パナホームですてきな家

パナホームのソラーナユールキアで建てるマイホーム建築日記です。2008年12月竣工です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フローリング工事

2008年11月15日 | STEP11. 設備工事・キラテックタイル
1階の床工事が着々と進んでおります。天井にはすでにボードが貼り終わっていました。



パナソニック電工製(National製)フローリングには、目的にあわせて22品目の105色ものバリエーションがあります。LDKのフローリング材選定にあたりましては、次の点を考慮しました。

◆温水床暖房対応:「フリーほっと温水」と組み合わせ可能
◆幅広タイプ
◆チェリー色:嫁入り道具のダイニングテーブル・キッチンボード(マホガニー色)と同系統

そして店長Wさんにオススメいただいたタイプが、こちらの「クラックレスフローリング ハイコート 5寸幅 チェリー色(カバ) 12mm厚」です。こちらが、箱から出された一片です。(梱包材にはまだNationalロゴが健在ですね。)


拡大するとこんな感じです。耐磨耗・耐擦り傷性能が高く、また床暖房による熱膨張に対しても、強い耐性を備えているそうです。素材は「天然木突き板」と書いてあります。「ハイコート」という加工により、光沢が少しあります。ショールームで見た時の印象と比べ、質感が良く感じられます。(不思議なものです。)


そして施工の様子です。1F南壁から徐々に施工されています。養生もとてもきれいにしていただいています。


キッチン床収納の設置も完了していました。


キッチン部の天井では、先日、店長Wさんと相談の上決定しました排気ダクトの配置も進んでいます。右側のダクトがレンジフード部分にあたります。天井内部を経由して、左側に出てきます。通常は一旦天井に入ったダクトは、室内に下がることなく、外壁の排気口へとつながるのですが、我が家は東西の梁が干渉したため、ルート確保のためにこのような形状にしました。


2Fベランダに出てみますと、軒天井がきれいに施工されていました。軒天素材は12mm厚ケイ酸カルシウム板 エンボス柄 ペールベージュです。


バルコニー手すりも設置完了です!外部サッシ色とあわせて、ステンカラーです。写真奥にあるブルーシートの中身は、バルコニー床用のタイルの箱の山です。SEKISUI製でした。


ひとつうれしい発見があったのですが、我が家に多用しています「すべり出し窓」の開き方が、片側半開きというよりは、写真のように垂直全開(?)できることに気づきました。これなら、風向きが一方向からの時でも、うまく室内に取り込むことができそうですね。パナホームさんの設備仕様はこういった「うれしい誤算(?)」がちょくちょくあります。仕様カタログでの印象よりも、総じて高品質な印象を実物で受ける方は多いように思います。


外から見るとこんな感じです。寝室のボウウィンドウにある、すべり出し窓も垂直全開ができました。


パイプスペースにも、給排水管すべて配置が終わったようです。(暗くてすいません)


外では、目地の上にさらにシーリングを行い、タイル貼り付けの準備を行っていました。いよいよキラテックタイルの登場が近づいてまいりました。来週かな?

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 給排水管工事 | トップ | キラテックタイル貼付開始 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (三人姉妹の親父)
2008-11-18 12:27:15
とうとうニックネームのキラテック登場ですか!どんどん進みだすと写真も沢山撮らないといけないので大変ですね。
Re:unknown (kiratech)
2008-11-18 21:47:14
ついにキラテックまで来ました。
どんな見栄えになるか楽しみです。

コメントを投稿

STEP11. 設備工事・キラテックタイル」カテゴリの最新記事