to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

プライドと偏見

2007-09-13 01:48:39 | the cinema (ハ行)
原題 PRIDE & PREJUDICE
製作国・地域 イギリス
製作年度 2005年
監督 ジョー・ライト
出演 キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド/ブレンダ・ブレシン/ロザムンド・パイク/ジュディ・デンチ

「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった、ジェーン・オースティンの小説「自負と偏見」を映画化したラブストーリー。

18世紀末、女には相続権がなくイギリスの田舎町に住むベネット家の母親は、5人の娘たちの行く末を心配していた。ある日、近所の豪邸に大金持ちで独身男性のビングリー(サイモン・ウッズ)が引っ越してきた。 (シネマトゥデイ)

パーティーに現れた資産家で独身の男性2人。
ピングリーとその友人ダーシー(マシュー・マクファディン)は、当時数少ない男女の出会いの場である舞踏会で、皆の注目の的。
吾が娘を玉の輿に、という母親の気合をよそに、ピングリーとベネット家の長女はすぐに惹かれあう。
知的な次女、エリザベス(キーラ・ナイトレイ)はダーシーに声をかけるが、彼はダンスにも女性にも関心を示さず、
それどころか、自分を侮辱する言葉を聞いてしまい、その傲慢さを嫌う。
最悪の印象をもった初対面から、姉とピングリーの恋愛に絡んで、このあとも気まずい出会いをするエリザベスとダーシー・・・

富豪を鼻にかけ上からものを言ってくる婦人たちと渡り合うエリザベス
それをみつめる寡黙な男、ダーシー・・・
陰気で冴えない、神経質な失礼な男。が、いつの間にか印象が変わっていく
まるで好みじゃないはずのマシュー・マクファディンがなんともいえず素敵に見えてくる
キーラは、勝気で聡明なエリザベスを表情豊かに演じていてとっても素敵~


オール・イングランド・ロケだという美しいイングランド北部の風景。
200年前の実際の建物、豪華なチャッツワースの天井画や彫刻にも一見の価値アリ。
美しい田舎町。そこで繰り広げられる、明るくイキイキとした5人姉妹の日常は、
"結婚が人生の全て"の女性の男性選びの日々。
遺産を相続する男子がいないベネット家の母親の、浅ましいまでの売り込みもけっこう楽しい
いつも優しく穏やかな父親(ドナルド・サザーランド)とエリザベスのシーンでは自然と熱いもので満たされる

            

雄大な自然の中で綴られる、瑞々しいラブストーリー
ピアノの音色も心地よい素敵な作品、お気に入りになりました


余談だけど・・
エリザベスに「愚か者」呼ばわりされる従兄のMr.コリンズはムーミンに激似で、なんか可笑しいしネ
ダーシーの幼馴染のウィッカム(ルパート・フレンド)は「パイレーツ・オブ・カリビアン」でのキーラの恋人、オーランドに似ていてちょっと笑った
コメント (14)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« ディック&ジェーン 復讐は... | トップ | HERO »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (アイマック)
2007-09-13 23:31:16
キーラ、エリザベス役にはまってましたね。
ジェーン・オースティンは読んだことないけど、この時代に生きる女性をイキイキと描いてますよね。
お母さんの娘の売り込み方は、凄まじかったけど(笑)
女性にとって結婚がいかに大事かがわかりました。

イングランドの風景は雄大で美しかったです!
そうそう、ウィッカム、オーリーに似てました^^ゞ


Kiraさ~ん! (JoJo)
2007-09-14 00:53:40
こんばんは!この作品、ホントに素敵でしたね~!!Kiraさんのおっしゃるように、英国の雄大な自然、田園風景がとっても美しく、その中で繰り広げられる恋愛模様が、下世話(母親の売り込み(笑))と高尚(清くて純粋な恋)のバランスが絶妙で、もう言うことなしでした!

そういえば、これが縁で、キーラとオーランド激似のルパートって恋に落ちたんですよね!?まったく、こういう話だと一度聞くと忘れないわたし(笑)

ジェーン・オースティンものの映画化作品は、どれも大好き!なので原作も読もうと思っている今日この頃です!
アイマックさん~* (kira)
2007-09-14 22:47:58
お返事が遅くなりました、ごめんなさい

この原作、たぶん少女の頃(爆)読んだと思うのですが、、
ンー10年前ですし、内容は全く記憶に無いです。

キーラはこのくらいお顔がふっくらしてる方が愛らしいですよね!
台詞が無いシーンの微妙な心の変化など、とてもよかったです♪

雨と朝もやが効果的に使われていて、ふたりのロマンスを盛り上げていましたね~!
私もヨーロッパには行ったことないので、今回のロケ地ほんとうに憧れます
JoJoさーん* (kira)
2007-09-14 23:13:16
こんばんは~☆
この作品のJoJoさんのエントリー、見る度に(おそらくそんなにネタバレしてないと思ってました)
続きを読んでみたくて、誘惑と闘ってました

この作品全体に、JoJoさんのおっしゃる下世話と高尚、
分別と無分別、明朗と寡黙などの対比がなされていて面白かったです~
>これが縁で、キーラとオーランド激似のルパートって恋に落ちた
え~~知りませんでした!そうなんですかー
あまり絡みはなかったというか、出番の割りにルパートって、美味しかったんですね(笑)
実は、まだJoJoさんとお話できる作品、手元にあるんです。
観たらUPしますので、ってか早くみたいです
分かります~~~ (miyu)
2007-09-18 01:10:44
ダーシー様って好みじゃないけど、
ステキに見えてきちゃいますよねぇ~~。
「ブリジット・ジョーンズの日記」もそうだったなぁ。
キーラちゃんは時代劇もステキですよね♪
miyuさん~* (kira)
2007-09-18 23:08:08
こんばんは~☆

そうなんですよ~。ダーシー様、全然タイプじゃないんですが、
挙動不審ぎみな、不器用な現れ方とか、
「かわいい~」って思ったり(笑)
キーラは今までで一番可愛いと思いました!
「ブリジット・ジョーンズの日記」も観てみたくなりました
おじゃまします (ピロEK)
2007-09-19 22:32:25
おじゃまします。
この映画のキーラ・ナイトレイが一番キレイだと思うピロEKです。
女性向け(?)と思われるこの「プライドと偏見」ですが、男の私でも割と良いなぁと思わせられた作品となりました。
(※アメリカ版のエンディングはいただけないですけどね^^;)

あと、この記事以外にもいくつかトラックバックさせていただきました。
邪魔くさかったらスイマセン(ただ、どうしても「リトル・ミス・サンシャイン」だけは上手くいきません。他のgooブログの方にも上手くいかないから禁止ワードが含まれているんでしょうねぇ多分)。

では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
ピロEKさん* (kira)
2007-09-19 23:55:53
こんばんは~☆
たくさんのTBを有難うございました!
いつもお邪魔している方には申し訳ないと思いつつ、
毎度、古い記事にTB,コメントしてしまうんですが、
これでも少し遠慮したりしてました(笑)

アメリカ版エンディングは驚きましたね
アメリカ版DVDの特典映像は、逆に通常のラストなわけですよね。
あちらでの評価を聞きたい感じです~
キーラは、少しふっくらして、様々な表情が素敵でしたね、私も一番キレイだと思いました!
英国 (kimion20002000)
2007-09-23 22:28:48
TBありがとう。
英国にはまだ、こういう風景が残っていますからね。アメリカでは、やはり撮影は困難ですね。
kimion20002000さん* (kira)
2007-09-26 08:03:52
こんにちは、お越し下さりありがとうございます♪
それにしてもイングランド、手付かずの自然が素晴しいですね!
緑の深い色までもが何か違う気がして、旅心をそそります

コメントを投稿

関連するみんなの記事

13 トラックバック

『プライドと偏見』 (Sweet* Days**)
プライドと偏見 CAST:キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド 他 18世紀末、イギリスの田舎町メリトン。ある豪邸に裕福な独身男性ヒングリーとその友人のダーシーが越してくる。その町に住むベネット家には財も無く、5人姉妹の誰かを財力のある家系に...
プライドと偏見 (BLACK&WHITE)
【Pride & Prejudice】2005年/イギリス 監督:ジョー・ライト  出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ブレンダ・ブレッシン ドナルド・サザーランド、ジュディ・デン...
プライドと偏見 (小部屋日記)
Pride and Prejudice (2005/イギリス) 原作はイギリスの作家ジェーン・オースティンの名作「自負と偏見」。 18世紀のイギリスの男女の恋愛が基本です。 当時は結婚が全てだった女性たち。 古くさいと思っていたけど、現代にも通じるものがある。 主人公を演じたキーラ...
「プライドと偏見」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'05年製作、主演キーラ・ナイトレイ 共演 マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン他による古典ロマンス。 18世紀イギリス。 財産相続ができない非力な女性たちの願いは、ただひとつ。それは”結婚”。伴侶を得ることは、安...
プライドと偏見 (レンタルだけど映画好き )
2005年 イギリス 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド/ブレンダ・ブレシン/ロザムンド・パイク/ジュディ・デンチ/サイモン・ウッズ/トム・ホランダー/ルパート・フレンド/クローディー・ブレイクリー/ジ...
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド (in my pocket)
 いやぁ、2もう~ん・・・だったけど、3ともなるとやっぱ・・・。予想はしてたけど、2も見たしなあ・・・ってことで、なんとなく見ちゃったんだよなぁ。もぉまさにワールド・エンドって感じだよ(笑)途中寝ちゃったもん。ジョニーは好きなんだけど・・・。てか、監督...
プライドと偏見…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先週はヒマだろうと踏んでいた私。 …甘かったです。メッチャ忙しかったよ~{/face_naki/} レンタルビデオもろくに観る時間が無くて、最後の1本(できれば後日記事に)なんか、3日ぐらいにわけて鑑賞しました。 あと、今台風が来てます{/hiyo_oro/} 凄い風{/face_hekom...
プライドと偏見/キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド (カノンな日々)
原作はイギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。あの「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった作品でもあるそうです。劇場予告編の印象がヨカッタのとキーラ・ナイトレイが好きだったので、「THE有頂天ホテル」と続けて観てきたのですが...
プライドと偏見 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今日は、コチラを観て来ました。興行ランキングでは下位の方だったのでゆったり観れるかなぁと思っていたんだけど、小さな劇場だったからか満席で立ち見も出てるほど。客層的には、若いカップルよりもちょっと年齢層高め?な感じ。何でも65年ぶりの映画化なので、流石...
NO.161「プライドと偏見」(イギリス/ジョー・ライト監督) (サーカスな日々)
夏目漱石も絶賛したオースティン文学は、 食卓で観察し書かれたロマンスである。 ジェーン・オースティンは、18世紀から19世紀にかけての、イギリス女流文学者として、偉大な存在である。イギリス近代小説の祖とも、リアリズム小説の先駆けともいわれる。英国留学で英文...
★「プライドと偏見」 (ひらりん的映画ブログ)
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。
<プライドと偏見>  (楽蜻庵別館)
2005年 イギリス 127分 原題 Pride & Prejudice 監督 ジョー・ライト 脚本 デボラ・モガー 撮影 ロマン・オーシン 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ  マシュー・マクファディン  ロザムンド・パイク    ドナルド・サザーランド...
プライドと偏見☆男はプライドを捨てられない。女は真実が目に入らない。 (☆お気楽♪電影生活☆)
WOWOWで鑑賞♪