★ぶらりウオッチング

暮らしの景色の中で見つけた写真に
言葉を添えるとレターにもなりますね


自力で伸びよ、ニンジンくん

2019年06月21日 | 暮らしの話題

そして、ニンジンは生長しつつある

考えてみれば、栄養のあるおかずは、あげていなかったね、ごめん。

コメント

ジョークなニンジン栽培

2019年05月24日 | 暮らしの話題

酪農牛乳で育てているニンジンです。
沢山種蒔きしたけど、1本だけ生き残りました。
発芽率が低く芽が出てきませんでした。
それでは、面白く育ててみましょう。

 

笑わないでくださいね、、アップしてみましよう。

コメント

明石城築城400周年記念祭

2019年05月21日 | 旅の話題

明石市制100周年を記念して、令和元年発表2日後に行われた「明石伝統夢まつり」。

明石城へ布団太鼓34台、9の獅子舞が、1869年(明治2年)以来、150年ぶりに集合。

 

 本来は秋祭りで行われる屋台さし。お城の前で繰り広げる祭り絵巻。

 お城の石垣の上から見学してみた。俯瞰で見ると全体が眺められる。

 天守閣は無いが美しい櫓の景色。石垣が目立つように樹木を伐採している。

 日本人なら好きなお城。それを背景にして、祭りの賑わいが見られる贅沢な一日でした。

コメント

自然と遊ぶGWの楽しみ方

2019年05月02日 | 暮らしの話題

兵庫・加古川市の日岡山公園を歩いてみました。

まるで森林のようで美味しい空気がみなぎっています。

GWまっただ中、元号が「令和」に変わって、

それにふさわしい環境の中を散策できる喜び。

ツツジが鮮やかに咲き誇っています。

ツツジの花だけでも沢山の種類があることに気づきました。

大自然に生きた勉強をさせてもらった一日です。

梅林の横を通ると青い梅が育っています。

周りを華やかに染める春の花たち。

花のブースがありましたので覗いてみました。

鹿沼土のような土と野菜の土の混合。

目に止った好きな植物を小鉢に植えるだけ。

これなら盆栽が手軽に出来そうです。

隣ブースの押し花教室では、草花をはがきにレイアウトしていました。

花を庭で楽しんだ後は、はがきの押し花にして作品にするようです。

寄せ植えがストリートに置かれています。

自分でもやってみたくなりそうになりました。

令和になるまで、遅くまで咲いててくれて有り難うございました。

また秋の紅葉を見学に参ります(ペコリン)

お金を使わずに楽しめたGW。

GWが終わったら車で遠出したいと思います^^.

コメント

クリスマスローズの種子を育てる

2019年04月24日 | 暮らしの話題

咲き終わって種子を膨らませつつあるクリスマスローズです。

この袋を割ってみるとまだ青い種子が詰まっていました。

もうしばらく待ってから採取しようと思う。

来年は新しい苗が沢山出来ると思うと楽しみが倍増です。

コメント

栽培して、食べて、花を見て、土に還す。

2019年04月18日 | 暮らしの話題

花を見ただけでは何の花かもわからないと思います。

これは野菜の花なんですよ。

それも大根ですウインク

大根の花は、真っ白だと思い込んでいましたが、

花びらの縁に薄紫色を付けています。

大根の種類により少し色に変化があるかもわかりませんが。 

 菜園の大根をそのまま放置しておくと花畑になりました。

長期間楽しんでから半分は処分しました。

夏野菜の準備が待っていますからね 

引き抜いたら小さく刻み、菜園にばらまきます。

乾燥させると菜園の土に還ります。

有機物で栽培することが環境に一番いいと思います。ラブ

4年間で土の質がとても良くなっています。

農薬はいっさい使わないので害虫も出てきます。

なるべく自然に育てたら害虫も減り出しました。

巡回が大変ですけどね。

コメント

捨ててはいけない野菜くず(笑)

2019年03月16日 | 暮らしの話題

 

 

大根の切り株を水栽培をすると 新しい葉が出るかな、と遊びの実験中です。

3月1日の写真と比べれば明らかに新芽が伸びている。

大きく成長すれば土に埋めないと大根は収穫できないのだな?

そのうちに次のステップを考えてみよう。

 

 

30日すぎるとこんなに成長して、花の蕾が見える。

あれれ、横位置になってしまいました。

コメント

特ダネだったのにサギに会う

2019年03月11日 | 暮らしの話題

近所の池へコウノトリが飛来しているという新聞記事があった。

その幻の鳥を散歩中に見つけた!

やったぁ、急ぎカメラを向けた。

帰宅してからネットで確認すると その鳥はアオサギと言うらしい。

ちぇ!

サギにあったみたいな気分

コメント

栄養満点の実を食して花も楽しむ野菜

2019年03月08日 | 暮らしの話題

ブロッコリーを育てると、楽しみが倍増します。

なぜかと言えば、次から次へと芽が出て食べられるからです。

栄養満点で重宝するのは勿論ですが、食べる量だけチ~ン出来るのがいいね。

そして、この品種は、脇芽が棒状に伸びるスティックセニョールの寄せ集めです。

もう少しすると開花しそうですが、菜園に咲く満開の光景もいいものですよ。

コメント

懐かしい昭和初期の風景かも

2019年03月07日 | 暮らしの話題

田んぼで見たのどかな風景は、なんとカカシの家族。

農作業の休み時間にお茶でも飲んでいそうなシーンがあった。

広々した田んぼでは、菜の花が満開。

山では紅梅、白梅も満開だが、この田んぼは菜の花祭りが近じか行われる。

ユニークなカカシが作品として置かれていた。

昭和の初めの我が家でも こんな情景があった と懐かしく思い出した。

道行く人達は、立ち止まって見とれていた。

コメント

もう春と呼んでもいいですか

2019年03月07日 | 暮らしの話題

 

三寒四温、油断してると風邪をひいたり体調を崩します。

でも3月6日の啓蟄を迎えるとセーターを脱ぎたくなりました。

そして、春雨が多くなり、花たちが喜んでいることでしょう。

まだ、カエルの出番ではないのですが、

ミニチュアのカエルを置いて記念の撮影です。

巷では卒業式などもあって、記念撮影のシャッター音が鳴っています。

コメント

冬将軍がやって来る前に残りの秋を撮る

2018年12月07日 | 暮らしの話題

池の淵には鴨が群れて泳いでいるが、寒くはないのだろうか。

自然の中に暮らしているモノ達は、それが自然なのかもしれないね。

明日から一気に寒気が流れ込むそうだ。

ここ暫くは、冬なのに秋の暖かい気温が続き、異常だったんだなぁ。

 

枯れた木々の葉や紅葉のコントラストが鮮やかだ。

平成最後の秋を存分に撮影しておきたいとブラリ出かけた。

目立っているよ、これで最後の色づけが終わります、のような姿。

小鳥の餌になる木の実だけど、勿体ないなぁ。

ヒバの彼はが散らばっているだけなのに、モチーフとしてはきれいだね。

鵜だと思う。枝に分かれて休息するシルエットが面白い。

鴨さん、こちらへカモン。

冬将軍がやって来て、辺り一面は灰色になってしまうのだろう。

春の菜の花が咲く頃まで、さようなら。

コメント

平成最後の紅葉見物は姫路城へ

2018年12月01日 | 旅の話題

今年の(平成最後の) 紅葉見物は、京都がいいかな、とも考えたが、

何しろ京都の紅葉見物は人混みが気になる。

近場にもきれいな紅葉がある。

世界遺産・国宝姫路城の紅葉も見逃せない。

 振袖姿で記念撮影する人もいて何とも風情があるではないか。

これだけ見れば、嵐山の紅葉にも引けはとらない。

 

銀杏も彩に華を添える。

今週で、もう見納めなのだろうね。

寒さが厳しくなり、嫌いな冬の到来です。

今度は、日向ぼっこしながら、じっくりと春を待とうか・・。

 

コメント

海を渡り台湾まで飛ぶ蝶々を発見

2018年10月09日 | 旅の話題

明石城を散策していると、
石垣の側に咲くフジバカマの花に群がる蝶を発見。

その名は、アサギマダラという珍しい蝶で、揚げ羽蝶の小型みたいで可愛い。

アマチュアカメラマンが、長いレンズで撮影していました。
私も持ち歩いているポケットカメラでぱちり。
そばへ寄っても逃げません。

これから温かい生活地を求めて南方へ移動を開始し、
九州や沖縄、さらに八重山諸島や台湾にまで
海を越えて飛んでいくそうです。
海を渡って台湾までは2100キロの飛翔になります。
なぜ、明石城の花に群がっていたのか不思議です。

あるとき、ふっといなくなるそうです。

密をいっぱい吸って飛ぶ準備をしてるのでしょうか。



集団で海を渡るとは、どういう感じなのだろう。
島から島へと渡ってゆくのよ♪


コメント

雨上がりの体育大会

2018年09月20日 | 暮らしの話題

2018年、酷暑の夏に妻が天国へ旅立ち、

憔悴のあまり記事も書けませんでした。

もう秋なんですね、前を向いて歩かなければ・・

中学校の体育大会に招待されて観戦しました。

小学校時代と比べると迫力に差があります。

しかし、競争の種目が多くて楽しみが少なかったです。

父兄が弁当持ちで観戦する姿は、昔と同じなのですね。

それはホットしました。

コメント