ぷれぜんと…

2019-03-02 20:44:18 | Flow




越してきて1年となり


となりの、ある会社さんの敷地のお庭が隣接

アパート駐車城からも

通るたび

いろんな花が咲き誇る

夏は向日葵

秋はコスモス

お花だけかと思いきや

白菜も干してある

漬物が美味しそう

今となれば桃の木に花がいっぱい

ピンクのきれいな花がたわわに咲き誇る

一雨ごとにきれいなピンクの花が咲き誇る


それを駐車場から見えるその景色を

見ながら

散歩に行ったり買い物に行ったりしてる

今日もまた雨がしっとり降る中

やはりそこに立ち止まってきれいだなぁ、と

見惚れて

ぼーっとしてると


社長さんが来て切ってあげようか?

と言われる


いいんですか?


嬉しいですっ


そう、もらしてた、、


いいよ

ちょっと待っててねと、ハサミをとりに


大きな切り枝をいっぱいいただいた



びっくりするぐらい大きく枝を切って下さって

いいですかって

言うと


いいの
いいの
みんなもらってんだよって

言って

大丈夫だから
どんどん誇ってくるんだから

って言って

くださった


どうしよう

あたまぐるぐる

たまらなく、、嬉しい


家に飾ってみた


すごい香りが充満してる

ピーチのキャンディーの香りみたいに

すごい花のあまい香りがする


びっくりした

いろんな素敵なプレゼント


森羅万象…ふくも

このせかい


あらゆる素敵なものばかりで

あふれてる

けど


自然の木の凄さには参ってしまう位

メロメロになってる…


パワフルもパワフルで


ひなあられを毎年行事好きでかで

何かしら、節分なれば豆まき豆をかい

ひなまつりには

ひなあられをかいを、

やっていたが


今回からもうやめようかなぁってもと

思って何も買わなかった


そうか

ひな祭り


そうなんだ

ちょうどいいところで


宇宙からギフトを

もらったようで

なんだかぼーっとしてた


モモノキはうちの父親が

大好きで実家に育ててあった

けど

ちょうど一ヶ月まえに

家が古くなり、壊してしまってない

そして桃と言ったらももちゃんて言う名前の

シーズー犬を、20年くらいまえに初めて飼い

わずか数ヶ月でわけのわからない病であり

なくなった


それから飼えなかったんだけど

今御縁いただけた愛犬チワワ彼女が

いてくれる



桃を見ると

いろんな桃を、思い出すけど



ほんとにまた新たな春を感じゆく

そんな

たまらなきかぐわしき


瞬間があったかのよう




ただ


あらゆる多元世界にてもさらに


たまらなきせかい


たまらなき、瞬間はほぼほぼ


同時にとりおこなわれてるのだろうなぁ




すべてなるが


マルチにすばらしくたまらなきばかり






ただ、すべてなるは


うつしだし、らしい



そうなんだな






そうなんだな、、





また、ある瞬間テレビを、

2019-03-02 13:46:55 | Flow


また


ある瞬間またテレビをつけた


すると気になってた


芸人さんが



何やら裸でペインティングされて

出来上がった芸術作品絵画デザイン ふうが



彼の裸で作成されていた


裸のお尻は、花びらを

黄色ペインティングは、”優しさ”を

ピンクペインティングは、”感謝”を


そして

オレンジペインティングは


“あなたはわたしの輝く太陽らしい”


彼の名前を、くっつけての

“フラワーオブ〇〇…”らしい

タイトル作品ふう



そうなんだ…


もう


どんどん飛びこんできて

なんだか

あらゆる、なんらかが

こみ上げてくるしかない


かのように



またその瞬間コマーシャルが


“あー家族かぁ〜”


家族なんだなあ



そうなんだ



“運命だわ

出会ってしまった”



また


“未来をかがやき灯す信頼のパートナー”



そうなんだ






また、そうこうして、テレビをつけた瞬間

2019-03-02 13:30:32 | Flow



またそんなこんなしてふと腰を上げ


テレビをつけた瞬間…



あるこのところ導かれている

あるアーティストの映画…


あるある漫画の実写映画化らしい



なんだかやたら飛び込んでくるなと


そのままテレビを見ていたら

あらすじみたいな


今ある新しい映画紹介らしく


かいつまんで見せてくれ

何やらよくは、、だが



互いにあいいれなき、土地がら




二人の愛の逃避行からかで

超えてゆく、みたいな、、


なんらかのある


現代風新ロミオとジュリエットらしい…ふう




そうなんだ

そんななってるんだ



このところよく対極コラボレーション

対極コラボによる何か

そんな食べ物とか

2つを1つにしたような食べ物とか

そんなコラボみたいな商品を目にしたりとか


そんな新商品とか


新しいタイアップ効果感覚のものを

目にする


そうなんだなぁかのように



また、顔をあげテレビをみたら


今度は、自由の女神が


こうこうと、夜にうつしだされていた



また、いまこの瞬間


飛び込んできたお知らせ動画が


“最近急に、距離が縮まった、、〇〇”



そうなんだな









オマエしかいない、、と…

2019-03-02 12:43:46 | Flow



あるテレビを


ふとつけて見ていた


興味がある彼らコンビの二人組…


タイトルは、

…コンビ愛…


何かエピソードがありそうだが


途中から見てちょっと意味がわからないが

同級生だったらしい彼ら2人は

卒業と同時に


その二人の一人の方から、



もう一人の彼に

3年ぐらいかけて


1つの夢を叶えるために


共に、その夢をかなえないか、と


提案から、説得していたらしい



いままで、出会ったなかで


あいかたは、オマエしかいないんだ…と


その絶妙なる、呼吸の合いようは

ほかに、二人といない、、と


もう1人の彼の家柄は少しお堅い職業

その家系からは考えられない2人の夢職業らしい

そのうえ、今やってる仕事を辞めないとできない

今までをすて

生き方まで

ありかたを

一見いったん、かえざるをえないくらい



だが、その辞めた会社の社長さんから



こころよく、承諾もらう

そのはなむけの、ことば

をかれはわすれない


いままでの、しごとも、いまから、二人ひと組で

する、その仕事も

あらゆるひとのこころを、灯す仕事に

かわりはない

頑張ってください




しだいに


その相方の気持ちにほだされ

家族にも、その決意を伝えに行く



家族からは

3年経って実にならなければもう諦めなさいと言う言葉の通り


その時間をもらい2人は上京し

一緒に暮らし

その夢を叶える流れとなる


3年近くなりなかなか鳴かず飛ばずだったらしい

2人は


もうやめようかな、と

誘った彼が

つぶやきだした



誘った彼は全てを捨ててここにきてくれた彼に

悲しい顔をしているかおを見て

辛くなり


つぶやきだしたらしい


だが逆にそのもう1人の彼が

そんな事はできないと言う

まだやれると言う2人でやれると言う


すべてを捨てて来てくれた彼に

二人で暮らし始めた当初

初めに彼は

すべてを捨ててきてくれた彼に

願い事を書いてもらう


そしてその彼はその願い事を

見てこれを全部叶えるから

叶えさせるからと言う

叶えてみせると、ちかい


二人の暮らしてた家のトイレの壁にずっと貼っていたらしい


彼の喜びが

誘ったもう一人の彼の喜び…らしい



彼ら2人は今や、売れに売れている


ついには、その社長さんの、はなむけのことば通り

あらゆる人の心に笑いをあたえ

灯をともしてくれている以上まんまに

なっていた


ここに、こうして


かきだしながら

涙が瞬間こぼれだす



これからもまだ2人でずっとまださらに

やりたいことがあるらしい


あらゆるすべてなるために

地上の災害流れからそれに、火がついた

人生ながれ、、


いまや、いろんな活動している


その番組では、なんだか

世界地球展開してる、、はしりの

いまがある、、らしい



そのトイレに貼り続けていた紙は

そのころ、たる、。いまでは…

茶色く変色していた



自然と

彼らのネタを普段の生活に

自然にとりいれてた、くらい

ほんとに

おもしろくて

優しくて

人柄が、なんだか

二人のすべてが、、にじみでて、、


なんとなく、、

なんとなく、


きになってた


彼らだった



そうだったんだな

そうだったんだ


かのように



鏡…


うつしだし、、



そうなんだな



からだじゅうが

じんわり、あつくなってきて


また


ジェット機の、ひびきが


ちかずいてきていた


涙と、いうよりかは


自然に水がで滲んできて

濡れててきて


とまらない、



ただただ


嗚咽…していた、、



だけ、



かのように












涙が、しだいにか

2019-03-02 06:55:02 | Flow




涙から



洗われたり



はがされたり



いつしか、なんだか



芯眼


芯愛


芯芽



現れざるをえなくなってたり








一雫一粒が



芯眼



芯愛



芯芽へ



シンメへ


へんようしゆく



かのごとく