人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

聖書という巨大なドームの中に、「恐れるな」というこの神の言葉がたえず響きわたる

2012年05月04日 | お気に入りの言葉

きょうを生きる言葉 一日一篇 大宮薄・小塩トシ子・関正勝・深田未来生編より
 恐れるな
聖書という巨大なドームの中に、「恐れるな」というこの神の言葉がたえず響きわたる。
それは、いける神が恐怖と不安におののく者たちの傍らにい給い、彼らの友となり、
いかなる不安の中でも勇気と落ち着きを生みだす励ましの言葉を与え給うということを、
意味しているのではなかろうか。
神は、不安と恐れにおののく者たちがいる場所に、とくに好んで共にいて下さるのであろうか。
それとも、われわれは大変いかがわしい性急さで神を天のかなたへ押しやり、
その結果、不安におののく者が神に臨在に気づかないことになってしまったのであろうか。

コメント   この記事についてブログを書く
« あなた方の心、魂、精神のす... | トップ | 還暦の同窓会(鳥取県立由良育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お気に入りの言葉」カテゴリの最新記事