to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

光をくれた人 

2017-05-30 11:49:37 | the cinema (ハ行)

上映時間 133分
製作国 アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド
原作: M・L・ステッドマン『海を照らす光』(早川書房刊)
脚本:監督 デレク・シアンフランス
音楽 アレクサンドル・デスプラ
出演 マイケル・ファスベンダー/アリシア・ヴィカンダー/レイチェル・ワイズ/ブライアン・ブラウン/ジャック・トンプソン

1918年、オーストラリア。第一次世界大戦の過酷な戦場から帰還したトム・シェアボーン。心に深い傷を負った彼は、絶海に浮かぶ無人の孤島、ヤヌス島の灯台守となる。3ヵ月後、正式採用の契約を結ぶために町に戻った彼は、地元の名士の娘イザベルに一目惚れし、ほどなく2人は結婚する。孤独で不便な孤島での結婚生活だったが、愛する2人にとっては何者にも邪魔されない幸せな日々だった。ところがイザベルは2度の流産という悲劇に見舞われ、深い悲しみに沈んでしまう。そんな時、1人の男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ちゃんを乗せたボートが島に流れ着く。町に報告しようとするトムを必死で説得し、赤ちゃんを自分たちの子として育てることにしたイザベルだったが…。

温かい家庭とも縁がなく、戦争の傷を癒せないままのトム。
2人の兄を戦争で失った両親の悲しみが強すぎて、自分の居場所を求めていたイザベル...。
この二人が辿る苦痛と幸せの軌跡を丹念に描いたドラマ。
凄く良かったです!


子供が欲しいのに、産むことが出来なかった女性と
愛する子供を奪われ、可愛い盛りに母であることを奪われた女性…―
この二人がどんな着地点に至るのか、というのがポイントだと思っていましたが。。。
違いました。。。

清廉に生きる事は、こんなにも厳しい――。

正しさを貫くことは、時に愛する者を傷つける選択を突き付ける…。

子供を得ると、どこの夫婦も、先ず子供中心の生活となり、
子供がちいさいうちは特に、妻にとって第一は子供。夫は二番目となりがち。

しかし―イザベルにも、究極の選択を迫られる時が訪れ、
絶望しかなかったその時、イザベルの母親のセリフが刺さります。――

これは、共に傷を負った夫婦の物語です。
自分を救ってくれたイザベルに向けたラブレターこそが。
素敵なオトナのラブストーリーでした💌

セリフが少ない分、メインの3人の演技に惹きつけられます。
マイケル・ファスベンダーの、誠実で孤独な男もよかったし、
レイチェル・ワイズの哀しみと強さを湛えた佇まいも良かった。
そしてアリシア・ヴィカンダー。

アンナ・カレーニナ』で、キーラに想い人を取られた妹(^^;)ですが、
リリーのすべて』では信念の愛を捧げた画家の、圧倒的な存在感でした。
可愛くて、愛のエゴ丸出しの今回みたいな役、、良かったです
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 追憶 | トップ | UQ mobile 2017年夏モデル発... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2017-05-31 22:12:43
序盤の嵐のシーンからハラハラしました。
無人島はこういうことがあるから、せめてインターフォンくらい設置しておけよ!でしたが
この時代ってそんな端末あったのか調べないと分からないですね(笑)

最後の再会シーン、せめてイザベルにも合わせたかったです。
彼女ってなんで短命だったのか説明ってありましたっけ?^^;
itukaさん♪ (kira)
2017-06-03 21:48:50
そう!時代背景があるにせよ、灯台と家の緊急ボタンは必要でしたね~。
夫婦ともに、もしやの場合の備えが薄い気がして、、まあ、
そうでないとドラマが成立しないですが(笑)

子育てが出来ている時は、溌溂としていたイザベル・・・
やっぱり喪失感が短命にさせたのかしら、
本当に会わせてあげたかった

コメントを投稿

the cinema (ハ行)」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

光をくれた人 (あーうぃ だにぇっと)
光をくれた人@アキバシアター
光をくれた人 (風に吹かれて)
光を必要とする人たち 公式サイト http://hikariwokuretahito.com 原作: 海を照らす光 (M・L・ステッドマン/ハヤカワepi文庫)監督: デレク・シアンフランス  「ブル
光をくれた人 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 女優二人の決死の演技が崇高な作品へと押し上げている。
『光をくれた人』 2017年5月11日 神楽座 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『光をくれた人』 を試写会で鑑賞しました。 本日は早朝と夜で2本見た。 【ストーリー】  1918年、トム(マイケル・ファスベンダー)は戦争から帰還するものの、心は深く傷つい......
「光をくれた人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Light Between Oceans」2016 UK/ニュージーランド/USA1918年、オーストラリア。トム・シェアボーンは戦争の英雄として帰国したが心に深い傷を負い、人生を拒むかのように絶海に浮かぶ......
『光をくれた人』('17初鑑賞55・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 15:50の回を鑑賞。
光をくれた人 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE LIGHT BETWEEN OCEANS】 2017/05/26公開 アメリカ 133分監督:デレク・シアンフランス出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィカンダー、レイチェル・ワイズ、ブライアン・ブラ......
光をくれた人 (こんな映画見ました~)
『光をくれた人』---THE LIGHT BETWEEN OCEANS---2016年(アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド )監督: デレク・シアンフランス 出演: マイケル・ファスベンダー 、アリシア・ヴィ......
光をくれた人(2016)**THE LIGHT BETWEEN OCEANS (銅版画制作の日々)
 この子を育てることは、過ちですか? この子を愛することは、罪ですか? 京都シネマにて鑑賞。予備知識もなく鑑賞。こういうお話だったんですね。マイケル・ファスベンダーが......
光をくれた人 (映画と本の『たんぽぽ館』)
誰が悪いというわけでもないのに * * * * * * * * * * 第一次大戦後のオーストラリア。 孤島ヤヌス・ロック。 帰還兵のトム(マイケル・ファスベンダー)は ......