霧ヶ峰自然保護センター 自然情報ブログ

自然情報・登山情報・イベント情報・霧ヶ峰パークボランティアの活動など霧ヶ峰の今を伝えます。

秋の霧ヶ峰

2019年09月14日 | Weblog
3連休の初日は清々しい秋晴れでしたね。
霧ヶ峰にはドライブをする人、登山をする人、写真撮影をする人や
中には秋の草花をスケッチする人もいて
それぞれの楽しみ方で秋を満喫されているようでした。

センターの周りでもススキが穂を出し、日差しを受けてキラキラと輝いています。


ススキの穂をよく見るとはじめはくるんと丸まっていてかわいらしいですね。



盛夏に比べると花の数は少ないですが、まだまだ咲いています。

〈園地にて ノコンギク〉


〈園地にて アキノキリンソウ〉


〈センター前にて ヤマラッキョウ〉

今年はヤマラッキョウやリンドウなど例年より開花が遅いものがありましたが
少しずつ咲いています。


〈センター前にて リンドウ〉
ペンシル型の蕾の形が面白いです。
センター周辺にも蕾がありますが、踏みつぶしてしまわないように気を付けて見てくださいね。

最後にここ5日間の気温を。
   最高気温  最低気温
9日 26.2℃   16.8℃
10日 26.3℃   16.5℃
12日 26.3℃   13.2℃
13日 21.2℃   12.0℃
14日 16.5℃    8.0℃

昼間気温が上がる日もありますが、朝晩はぐっと冷え込んできました。
日中も風が冷たくなってきたので体温調節ができるような支度で
お出かけください。




霧ヶ峰自然保護指導員

2019年09月02日 | Weblog
この夏、霧ヶ峰を訪れた方は、麦わら帽子に緑のベストを身に着けた
大学生の皆さんに出会ったでしょうか。


彼らは「霧ヶ峰自然保護指導員」。
指導員の活動は59年目で、今年は千葉大学、信州大学、江戸川大学、東邦大学
の学生が参加。
霧ヶ峰を訪れた方々に対して道案内や自然解説をし、
巡回ルートの整備や美化活動の他、外来種の駆除なども行っています。

当センターにも7、8月と毎朝やってきて、天候など情報収集を行ったり、
落とし物を届けたりしてくれました。

8月28日は2ヶ月間の活動の報告会が諏訪市役所であり、
センター職員も参加してきました。
指導員からは、巡回を通して発見した危険箇所の報告と、改善策の提案がありました。
霧ヶ峰の自然の大切さを知り、それを伝えていこうとする気持ちを感じ、
私たちも同じ気持ちで仕事に励みたいと思いました。


若い力が霧ヶ峰の自然や未来を担っています。
この夏の活動は8月末で終わりですが、
また来年の夏、彼らの姿を見かけたら声をかけてみてくださいね。

マツムシソウが見頃です

2019年08月24日 | Weblog
霧ヶ峰ではあっという間に夏が過ぎ、秋の花が見頃です。

〈園地にて ワレモコウ、キンミズヒキなど〉

マツムシソウは、センター向かいのビーナスライン沿いに群生しています。

〈園地から撮影したマツムシソウ〉


さて、この葉(ロゼット)は何の花でしょうか?



実はマツムシソウです。花に近い部分は細い葉ですが
根元の方は上の写真のような形の葉です。

センターの建物前にもマツムシソウが咲いていますが、
近くに寄るとロゼットや、これから咲くリンドウを踏みつぶしてしまうので、
足元に気を付けて楽しんでください。


これは何でしょう?



正解はコバイケイソウの実です。
枯れると黒くなりますが、大きな花なので目立ちますね。
咲いた花は種を付け、次の準備をしています。

最後に、ここ5日間の気温です。

   最高気温 最低気温
20日 25.8℃  17.0℃
21日 20.5℃  17.2℃
22日 22.2℃  17.1℃
23日 21.2℃  16.8℃
24日 18.5℃  12.5℃

霧ヶ峰はすでに秋の空気です。
1枚上着を持ってお出かけください。

蝶の季節

2019年08月04日 | Weblog
全国各地で猛暑日が続いていますね。
霧ヶ峰でも気温の高い日が続いています。

     最高気温  最低気温
31日 26.5℃ 18.1℃
 1日 28.0℃ 19.0℃
 2日 27.6℃ 17.2℃
 3日 25.3℃ 17.8℃
 4日 24.5℃ 17.2℃


霧ヶ峰では日差しを遮るところが少ないので
帽子や日焼け止めなど紫外線対策をお忘れなく。

多くの観光客で賑わうこの時期。
ニッコウキスゲのピークは過ぎましたが、場所によってはもうしばらく楽しめそうです。

さて、センター周辺を歩くと蝶の姿を多く見かけます。
ヒョウモンチョウの仲間、ルリタテハ、コムラサキ、アサギマダラなど…。


センター裏の草原に咲くマルバダケブキにはウラギンヒョウモンがいました。


ちなみにこれはマルバダケブキの蕾。


大きな蕾の中に小さな蕾が入っています。
なんだかスイーツみたいで美味しそう?!


ヒメシジミのペア。オスが白色、メスが薄茶色です。
新たな命が育まれ、多種多様な生き物が生息する環境を
守っていきたいですね。


霧ヶ峰パークボランティア花札付け

2019年08月01日 | Weblog
梅雨明けして毎日真夏日が続いていますね。
霧ヶ峰でも気温が高くなってきました。

    最高気温  最低気温
28日 21.5℃ 18.0℃
29日 24.8℃ 17.5℃
30日 25.5℃ 17.2℃
31日 26.5℃ 18.1℃
 1日 28.0℃ 19.0℃

霧ヶ峰では日差しは強くても爽やかな風が吹いています。


〈園地にて ノアザミ・チダケサシ〉

今の時期は花の種類も多く、それを求めて蝶や蜂が訪れ
草原はとても賑やかです。


数多くの花が咲くこの時期に合わせて霧ヶ峰パークボランティアの方々が、
園地に咲く花に花札をつけています。


この日は、ヤマホタルブクロ、コウゾリナ、ナンテンハギなどの花札を新しく付けました。


〈園地にて ナンテンハギ〉

代わりに終わってしまったものは花札を回収します。
咲く花はつぎつぎ移り変わっていきますね。

霧ヶ峰の開花情報はセンターで掲示しています。


散策する前の情報収集、見つけた花の名前が知りたい、
という方は是非センターにお立ち寄りください。

最後に車山肩のニッコウキスゲの様子です。


ピークは過ぎてしまったので花の数は減少傾向ですが、
まだもう少し楽しめそうです。