to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

瞳の奥の秘密

2010-08-26 01:29:43 | the cinema (ハ行)
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──
未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。

原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES
製作年度 2009年
製作国・地域 スペイン/アルゼンチン
上映時間 129分
原作 エドゥアルド・サチェリ
脚本 エドゥアルド・サチェリ/フアン・ホセ・カンパネラ
監督 フアン・ホセ・カンパネラ
出演 リカルド・ダリン/ソレダ・ビジャミル/ パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディーノ/カルラ・ケベド/ギレルモ・フランセーヤ

長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するアルゼンチン発サスペンス・ドラマ。

刑事裁判所で働いていたベンハミン(リカルド・ダリン)は、定年を迎え、25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことにする。それは1974年、/新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件で、担当することになったベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人の職人が逮捕され……。

今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品。巷の評判がこれまた良くて、知らずしらず、期待していたんでしょうか~。
苦手映画館シネマズシャンテ、行ってきましたが、あら不思議・・・意外と普通の作品でした。
私的には、もっとスリリングなサスペンスを予想していたのも敗因だったのかもしれません。

始まりはスローだけど、気にならなかったんですが、とにかくテンポが遅いのが駄目でした。
私の隣の男性は、ものの5分で大イビキでしたし(満員でしたが)中盤にはあちこちで男性のイビキが。。。
とにかく、これ、不思議と平均年齢が高かったです。

なので、ちょっと笑えるシーンは遠慮のない笑いがおこりましたが、
登場人物の描き方も、
過去と現在を交互に見せるストーリー展開も、緊張感に欠けるタイミングというか、
なんだか古臭い~って雰囲気がずっとあったんですよね~。

被害者の夫の愛と、事件を担当していた刑事の、実らなかった愛を対比させるでもなく、
描かれなかった20余年というのが、感じられない。(特にベンハミンに)

以下、辛口ちょっとネタバレ


先ず、この主人公ベンハミンとヒロインが、ともに魅力的にみえなかったのが駄目でした~。

親友であるパブロに、愛情があるにせよ酒場での彼を巻き込むことになった時のベンハミンのセリフがお仕着せがましくてくどくて、好きになれない(爆)
しかも、パブロから酒を遠ざけようとしたのもあるかもだけど、親友で上司であるなら彼が捜査に向いていないのを知っていたはず。
あの、家宅侵入のシーンなど笑えなかったイヤ、あまりに陳腐で笑ったけど

極めつけは、自分はやんわり担当で、そのパブロに強面を演じさせようとして(ココ、可笑しくない?)
でも、結局上司であるヒロインが容疑者を挑発し、結果彼女が殴られる場面で、
止めに入るのが、、遅いぃぃ~~っ!!
そのあとで、「このひとに触れるな」って、、、今頃ーーっ!何言っちゃってんの~?!

で、この女史とベンハミンが、25年経って、、、というのも、
序盤のふたりが、いつそんなに惹かれあったの?だったしそこがエリート上司と一介の刑事だとしてもあの連れだって抗議に行った後の展開までにあまり描かれてなく、ちょっと違和感。
ただただ、主人公がハッキリしない意気地なしの未練たらしい男にみえて、ラブの部分は引いてしまってました

しかも、よく考えるとこの主人公のセコさが、性格のワルイ同僚の恨みを買い、結果、二人の人間の運命を変えてしまったといえるし、、

ただ、終盤の会話でオチには気づく方も多いと思いますが、
伏線のはり方などは自然だし、サスペンスとしては悪くなかったかも。
(でも、なんか昔、このラストに良く似た作品があったなぁ.....思い出せなくて、イラッとしてます

ともかく、ストーリーに関係のないところでセリフが詰まらなくしていたし、主人公の愛情も正義感も中途半端感が残念だったかな~。
終始一貫、希なる愛を持ち続けた男の25年の方が、余程気の毒だったし、コチラの方に同情しちゃった.....



ってことで、アカデミー受賞作なんだけど、私は肩透かし的な(苦笑)
映画館は大盛況~の混み具合だったけど、そんなにムリしなくてもDVD待ちでも十分という感じでした。

コメント (18)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« すべてはステージのために | トップ | テレビ情報など »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あはは(^^; (ひろちゃん)
2010-08-28 01:10:40
kiraさん、辛口ですね~(笑)
でもねえ、肩透かし的な作品と言う気持ちは何となくわかります^^
私も予告編から、スリリングな展開を期待していたので、思っていたような作品ではなかった
ですから(^^;
私はつまらなくはなかったけれど、kiraさんが言ってるように普通の作品っていうのもわかるかな~
とにかく、思い描いていたサスペンス作品でなかったことだけは確かです(苦笑)

>苦手映画館シネマズシャンテ

これも同じ~
ラインナップはいいから良く行くのですが
椅子はお尻が痛くなるし、位置によっては
前の人の頭が邪魔とかで見えにくくなるし
お客さんは年寄り多いし~(笑)

隣の大イビキもこの映画をつまらなくした
原因かも?(笑)
鑑賞お疲れさまでした(^_-)-☆

ps.
>思い出せなくて、イラッとしてます

もしかして、猛暑でお疲れとか?(笑)
作品は思い出しましたか?(笑)
ひろちゃん♪ (kira)
2010-08-28 14:44:09
これは年配の方がとても多かったのですが、
奥様のお付き合いで来られたご主人とか、私の列はイビキ組が2人・・
特に隣の男性はお一人でみえたのだから、あんなに寝てしまってはだめでしょう~でしたが、
それでも付いていけるストーリーだったかな(爆)

ラブにも、ラストの展開も新鮮味がなく思えたのは、
きっと年齢にも関係あると想いますね(苦笑)
思い出せない映画は、相当昔のサスペンスだったと思い増す。
写真の目線を追う推理も、「ミレニアム」の方が楽しめたし、
そもそもこんな男ヤダーと思っちゃったのよ(爆)
ファンの方、ごめんなさいです

そうそう、自分が期待していた感じじゃなかったのも、
シャンテのイスも、イビキも(笑)みんながこの乗れなかった原因になってるわね
残暑お見舞いです! (オリーブリー)
2010-08-28 15:45:58
あらら(笑)

わたしのトコの劇場も、ご年配でイッパイざんした。
平日レディースデーでもなく、会員は安い日なんだけど、こんなに居たのは珍しい(笑)
で、やっぱり、「そこまで可笑しいかっ??!」な笑いが…(苦笑)
私達よりチト↑の方は、外でもお茶の間感覚が多いよね…(汗)

私はそこそこ楽しめました。
バランスが良いな~と思った。
ただ、確かにアカデミー外国語を受賞と言うと、若干、首は傾いてる(笑)

夏休みしたのに、また暫くお休みするわ~また来月宜しくね(爆)
オリーブリーたん♪ (kira)
2010-08-28 22:31:49
とほほ・・(爆)

なんだかコレ、記事を書きながら、
世間的には大好評だったのに、私的にイマイチだった2作品、
「めがね」と「魔法にかけられて」を書いた時を思い出してしまったわ(笑)

でも、こういう作品は楽しめた者勝ちっていうから、
やっぱり今回も負けた感があるわ

ぃや~ん、またお休みだと寂しいじゃん~。。
来月の作品、邦画が多くなりそうだけど、、お帰りお待ちしてるわ
こんばんは! (アイマック)
2010-08-29 22:37:59
スローでしたねー。私も少し眠くなりそうなところありました。
自分は腑に落ちない部分があって、オスカーとったことが不思議で^^;
kiraさんも同じ意見でよかったー。
ベンハミンはラテン男にしては、つかみどころがないというかイジイジしてみえた。
サスペンスだけの映画じゃないので、主役二人に感情移入できないとイマイチになってしまうと思うよ。
Unknown (mig)
2010-08-30 17:51:52
TBありがとうです。
珍しく辛口だわ~kiraさん

こんな辛口なのはじめてかも(笑)
わたしは人にお勧めしちゃってます~
アイマックさん* (kira)
2010-08-30 18:52:26
世間的には高評価の作品でしたが、
この作品のどこがそんなに評価されてアカデミー?な私です(笑)
アイマックさんも似たような感想でうれしいです(笑)
サスペンスに恋愛が絡んで同時進行なのも
日本のSPドラマでも似たような見せ方はあるし、
スローなのは我慢するとしても、セリフがくどくて引きました
migさ~ん* (kira)
2010-08-30 19:00:48
わあ~ん、migちゃ~ん

コレ、絶賛派の方のところにはTBし辛く、
ましてコメントもどうしたものかと(笑)
とにかく、いい年した主人公の男のキャラがダメでした~。
タイプライターも、しつこ過ぎ~(笑)で、ラストに出てきても
コレがいいたかったのね・・ってなっちゃった(笑)

焦点。 (BC)
2010-08-31 07:22:49
kiraさん、おはようです。

確かに、LOVEの描き方がご都合主義な感じがして安ぽかったですね。。。
サスペンスだけに焦点を絞ったほうが良くなった気もしますよね。
脚本がイマイチでしたね。。。


P.S.
光ちゃんテレビ出演情報もありがとうです☆
光ちゃんのソロアルバムは予約するのを忘れていたので
早めに買いに行こうと思っています♪
BCさん* (kira)
2010-08-31 18:28:28
今晩は~

確かに惹かれあっていた二人でしょうが、
ラブというにはまだ始まってもいないでしょ~と、おばさんは思ったのよ
だから25年を想像できなかったしセリフで妻を愛せなかったみたいなこと言われてもねぇ~(笑)
とにかく、ムダにしつこかった(爆)

昨日の「帰れま10」、光ちゃん楽しんだみたいですね~。
アウェーみたいな気分になるとか言ってた割りに、
いつでも自然体。なんでも「うまい!」と頑張って食べる男の子な光ちゃんが、
素敵でしたねーっ
今日は「ぷっ スマ」ですね

コメントを投稿

24 トラックバック

瞳の奥の秘密 (LOVE Cinemas 調布)
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・...
瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました~ アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネ...
★瞳の奥の秘密(2009)★ (CinemaCollection)
THESORCERER'SAPPRENTICEELSECRETODESUSOJOSTHESECRETINTHEIREYESブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。上映時間129分製作国スペイン/アル...
瞳の奥の秘密 (風に吹かれて)
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2
瞳の奥の秘密 (心のままに映画の風景)
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の...
『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。
瞳の奥の秘密 (小部屋日記)
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする...
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にな...
「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画   (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆ 好き好きだとは思いますが、この主人公の顔、ちょっと暑苦しくないですか。ひげもじゃのラテン系の顔って、クソ暑い夏に見る顔じゃないよなあ、と思ったのは、ぼくだけ?そんな邪心に満ちた気持ちで観たものだ
情熱の行方~『瞳の奥の秘密』 (真紅のthinkingdays)
 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、2...
瞳の奥の秘密 (龍眼日記 Longan Diary)
刑事裁判所を退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は25年前に自分が担当した ある殺人事件を題材にした小説を書き始める。 それは1974年、新婚夫婦の妻が自宅で殺害された事件だった。 ベンハミンはこの事件を部下のパブロ(ギレルモ・フランチェラ)、 上司のイ...
瞳の奥の秘密 (映画的・絵画的・音楽的)
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼ら...
瞳の奥の秘密 (Movies 1-800)
El secreto de sus ojos (2009年) 監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ 今年のアカデミー賞で外国語映画賞を獲得したアルゼンチン映画で、20年以上前の殺人事件に関わった者達の忘れ得ぬ思...
瞳の奥の秘密 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:EL SECRETO DE SUS OJOS、英題:THE SECRET IN THEIR EYES。フアン・ホセ・カンパネラ監督のスペイン・アルゼンチン合作映画。今年の米アカデミー外国映画賞受賞作品。リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ、ギレ...
瞳の奥の秘密(2009) (銅版画制作の日々)
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国の...
「瞳の奥の秘密」 (或る日の出来事)
何十年か越しのラブストーリーだったのだね、この話。
「瞳の奥の秘密」 EL SECRETO DE SUS OJOS (俺の明日はどっちだ)
・ 25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく極上のラブ・サスペンス・ミステリー。
瞳の奥の秘密 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
瞳の奥の秘密’09:スペイン、アルゼンチン◆原題:EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES◆監督:フアン・ホセ・カンパネラ◆出演:リカルド・ダリン、ソレダー・ビヤミル、パブロ・ラ ...
瞳の奥に恋をして (Akira's VOICE)
「食べて,祈って,恋をして」 「瞳の奥の秘密」 
瞳の奥の秘密 (映画鑑賞★日記・・・)
【EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES】2010/08/14公開 スペイン/アルゼンチン PG12 129分監督:フアン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハ ...
mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一....
「瞳の奥の秘密」(スペイン/アルゼンチン 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
25年の歳月。 情熱。 『A』。
「瞳の奥の秘密」(スペイン/アルゼンチン 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
25年の歳月。 情熱。 『A』。
映画評「瞳の中の秘密」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アルゼンチン=スペイン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ ネタバレあり