにしていた気持ちを思い出しました。

― ああ、みんな楽しみにしていたのね。

って。

メンテ明けをめがけて、インしようとした人がドドドと多かったのではないかしらと推理しました。

ツイッターで紹介される記事なども、面白そうなタイトルやあまりにタイムリーだとアクセスが集中してまったく開かない事が良くあるので、そう思ったのです。

 

そしてこの場所はみんなにとって、とても大切な居場所になっているんだなあとしみじみと思ったりもしたのです。だから私もここのブログは10年以上続いているのかもしれません。

「みんな」と勝手に皆さんを巻き込んではいけないかもしれませんね。

とりあえず私にとっては大事な場所で、だからもっと大切に丁寧に使いこなしていきたいものだと思いました。

 

ところで

>メンテ明けをめがけて、インしようとした人がドドドと多かったのではないかしらと推理しました。

は、かなりすっとぼけた&不確かな推理だったかもしれません。

 

gooのスタッフブログに不具合報告は書かれていましたが、途中経過は書かれてもイン出来ずに読めません。追記の解消の報告は読みました。

でもちゃんとツイッターやgooヘルプなどで報告されていました。

メンテ終了後もずっと不具合解消の為にメンテをし続けて、その不具合解消報告が出たのが22時50分。

裏方様たちは本当に大変な一日でしたね。

 

お疲れさまでした。

これからも、ここがみんなにとって居心地の良い場所であり続ける事が出来ますように、どうぞよろしくお願いします。

 

コメント

3558日

2015-09-30 10:42:59 | 新米パソコン生活

今日で9月が終わると、今年もあと余すところ3か月になってしまいます。

なんだかやり残していることがたくさんあるようで、日にちの事を考えるといつも焦るような気持ちになってしまいます。

それなのに相変わらず朝はのんびりとしてスタートが遅いのは、なかなか付いてしまった習慣は変わらず、もしもその習慣を変えたいと思うならば、それを変えていくのは決意と意思の力なんだと思います。要は、時々は自分の今を見つめ直して、どこが弱体化しているのかを見極める事も肝要かと。

決意力も意志力も昔からたいしたこともない私でしたが、今はなおさら弱体化しているように思います。

だいたい「もしもその習慣を変えたいと思うならば、」と言う言葉をわざわざねじ込んでいるあたりから自分を疑ってしまいます。そこから始めなくてはならないような感じです。

変えなくていいのなら、それでいいのだと言う所ですが、やっぱり「残りが三か月」っていうカウントダウン的なものが私を焦らせ、やっぱり朝から少々飛ばした方が良いのではないかと思う、揺れる日々。

更にだいたい、「少々飛ばす」と言う言葉を使っているあたりからして、相当怪しいワタクシの決意力。

〈因みに「決意力」と言うのはワタクシ的造語。決意と言うのは誰でもできる事ですが、した決意がなかなか続かないのは意志力が低いからです。でもその決意をなかなか出来ないと言う意味合いで使っているのが決意力。言うなればそれも意思の中に含まれているのかもしれませんが、このブログ内はkiriy’s worldと言う事お願いします。〉

 

※         ※          ※

 

ブログを書くことが趣味です。

これは相当長く続いてきた趣味なのですが、この先も止める気には全くなれません。

ブログにはいろいろな楽しみ方があると思います。

世界の片隅からの発信だったり、交流だったり、備忘録であったり、おこがましくも見えない誰かのために書かれたものであったり、そして時には自分を映す鏡だったり。

 

※        ※          ※

 

 そのブログを3558日続けてきました。

今年余すところ3か月はイコール私のブログ生活10周年に至る日々なのです。

ああ、なんか焦ります。

いろいろとここでもやり残している事や、整理整頓が出来ていないことなどあるようで。

そしてせっかくの10年なのですから、それに向けて自分なりにまとめていきたいと思います。

 

この先は少々更新多めの時もあるかと思います。

かと思うと、ぱったりと止まってしまうこともあるかもしれません。でもそれは裏でトンカラトンカラと何がしの作業中だと思います。

 

※        ※        ※

 

しかし、残念だ。

なぜ「3456日」の日に、それを記事にしなかったのだろう。

 

いつもありがとうございます。最近、ここでの数字を見るのが楽しみになってきました。読んだよと言う軽いお気持ちで押していただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメント (8)

やっぱりブログって面白い♪

2015-08-17 01:18:26 | 新米パソコン生活
 
白川郷の箱庭
ある時までその良さがちっとも分からないのに、突然「あらっ!?  これってなかなか良いもんだったのね。」と気がつくものってありますよね。父はある時ずっと紙粘土工作に凝っていま...
 

 

上記の囲みは、gooのサービスで昨年の8月16日の記事です。

メールで送ってくださるので、思わずしみじみと読んだりする時もあるのですが、自分のブログ記事を読み返すのってなかなか面白いものがあるんですよね。

それは日記などでもそうだと思うのですが、でも上記の囲みの一つ前の記事「時にはブラックジョーク♪」などを読み返すと、日記と同じようにある日の記録を書いていたとしても、日記にはこういう書き方は絶対にしないと思えて、やっぱりブログは面白いと凄く感じたのでした。

 

そのgooが新たに始めた「リアルタイム解析」がなかなか面白くて、編集画面にインすると特に変化もないのに、すぐにそこを見に行ってしまったり・・・・。

これは最初は有料版のアドバンスの人からスタートなんですが、8月中にはgoo利用者全員にそのサービスがいきわたるそうですよ。

ずっと以前に「ブログペット」と言うブログパーツを貼っていた事があるのですが、(無くなってしまって悲しかったな)

そこに付いていた解析に数に関しては似たような感じもします。でもどんな検索で訪問してくれたのかどちらから来てくれたのかが分かるのが良いと思います。

時には検索で見当はずれの私の所に迷い込んでしまったんだなと言うことも分かって・・・・ちょっと…悲しい・・・^^

 

カテゴリーの「新米パソコン生活」は、このブログを始めた最初からあるもので、10年近くもやっていて「新米」はないよなと思いつつ、やっぱり私は何も分かっていないと反省中。いつまでたっても新米です。ただし、初々しくはないと言うだけの  ('◇')ゞ

 

やっぱりいくつになっても勉強する・学ぶって大切な事だと思います。

まったく知らなくて、昨日今更みたいに知った事なのですが、萩本欽一さん、大学に合格していたんですね。

 

えっ!?

みんなは知っていたって。

すみませーんm(__)m

 

でも欽ちゃんは、74歳なんですよね。

凄いです!!

そのまとめは→ここに

 

なんか負けてはいられないぞって、そんな気持ちにもなるってもんですよね。

コメント (4)

恍惚のパソコン

2012-02-24 00:40:23 | 新米パソコン生活

恍惚とは→
物事に心を奪われてうっとりするさま。「―として聴き入る」「―の境地」
意識がはっきりしないさま。
老人の、病的に頭がぼんやりしているさま。有吉佐和子著「恍惚の人」(昭和47年)により流行した。
(デジタル大辞泉の解説より)

このパソコン、昨年買ったばかりで老人でもないのに、早くも恍惚の人。いや、人じゃないので恍惚のパソコン。

だって、ある日突然「分かる」が分からなくなってしまったのだ。

「わかる」を打つと、「輪」と「駆る」に必ず分かれる。

大体、「わかる」には少なくても「判る」「解る」「解かる」「若る」「分かる」、ひらがなカタカナなども含めて7以上のパターンがあるはずだ。そして「分かる」「分かりません」は本当によく使う言葉なのだ。

チョーが三個つくぐらい不便。変な所で切れるのは、パソコンが変な風に学習してしまったからだと思って、いろいろ試したけれど直らない。

そう言えば、ちょっと前から他の言葉も変換がスムーズでなくて、「このパソコン、お利口じゃないわ。」と夫殿にボヤいていたのだった。きっとその悪口を聞いていたのに違いない。ひねくれてしまったのか、とうとう分かるが分からない恍惚のパソコンになってしまったのだった。

パソコン生活を始めて何年も経ったというのに志低く、未だに分からない事だらけで、とうとうラッタ君にお願いすることにした。

「これダメだな。」と何かを何かにチェンジしてくれた。その何かの部分は、彼に聞けばいいのだけれど、面倒なので「何か」で良い事にする。なんたって志が低い・・・・むにゃむにゃ。

「しかし『わかる』が『わからない』なんて、なんて哲学的なパソコンなんだ。」と、ラッタ君がのたまう。

「確かに。しかもなんで『わかる』が『わからない』のか、『わからなくなった』事が『わからない』と言う言葉の迷路。」と私。

そう言って振り向いたら、すでにラッタ君はいない。

ちょっとムカッ。

まあ、いつもの事なんだ。

だけど「恍惚のパソコン」ではなく、マイパソコンは「哲学するパソコン」だったらしい。

       ※        ※

「ああ、分からない。」
「何が分からないと言うの?」
「何が分からないのかが、分からないんだよ。」
「そうね。その分からない何かが分かれば、きっとすべてが分かるわ。」
「何も分かっちゃいないくせに、分かったような口をきくな。」
「ごめんなさい、あなたの事が分かりたくて。」
「ああ、ごめん。俺も強く言い過ぎた。」

―ああ、今、分かった。

だけど男はその時ふと思った。

―俺はこの女を愛していない。

女はやたら感が良かった。その時なぜだか男が何を考えたのかが分かってしまった。

ーだけど、私は昔から『愛』ってなんだか分からない。そんな女だって自分で分かっていたの。だから精一杯に微笑んで、精一杯愛している振りをしているの。

「ねえ、あなた、愛してるわ。」
「俺もだよ。」
不確かなものを確かなものにするように悲しげに女が言うと、そう男も何かを閉じ込めるように言葉を返した。

「あなた、穏やかな顔になったわ。何が分からないのか分かったの?」
「ああ、たぶんね。『分かる』って事にはあんまり意味がないって事が分かったのさ。」

 

   ※        ※

これでもかって言うくらい、使ってやりましたわ!!
どう?分かった?

 

コメント (2)

1000記事目◇ 感謝です♪

2009-12-19 00:32:26 | 新米パソコン生活

2006年1月2日にこのブログを始めました。1447日、この記事で1000記事になりました。

 

誰も気がつかない
誰も見ない
だけど、私はそこに居る

日の光をきらきら受けて
吹く風にゆれながら
積もる雪の重さに耐えながら
私はそこに居る
森の中で 多くの木の中のその中で
だけど たしかに  そこに居る

 

そんな詩から始めた私のブログでした。今振り返ってその頃の記事を読むと、凄く短い文の中に、自分の中のワクワクするような気持ちが溢れていたように感じるのです。今から何が始まるのでしょう。この先には何があるのでしょうかという気持ち。

楽しかったから、ずっと続ける事が出来たのだと思います。
そしてそれは、ここを訪れてくださった皆様に支えられていたからだと思います。

本当に感謝です。 ありがとうございました。

        

 ところで、「1505」と言う記事を読んでいたら、私は1000記事の時は一人でワインなんか飲んで祝ってしまうよなんてことを書いているんですね。でも、イザその日がきたら、そんな「祝う」というような気分ではない事に気が付きました。

1000は到達点ではなくて、通過点なのですね。

この先には何が待っているのでしょうか。

―誰かと出会う喜びか、
誰かと別れていく寂しさか・・―

 

    

 

 未来はいつだって悪戯少女のように微笑んでいる様な気がします。
悪意なき微笑を信じれば、光の道が開かれて、その微笑を疑えば闇の道に迷い込む。

私はこの先も、何かを信じて何かを探して、ここに居ます。

「もうしあなた、良かったら、気紛れにこの場所をまた訪れてくださいましね。」
と、少女が言い、老婆が言い、そして私が言う。

 

朝の光の下では、こんな文章は書きませんが、夜の闇を補う人工光の下では、そんな言葉を使いたくなるのです。いろいろな私が混在して私が形成されているのですね。

私はずっとここに居ます。
そして様々な、あなた様を心よりお待ちしています。


1000記事で、自分のブログの原点みたいなものを思い出してみました。次は2000と言う数字に拘って、スタートを切りましょう。
 

 

コメント (4)

自分を知る

2009-06-21 01:50:45 | 新米パソコン生活

私のブログに「新米パソコン生活」なんてカテゴリーがあることを自分でも忘れていました。

マイパソコンを買ってから、出来るようになった事を記録して行こうかなと思った場所でしたが、PCを買って半年後にブログを開いてからは、必要がなかったからか、ワードやエクセルを学び役立てる事もありませんでした。要するにブログばっかり書いていたわけです。

だけど繰り返し書いていることですが、キィボードを叩くのだけは少しですが早くなりましたよ。

ブログの為に写真をトリミングしたり、編集したりする事は覚えました。いろいろな事を検索したりするのは大好きです。チケットをPCで買うのはもはや常識です。

でも後はいったい何ができるのかしら、私・・・・。

 やっぱり自分の力を高めるきっかけは「必要に迫られて」と言うものかも知れません。

今年は自治会の役員が回ってきたと前にも書きましたが、ついうっかり自治会の新聞を作る役を引き受けてしまいました。学校の役員でも広報畑なので、実は嫌いではない仕事です。でも、広報などでは一人では作らないし、レイアウトはこんな風にしたいと希望を言えば、印刷屋さんでやってくれるわけですから、どちらかと言えば見出しやレイアウトのアイディア勝負だと思うのです。

でも、一人でチマチマ作る地域限定新聞はそうは行きません。どちらかと言うと、印刷屋さんに近いお仕事でした。

加えてスタートを切ったときに、頭の中がアナログで、記事を平打ちして、チョキチョキ、ぺたぺたの新聞作りしか思い浮かばなかった私。

だけど途中で、ちょっと待てよ~、と気が付きました。

―そうだった。PCっていろいろな事が出来るのよね。―

気が付くのが遅い私。認めたくないけれど、要するにbakaなんだな、私。しかもちゃんとやりだすと(『ちゃんとやる』と言う所がポイント)完ぺき主義と言う欠点持ち。

―完ぺき主義って欠点以外の何物でもない。だから普段はちゃんとやらない。だからあっちもこっちもちゃんとしていない生活。ああ~・・・―

紙を30枚以上は無駄にし、黒のインクが半分なくなったと言ったら、PCを使い慣れているおじ様に不思議そうな顔をされました。かけた時間も時給で換算したら万単位なんですけれど(セコイ!)

でもこれって、私の勉強代なんだなぁと思います。ブログ書くことしか出来なかった私なのに、一気にいろいろな事が出来るようになりました。(それでも大したことではありませんが。)

それでまた私が大人気ない人なので、出来たものを自慢げに家に来る中学生たちに見せたのです。

「どう、コレ。私が作ったの。」

彼らは本当に可愛い人たちなのです。

「スゲっー!」
「このカラー版ください。」
「じゃあ、これからはメモのようなお手紙からこのようにバージョンアップするんですね。ワーイ。」←ちょっとグサッ・・。

彼らにおだてられて良い気分になっている私は、本当に子供と同じ。

でも私は褒められて伸びるタイプだったと言う事を再確認したと言うわけです。

 

という訳で最近は見たい映画も全部諦めて、行きたい美術館も先延ばしにして、こんな事を頑張っていたのです。でも、一つ終わればまた一つ、、やらねばならぬことが待っていて、私のイライラな日々は続くのでした。

 

追記:朝、真夜中に書いた自分の文章を読み直してみたら、誤字だらけの変な文章だらけ。真夜中に読んでくださった方に申し訳ないです(涙)

 

コメント

一本の木

2008-05-09 00:39:54 | 新米パソコン生活

 ↑水曜日【5/8】の公園で携帯で写したものですが、今の季節、本当に緑が綺麗です。薄い黄緑、濃い黄緑、そして緑。

大好きな季節です。

 

ところで、私もこのブログの中で木を育てています。気が付かれていましたか。しっかり育って、あっと言う間に大木になってしまいました。

こんな感じだったのですよ。

  →   →

 

 → そして、今です。

 

ツバメなんかも飛ばしてみたりして、なかなか楽しいですね。

だけど、この最後の木は、昨日公園で撮ってきた画像の木によく似ていると思いました。美しい木のイメージなんだと思います。とても綺麗な木でしたから。

コメント (4)