きらら日記

きりん堂の看板犬『きらら』から、二代目看板犬『クララ』がお店の出来事や聞こえについて紹介します。
♪プライベートもね♪

ヘッドホン難聴

2008年04月23日 | お耳のお話

こんにちは。きららです
今日はお耳のお話です



タイトルの『ヘッドホン難聴』とは、その名の通りヘッドホンにより
難聴を引き起こす事を言います。

最近は携帯電話や、とってもコンパクトなプレーヤーにより、
何処でも気軽に音楽を楽しむ事が出来るようになりました
しかし、毎日ヘッドホンやイヤホンで音楽を大きな音で聴いている人は難聴になりやすいという事があります
原因は、大きい音量で聞いている。・・・屋外で音楽を聞く時は、周りがうるさいとつい音量を上げちゃいますよね。音量が大きければ大きいほど、耳が受ける影響も大きいという事です。
長時間聞いている。・・・人間の耳は騒音から離れる事で回復をしますが、耳を休める事無く聞き続けると難聴が進行してしまいます。
通勤通学の時に音楽を聞く人が増えましたが、上記の様な事から使い方によっては難聴になってしまうということです

その他にも今日、ヘッドホーンによる危険な事が記事になってました。
東京都の調査で、16歳~39歳までの男女1145人にアンケートしたところ、約60%の人が屋外でイヤホーンで音楽やラジオを聞いているんですって。
そのうち約8%の人が「自転車や自動車に接触しそうになった」って回答していて、実際にぶつかった人もいたようです。
自転車や自動車の運転者は、ぶつかる直前にベルやクラクションを鳴らして危険を知らせてるんだけど、イヤホン使用者が気が付かない事が多いらしいですよ。
去年の12月にはラジオを聴きながらホームの端を歩いてた人が、後ろから来た電車に気づかないで接触して、死亡する事故も起こってるんです。

『ヘッドホーン難聴』もそうだけど、交通事故につながる危険もあるから、是非適切な音量を見定めて音楽やラジオを聴いて欲しいですね




『補聴器専門店 きりん堂』

コメント   この記事についてブログを書く
« 久しぶり? | トップ | 誰か行く? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お耳のお話」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事