to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

すべてはステージのために

2010-08-25 00:39:05 | Weblog
今月18日(水)に、NHK総合で 放送された光一くんの、SHOCK舞台裏を密着レポートした
堂本光一 すべてはステージのために~究極のエンターテインメント『SHOCK』~


光一くんが初めて座長としてその舞台に立った2000年の映像から、今年のSHOCKの千秋楽の映像まで、
正味45分ほどの番組に、
ストイックにSHOCKの舞台に心血を注ぐ、31歳の光一くんが詰まっていました。

第一幕の終わり、階段落ちのあとの、
想像を絶する光一さんの姿が映し出されます。―

甲冑はプロテクターでもあるけど、その重さは7キロ!!
その甲冑で、クライマックスの激しい15分の殺陣を演じ、22段の階段から転げ落ちる――、
それをほぼ毎日、2回の公演でやっているのですが、、、
舞台裏では、スタッフにほとんど担がれるように、自力では歩けない、激しい喘ぐ荒い息で、
既に限界を超えている光一くんの姿で始まるドキュメンタリー......感動しました。

全てはショーのために!
全ては、観に来てくれる観客の為に!

今回初めてカンパニーに参加する、内くんへの殺陣の指導に先輩としての顔をみせ、
彼の「らしさ」を引き出そうとする『製作者』の顔もみせる。
フライングのリハーサルなど、
手を抜かない、いつでも100%出し切る、求める、その姿からめが離せませんでした。
そして、思ったとおりの男らしい姿が映し出されていて、
努力している裏側を見せることをよしとしない光一くんがみせる素の表現者としての緊迫のシーン。
それでも SHOW MUST GO ON !と、、走り続ける。


「何も心配してない。皆を信頼してるから」

凄い、うれしい、貴重な番組でした




あまり、自分のことを(言葉で)伝えたい欲求がないからこそ、
 音楽を作ったり演じたりしているんだ

という光一くんを特集したラジオ番組「story of KOICHI DOMOTO
ナビゲーターは西任暁子さん
 
1. AIR-G'(エフエム北海道)9月5日(日)22:00~22:55
2. FM AICHI 9月5日(日)19:00~19:55
3. FM 大阪 9月5日(日)22:00~22:55
4. FM 福岡 9月5日(日)19:00~19:55
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 恋愛戯曲 新着ニュース・新... | トップ | 瞳の奥の秘密 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舞台人堂本光一。 (BC)
2010-08-25 07:45:06
kiraさん、おはようです。
ラジオ情報ありがとうございました。(*^-^*

私もこの番組の感想はブログにUP出来ればと思いつつも
文章がなかなかまとまらないので草稿に保存したままです・・・。

私はこの番組は素直に感動出来なかったかな・・・。
(特に、階段落ちをする事に関しては以前から複雑な思いなので・・・。)
でも、“天然キャラなアイドル光ちゃん”ではなく、
“ストイックな舞台人堂本光一”を映し出してくれたのは良かったと思いました。
BCさん~* (kira)
2010-08-25 21:31:54
こんばんは~
光一くん単独の記事は、一昨年の菊田一夫賞以来なので、
私もちゃんと書きたかったのですが、上手く表現できなかったです。

階段落ちに関しては、多くのファンが同じように複雑な思いを抱いてると思います。
私もそういう気持ちがナイわけじゃありません。

でもね、、あの死闘の果ては光ちゃんにはあのラストなんでしょうね。
実際、ファンも奈落に一緒に落ちるくらいの思いがこみ上げて来てるシーンになっていると思いますし。
以前、あなたにとって『SHOCK』とは?
と言う問いに「ぼくを厳しくしてくれる場所」と答えていましたね。

この秋はソロでの活動も増えてきますが、これからも男らしい光一くん、
見守って行きたいです

コメントを投稿

関連するみんなの記事