to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

平清盛 第14回

2012-04-09 21:37:45 | TV dorama

脚本 藤本有紀
演出 柴田岳志
制作統括 磯智明
音楽 吉松隆
語り 岡田将生
出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/大東駿介/森田剛/田中麗奈/武井咲/國村隼/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一
第14回 「家盛決起」 13.7%
検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、弟・家盛(大東駿介)の反逆ののろしだった。“祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない”と家盛は決起する。そのことに目をつけたのは、藤原頼長(山本耕史)。家盛に接近し籠絡することで、平氏の武力と財力を我が物にしようとする。策略とは知らず、家盛は頼長の思うがままになってしまう。

家盛決起というよりは、今回は、嵐の予感の平氏一門と、
それを呼び込んだ宗子・家盛母子の掛け違った愛情に苦悩する姿、
離れていく弟に不安と寂しさを募らせる清盛と、そんな夫を理解し支える時子の夫婦の絆を描いた回でした。

1147年の祇園乱闘事件による忠盛との検非違使庁の蟄居生活から開放されて屋敷に戻った清盛が、後の宗盛を産んだ時子を労っているところに、
母・宗子の心痛を察した家盛が現れ、これよりは自分が平氏の跡継ぎになると宣言する。
そして今でも清盛に呪詛をしている僧侶たちに配慮して、賀茂の祭りで舞を奉じるという役も家盛にとの朝廷の命に、くさる清盛。
そして家盛の舞のさ中、藤原忠実は息子・頼長が男色の気があるのを知ってか(苦笑)
家盛は忠盛と正妻・宗子の子であるのに清盛におくれをとっているとささやく。
頼長、良い事聞いちゃった~とばかりに、早速家盛を招く。
この頼長の招待を、平氏一門は名誉だと喜び、次第に清盛は表舞台から外されていく―。

一方、藤原摂関家に忠義を尽くす父・為義と、由良姫ともぶつかって面白くない義朝は、町で偶然出会った清盛と酒を酌み交わし、頼長って厭なヤツだよねーと意見が一致したところで、
酒を売りにきた粗末な身なりの、後に義経を産む常盤と出会う。
ここの展開も巧いですよね、、義朝は由良を少し煙たいと思い始めていた直後の出会いですもん。


一方で家盛は、清盛はダメな奴、「そなたこそ平氏の棟りょうにふさわしい」と頼長の褒め言葉に
素直に疑うことを知らずに育った好青年、家盛は身も心も許してその気になるのです。

その甲斐あって翌1148年に家盛は従四位下右馬頭(じゅしいのげうまのかみ)に昇進。
清盛はまだ蟄居同然の生活で沈んだ日々を過ごす中、世継ぎの座などに拘なと、
そもそもそんな小さな了見では棟梁の器ではないと時子は突き放すのですが・・・


更に翌1149年鳥羽院の熊野詣の警護を任された平氏一門が集まる席で、家盛は自分を平家の跡継ぎにすると明言してくれと忠盛に詰め寄り、
その場で口を開かない忠盛に、清盛は父の内心の揺れを感じ取り、自ら降りると宣言してしまう。

逃げるように帰った清盛に、見込み違いだったなどという時忠の無礼な言葉が追い討ちをかけるが
一度わが殿と決めたものを、そう易々と変えられるとお思いにござりますか。
どれだけ落ちぶれようと、あなた様こそが、吾が光る君。それは生涯変わることはござりませぬ!

一門の中で孤独な長い日を送る清盛にとって、時子の言葉がどれだけ救いになったか。
思わずジンと胸が熱くなる夫婦のシーンでした

片や頼長に、御しやすいから家盛に棟梁となるべく推した、狙いは平氏の財力を藤原摂関家が握ることだったと知らされた哀れな子、家盛は
ホントは世継ぎなんかどうでも良かった。「ただ母上の笑うお顔を、、位を授かった、跡継ぎになったとお伝えした時、ただ当たり前の母として、喜んでいただきたかった」と宗子に告げて
熊野詣に向けて旅立ちます…

清盛兄弟が幼き日に起こった木登りからの家盛転落…その場で思わず清盛を恫喝した宗子―。
その後ろめたさが、時を経て吾が子家盛の道に翳をさすことになっていようとは、でもまだ宗子は不安を覚えていたに過ぎないのだけれど。。。
             
                                    
一門の為に頑張ったつもりでいた家盛が、実は平氏を危険に曝していたと知り、
熊野詣の帰途見かけた兄弟の姿に、ただ仲の良い兄弟として遊んだ木登りの日を思い出している頃、
清盛もまた無邪気に木登りをする清太たちを見ながら思い出しているのですね・・・

直情的ではあるけれど、世の為になる武士としての在り方を目指す清盛は誰にも懐柔しにくく―、
一門の前で、実の子が世継ぎをしたいと言った時に、嫡男は清盛と決めていた心の軸がぶれたという忠盛パパの父親としての一面。
母の為、兄を裏切り平氏の為にという初めての欲を頼長に付け込まれた家盛は深く傷つき、
そのまま落馬してしまい…―、
去り際の家盛の哀しい訴えが、宗子の胸に癒えぬ後悔を刻むのでしょうねぇ、、、

さあ、これで来週の「嵐の中の一門」の布石は全て整いました!
来週は家盛急死の波紋が大きな嵐となって平家に吹き荒れそうです。
久々に崇徳帝・井浦新さんも登場し、近衛帝をめぐる朝廷の展開も描かれるようですね、
楽しみです



コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 今夜は「清盛」~♪ | トップ | アーティスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

TV dorama」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第14話 (またり、すばるくん。)
第十四回「家盛決起」 視聴率13.7%  
『平清盛』 第14話「家盛決起」 (英の放電日記)
 今回のテーマ(と言って良いのだろうか?)は「それぞれの複雑な心情」  人の心は背反性があり、複雑である。  今回は、家盛(大東駿介)を中心に、清盛(松山ケンイチ)、宗子(和久井映見)、忠盛(中井貴一)、時子(深田恭子)の心情が絡み合い、そこに頼長(山本...
大河ドラマ「平清盛」 Vol.14家盛決起 (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送...
ふざけるんじゃねえよ、いつかぶっとばしてやる(松山ケンイチ) (キッドのブログinココログ)
しびれるような展開である。 平忠盛の逝去まで残り四年。 藤原家成の逝去まで残り五年。 近衛天皇の崩御まで残り六年。 鳥羽天皇の崩御まで残り七年。 その後に起こる乱の予感がみなぎる久安五年(1149年)である。 平家盛は生年不詳のために実際の年齢は不明なのだが、この...
「平清盛」第14話。 (Flour of Life)
この一週間ほど、大河ドラマを見るのを楽しみにしていたことがあっただろうか…
大河ドラマ「平清盛」 第14話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
兄弟対決---------!!家盛がついに、いまだ舞子を忘れない忠盛を想い、苦しむ母のために自らが平氏の次期棟梁になると宣言!!比叡山ではいまだ平氏に対し呪詛を念じ続けられていると...
『平清盛』第14回 (悠雅的生活)
~家盛決起~
平清盛 第14回 家盛決起 (レベル999のgoo部屋)
『家盛決起』 内容 神輿騒動を起こした清盛(松山ケンイチ)であったが、やがて釈放される。 屋敷に戻ると待っていたのは弟・家盛(大東駿介) 家盛は、清盛が平氏の跡継ぎにふさわしくないと告げ、跡継ぎになると宣言する。 「このままでは、平氏は滅びるのみにございま...
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男14家盛の欲望に頼長が付け込み清盛に家盛を棟梁に指名させるも頼長の罠と知り自分の力量のなさ... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第14話は鳥羽法皇から清盛は処分を軽くされたものの、以前蟄居の身のままであり、朝廷の仕事になかなか戻る事ができない。そんな中家盛は苦しむ母を見かね ...
NHK大河ドラマ「平清盛」第14回「家盛決起」 (真田のよもやま話)
決起!ですか・・・。いえ、あのおとなしそうな人がと思えばまああれですけど、兄弟で戦をしたり殺しあったりするわけではないんでしょう?いつぞやの武田家のように父を追放してお館の座に就こうというわけでもないんでしょう?いまいちこう・・・ねえ。まあそこら辺を言...
平清盛 第14回「家盛決起」~一度だけでも当たり前の母として笑いかけて下さいませ (平成エンタメ研究所)
 今回のドラマポイントは3つ。  ひとつめは時子(深田恭子)。  「どれだけ落ちぶれようと、あなた様こそがわが光る君。それは将来変わることはございません」  どんな逆境にあっても、変わることのない人と人の絆。  ストレートでくさいせりふだが、人が生きると....
大河ドラマ「平清盛」第14回 (日々“是”精進! ver.A)
家盛と頼長… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204080004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 1066 ...
平清盛 #14「家盛決起」 (昼寝の時間)
公式サイト 久安3年(1147年)、前回の続きから。 検非違使庁から戻った忠盛に
平清盛 14話 感想 大東駿介 (ドラマとアニメの感想日記)
「平清盛」第14話「家盛決起」の感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 家盛主役の回ですね。 先に公式サイトで大東さんのインタビューを読んでいたので、観るのはなにやら複雑ですが…。 きっとフラグが立ちまくりなんだろうな~と思いつつも。 時子を相手に舞の練習...
平清盛 第14話「家盛決起」 (坂の上のサインボード)
 祇園闘乱事件が発端となった比叡山延暦寺の強訴に一応の決着をみたものの、これまで順風満帆な人生を送ってきた平清盛にとっては初めての挫折となったようで、その後も一時不遇を強いられることとなった。そのことと関係していたかどうかはわからないが、にわかに異母弟...
『平清盛』 第14回「家盛決起」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ家盛は、幼いころ庭の木から落ちて、母の宗子が清盛を叱った日を思い出します。兄が実の兄弟ではないと知った日のことを。それから、宗子の言うとおり、清盛を兄として立ててきましたが、ついに限界に。清盛は、舞の稽古をしますが、素質がないの...
【平清盛】第14回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、弟・家盛 (大東駿介)の反逆ののろしだった。 “祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない”と家盛は決起する。 そのことに目をつけた...
平清盛 第14回「家盛決起」 (みはいる・BのB)
今週も『平清盛』のお時間です♪(^-^) あらすじ・・・・
【平清盛】第14回感想と視聴率「家盛決起」  (ショコラの日記帳・別館)
第14回の視聴率は、前回の11.3%より上がって、13.7%でした。 人気の2人
【平清盛】第14回感想と視聴率「家盛決起」 (ショコラの日記帳)
第14回の視聴率は、前回の11.3%より上がって、13.7%でした。人気の2人のBL効果でしょうか?(^^;)ようやく上がって、良かったです♪(^^)『台記』には、藤原頼長の男色の記録...
第14回「家盛決起」 (shaberiba)
---これより先は私が一門を背負っていく所存--- 清盛を跡取りにすると決めていたのに・・ 跡を継ぎたいという家盛の言葉に心揺らしてしまったという史盛。 ソレを察し自から跡取りを降りると宣言した清盛...