to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ダイアナの選択

2009-04-04 01:28:27 | the cinema (タ行)
原題 THE LIFE BEFORE HER EYES
製作年度 2008年
上映時間 90分 映倫 PG-12
原作 ローラ・カジシュキー 『春に葬られた光』(ソニーマガジンズ刊)
脚本 エミール・スターン
監督 ヴァディム・パールマン
音楽 ジェームズ・ホーナー  
出演 ユマ・サーマン/エヴァン・レイチェル・ウッド/エヴァ・アムリ/オスカー・アイザック/ガブリエル・ブレナン

ローラ・カジシュキー原作の小説「春に葬られた光」を『砂と霧の家』のヴァディム・パールマン監督が映画化した心理劇。
高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は登校後、いつものように親友のモーリーン(エヴァ・アムリ)とトイレでおしゃべりに興じていた。そんなとき、突如銃声と叫び声が聞こえ、しばらくすると銃を手にしたクラスメートが乱入して来る。いきなり彼女たちは目の前に銃口を突きつけられ、死ぬのは二人のうちどちらかだと言われ……。(シネマトゥデイ)

一度だけ予告を観た以外、そしてお付き合いのあるブロガーさんたちの"よかった"以外
ほとんど情報を持たないで見に行きました。
おかげで一時も集中を切らさずこの作品の中に引き込まれ、満足できる内容でした

地元の高校に通う17歳のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、コネチカット州郊外のスモール・タウン、ブライアー・ヒルの退屈な日々にうんざりしていた。
学校でももてあまし気味の不良少女だったが、彼女に心を許せる親友が出来る。
親友の名はモーリーン(エヴァ・アムーリ)。
毎週日曜日の礼拝を欠かさない品行方正な純粋な女の子。
性格も生き方も正反対の二人だったけど、
シングルマザーの家庭で育ったこと以外には共通点がなくてもなぜか気が合い、
ちいさなケンカをしても互いに歩み寄りいつも一緒だった。。。
かけがえのない存在として支え合っていた―事件の時も・・・。

授業前のトイレで、ダイアナはロクでもない男にあろうことか振られ、自虐的にその話をし、
モーリーンは片想いの男の子に誘われていたことを打ち明けていたその時、
17歳の二人は、この世で想像だにできない究極の、残酷な選択を強いられる。
ここで私は、日本のあるドラマのあるシーンが、頭に浮かぶ。そのことには後で触れようと思う。

なぜそのような事件が起きたのかには全く触れられない。
しかし、事件から15年後。
ダイアナ(ユマ・サーマン)は、その時のトラウマに悩まされつつも、幸せな家庭を持っていた。
誇れる夫に、昔の自分にそっくりな生意気盛りの娘エマ。そして、生徒に囲まれ美術を教え、
昔の自分の母のように、娘の学校に呼び出され・・・
そしてまた何度もフラッシュバックする、あの日、あの時。
なぜか反抗していた自分の高校時代、いつも一緒だったモーリーン・・・・・・


今でも記憶に鮮明なコロンバイン高校乱射事件や、その後いくつか続いた学校における銃撃事件。
全くテレビのニュース映像でみたシーンと同じような衝撃的シーンが冒頭にあるが、
その惨劇にもう一つの残酷な運命を決める出来事が二人の少女の身に起きていたこと、
その選択が何を与え、何を奪うのか―。それを知る物語。

深く、濃い内容のテーマを持った、見応えのある作品でした。



何時もと同じように始まったかに見えるある朝、突然生か死かの選択を強いられる、何事にもやる気のない17歳の女子高生―ということで、
「神様、もう少しだけ」で、真生が医師にHIVであることを告げられるシーンを思い出しました。
勿論、その後のヒロインの人生には共通点はない。あるのは、
輝ける青春の日を、目的もなく無為に過ごして、自分を粗末にして過ごしてきた過去
ドラマ、「神様~」の真生はその宣告の時から、無駄に過ごす「時」が無いのを知る。
神の手で刻まれていく時の音を聞き、そこから「生きる」をスタートし、前向きになっていくのだ
が、
この作品のダイアナの過ごし方にも、取り返せない青春時代、
まさにあの時、彼女は真に生きることに目覚め、神の巻く時計の音を聞いたのではないかと考える。

良心の痛み―、を見つめながら、
あのドラマで真生が全校生徒に言う「今なら間に合う」というセリフを思い出していました。
退屈で、全てが無駄に思える学校生活から逃げ出したくても、「今なら間に合う」。
多くの10代のダイアナや真生のような高校生に見て欲しい、作品でした
コメント (22)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« ワルキューレ | トップ | ヤッターマンメイキング(2)♪ »
最新の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2009-04-04 11:55:12
kiraさん
TBありがとう~★

ついに観られたのね!
良かったみたいで安心?しました

ほんと、高校生や若いコにも観て欲しい~。
DVDはやく欲しいなー
migちゃーーん* (kira)
2009-04-04 16:07:02
トムちんのも、コチラも、
TB送りっぱなしでスミマセン~

でも、migちゃんも気に入ってたみたいだし、
ホント、これは好きな作品になりました~もう1回観たいぐらいです!

もうね、有楽町に着いたのが上映5分前だったので、
老体にムチうってあそこからダッシュで6~7分で到着したぁ~(自慢
そんなに混みこみじゃなかったし、間に合ってよかったよぅ
あそこから近い「リリィ~」も観たかったけど、時間的にダメだった
こんにちは! (ボー)
2009-04-04 18:36:59
観に行かれたのですね。さすが!
最近、ラストでこれくらい衝撃的だった映画は少なくて、それだけではなく、感覚的に好きな作品でした。
感想で挙げられているテレビドラマは見ていませんが、共通するところはあるようですね。
いつかまた見てみたいです。
わぁ~ (miyu)
2009-04-05 17:43:56
サスガ!kiraさん!どんな時もすぐに恭子ちゃんが
浮かんじゃうのね~( ´艸`)
でも、ダイアナもあの一瞬できっとそんな風に感じたんでしょうね~。
若い頃に見ると、また違っただろうし、
今見るからこそ感じられる部分もある映画でしょうね~。
ボーさん* (kira)
2009-04-06 01:37:06
これはムリして観にいった甲斐がありました!
原作もこんな感じだということですが、繰り返されるシーンも、それぞれに、
想いのこもるものを含んでいました。
私の中では、これは素晴らしい青春ものに入れたいと思います。

「神様、~」はラブストーリーですが、このヒロインの青春の現実に通じるものがあります。
連ドラなので長いですよ
miyuさん~* (kira)
2009-04-06 12:54:58
>どんな時もすぐに恭子ちゃんが浮かんじゃうのね~
あれ~ぇ、、そぅかな?
恭子ちゃんの青春ドラマとか、何気に多感な時代の心理やメッセージが
ちゃんと描けていて、印象的シーンも多いの。
>今見るからこそ感じられる部分もある映画でしょうね
ホント
いつもmiyuさんの感受性と理解力には感動さえしてしまいます
私が行った回は、かなり年齢層が高い気がしたので、余計に
もっと若者にも観て欲しいなぁ~と思ったの
良心 (ぺろんぱ)
2009-04-07 23:20:39

Kiraさん、私も先日観てきました。

幾つかの「どう解釈したらいいのか」っていうところもありましたが、
不思議と尾を引いてその存在が膨らんでいる作品です。

「良心」という言葉にこんなに真っ直ぐに心打たれたことはなかったように
思いました。「良心」と「幸福」というもののあり方っていうのでしょうか。
そこに気付きながらも(結果的には)哀しいラストであったと感じました。

仰る通り、「濃く、深かった」ですね。
いつかもう一度観返してみたいと思います。

ぺろんぱさん* (kira)
2009-04-09 12:28:30
今回も、やっとやっと作品が被りましたね~(笑)
しかも、こんな素敵な作品で。

仰るように、彼女とポールの出会いの時の授業でのポールの言葉が
彼女にあのような選択をさせたのでしたね。
それで「幸福」を「人生」を知った・・・

よく耳にする「(やり直すに)遅すぎることは無い」が切なく、
「今なら間に合う!」そう叫びたい観賞後の私でした。
私もDVDで見直すことになると思います。
予告すら… (オリーブリー)
2009-04-12 13:54:19
何も観なかったの♪
「フロスト×ニクソン」と同じ劇場だったのでハシゴしてきました!(あのコのトリミング中に~笑)
良かったわぁ~!!
久々にやられました~負けた(笑)

高校乱射事件云々は明かされなかったけど、
どんな要因があるにせよ、犠牲者と生存者、それぞれの人生を考えさせられました。
Unknown (sabunori)
2009-04-14 00:32:41
kiraさん、こんばんは。
90分というコンパクトな作品ながら観応え十分な作品でした。
この作品のラストについてはさまざまなとらえ方ができると思うので誰かと語り合いたくなる作品ですよね。

コメントを投稿

26 トラックバック

映画 「ダイアナの選択」 (ようこそMr.G)
映画 「ダイアナの選択」
ダイアナの選択 @試写会 (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
ダイアナの選択 2/5(木)@サイエンスホール 原題:The Life Before Her Eyes  もがきながらも自分の生き方を模索していた17歳のダイアナ。大人びて反抗的な彼女も自分の未来は輝いてると信じていた。親友のモーリンとトイレでたわいのないおしゃべり
ダイアナの選択 / The Life before Her Eyes (2度目鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
2007年トロント映画祭で観て来た、 永遠に大好きな女優、ユマ・サーマン主演のこの映画、ついに日本公開{/ee_3/} 今度は字幕付きで再観してきました。 都内14日から公開、全国順次ロードショー。 今回はネタバレで書くので、気になってる方は観たあとで読んでネ{/star/}...
ダイアナの選択 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 「どっちを殺す?」友情を取るか自己保身に走るのか・・
『ダイアナの選択』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Life Before Her Eyes) 「う~む。 これは日本語のタイトルのつけ方がうまい。 決して嘘を言っているわけじゃないけど、 映...
「ダイアナの選択」 (或る日の出来事)
これは好きだなあ。繊細で美しく哀しく衝撃的で、じわじわと泣けてしまう作品だった。
ダイアナの選択 (Memoirs_of_dai)
花とゴーギャン 【Story】 高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は登校後、いつものように親友のモーリーン(エヴァ・アムリ...
ダイアナの選択 (とりあえず、コメントです)
ハイスクール内で起きた銃乱射事件に出くわしてしまった少女の物語です。 覚悟はしていましたけど、観終わった時のショックは本当に大きかったです(T_T) ダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)はハイスクールに通う女の子。 いつも親も学校も勉強も、自分の周りにあ...
「ダイアナの選択」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.3.11 14日より公開される「ダイアナの選択」。 監督:ヴァディム・...
「ガチ☆ボーイ」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2008.4.23 公開中の「ガチ☆ボーイ」を鑑賞。 監督:小泉徳宏 原作:蓬莱...
ダイアナの選択 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『「どっちを殺す?」 彼女の答えが引き金になり、 新しい人生が始まった、はずだった。』  コチラの「ダイアナの選択」は、不安定で多感な17歳のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)、学校銃乱射事件で、親友か自分の「どっちを殺す?」という”選択”を迫...
映画 『ダイアナの選択』 (きららのきらきら生活)
『どっちを殺す?』 彼女の答えが引き金になり、新しい人生が始まった、はずだった。【↓ネタバレありです。】
ダイアナの選択 ▲49 (レザボアCATs)
公式HPでは、『クライング・ゲーム』や『ユージュアル・サスペクツ』を想起させる、なんて書いてあったけど、この作品の一番感じ入ったところは、自分にはそんな“サスペンスの大どんでん返し”的なところではなく、むしろ静かに想像力を膨らませるような、この...
*ダイアナの選択* (Cartouche)
{{{   ***STORY***               2008年  アメリカ コネチカット州郊外の小さな町の高校で銃乱射事件が起きたとき、17歳のダイアナは親友のモーリーンと女子トイレでたわいないお喋りに興じていた。そこへ銃を持ったクラスメイトのマイ...
ダイアナの選択 (心のままに映画の風景)
高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、退屈な毎日に不満を募らせる反抗的な不良少女。 内気でまじめなモーリーン(エヴァ...
ダイアナの選択 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ヴァディム・パ
ダイアナの選択 (龍眼日記 Longan Diary)
コネチカット州郊外の高校。 ダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は授業前にトイレで親友のモーリーン (エヴァ・アムーリ)と他愛のないおしゃべりをしていた。 そんな2人の耳に突然飛び込んできた教室からの悲鳴と銃声。 凍りつく2人の目の前でトイレのドア...
ダイアナの選択■衝撃のラストと解釈の挑戦状 (映画と出会う・世界が変わる)
コロンバイン高校事件を連想させる銃乱射事件に巻き込まれた二人の女子高生。トイレでたわいもないおしゃべりに興じていると銃声や叫び声が聞こえ、銃を手にしたクラスメートが乱入して来る。彼女たちは目の前に銃口を突きつけられ、死ぬのは二人のうちどちらかだと言われ...
ダイアナの選択:THE LIFE BEFORE HER EYES (銅版画制作の日々)
これは現実?それとも夢なのか? 「どっちを殺す?」彼女の答えが引き金になり、新しい人生が始まった、はずだった。 最後のドンデン返しに正直驚いた。それまではこの物語を素直に捉えていた。ところが、そうではなかった。ダイアナは本当に存在したの?(物語の中では...
少女とフレンド ヴァディム・パールマン 『ダイアナの選択』 (SGA屋物語紹介所)
首都圏より三ヶ月ばかり遅れて上映。まだやってるけど、今週までです。 最近体当たり
ダイアナの選択 [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE LIFE BEFORE HER EYES公開:2009/03/14製作国:アメリカ PG-12上映時間:90分監督:ヴァディム・パールマン出演:ユマ・サーマン、エヴァン・レイチェル・ウッド、エヴァ・アムリ、オスカー・アイザック「どっちを殺す?」彼女の答えが引き金になり、新しい人...
「ダイアナの選択」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
これは、ネタばれなしで書くのは難しい映画です・・見終わって反芻すること幾度・・
ダイアナの選択 (小部屋日記)
The Life Before Her Eyes(2008/アメリカ)【DVD】 監督:バディム・パールマン 出演:ユマ・サーマン/エヴァン・レイチェル・ウッド/エヴァ・アムーリ/オスカー・アイザック 「どっちを殺す?」 彼女の答えが引き金になり、 新しい人生が始まった、はずだった。 ...
ダイアナの選択 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】高校生のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、登校後、親友のモーリーン(エヴァ・アムリ)とトイレでおしゃべりに興じていた。そんな時、突如銃声と叫び声が聞こえ、しばらくすると銃を手にしたクラスメートが乱入して来る。いきなり...
ダイアナの選択 (キノ2)
 2008年のアメリカ映画、ヴァディム・パールマン監督。  劇場公開の際、見逃してしまって気になっていた映画です。レンタルで観ました。  通っていた高校で銃の乱射事件に巻き込まれ、犯人に親友と自分とどっちの命を選ぶか、という選択を迫られたヒロイン・ダイア...
映画評「ダイアナの選択」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ヴァディム・ペレルマン 重要なネタバレあり。未鑑賞の方は本文をお読みにならない方が無難です。