to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

パイレーツ・ロック

2009-11-06 01:09:29 | the cinema (ハ行)
俺たちのビート(鼓動)が聞こえるか?
原題 THE BOAT THAT ROCKED
製作年度 2009年
製作国 イギリス/ドイツ
上映時間 135分
脚本 リチャード・カーティス
監督 リチャード・カーティス
出演 フィリップ・シーモア・ホフマン/トム・スターリッジ/ビル・ナイ/ジャック・ダヴェンポート/ウィル・アダムズデイル/トム・ブルック/リス・ダービー/ニック・フロスト/キャサリン・パーキンソン/エマ・トンプソン

1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。
ブリティッシュ・ロックが世界を席巻していた1966年。民放ラジオ局の存在しなかったイギリスでは、国営のBBCラジオがポピュラー音楽を1日45分に制限していた。若者の不満が渦巻く中、イギリスの法律が及ばない領海外の北海に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”が誕生、熱狂的な支持を集める。
そんなラジオ・ロックの船に高校を退学になった青年カールが乗り込んでくる。問題を起こした彼を更正させようと、母親によって旧友でもあるラジオ・ロックの経営者クエンティンに預けられたのだった。
船の中では、一番人気のDJザ・カウントをはじめ個性溢れる面々に囲まれ、自由な空気に戸惑いながらも貴重な経験を積んでいくカール。一方イギリス本国では、ラジオ・ロックの不道徳な内容に不快感を露わにするドルマンディ大臣が、何とか放送を中止させようと様々な方策に打って出るのだが…。


ストーリーは至ってシンプル。
パイレーツに迷いこんだ青年カールが、ご機嫌な音楽とおかしなDJたちに囲まれて
自分の居場所を見つけ、父親探しの扉を開ける。
平行して、イギリス政府と“ラジオ・ロック”の情報戦・駆け引きがユーモラスに展開する。というもの♪
しか~し!
この作品はなんと言っても時代を彩ってきた音楽の数々

今のように毎週のヒットチャートの上位曲があっという間に入れ替わり、一月もすれば消えていくような時代ではなく、
それは待ち望んで生まれた音楽だからだろうか、熱く長く世界中の人に愛されてきた。
「オール・オブ・ザ・ナイト」に始まる怒涛の50数曲の殆どが記憶に染み付いているナンバー!
サニー・アフタヌーン~青い影~この胸のときめきを~レッツ・ダンス
特にロック好きポップス好きでなくとも耳にしたことがあるだろう懐かしいヒット曲!

美男子DJのマーク(トム・ウィズダム)にはほとんどセリフが無く(笑)
イケメンくんカール(トム・スターリッジ)はひたすらナイーヴでヘタレに描かれており(笑)
美味しいところは超個性的オヤジたちが持って行っている(爆)

昔から「女三人集まれば…」などというが、男だってこれだけ集まれば怖いものなしのやんちゃぶり。
しかも音楽とラジオ・ロックが大好きな彼らは自由そのもの!
どこまでもオーナーについていく気満々
さて、あの手この手で攻めてくる政府側に、どう立ち向かうのか

いや~!ビルナイに萌え~ つま先までカッコイイ

パイレーツ繋がりで(笑)ノリントン卿も不気味に登場しています(笑)
カール役のイケメンくんは、どこかで見たと思っていたら「華麗なる恋の舞台で」のあの息子ちゃんでした!
早く記事を書かねば…
それとやっぱり英国出身だった!マーク役のトム・ウィズダムくん♪
旅するジーンズと19歳の旅立ち」以来です~。うん、やっぱりいい雰囲気

感想が遅くなりましたが実は先週観に行ってます。
今でもヘビロテのご機嫌な曲に、ナイスなDJたち楽しかったです~
コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 母なる証明 | トップ | エデンより彼方に »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
にゃはは (miyu)
2009-11-06 06:33:22
本当イケメン2人よりも個性派オヤジたちばっかり
いいとこもってっちゃってましたよね~。
でも、それでも楽しかった~!
トム・ウィズダム君やっぱりいいよね~!
なんかあまり出番がないものだから、もっと見たい!
ってなっちゃって、いい感じに焦らされちゃった感じですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
おはよ~う♪ (mig)
2009-11-06 09:24:20
kiraさん☆

やっぱりビルナイ、一番人気だぁ
渋くてカッコ良かったですよね~。
わたしは一番はリスさんだけど!
(誰もリスさんがイイって書いてない 笑)
この映画、キャラがまたいい♪
脚本も映画らしく盛り上がって。
今年のベスト10入り、しちゃうかも!?
ロック萌えな男たち (ボー)
2009-11-07 11:06:54
私は、知っている曲は多くなかったと思うのですが、それでも楽しかったです。

あ、あの人、ノリントン卿でしたか!
相変わらず海賊退治?(笑)

miyuちゃん* (kira)
2009-11-07 21:25:42
これね~、感想書きながら、miyuちゃんのこと思い出してたよー
きっとセリフが無くても、もっと登場シーンが欲しかっただろうなぁ~って♪
「旅するジーンズ」の時よりかなりセクスィーだったね

まあ、登場人物多すぎだから仕方ないけど(笑)
ノリノリで踊るオヤジたちも可愛かった
migちゃん* (kira)
2009-11-07 21:33:44
なんか久々のコテコテイギリス映画、
主役を除いて、英国俳優てんこ盛りだったけど(笑)
多過ぎて記事中で触れられなかったよ~。
リスさんも、ぴったしはまり役でしたよね~。神DJ~

渦巻く懐かしのヒット曲に踊りだしそうでしたよ(笑)
ボーさん* (kira)
2009-11-09 12:51:08
ボーさんはきっと楽しめたと思ってました!

時代や舞台から、これにビートルズが1曲も入っていないということの不思議さ不自然さは、
途中から感じていましたが、
それでもこれだけのラインアップは楽しかったです
こんばんは♪ (yukarin)
2010-01-11 22:51:49
ビルナイに萌え~ですね♪
好きな俳優さんではあるんですけど、今回はほんと素敵でしたわ。
知ってる曲も多く流れてノリノリで観てました♪
yukarinサマ* (kira)
2010-01-15 12:14:54
そうそう、魅力的な俳優だと思ってましたが、
被り物も無くて(笑)カッコよさ全開のビルナイに萌え萌えでした~
この時代の音楽はとても息が長く、今でもよく流れている曲も多いので、
若い方でも楽しめたでしょうね!
単純に楽しめる作品で、大好きです

コメントを投稿

the cinema (ハ行)」カテゴリの最新記事