gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

方丈記(はうぢやうき)・・・存在物の原理・・・

2018-09-13 19:19:30 | 古事記字源

 ・・・余震がツヅク・・・ナマズの「名真」ちゃんが「ジシン兵器」を連発していアソんでいるらしい・・・
 アメリカでは「アメリカ東海岸、ノースカロライナ州を直撃・9月13~14日にも上陸予定の大型ハリケーン・フローレンス (Florence)」・・・フィリピンでは「9月15日に颱風22号が直撃か」・・・
 ↓↑
 方丈記(はうぢやうき)
 「この世のすべてのことはハカないものだ」という無常観・・・?
 「ハカないもの」=「儚いもの」=「果敢無いもの」・・・?
 ・・・「ハ」+「か・き・く・け・こ=カ・キ・ク・ケ・コ」・・・
  はかナイ=ハカ名意
  儚い=ィ+夢=ィ+艹+罒+冖+夕
    =はかない・はかなむ・くらい・ボウ・モウ
     頼りない・むなしい・あっけない=瞬時、瞬間
     頼るものがない・心細い・弱々しい
     異体字は「𠐧・𢟼・懜・顭・𩕫」
    「儚儚、佪佪、惛なり(爾雅・釈訓)」
    「𠐿の字の注に〔爾雅〕を引いて
     儚=𠐿(イ+薨)・(段注本)」
          ↓↑
          薨=艹+罒+冖+死
          薨(みまかる・コウ)・・・薨⇔薧⇔甕⇔甍
            みまかる・死ぬ・身分の高い者が死ぬこと
          薧(はかば・コウ)=艹+𣨻(亠口冖死)
            異体字は「槁・𣨻・𧂎(艹高死)」⇔墓場
          甕=雍+瓦=亠+維+瓦=亠+纟+隹+瓦
           (かめ・もたい・みか・オウ)
          甍=艹+罒+冖+瓦
           (いらか・ミョウ・ボウ)
          ↓↑↓↑
          甕棺墓(かめかんぼ)
          ↓↑↓↑
          甕(かめ)や壺(つぼ)を棺(ひつぎ)とし
          埋葬する墓
          甕棺=北部九州に特有の棺
             大型の素焼きの土器に
             亡くなった人の手足を折り曲げて入れ
             土の中に埋める埋葬方法
             縄文時代後期に幼児骨を納めた
          歴史的墓制として世界各地に見られる
          乳幼児の墓として用いられる例が多い
          1個の甕に土器などの蓋をするもの(単棺)
          2個の甕を開口部で合わせたもの(合口棺)
    「懜=本字が儚(集韻)」
     はかない=墓無い・・・?・・・弔う人が居ない?
     はか=少ない・僅か=わづか
        夢=ゆめ・ム
         =𦭝+冖+夕
          萈+夕
       字は「夢・梦・㙹・夣・𡪎・㝱・𡬌・瞢
          𦴋・𧁌・矒・𡬆・𥉞・𥊃・𥊄・𥌋・𦱛・𦴁・𦴔」
  果敢無い=果+敢+無=田+木+丅+耳+𠂉+乂+𠂉+卌+一+灬
      =果無し=はかなし
      =もろくて長続きしないさま
       束の間に消えていくさま
       不確かであてにならないさま
      =「はか無い」
      =「結果が無い・成果が無い・甲斐が無い・無駄な結果」
      =「カカン・勇敢なさま・思い切りがいいさま」無い
       果=くだもの・草木の実
         果実・果樹・青果
         はたす・成し遂げる・おおせる
         逃げ果せる
         はて・できばえ
         結果・効果・釣果
         思いきってする・思いきりがいい
         果鋭・果敢・果断
         はたして・思ったとおり・果然
         原因があって生ずるもの・因果
         果報・悪果・結果・効果・成果
       敢=あえて・カン
         あえて困難・障害を押し切って行動を起こすこと
         思い切って
         敢行・敢然・敢闘・果敢・勇敢
         敢死=死を覚悟すること      
 ↓↑
 鴨長明(かものちょうめい)
 1153~1216年
 方丈記(はうぢやうき)
 建暦二年(1212年)
 鎌倉時代の
 随筆
 「于時、
  建暦のふたとせ、
  やよひ(彌生)の
  つごもり(晦・晦日・月隠)ごろ
       晦=つごもり・くらい・くらます・カイ(クヮイ)
         月の末日・晦朔(カイサク)
         月が出ず、暗い・晦冥
         よくわからない・晦渋
         人に知られない・くらます
      韜晦=トウカイ=倒壊・投壊・東海・東開・冬海
         当会・凍解・倒潰・等海
         晦日(みそか)
  桑門の蓮胤、
  外山の庵にて、これをしるす」
 ↓↑
 明文社
 初版発行日
 明治三十九(1906)年1月30日
 aozora・青空文庫・・・
 ↓↑
 ゆく河の流れは絶えずして
 しかももとの水にあらず
 淀みに浮かぶうたかたは  
 ↓↑ ・・・泡沫(うたかた)=液体固体の内部や表面に
       生じた気体の塊を気泡
       気泡の集合状態を泡沫
       気泡、泡沫を総称して泡 (あわ) ・・・泡の「たま」
       うたかた=「ウクタマカタ(浮玉形)」の転?
            「ウキテエガタキモノ
            (浮きて得がたきもの)」の略?
            「ワガタ(輪型)」の「ワ」の延音「ウタ」
            「ウツカタ(空形)」の転
       うたかた=「うたがた」
       うたかた=唄方・歌語・「詩多・詠・吟・唱・雅楽」形
 ↓↑    ↓↑
       宇多天皇=867年6月10日(貞観9年5月5日)
            ~
            931年9月3日(承平元年7 月19日)
            第59代天皇
         在位 887年9月17日(仁和3年8月26日)
            ~
            897年8 月4日(寛平9年7月3日)
            光孝天皇の第七皇子
            臣下の諱は「源定省(さだみ)」
            空理(クウリ)・朱雀太上天皇
            阿衡事件=藤原基経と宇多天皇の確執
           「阿衡は位貴くも、職掌なし
           (地位は高いが職務を持たない)」・・・?
 ↓↑         ↓↑
       衝=彳+重+亍
       折衝・衝突・要衝・緩衝・衝動
       かなめ・大事な所・要衝
 ↓↑    ↓↑
      銓衡(センコウ)=銓は分銅、衡は天秤の竿(棹)
       衡=彳+𩵋(魚)+亍
          ・・・𩵋(俗字)=刀(々・勹)+田+大(一人)
      均衡(キンコウ)
       阿倍 仲麻呂
       文武天皇二年(698年)~宝亀元年(770年)一月
       姓は朝臣・筑紫大宰帥・阿倍比羅夫の孫
       中務大輔・阿倍船守の長男・弟に阿倍帯麻呂
       唐名を
     「朝衡=チョウコウ=晁衡」
       ↓↑
       衡=はかり・くびき・コウ
         スキをつけたくびき
         車をつけたくびき
         天秤ばかり
         金文・篆文は
    衡=彳+「角(牛のつの)+大(牛のからだ)」+亍
       行=彳+亍=二頭の牛の角と首にかけ渡した
             横木(くびき・頚木・頸木・衡)
      連衡(レンコウ)=東西の国の同盟
               合従連衡
     度量衡=はかり
       衡=よこぎ・くびき・まっすぐな横木
         門の二本の柱の上にわたした横木
         牛の角
       衡=車の轅(ながえ)の先端につけて
         車を引く牛馬の頸の後ろにかける横木
         牛車・比喩的に「自由を束縛するもの」
         公理・公約数・かたよらない
  ↓↑     公正・公平・公明.
 かつ消えかつ結びて
 久しくとどまりたる
 ためしなし・・・・・・・・・・例(ためし)なし
 世の中にある人とすみかと・・・栖(すみか)
 またかくのごとし
 たましきの都のうちに・・・・・玉敷き(たましき)
 棟を並べ、甍を争へる
 高き、卑しき、人のすまひは
 世々を経て尽きせぬものなれど
 これをまことかと尋ぬれば
 昔ありし家はまれなり・・・・・・・稀(希・まれ)
 あるいは去年焼けて今年作れり
 あるいは大家滅びて小家となる
 住む人もこれに同じ
 所も変はらず
 人も多かれど
 いにしへ見し人は・・・・・古=いにしへ=居西辺?
 二、三十人が中に
 わづかに・・・・・・・・・僅かに=わづかに=倭塚邇?
 ひとり
 ふたりなり
 朝に死に
 夕べに生まるる
 ならひ
 ただ水のあわにぞ
     ・・・泡=あわ=阿波=安房=安和=粟=沫=淡
 似たりける
 知らず
 生まれ死ぬる人
 いづかたより来たりて・・・伊豆・井津・井筒・・・何時・伊津
           ・・・いづも=出雲・伊豆母・出茂・出模
 いづかたへか去る
 また知らず
 仮の宿り
 たがためにか
 心を悩まし
 何によりてか
 目を喜ばしむる
 その、
 あるじとすみかと・・・あるじ(主・アル字・阿留字)と(訳)
            すみか(住家・棲家・素実科)と(訳)
 無常を争ふさま
 いはば朝顔の露に異ならず
 あるいは露落ちて花残れり
 残るといへども朝日に枯れぬ
 あるいは花しぼみて露なほ消えず
 消えずといへども
 夕べを待つことなし
 ↓↑
 安元三年四月二十八日
     (1177年5月27日8時頃)の都の火災
 治承四年(1180年)四月の都の竜巻
 養和年間(1181年~1182年)の飢饉
 元暦二年七月九日
     (1185年8月6日)の都の大地震
ーーーーー
 北海道地震 
 2018/9/6/3:18
 戊戌(辛・丁・戊)
 庚申(己・壬・庚)
 辛丑(癸・辛・己)
 己丑(癸・辛・己)
ーーーーー 
 ハイチ地震・・・20万人以上死亡
 2010年1月12日16時53分  2010年1月13日3時53分(日本時間)
 己丑(癸・辛・己)   己丑(癸・辛・己)
 丁丑(癸・辛・己)   丁丑(癸・辛・己)
 壬戌(辛・丁・戊)   癸亥(戊・甲・壬)
 辛未(丁・乙・己)   癸丑(癸・辛・己)
 ↓↑
 自衛隊ハイチPKO派遣
 ハイチ共和国へ
 国際平和協力法に基づく
 自衛隊海外派遣活動
 2010年2月5日
    2月8日 - 現地到着
    2月17日 - 現地での活動を開始
 自衛隊ハイチ国際緊急援助活動・・・350名の要員を派遣
 ↓↑
 2011年3月11日14時46分
 東北地方太平洋沖地震
 辛卯(甲・ ・乙)
 辛卯(甲・ ・乙)
 乙丑(癸・辛・己)
 癸未(丁・乙・己)
 ↓↑
 2012(平成24)年末にハイチより撤収開始
 重機の現地譲渡は
 2012年12月18日の閣議で正式決定
 2013年3月15日付をもって終了
 2013(平成25)年2月末まで全要員帰国
 2013年3月15日 - ハイチPKOの全隊が撤収完了
 ↓↑
 ハイチ 9/11(火)21:46
 日本  9/12(水)10:50・・・時差13時間~14時間
ーーーーー
 ・・・???・・・歯位置・葉位置・羽位置・播位置・把位置
 波位置・・・・横島・・・「よこしま」と訓ずるスベテの漢字
 「頗(よこしま・ハ)=皮(かわ・ヒ)+頁(ページ・ケツ)」
  の
 「位置」・・・
 頗(よこしま・ハ)=かたよる・不公平・偏頗(ヘンパ)
           すこぶる・たいそう
 頗梨采女(はりさいじょ、はりさいにょ)
 牛頭天王の后とされる神
 波利采女、波利賽女とも表記
 名前の由来は
 梵語のハリ(水晶)
 人の吉凶をつかさどる方位の女神
 京都八坂神社の祭神
 牛頭天王(ごずてんのう)の后(きさき)
 八王子(八将神)の母
 ・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 耐え難きを耐え、忍び難きを... | トップ | たえる=耐・堪・絶・仔える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古事記字源」カテゴリの最新記事