to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ミレニアム2 火と戯れる女

2010-09-23 22:52:42 | the cinema (マ・ヤ行)
原題 FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN/THE GIRL WHO PLAYED WITH FIRE
製作年度 2009年
製作国・地域 スウェーデン/デンマーク/ドイツ
上映時間 130分 映倫 R15+
脚本 ヨナス・フリュクベリ
監督 ダニエル・アルフレッドソン
出演 ミカエル・ニクヴィスト/ノオミ・ラパス/アニカ・ハリン/ペール・オスカルソン/レナ・エンドレ/ペーター・アンデション/ヤコブ・エリクソン/パオロ・ロベルト

世界中でベストセラーとなったスウェーデンの小説「ミレニアム」3部作を映画化したシリーズ第2弾
鼻ピアスに全身タトゥーの華奢な天才ハッカー、リスベットの協力でヴァンゲル家事件を解決し、晴れて月刊誌『ミレニアム』への復帰を果たした社会派ジャーナリスト、ミカエル。事件以来、リスベットとは連絡の取れないまま1年が経とうとしていた。そんな時、少女売春組織の実態に迫る特集記事の準備を進めていた記者2人が殺害される事件が発生、現場にリスベットの指紋が付いた銃が残されていたことから、彼女は殺人犯として指名手配に。過去のトラウマから誰も信じることのできないリスベットは、警察の追跡をかわしながら、たった一人で犯人と対決する道を選ぶ。一方、いくつもの状況証拠にもかかわらずリスベットの無実を信じるミカエルは、真犯人を突き止めるべく独自に調査を開始する。やがて事件の背後に浮かび上がる“ザラ”というキーワード。そんな中、痛みを感じない謎の金髪の巨人がリスベットへ迫っていくが…。


その存在自体がミステリーなリスペット。
今回ほとんどのシーンで、あのメタル調ファッションではなく、ほぼスッピンで登場する彼女は、
150cm40キロということで、これは今の日本人の平均からみても小柄なほうだと思う。
そんな彼女を追い詰めていく罠に、誰にも頼らず一人で立ち向かう姿に、思わず応援しながらの2時間。
前作よりもリスペット自身が追い詰められる容疑者になっていることで、よりスリリング。
私はかなり楽しめました!

今作もリスペット自身を語るのに重要な部分は短くインサートされてはいますが、
前作をご覧になった方の方がよりリスペットの生き方、彼女の特殊な能力、ミカエルとの説明し難い関係が理解でき、
作品自体の面白さも増すような気がします。

いきなりリスペット包囲網。伏線も解り易く、余計に観客の不安を煽るような気がする展開に、
相変わらずのゆるいテンポながら引き摺り込まれます。
前回冒頭に出てきたリスペットの新しい後見人
そもそも成人女性であるのに、なぜ後見人に管理されなくてはいけないのか。
それは彼女が無能力者というレッテルを貼られているからなのだが、そこにこそ彼女の謎が詰まっているという予感がしていたので、
ヨーロッパの少女虐待、人身売買を発端に巨悪に迫っていく展開に引き込まれました!
しかも敵が、不気味なのもよかったかも!

巷の評価がかなり低いので、二の足を踏んでいたわけですが、
キャストの平均年齢が異様に高いのと(爆)
登場人物が多く、また名前が覚え難いのを差し引いても、
これはじわじわとした恐怖に屈しない強い精神力と、頭脳で立ち向かうリスペットの活躍と、
正義感だけではないミカエルの行動、彼女に寄せる絆の強さで、飽きずにラストまで楽しめました。

しかも―、
ココまできたら、見届けなくちゃ!な終わり方。
中年ジャーナリストと、小柄な人間嫌いの天才ハッカーの戦い。次は完結編!
期待と言うより、純粋に興味が持てて、早くこの後の展開が観たいです
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 映画 単独インタビュー♪ | トップ | 恋をナメルナ!&着せ替えコ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせていただきました (sabunori)
2010-09-25 22:50:46
kiraさん、こちらにもお邪魔します。
えぇっこの作品巷の評判がいまひとつなんですか?
それは意外。もしかして「Part3に続く」な展開で
完結しないからスッキリしない、とか?
確かに登場人物は多いですが名前と簡単な説明の字幕が出たので
私は結構問題なしでした。
しっかし痛みを感じないって・・・反則ですよね。(笑)
Unknown (sabunori)
2010-09-25 22:56:12
TBが反映されません。
もしかしたら私の方にNGワードがあるのかも??
また時間をおいてトライさせていただきますね!
sabunoriさん* (kira)
2010-09-27 18:21:32
そうなんですよ~。
どちらかというと高評価だった「1」。
勿論「2」をかなり期待してそれが意に沿わなかった出来だというのですが、
必ずしも原作をご覧の上での評価ではないみたいです。

この続編では主役の二人が絡まないとか、そういう
二人がコンビを組んで事件を、という展開でなかった事も不満なのかもですね。

特異体質の敵をどうやって料理するのか
長編小説では続かなかったかもですが、
映画だからここまで興味を持ってみてこられたと思うし(笑)
次が益々気になりますよね♪
sabunoriさん* (kira)
2010-09-27 18:25:32
いや、、、
こちらこそごめんなさいです。
今回、合わせて4本TB送りましたが、1本も反映されないということは、
恐らくNGワードではないと思います。

sabunoriさん記事のURLhttp://sabunori.exblog.jp/13287494
kiraさん☆★ (mezzotint)
2010-10-26 01:22:21
今晩は☆彡
すみません!間違って「ぼくのえり・・」
の記事をTBしてしまいました(汗)
お手数ですが、削除お願い致します。
私も2の方が断然気にりました。
出来れば続けて観れるといいのですが、
3は30日からなので、、。もう少し
辛抱です。地味な作風ですが、なかなか面白い
ですよね。
mezzotintさん* (kira)
2010-10-26 12:29:59
こんにちは♪
TBの件、了解です

探偵コンビ風なところがなくても、
十分、ハラハラもドキドキもあって、手に汗でしたよね~
「3」は「眠れる・・」ですから~。
でも、もう少しですね、長いとは感じさせないですが、
2本続けては時間的にきついかもしれないですから、丁度いいのかも。

コメントを投稿

the cinema (マ・ヤ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

ミレニアム2 火と戯れる女 (佐藤秀の徒然幻視録)
痛すぎる無痛症 公式サイト。原題:Flickan som lekte med elden。英題:The Girl Who Played with Fire。スティーグ・ラーソン原作、ダニエル・アルフレッドソン監督、ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、レナ・エンドレ。「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の...
ミレニアム2 火と戯れる女/Millenium2 TheGirl WhoPlayedwithFire (我想一個人映画美的女人blog)
世界中で大ベストセラーとなった、 スティーグ・ラーソン原作の傑作ミステリー3部作を映画化した2作目{/kaminari/} 今年1月に公開された前作は、普通に面白かったってくらいで、続きが気になる!! ってほどじゃなかったので続編は観ないかも、 なんて言ってたんだ...
ミレニアム2 火と戯れる女 (だらだら無気力ブログ)
作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー 『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。 本作はその第二弾。 連続殺人事件の容疑者として濡れ衣を着せられたヒロイン・リスベットの 孤独な戦いと逃避行と、彼女の無実を...
ミレニアム2火と戯れる女 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
スウエーデン製のサスペンス映画のパート2。パート3と連続公開されるので、2日続けて2作を鑑賞しました。今回はパート2。パート1「ドラゴン・タトゥーの女」はリスベットとミ...
ミレニアム2 火と戯れる女 (美貌録(備忘録))
Tackar vänner de 「ミレニアム2 火と戯れる女」を観て来た その前日に「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」をDVDで鑑賞済。 DV、貧乳、ドラゴン・タトゥー、同性愛、天才ハッカー、敏腕ジャーナリストなどのキーワードが記憶に残る。 製作費自体は幾...
『ミレニアム2火と戯れる女』(2009)/スウェー... (NiceOne!!)
原題:FLICKANSOMLEKTEMEDELDEN/THEGIRLWHOPLAYEDWITHFIRE監督:ダニエル・アルフレッドソン原作:スティーグ・ラーソン出演:ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、レナ・エンドレ公式サイトは...
ミレニアム2 火と戯れる女 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年9月22日(水) 18:00~ チネ10 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:600円(買っていない) 『ミレニアム2 火と戯れる女』公式サイト 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の続編。 前作の事件との係わりは無い。 しかし、登場人物の設定のおさらい...
ミレニアム2 火と戯れる女 (そーれりぽーと)
先日WOWOWで放送してた『ミレニアム』の特集番組と1作目を観て以来楽しみにしていた『ミレニアム2 火と戯れる女』を観てきました。 ★★★★ 原作は物凄い大ベストセラーなのだそうで、ハリウッドリメイクも待っているということ。 壮大な3部作の1作目ということで、前...
ミレニアム2 火と戯れる女 (とりあえず、コメントです)
スウェーデンのベスオセラー小説「ミレニアム」の映画化第2弾です。 前作から1年後のリスベットとミカエルを中心に連続殺人事件を追っていくと聞いて、 怖いけれど観たいなあと思っていました。 リスベットらしいハードな展開に最後までドキドキでした~
「ミレニアム2炎と戯れる女」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「ミレニアム2炎と戯れる女」の試写会に行ってきた。社会派雑誌「ミレニアム」で人身売買の取材をしていた記者が殺されて、凶器の拳銃にリスベットの指紋が付いていたせいでリス...
ミレニアム2 火と戯れる女(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN(スゥエ―デン語)Tジョイ京都にて鑑賞。「ミレニアム、ドラゴンタトゥーの女」の続編です。そ...
【ミレニアム2 火と戯れる女】 (日々のつぶやき)
監督:ダニエル・アルフレッドソン 出演:レオミ・ラパス、マイケル・ニクビスト  その過去が真実の口を開き    彼女の存在は脅威となる。 「あの事件から一年後、リスベットは姿を消していた。 少女買春記事を調べていたジャーナリストとその恋人が殺され、
ミレニアム2 火と戯れる女 (映画鑑賞★日記・・・)
【FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN/THE GIRL WHO PLAYED WITH FIRE】2010/09/11公開 スウェーデン/デンマーク/ドイツ R15+ 130分監督:ダニエル・アルフレッドソン出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラ ...
ミレニアム2 火と戯れる女 (こわいものみたさ)
『ミレニアム2 火と戯れる女』  THE GIRL WHO PLAYED WITH FIRE 【製作年度】2009年 【製作国】スウェーデン 【監督】ダニエル・アルフレッドソン 【出演】レナ・エンドレ/ペール・オスカルソン/ミ...
ミレニアム2 火と戯れる女 (Flickan som lekte med elden) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダニエル・アルフレッドソン 主演 ミカエル・ニクヴィスト 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画 130分 サスペンス 採点★★ 多少込み入った物語で迷子になっても、本ならちょちょいとページを戻してみたり、巻頭の人物紹介を読めば概ね解決できます...
映画評「ミレニアム2 火と戯れる女」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年スウェーデン=デンマーク=ドイツ映画 監督ダニエル・アルフレッドソン ネタバレあり