gooブログはじめました!キリヤ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
コジキジゲン

「大菩薩峠」の「中里介山」の「机竜之助」

2018-03-14 02:36:04 | 古事記字源

 ・・・財務省の「改竄文書」・・・「竄」・・・「行政の責任」って、「竄=ネズミが穴に逃げ隠れるコト」・・・「文書などの字句を直すこと。特に、悪用するために、勝手(?)に直すこと」・・・「意図的な改竄目的=悪用」、「普通、悪用する場合にいう」、「悪意の書き換え」、もう少し云えば「証拠の改竄、アリバイの捏造」・・・「捏造」とは異なるだろうが・・・善意での「手直しする、直す」、利便性の「改新」を「改竄」とは云わない・・・学問上の誤謬の訂正は「改訂」である・・・「大化の改竄」は「日本書紀の記録上」で、あったかも・・・「ウィキペディアにおける改竄」記事・・・?・・・「改竄は善悪関係なし」って?・・・なんか、ここに記録されているコトが曖昧だけれど・・・これを書き込んだのは「ヤクにん」かも・・・
 イヤァ~、ツクヅク「幕末明治の人々」が「自己の信念(?)」の立場を崩さず生きていたか・・・彼らは「改竄」ではなく超主観的に「維新」と云ったが・・・「差額の損得で生きる町人」ではなかったから・・・当然、無理が生じるのはアタリマエだった・・・
 「安藤ニュースキャスター」のTV番組をみていてワラった。なんか、出てきた評論家(男)?が「江戸時代の役人ではないから、そんなコトをスルはずがない」って・・・いやぁ~ッ、あのオッサン、何時の時代のTV番組に出ているのか?・・・それでもナンか、自分のコメントした内容には疑問がないような・・・あの「ふにおちないような表情」と、彼の追加コメントはCMで遮られ終わったが、他人を疑わないヒトはマコトにご立派であるカナ・・・
 「竄=穴の中、家の八(屋根)の鼠」と「鼠=ねずみ=鼡」の漢字は異なっている・・・「竄」は「家の天井に棲むネズミ」か?、あるいは「米蔵のネズミ」か?・・・「鼢(もぐら・
鼴・土竜)」のようなネズミなのか?それとも「大黒様のお使いのネズミ」か・・・「大国主の改竄の名前」が「大国=ダイコク=大黒」になった・・・?・・・
 「インドの闇黒神(大黒天)は、中国では仏法の守護神・厨房の神となり、日本に入って神道の「大国主命」と習合して福神になった」・・・
 鼠には災害時、船の沈没や火事、地震の発生以前に安全な場所に逃げ出す。「大国主」は「須佐之男」が仕掛けた野火からネズミによって助けられた・・・シヴァ神の化身、「大暗黒天」・・・
 調べていたら「米俵に乗る一対の鼠像」の写真掲載のブログがあった・・・食物・財福を司る神であるらしいが、「黒いネズミ(夜の闇の中の営み)」は安産と子宝の子孫繁栄の象徴だからだろう・・・
 日本へは空海の密教の招来らしいから「景教」の碑文の漢字は「移鼠(イエス・キリスト)」は「十二支の子(鼠)」、「未艷(マリヤ)」は「十二支の未(羊)」である・・・
 「改竄」は・・・日本の「本地垂迹の十八番(おはこ)」である・・・「七代目市川団十郎が、代々の芸、十八種類を選定し『歌舞伎十八番(歌舞妓狂言組十八番)』を天保三年(1832年)三月に発表しオハコと云うコトバが定着・秘伝書が秘蔵されている箱からの呼称」・・・多分、漢字の「十八=拾八=足捌」の「番(蝶番・鍵・鈎・鉤・鑰)」・・・
 記録された「漢字」は「自由にオヨミ」ください・・・
ーーーーー
 竄=穴+鼠=宀+八+𦥑+𠄌+冫+𠄌+冫+乚
         𦥑=両手で持ち上げる、拱く
         𠄌=異体字は「𠃉・鳦」・・・乚=乙
           鳦=鳥+乙=つばめ=燕
             イツ・イチ・アツ・エチ
   ・・・「竄」は燕(つばめ)の爪から逃げるネズミ・・・
   「𠄌」は「戉」の「𠄌」ならば「鉞(まさかり)」である
   兎に角、
  「竄=穴+鼠」は
   匪賊・敵・獣などが慌てて逃げ去る
   のがれる・にげる・にげかくれる
   「竄入・竄伏」
   はな(放)す・追放する
   「竄流」
   あらためる・書きかえる
   「改竄」
   鼠(ねずみ)が穴にかくれる意
   改竄(カイザン)
   貶竄(ヘンザン)
   奔竄(ホンザン)
   流竄(ルザン)
   竄(かく)れる
   竄定(ザンテイ)
   穿竄(センザン)・点竄(テンザン)
   匿竄(トクザン)・伏竄(フクザン)
   奔竄(ホンザン)
ーー↓↑ーー
 皇極天皇・・・皇(白王)、極める
 重祚      「白の王=新羅の王」?
 齊明天皇・・・齊(亠刀Yノ𠄌乀冂一)=斉
                    斎=文(亠乂)ノ示l
 ↓↑
 諱  寶女王
 別称 天豊財重日足姫尊・・・財=貝(目八)+才
 父親 茅渟王
 母親 吉備姫王
 皇配=天皇の配偶者(夫)
    高向王・・・用明天皇の孫
 ↓↑       百済王族
          高向王?
       ・・・高(句麗)を向く
          狛犬(こまいぬ)
    ↓↑     ↓↑
    高向王⇔高麗(こま・こうらい)
    ↓↑  高句麗(こうくり)
        紀元前37年~668年
        後高句麗(899年~918年)
        後三国時代
        新羅で叛乱を起こした
        「弓裔」が901年に
        高句麗の復興を唱え
        国号を高句麗と定めてから
        滅亡までの弓裔政権全体
        「弓裔」は
        899年の挙兵当時
        新羅第48代
    ↓↑  景文王の庶子であることを自称
        901年
        開城に遷都
        国号を高句麗
        904年
        正式な国号を
        摩震(摩訶震旦)に改め
        年号を武泰
        905年には
     ↓↑ 鉄円(江原道鉄原郡)に遷都
        911年には国号を
        泰封に改め
        年号を
       「水徳万歳」と定めた・・・水の徳の万歳?
        後の高麗(コウライ)国(918年~1392年)
        の王国も
     ↓↑ 日本では「コマ」と読む
     皇極天皇となる前
     高向王が夫
     漢皇子を産んだ
     舒明天皇の皇后として
     中大兄皇子(天智天皇)
     間人皇女(孝徳天皇の皇后)
     大海人皇子(天武天皇)
     を産んだ
     高向王とは
     用明天皇の皇子の
     高向皇子
     聖徳太子の末弟の
     蜂子皇子などと
     同じ父を持ち
 ↓↑  高向王はその子
 ↓↑ ↓↑
    舒明天皇・・・推古天皇元年(593年)?
 ↓↑ ↓↑     ~
           舒明天皇十三年十月九日
           (641年11月17日)
    第三十四代天皇
    在位、舒明天皇元年一月四日
       (629年2月2日)
        ~
       舒明天皇十三年十月九日
       (641年11月17日)
       舒明天皇が崩御
        皇后は48歳
        舒=舍(舎)+予
          𠆢+舌(千口)+預(予頁)
        諱は田村(たむら)
        和風諡号は
        息長足日広額天皇
            广のムの客の頁(page)
        在位中
        最初の遣唐使を送る
        唐から
       「高表仁」の返訪
        高表仁=コウヒョウジン
            好評人・強面・傲慢
            嫌(厭)な奴
        隋の頃に渡った者も含め
        高向玄理と
        僧侶の
        霊雲、旻、南淵請安
        が帰国
 ↓↑     百済と新羅からの使節
 子女
 漢皇子・・・漢(あや・カン)皇子
 天智天皇・・中大兄皇子
 間人皇女・・間人(カンジン・まひと)
 天武天皇・・大海人皇子
 皇居
 皇極・飛鳥(とぶとり・ヒチョウ)-板蓋宮
 斉明・飛鳥(とぶとり・ヒチョウ)-板蓋宮
 ↓↑
 高向 玄理(たかむこ の くろまろ)
      高向=コウコウ
      玄理=ゲンリ・・・玄(武)の王の里⇔北方
 ?~白雉五年(654年)
   史賂記字語撚?
 名は黒麻呂
 高向古足の子・・・高を向く古の足
 姓は漢人のち史(ふひと)
 冠位は大錦上
 高向氏(高向村主=すぐり
     高向 史=ふひと)
 応神朝に
 阿知王
 とともに渡来した
 七姓漢人の一つ
 段姓
 夫(尖?)公の後裔
 魏の
 文帝の末裔を称する渡来系氏族
 東漢氏の一族
 高向の名称
 河内国
 錦部郡
 高向村
 (河内長野市-高向(たこう))に由来
 高向玄理(たかむこのくろまろ)
 渡来人の子孫
 本姓は高向漢人
   (たかむこの あやひと)
 推古十六(608)年
 第二回の遣隋使
 小野妹子に従って渡海
 留学生として
 隋、唐に学んだ
 留学すること
 三十二年
 640年帰朝
 国の博士
 大化改新の際の政治的顧問
 僧旻 (みん)
 高向玄理
 らが任命され
 官職制度の整備の中心的存在
 となった
 任那・新羅
 朝鮮半島にあった国家の
 外交を任され
 再度、遣唐使とし
 長安で客死
  ↓↑
 高向玄理
 608年に日本初の
 国費留学生
 隋に渡り
 32年間学び
 640年
 南淵請安(みなみぶちしょうあん)
 らとともに帰国
 646年
 新羅へ派遣
 654年
 遣唐押使として入唐
 唐で没
 本姓は高向漢人(たかむこのあやひと)

 『旧事』
 天香語山の別名を
 「高倉下」
 「手栗彦命」
 天降った後、
 紀伊国熊野邑に住む
 尾張氏・熊野氏の祖
 ↓↑
 『書紀』
 熊野-高倉下(クマノタカクラジ)。 
 棚倉孫(タナクラヒコ)神社の祭神
 「天香古山命」
 「天香古山命」=「高倉下」=「手栗彦」
 「手栗彦」が「棚倉孫」に転じた
 ↓↑
 籠神社の古伝
 「天香語山命」
 は亦名
 「手栗彦命」
  亦名
 「高志神」
 彦火明彦命が天上にて生む神也
 母天道姫命
 亦名
 祖母命也
 『旧事』に
 天香語山命
 別名を手栗彦、高倉下
 天降った後
 紀伊国-熊野邑
 に住む
ーーーーー
 ・・・「カイザン」・・・ああ、あの「大菩薩峠」の「中里介山」の小説の「机竜之助」・・・主演は「片岡知恵蔵」だったけれど、ちい当時、チイサイコロのボクにはツマラナイ映画だった・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 萬用仮名・・・伴様金、銀、... | トップ | おとめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古事記字源」カテゴリの最新記事