森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

たっちゃん&楽しみな事のメモ

2014-03-13 23:22:55 | 2014年目標とまとめ

たっちゃんて、まあ藤原竜也さんの事です。

近頃彼の事を話題にしていないのですが、本年も変わらず彼が一番のご贔屓さんです。その彼が本当に頑張ってお仕事をしてくれているので、うれしい限り。

だけどちゃんと整理しとかなければ、きっと私のことだから「アッーーーーー!」なんてことになる予感です。

だから分かってることだけ整理してメモしておくことにします。

 

それとともに、他の事を別にすると、またもごちゃごちゃになりそうなので少々彼の予定と関係のないことも書かせてくださいね。

 

と言いつつ最初に私のボヤキ★昨日の「相棒」の録画に失敗しました(ノД`)・゜・。

録画してあると安心しきって、わたくしグーグー寝ていました。今見たら、ああ、ショック。

そんな「相棒」は次週が最終回。二時間スペシャルですね。どうもカイト君が撃たれるらしいですね。お昼寝してちゃんとリアルタイムで見たいと思います。

 

昨日の録画は失敗しても「サワコの朝」は撮ってあるんです。なんで「サワコの朝☆竜也」はないのかって思っていた方もいるかしら・・・って、いないか^^:

最近、土曜日は毎週朝から出かける用が多くて、しかも録画したものを見る時間を作るのに慣れていないので未見なんです。楽しみを先にちょっとだけ取ってあるのです。

それから

「ごめんなさい」

思わず謝りたくなるような気分。

今やっている、シアターコクーンの「ムサシ」にどうしても予定が立たずに行く事が出来ませんでした。「でした。」とすでに過去形ですが15日までシアターコクーンにて上演中。

 

というわけで、後は日にち別に並べていきたいと思います。

映画は・・・・。

 3月14日公開「アナと雪の女王」

 3月15日公開「あなたを抱きしめる日まで」←行けたらいいなと言う感じで。

 3月21日公開「神様のカルテ2」

 3月29日公開「ゲキ×シネ五右衛門ロックⅢ」

 4月1日公開 「サンブンノイチ」 火曜日スタートでも春休み&映画の日だものね。

 4月28日公開 「相棒ー劇場版Ⅲー巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」

 5月30日 「MONSTERZ」

※ここまででも結構私的には忙しいな♪

 「るろうに剣心」は8月1日が「京都大火編」で9月13日が「伝説の最後編」ですね。

 

テレビの情報ですが

 NHKで三谷幸喜の人形劇「シャーロックホームズ」が始まります。

 平成26年3月25日(火)・26日(水)・27日(木)【総合】午後7時30分~7時50分(3夜連続)

 4話以降は8月からで、竜也さんは4回目のゲストです。

 「THE 世界遺産」の7代目のナレーターに。今までも面白そうだなと思っていたこの番組ですが、なんとなく時間的に見る習慣がなかったのです。録画をとっても見ます、これからは。

 4月6日からTBS6時から。

 なんと3月3日から始まっていた番組が。

 でもこれは、CSのホームドラマチャンネルなんですね。「藤原竜也の一回道」。その情報は→こちら

 「藤原竜也の一回道・特別編」YOU TUBEにて視聴できます。 #0 6の1

 すごく面白いです。

 

そして舞台の情報が飛び込んできましたね。

 「ジュリアス・シーザー」演出:蜷川幸雄、出演:阿部寛、藤原竜也、吉田鋼太郎、たかお鷹、原康義、大石継太、廣田高志、横田栄司、間宮啓行、星智也 他 2014年10月7日~10月25日@さいたま芸術劇場大ホール

 彼はどんな役かしら?

 

 ※ たっちゃん情報はこのぐらいでしょうか。まだ何かありましたら教えてくださいね。

 

 ほかに気になっているのは「相棒コンサートー響ー」

その情報は→こちらです

6月21日〈土〉18:00/6月22日〈日〉13;00

すでにローソンチケット抽選先行は始まっています。

一般販売は4月5日から。

 

 「吉田拓郎LIVE2014」

その情報は→こちら

 一般販売は5月24日

だけど一般販売で買えるわけがない。いや、先行販売だって、もうこれ宝くじみたいになっちゃった。

運が良ければ行きます。

 

美術館などの予定は別に書くつもりです。

なんだかこうして並べて書くと、これから遊んでばかりいるみたいですが、そんなことはないですよ・・・・と一応書いておきます

コメント (2)

2014年1月のまとめ(その2)

2014-02-13 00:33:21 | 2014年目標とまとめ

昨日書いた記事「1月のまとめ」の続きです。

お日様が昇ってから書くといったのに、気がついたら昇ったお日様は沈んでいました。

 

 病気の記録

なんかろくでもない記録ですが、これは微妙に私的には大事な記録です。

ちょっとお気楽な方から言うと、またも歯医者に通い始めました。治療して一度終わりと言われても、もともと歯質が弱いのでまたも虫歯です。
歯医者、やだなー。。。。

 

1月の終わり、本当に調子悪かったです。だるいし、いつもお腹の何処かが痛くて憂鬱でした。

でもこれは2月の始めに行った定期健診でお薬を増やして頂いて、今は良くなっています。

薬増やして良くなっているって言葉に書くと、いい感じはしませんが。

 

1月の終わりにはラッタくんがインフルエンザ。

その時私も熱を出し、これはマズイかもと直ぐに病院に行きました。

咳が出て喉が痛くて、家族がインフルエンザと言うとすぐに検査してくれました。陰性でしたが、保因してるかもとウィルスが増殖しないように治療していただきました。治療と言っても吸入する薬を処方されただけですが、薬局でこの場でやってしまいましょうと薬剤師さんの指導のもと、即吸入しました。

おかげで事なきを得て良かったです。

リレンザという薬です。

 

 【女性に歳を聞いてはいけない。】

って、いきなり副タイトルをつけてしまいました。

1月のある日、自転車でピアノのおけいこからの帰り道、ふと知ったお顔の方が立っているのが目に止まりました。ずっと以前の仕事がご一緒だった方です。お歳で辞めたのは知っていましたが、同じ職場にいた時は、彼女からは親切にされた想い出しか無い好きな方です。立ち止まって挨拶をしましたが、

「お幾つになられたのですか? 」とうっかり聞いてしまいました。

明らかに私よりだいぶ上なのは知っていたので、気軽な気持ちで聞いたのです。

彼女も嫌という感じではなかったのですが、

「いくつに見える?」と切り返されてしまいました。

ややや、これ、ヘタしたら自滅質問でした。

なぜなら、女性の歳は当ててはいけないのですよ。知っていましたか。

ましては上に言うなんて絶対にダメですよね。

だから見える年より若干若く言いました。

「5かな?」と。でも言いながら、私が仕事を辞めた年数とその時の彼女の歳と合わないじゃん。「8」とか言えば良かったかな。でもそれじゃ当たってしまいそうと、一瞬なのにアレヤコレヤと迷ったのでした。ところが彼女は

「アタリ~。」と言うではないですか。

しまった~、当てちゃったわけ・・・!?

だけど彼女は

「いくつの5?」と言うではないですか。

「えっ? 65じゃないの?」

「75よ。」と彼女。

良かった~。セーフだったんだ、と思いましたが、しかし本当に彼女は若く見えました。

その後、どちらかと言うと私の母に歳の近い彼女と、さながら友達のようにタメ口トークでお茶をしながらおしゃべりをし、楽しい時間を持ちました。

しかし若く見える秘訣ってなんだろうかと思う出来事でもありました。

思うにやっぱりポジティブ思考が要かと・・・。

 

会いたいなと思うお友達はいるのですが、1月は気持ちに余裕がなくて、以前のようにお気楽な奥様ランチの予定を入れられませんでした。

 

主に仕事というのが1月の暮らしでした。

なんとなくテンポが悪く、のろのろと家事をやり仕事の準備をしてお仕事+月間イベント+買い物とか病院とか。

 

そんな暮らしの中で、行ったことのなかったお寿司屋さんに連れて行ってくださったり、歌のボランティアの後に労をねぎらってお茶をごちそうしてくれたりしたお友達に感謝です。

また家に引きこもりがち(仕方がなく)な私を支えてくれているのは、姉との長電話だったりもするのですが、またネットでの繋がりでもあると思うのです。

ほとんど家にいる生活でしたが、この小さな四角い窓のお陰で会話のなかった日は一日もなかったように思います。

感謝♪

 

 まだ私に影響はしてきませんが、一応メモとして残しておこうと思いました。

義母が肩の手術を受けるために、京都を往復しています。

影響してきてないと書いてしまいましたが、いや、影響がありました。このせいで、予定が立たず、コクーンの「ムサシ」のチケットを買うことが出来ませんでした。今は予定が立ちましたが、日程的にムリなんじゃないかと思います。(行くとしても当日券狙いなんですが。)

なーんか、ムムム。

 

1月はネジ穴にネジをいくつも差し込んだだけというような、そんな感じでした。

それらがキュキュとしまっていくのは3月になってからだと思います。

一個はポロリと外れちゃったし。

外れたネジの話、いつかしたいなあ・・・。

という訳で、1月のおまとめ日記は終わりです。

 

2月も中盤。

さあガンバロー♪

 

※「相棒」、見ました。ラスト泣けました。

 

 

 

コメント

2014年1月のまとめ

2014-02-12 01:17:29 | 2014年目標とまとめ

な~んとなく、お仕事のピークは終わりました。

またブログ生活、復活しようと思います。

だけど一昨日10日の夜、微妙な気持ち。

達成感なし。

千葉県の公立高校の受験は今日12日からです。結果がまだ出ていないからでしょうか。

これで終わりか、2月末日まで頑張らなければならないかを決めるのは、既に私の手から離れた所にあるのです。

取り敢えず、今週の残りはオヤスミ気分です♡

 

そんなこんなの生活を過ごしていたら、2014年も早くも12分の1は終わってしまいました。

今年は、おまとめ日記復活させようと思っています。

だけど、なんか既に記憶が曖昧・・・・。

うーんうーんと唸りながら思い出してみることにします。

 

 映画

この項目から書き出すと、こんがらがった糸がほつれ易いのです。

映画館では「鑑定士と顔のない依頼人」を見てきました。1月は見たい映画がたくさんあったのですが、時間と気持ちの余裕がなくて映画館に出かけてはいけませんでした。その代りテレビでたくさん見ました。

プラチナデータ」 「脳男」 「四十七人の刺客」 「めがね」 「ウーマン・イン・ブラック

これらは浅いのですが珍しく全部感想を映画ブログ「近未来二番館」の方に書きました。タイトルとリンクしています。

ついでですが、昨年の暮れに見た「ゼロ・グラビティ3Ð」の感想も書きました。

 

 テレビ&ドラマ

テレビでドラマを見ることは私の大好きな趣味です。

1月のまとめなので、昨年の紅白のことを書くのはどうかと思うのですが、それでもちょっとだけ触れさせてくださいね。

昨年の紅白は、私にとっては殊の外楽しいものだったものですから。言うなれば「あまちゃん」の番外編、または続編でもあったのではと思います。ホラーかと思うくらい町を出ることが出来なかったユイちゃん。その彼女がとうとう町を飛び出て、そして紅白の舞台に立つのですよ。

その時、馬鹿じゃないの~、私って思いましたよ。だって涙がすっーってこぼれたんです。感情移入度の高い、ドラマを見るには適した脳をしています。でもリアル紅白に虚構のドラマ、どういうわけか脳内リンクが出来あがって感動してしまったんです。

 「とうとう二人は紅白に立てたんだ。」うえーん(ノД`)・゜・。

ってな感じです。

そして紅白には出ないと噂されていた小泉さん、また薬師丸さんも

「来てよ~、その日を飛び越えて~」と歌い、涙が瞼をジンワリ濡らします。最終回の気持ちが再現されたようです。

だけど「もう、本当に私っておバカさん。」と思って、ツイッターを見てみたら、涙涙の人がいっぱいで、もう、みんな同類項でくくっちゃうよ。

そして、年明けて1月1日、実家に帰っていました。

そこでの午後、テレビをつけたら藤原竜也君がテレビに映っていました。

近頃リサーチ不足です。

SWITCHインタビュー 達人達(たち)・選「藤原竜也×長谷川穂積」の再放送をやっていたのです。

もう既に最後の方でもあり、落ち着かない環境の中で見ていたので、あまり記憶に残っていないのですが、いつものように演劇に対してストイックな彼の姿勢が伝わってきました。印象的だったのは、この仕事を天職だと思うかという質問に対して、「分からない。」と答える竜也君。

もちろん、そう思わなければやっていけないと言った、ボクサーの長谷川さんの答えにも非常に共鳴しました。

確かに、ボクサーなどは自分自身で、そう思わなければやっていけない部分があると思うのです。

実は以前から「天職」という言葉に微妙なこだわりがある私です。それはどんなことかとはここには書きませんが、

「俳優という仕事は俺の天職だ。」などと言わない竜也君が、やっぱり好きだなあとまたまた思ったのでした。

考えてみたら1月1日から竜也が好きって思ったのは、なんか意味深いなって、今、思いました。

お正月番組は、例年は見るものがなくつまらなく思っている私です(『相棒』以外)。お笑いやバラエティが好きな人には良いかと思うのですが、そういうものにあまり興味が無いからです。だけど今年はたくさんスペシャルなドラマがたくさんあって楽しかったです。

書いた感想は→「軍師官兵衛第一回」 「相棒元日スペシャル/ボマー」1月はそれ以外にも「相棒」の感想はお休みしなかったと思います。「ドラマ三昧、新参者~眠りの森&鍵のかかった部屋」


 book

二・三冊、併読していてどれも完了していないので書けません。

ただ友人たちから勧められた「はらぺこあおむし」という絵本は読みました。

 

はらぺこあおむし
もり ひさし
偕成社


これ、又姪ちゃんにプレゼントしました。

色も綺麗で、子供の好奇心をくすぐる仕掛け絵本になっているのも良いですね。


 土曜日の教育支援ボランティアに二回行きました。かなり順調です。普段やっていることと同じ畑なので、あまり問題もないのです。

公民館主催の歌のボランティアにも参加。机を出したり受付をやったり、時には司会などもやります。1月はその司会を私がやる番だったのですが、まあまあ上手くいったんじゃないかと思います。やっていて楽しかったです。

ほとんど家にいるような生活をしていると、そのように100人を超えた人の前で話す機会などほとんどないのが普通だと思います。だからそのような時間をいただけて、とても貴重な体験だったと思います。

この二つは、私には大切な月刊イベントになりました。だけどそれも3月までなんです。

まあ、終わればまた何かが始まる・・・かも。


 …、ふと時計を見たら、またも真夜中です。続きはお日様が昇ってからにします。

いや、大した話ではないのですが、もうちょっとだけ書かせてくださいね。

 

というわけで、今日という日はおやすみなさい。




コメント

昨日・今日・明日☆

2014-01-17 14:31:56 | 2014年目標とまとめ

「昨日・今日・明日」って、昨日と今日と明日と言う言葉を並べただけなのに、なんかそこには意味があるような気がしてくるのは、私だけの感覚でしょうか。

と、いきなり横道からの発言になってしまいました。「並べる」ことの効果は別考察にすることにして、昨年の自分なりのまとめを記していきたいと思います。

なんで今頃って感じですが、一年の反省とまとめを慌しい年末にやらねばならない決まりがあるわけではないのですよね。

と言いながら、毎年「まっ、いいか××年」と言う記事を年末又は年の初めに書いてきたのですが。

正直なところを白状すると、慌しくても年末にまとめ記事を書きたかったです、本当は。

単に間に合わなかっただけだったと思います。

やっぱり日本人は「けじめ~♪」と言うのが好きなのですよね♪

 

でも今年はゆっくりでも、いろいろな事をちゃんとやっていこうと思っています。

決意の前には昨年を振り返ってまとめと反省かもしれませんが、ちょっと決意と混ざると思います。

 

昨年のことを言うと、父が亡くなった事が、私にとってはほとんど心を占めているわけなのですが、それでも人の心は多角経営なものですからいろいろな事を考えたり行動を起こしたりもするのですよね。

しかし父の事は棚の上に置いて、自分の内なる声に耳を澄ますと、かなり私は崖っぷちです。「でした」と過去形で言えないところが悲しいのですが、だから「ちゃんとやっていこう。」と言う決意も生まれてきたのかもしれません。この崖っぷち感は実はおととしからあったのですが、父の事があったので、自分と向き合っていられなくてそちらが棚の上だったと思います。

だけどたぶん誰も私が崖っぷちに立っていて、おっとっとと手を回し落ちないように均衡を保っているのだなんて思う人など周りにはいないと思います。

なぜなら傍目から見れば私はあれやこれやと新しいことを始めたり、出掛けて行っては思い出を増やしたり心に何かをとどめたりしていて、または楽しいことを見つけることにはレーダーを張って余念もないからです。

自分の心の中を見つめ吐露し分析することは、本当はかなり難しいことなんです。

おととしもそれに挑もうとしていかにも続きがあるように書いた記事が放置してありますが、一番自分の気持ちを自分の中から脱出させる方法はひとつには話す、もう一つは書くというのがそれだと思います。一つ目の話すと言うのは、ちゃんと聞ける聞き手を見つけるという難問が生じるので、やはり書くという事が一番の早道かも知れません。

 

おととし、私が漠然と思った結論は、自分は俗にいう所の空の巣症候群に陥ったのではないかという事です。だけどそれ、私的には自分でビックリしました。子供たちの事は凄く愛しているし大切に思っています。だけど彼らと向き合いながら、しっかり自分の世界を作ってきたと思っていたからです。

この自己内面との対話は今年の一つのテーマにしていこうと思います。

それから「書く」という事も自分の目標の中で前面に出して、やっていこうと思います。

実は私はいつの時代も、良き聞き手に恵まれると言う幸運な人なのです。最近私の話を聞いてくれる人が、私が「次」を見つけられなくてモヤモヤしている状態なのを見て
「書きましょうよ。」と言ってくださったのです。

このような文章を書いていてよく言うよと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、だからこそいっぱい書いて練習するのです。

 

と、ここまで書いて、またも間を開けてしまいました 。内容的にも自分にとってお気楽なものではなかったので、時間がかかってしまったと言ってもいいかと思いますが、あとちょっと毎年この時期だけはお仕事を頑張らないわけにはいかないのです。間を空けて読み直すと、かなりストレート。ちょっと書き直そうかと思ったのですが、自分の今をしっかり留めておこうと、書き直しは止めました。

 

でも、私は思いました。

「書く」というのは、殊の外、効果があるようです。

なんだか、ヨシ今年も頑張ろうという気分になってきたのです。

 

昨年もどこかスカスカと心の中は隙間が開いていたけれど、その心を収めていた外側の器は、それなりにいろいろやっていたのですよ。

もう辞めたいと思っていたお仕事は、やっぱり途中で投げ出すわけにはいかず、もう少しだけ続けようと頑張っている最中です。

新しく始めたのは、ちょっと興味のあった教育支援ボランティアと歌の会のボランティア。一昨年から始めた大人のピアノ教室は、普段は全く練習しなくなってしまって猛反省中。いや、嘘。ちょっぴり反省中です。でも数曲〈ヘボい〉歌を作りました。

プリザーブドフラワーのアレンジを作ったり、押し花の額を作りに行ったり、アロマの化粧水を作りに行ったりと、なんかちまちまやってました。それというのも、自分の「次」を探していたのだと思います。

 私は歩きながら考えるタイプなので決断するのが早いのですが、それでうまくいくことが80%で失敗が20%だと思います。父のことで気持ちがそぞろでなかったら取り敢えずのように、お花の教室の資格を取ろうと今頃頑張っていたかもしれません。

それどころじゃなくてと言う時を経て、時間が空いたのでそれについて考える時間が取れたのは幸いでした。

 

資格がどうこうとか作品がどうこうとか言う問題じゃなくて、今はとてもじゃ無いけれど、素敵なアトリエ風のお部屋が作れません。それを仕事にしようと思ったら、そこの所が実はとっても大切な部分だと思います。

このことを長々と書いているのは昨年のマトメだからなのですが、4月5月辺り、少々自分の中で気持ちが盛り上がっていました。うちを卒業していったお子様のお母さんに電話したり、お部屋を片付けてお茶会をしたり、まあ、上にも書いた通り歩きながら考える人の行動パターンってこんなものでしょ。

お茶会の時褒めてもらえたお部屋なのですが、私の問題点はそれを維持出来ないことだと思うのです。特に今は中学生が家にやってきますし、彼らの定期テスト後、今はラストの大きなテストを控えていて、その時我が家はかなり悲惨です。

優先順位的に言っても、とにかく今年は一年まるまる大掃除をしようと思います。

とにかくゴミ捨て。

とにかく生前整理は大切ですよ。それも父から学びました。

頑張ります。

 

だけどハーブやお花はやっぱり好きなので、今までどおりチマチマ習いに行ったり、本で勉強したいと思います。

 

昨年は好きな事、お芝居を観に行く・映画に行く・美術館に行って絵画鑑賞は回数は少なかったのですが、それなりに充実ぃていました。

それだけは感想などをリンクしておきます。

お芝居はゲキ×シネも入れてしまうと5本。

「「木の上の軍隊」を観てきました」 「ゲキ×シネ『シレンとラギ』「ゲキ×シネ「髑髏城の七人」 

 劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」&教室日記 舞台「スウィーニー・トッド」

今年も3本から5本ぐらいは見に行きたいと思います。

 

映画鑑賞も結構ほそぼそですがしていました。そのマトメは「近未来二番館」の方に書きました。

2013年に映画館で観た映画のまとめ」 「2013年にテレビで観た映画のまとめ

そこにも書きましたが、映画館とテレビで合わせて50本以上は観たいと思います。

 

美術館には

「ルーベンス「栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展」 

エル・グレコ展

貴婦人と一角獣展

東京ステーションギャラリーにて「生誕100年!植田正治のつくりかた」

 

私が毎年よく行く美術館は上野の「国立西洋美術館」「東京都美術館」、六本木の「国立新美術館」なのですが、今年は東京駅周辺の5つの美術館周りもしたいと思っています。

そういえば、いつも今頃「江戸東京博物館」では大河関係のイベントをやっているなと思って、HPを開いてみました・・・

残念。やってませんでしたが、今開催しているのが「大浮世絵展」。これもなんだか面白そうです。

 

ブログにも書いたお出かけは、姉妹で「東京スカイツリー」に上ったのと、秋には大阪と京都に行きました。〈ブログ記事のタイトルは違いますが、リンクしています。〉

ブログには書きませんでしたが、晩春にネットで知り合った人たちと帝国ホテルでお食事会をしました。

この「帝国ホテルで」というのがちょっと私的自慢なのです。

お仕事もいつの間にかどこの組織にも属さないものになり、また友人たちの旦那様たちが一斉にリタイア、もしくはその人たちの家族やご自身の病気等で、なんだかいろいろな所にご一緒出来る方が激減中な私です。

だけど姉妹がいるというのも私には大きな強み。友達がいなくても、姉妹かもしくはおひとり様で好きなことをやるわと居直りつつもあったのですが、それでも新しい出会いがあってわたくしは幸せでした。

 

また今年も素敵な出会いがたくさんありますように。

目標が分かりづらい書き方だったかもしれませんが、

要するに「毎日の暮らしの基本を大切にする。」「一日で出来ることはわずかでも、継続していくところに力はつく。」を忘れずに、いつもは普通に、そして時々頑張って2014年という道を歩いていきたいと思います。

 

 

 

コメント