IN THE LIFE

~されど愛しき日々~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心のくせ(お寺での法話)

2019-01-14 15:34:12 | メモ
 “なくて七癖”などと申しますが、人間みな何かしらかたよった性質や習慣を持っています。
一寸(ちょっと)みただけでは、あまりくせのないような人でも、心の中には色々なくせを持っています。
私自身の心の中を覗いてみても、人の持っているものを何でも欲しがる心、
自分を棚に上げて、人のことをとやかくいう言いたくなる心、考えても仕方のないことを、くよくよと考える心、といったような、ごく悪質なくせが、たちまち目に付きます。

おそらく、数え始めたら切りがないほど、たくさんの悪いくせを持っているように思えます。

持っていてはいけないと分かっていながら、永い間、後生大事に持っているのです。

 この悪いくせを、何とか一つでも減らしたいと思うのですが、なかなかどうして、長年大事にしてきたくせ共は、私の心の中がよほど居心地が良いとみえて、居住権を主張して出て行こうとはしません。

 軒を貸して母屋を取られるようなありさまで、くせがなくなったら、自分がどこかへ行ってしまうような気もします。

しかし、悪いくせが、回りの人に迷惑をかけ、それ以上にその人自身を苦しめていることは確かで、なんとかしなければなりません。

 永年居座っている悪いくせという居候に出て行ってもらうには、どうしたら良いのでしょうか。
色々な方策が考えられますが、一番良い方法は、心という家の中を少しかたづけて、掃除をしてみることです。

そして、その上で、家の中に大事なお客様を招待することが肝心です。

そして、できれば、そのお客様に当分家に泊まってもらえば、居候もあきらめて出て行くはずです。

 大事なお客様とは、仏さまの教えです。大事なお客様を自分の心の中に招待する努力が、仏教の信仰生活です。

ひとつ、居候の追い出し作戦を始めてみようではありませんか。
コメント   この記事についてブログを書く
« 生かされている(お寺での法話) | トップ | 先月から今月にかけて読んだ本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メモ」カテゴリの最新記事