to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

博士と彼女のセオリー

2015-03-15 23:29:38 | the cinema (ハ行)

英題 THE THEORY OF EVERYTHING
製作年 2014年
製作国 イギリス
上映時間 2時間4分
原作 ジェーン・ワイルド『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』
監督 ジェームズ・マーシュ
脚本 アンソニー・マクカーテン
出演 エディ・レッドメイン/フェリシティ・ジョーンズ/チャーリー・コックス/エミリー・ワトソン/

将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ
天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。

21歳で発症し、余命2年と告げられた彼の、その後の闘い、
生きて、挑み続ける彼の時間――

無限に寄り添い、漂うであろうと思わせた、二人の時間―

ロマンチストで楽観的なスティーヴンの、
笑顔の下の内面の葛藤、進行する肉体的制限を受け入れていく時を、
エディ・レッドメインが恐ろしくチャーミングに演じています。やられます。


余命2年でも共に闘いたいという、勇気と愛に突き動かされて人生を選択したジェーンの、
大らかで忍耐に支えられた妻と、母と、介護人としての生活に、
もうひとつの女としての道が見え始める時…―だれもが理解しながらも戸惑う、

教会の聖歌隊を率いるジョナサンとの出会いがあります・・・
このジョナサン役が、ちょっとお久しぶりのチャーリー・コックス。「カサノバ」「スターダスト」以来?

この頃にはもう、スティーヴンは病気の所為で、感情を表情で表せないのですが
伝わってくるスティーヴンの苦悩と、異変。。。
3人に吹く微妙な妖しく優しい風......幸せで苦しい、時間…―

ジェーンの約25年の結婚生活は、介護と3人の子供の子育てで、
そこから解放してやりたい為の、スティーヴンの決断だとも取れる別れ―…


引用される詩やセリフにも素敵なものが多く、
声を奪われたスティーヴンの、実際の電子音声によるメッセージ、
 人間の挑戦に限界は無い。
どんなに辛い人生でも 生きていれば、希望がある。
が、深く、心に滲みてきます。
そして!
時間は撒き戻されます――“始まりの時”へ・・・

現在73歳のホーキング博士が、この作品の鑑賞後涙を流したという、その訳が解るラスト。
映画は始まり、終わりますが、、
彼は今も生きて闘い、発信しています。
期待通りのキャストの演技に心を掴まれたまま、あっという間の2時間でした。


コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 今夜は夜メロ~セカラブの日♪ | トップ | 最終回の前に・・・ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2015-03-16 19:25:58
これまだ書いてないけど、エディ・レッドメインにやられました。たしかに・・・魅力的に演じてましたね。

なんか奥さんを開放してあげるところなんて、いろんな葛藤があったろうな~って思いました。
Nakajiさん♪ (kira)
2015-03-20 21:55:19
ごめんなさいっ!
お返事遅れた上に順序を違えてしまいました!

エディ・レッドメインって、何とも言えない味がありますよね~♪
ジェーンのキモチ。女としてはとても理解できるのだけど、
ソレがゲンジツだったのよねぇ。。。と、
永遠なんてナイのに、、どこかでちょっと残念感。
こんにちは。 (オリーブリー)
2015-03-21 16:32:18
主演2人の貢献は大きいね。
嫁の気持ちは分かるものの、同じ女として共感できないと言う致命傷(?笑)はあったけれど、柔らかくて暖かい映像や雰囲気が素敵でした。
見事 (ノルウェーまだ~む)
2015-03-25 10:31:41
kiraさん☆
エディ・レッドメイン見事でしたね~
動けなくなる演技だけでなく、動かない表情の中にしっかりと感情を表していました。

ジェーンの苦労は想像に絶しますよね。
何よりイギリスの家って、階段狭いし。子育てに介護に仕事に家事にって、私には出来ないなぁー
当事者たちがご存命でもあるし、元はジェーンの回顧録からなので、それでやんわりとしていたのかもしれないですね。
オリーブリーさん♪ (kira)
2015-03-26 11:05:38
>嫁の気持ちは分かるものの、同じ女として共感できないと言う
うん。
嫁の原作ということを差し引かないで観ないと。もっとアレだよね~
終盤は結構複雑なキモチになったけど、コワレナイための選択だったのよね......。
ノルウェーまだ~む♪ (kira)
2015-03-26 11:35:51
ホント、これは最初から最後まで
エディ・レッドメインの演じるホーキングに魅せられました。

>何よりイギリスの家って、階段狭いし
おお、まだ~むならではの実感こもった感想なのですね~。
日本でも段差をなくした家が大分お馴染みになる中、それでも廊下とかは狭い。
介護と子育ては、やはり支援が無くては体力がもたないですよね~。
妻側のジョナサン。夫側の介護士。
ふたりを援ける為に現れたのでしょうね。
木部さん(笑) (ituka)
2015-03-28 21:30:59
昨日、モニタリング・スペシャル観てて
改めて、嫁の事ベッキーに似てるなと思いました(笑)
2年を共に戦おうなんて、なんて素敵な女性なんだろうと思いましたが
さすがに、20年は想定外だということですかね(爆)

共に新たな出会いが生まれたところからイッキに面白くなりましたよ(笑)
itukaさん♪ (kira)
2015-03-31 14:43:30
似てましたか~ベッキー?
個人的にはベッキーの方がかなり美人サンだと思いますが

やはり若さは凄いのですよねぇ・・・
ケイサンもなく、純粋に「愛の為」まさに、
「愛はパワーだよ~」という恭子ちゃんのセリフを思い出した次第(笑)

私はずっとエディ・レッドメインにメガネが曇ってしまって(爆)
自宅でレポートを書いていて中断する妻、の辺りからちょっと不穏なモノを感じてましたが、
別れの決断を告げた、あの瞬間も、妻の為だったと、どうしても思えるのでした~

コメントを投稿

21 トラックバック

博士と彼女のセオリー 観ました。 (まぜごはん)
今日は天気も悪いのにちょっと遠出して博士と彼女のセオリー(公式HPへ) を観てきました。 車椅子の天才物理学者スティーヴィン・ホーキング博士の半生+妻ジェーンとのラブストーリー。 1963年。ケンブリッジ大学で物理学を研究するスティーヴィンはパーティで...
『博士と彼女のセオリー』 (2014) (相木悟の映画評)
個人レベルから宇宙規模へ、深遠なるラブ・ストーリー! 導き出すのは、ひとつのセオリー。一筋縄ではいかない恋愛感情を知的に切りとった珠玉の一品であった。 量子宇宙論の形成に多大な影響を及ぼした理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士。若くして難病ALS(筋...
博士と彼女のセオリー/エディ・レッドメイン (カノンな日々)
もともととても期待していた作品ですが先日のアカデミー賞中継を観ていてさらに期待度が高まってしまいました。天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生とスティーヴン・ ...
博士と彼女のセオリー (風に吹かれて)
スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste
映画:博士と彼女のセオリー The Theory of Everything 秀逸な日本タイトルと共に、捨て置けない出来! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
理論物理学者 スティーヴン・ホーキング博士の若き日々~先 を描く。 学生時代からはじまり、この映画のメイン・テ―マに直ちに突入。 それは、ホーキングとその妻になるジェーンの恋愛。 関係が深まったところで、ホーキングに悲劇が・・・ 彼は身体を蝕んでいく病の...
博士と彼女のセオリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 今週は“天才祭り”なのか(笑)
『博士と彼女のセオリー』 (時間の無駄と言わないで)
実在の天才博士が主役で、アカデミー主演男優賞ノミネート作で、同日公開。 「イミテーション・ゲーム」とはしご観賞です。 チューリングは知らない人だったけど、こちらのホー ...
博士と彼女のセオリー / The Theory of Everything (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 『車いすの天才物理学者』スティーブン・ホーキング博士の若かりし頃の姿と、ALSが侵攻していく最中、最愛の人を見つけ、立ち向かっていく姿を描きます。 この作品は、ラブストーリーですね。原題が『The Theory of Everything』と言うことで、ホ....
『博士と彼女のセオリー』 (こねたみっくす)
スティーヴンとジェーンの不器用なラブストーリー。 ブラックホールの消滅など現代宇宙論に多大なる影響を与えた「車椅子の天才物理学者」スティーヴン・ホーキング博士と、彼を ...
博士と彼女のセオリー  (心のままに映画の風景)
1963年、イギリス。 天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、ケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、恋に落ちる。 その頃から体調に異変が起き始め...
『博士と彼女のセオリー』恋愛のセオリー (映画@見取り八段)
博士と彼女のセオリー~ THE THEORY OF EVERYTHING ~     監督: ジェームズ・マーシュ    キャスト: エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、ハリー・ロイド、デヴィッド・シューリス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー、チャーリー・コ...
博士と彼女のセオリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 車いすの天才物理学者ホーキング博士を描いた、アカデミー主演男優賞を受賞した話題作なんですが、伝記映画特有の話が散漫になっていたし、エディ・レッドメインの熱演はさすがですが、実在の障害者を演じるとオスカーは取りやすいことを考えると、世評ほど感動はしませ...
『博士と彼女のセオリー』('15初鑑賞25・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月13日(金) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン7にて 16:00の回を鑑賞。
「博士と彼女のセオリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Theory of Everything」2014 UK 1963年、英国。ケンブリッジ大学大学院で理論物理を研究するスティーヴン・ホーキングは、ある日パーティで中世スペイン詩を学ぶ魅力的なジェーンと出会う。ユーモアのセンスを持った彼女は才女でもあった。やがてあっという間...
最善を尽くした二人の物語~『博士と彼女のセオリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE THEORY OF EVERYTHING  1963年。ケンブリッジ大学院で理論宇宙物理学を研究するスティーヴン・ ホーキング(エディ・レッドメイン)は、あるパーティで文学専攻のジェーン(フェ リシティ・ジョーンズ)と出逢う。  『ホーキング、宇宙を語...
「博士と彼女のセオリー」:脚本も演出も演技も高品質 (大江戸時夫の東京温度)
映画『博士と彼女のセオリー』は、実にウェルメイドなホーキング博士夫妻(元、ですが
映画「博士と彼女のセオリー」 (FREE TIME)
映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。
博士と彼女のセオリー  (Said q winning)
監督:ジェームズ・マーシュ 原作:ジェーン・ホーキング 出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズストーリー:天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメ イン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強して...
博士と彼女のセオリー (映画的・絵画的・音楽的)
 3月末の拙エントリの冒頭で申し上げましたように、映画館が満員で見逃してしまった『博士と彼女のセオリー』を、ようやっと日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作(注1)は、アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきた次....
博士と彼女のセオリー (いやいやえん)
【概略】 1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちるが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告される。妻となった彼女の支えで研究を進め時の人となるが、介護と育児に追われる彼女とはすれ...
映画評「博士と彼女のセオリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年イギリス映画 監督ジェームズ・マーシュ ネタバレあり