to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

HERO

2007-09-15 23:22:51 | the cinema (ハ行)
製作年度 2007年
製作国・地域 日本
監督 鈴木雅之
脚本 福田靖
音楽 服部隆之
出演 木村拓哉/松たか子/大塚寧々/阿部寛/勝村政信/小日向文世/八嶋智人/角野卓造/児玉清/松本幸四郎[9代目]/森田一義/中井貴一/綾瀬はるか/国仲涼子/香川照之/岸部一徳/石橋蓮司/イ・ビョンホン/伊藤正之/正名僕蔵/田中要次/古田新太

東京地検城西支部に再び戻った久利生(木村拓哉)は、ある傷害致死事件の裁判を任されるが、容疑者が初公判で犯行を全面否認、無罪を主張したために思わぬ事態を迎えてしまう。被告側の弁護士・蒲生(松本幸四郎)は“刑事事件無罪獲得数日本一”の超ヤリ手。さらに事件の背後には、大物政治家の花岡練三郎(森田一義)が糸を引いていることを突き止める。 (シネマトゥデイ)

6年ぶりに城西支部に帰ってきた久利生が、柴山(阿部寛)から引き継いだ傷害致死事件を
"辞め検"弁護士の蒲生を相手に闘っていく物語。

正直連ドラも、2,3回観た記憶がある程度だし、そんなに期待していた訳じゃなかったので
TVの予告で仕入れた情報だけで観に行きました。

ストーリーは始まって結構すぐに予想がつく展開。
やはり、これはスペシャルの域を出ていないのでは?ってか、やっぱりプロットが
同局の大ヒット刑事ドラマのスペシャル版に激似なんだもん~
検察庁か所轄かの違いこそあれ、キムタクと松さんの関係は○島刑事とす○れさん。
事件とは無関係にみえる、複数の拘留中のスリとか放火犯とか・・が関係してくるラスト近くとか・・・

昨年夏放送のスペシャルを観ていたほうが、より楽しめるかも知れませんが
それでも、ゲスト出演者との関係がいまひとつ解かり難くても、あまり問題なく、
テンポの良さはあるし、コネタもあって、軽い感じで楽しめると思います
お約束の通販シーンで始まり、マスターの「あるよっ」も健在で、ファンにはここは堪らない
だけど、ラストはね~。。スペイン語ー>翻訳機で終っても良かったような。。結構びっくりしたよ~
イ・ビョンホンは(友情出演)となっていましたが、これって韓国でも絶大な人気を誇るキムタクファンへの軽いサービスなのでしょうか(笑)
ほとんど1分も映ってないし

脇を固める個性豊かな俳優陣も、連ドラ放送のころに較べ出演作が中った阿部ちゃんを初め
その個性ゆえにその後の作品のイメージも被り、はっきりいって新鮮味に欠けた感じ。
まあ、それだけ役者として活躍しているってこともあるんだけど・・・。
ヒマにまかせて主要メンバーの出演作をリストアップしてみた。
以下はフジテレビのみの連ドラ、SPドラマ私の知る限りだけど。

阿部寛='06「結婚できない男」'05SP「空中ブランコ」'04「アットホーム・ダッド」「アットホーム・ダッドSP」・SP「女の一代記」'02「ウエディングプランナー」'01「アンティーク」「できちゃった結婚」
勝村政信='06「小早川伸木の恋」'05「スローダンス」'04SP「イヌと呼ばれた男」'03「ハコイリムスメ!」「ダイヤモンドガール」「熱烈的中華飯店」'02「薔薇の十字架」'01「スタアの恋」「ファイティングガール」
小日向文世='07「牛に願いを」「アテンションプリーズSP」'06「僕の歩く道」「アテンションプリーズ」'05「がんばっていきまっしょい」'04「めだか」「ウォーターボーイズ2」「僕と彼女と彼女の生きる道」・SP「八つ墓村」'03「僕の生きる道」'02「天才柳沢教授の生活」「ビッグマネー!」「救命病棟24時SP」'01「さよなら、小津先生」「救命病棟24時」「白線流し~旅立ちの時」
八嶋智人='06「Ns'あおい」、SP'04「ワンダフルライフ」SP「古畑任三郎すべて閣下の仕業」'03「ウォーターボーイズ」「美女か野獣」'02「空から降る一億の星」「初体験」
大塚寧々='06、'03「Dr.コトー診療所」'04「Dr.コトー診療所」SP
児玉='06「トップキャスター」「危険なアネキ」'04「ラストクリスマス」'03「美女か野獣」'02「恋ノチカラ」

ってか、私もよく観ていたわね、ほとんどながら観なんだけど
コメント (29)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
« プライドと偏見 | トップ | WOWOWドラマ放送日決定 »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お茶の間サイズ~ (cyaz)
2007-09-16 09:06:41
kiraさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m

まあまあ無難でしたね^^
このメンツを集めてフジの総力を挙げて失敗は許されないでしょうけどね(笑)
僕自身は逆にこのサイズはお茶の間でこそウケるサイズだと思いましたね(笑) そこは『踊る~』とは違う要素だと思ったのですが(汗)

こんにちは。 (ジョー)
2007-09-16 09:32:31
TBありがとうございます。
TVの延長とはいえ、やはり、映画ならではのスペクタクルを期待してしまします。その点、ちょっと残念でした。
よくご存知ですねw (たいむ)
2007-09-16 10:24:50
こんにちは。
見事にフジらしいしあがりでしたよねw
私は「踊る」も大好きだけど、こちらもコチラで大好きです。
SPの延長みたいなものでしたが、しっかり楽しみました。
cyazさん* (kira)
2007-09-16 11:24:42
こんにちは♪お越し下さりありがとうございます!

「ひとつぶで、2度」のフジらしい映画化だったのだというところでしょうか(笑)
cyazさんも触れてらした久利生と滝田のシーンは、作品中一番好きなシーンでした。
中井貴一さん、存在感ありましたね彼はやはりスクリーンが似合います♪
ジョーさん* (kira)
2007-09-16 11:52:51
こんにちは♪
早速のエコー、コメントありがとうございます!

このストーリーで2時間以上もたせるためには、韓国ロケが必要だったのは頷けますが、
その流れが・・・でした。
やはり福田さんは、原作ものをお書きになった時の方が面白い気がします
たいむさん* (kira)
2007-09-16 12:02:39
こんにちは~♪お越し下さり、有難うございます!

せっかくだもの、楽しめてよかったです~
観賞後、ドラマ好きの友人と話していて、「フジお抱えのキャスト」だと
全てが想定内って感じですか(笑)
あ、ラストショットにはびっくりでしたが
こんばんわ (睦月)
2007-09-16 20:37:32
TB&コメントありがとうございました!

すごい!こんなにドラマリストを作れるだなんて。
でも私、ほとんど観てました(苦笑)。結構なドラマ好きなんです。
特に阿部ちゃんの『アンティーク』と大塚さんの『コトー』は大好き♪

ところで、この作品のラストにはビックリでしたよ。
私はあのラスト・・・アンチ派です(苦笑)。
ホント・・途中で止めてくれればよかったのに。あんなあからさまな描写はいらなかったような気が・・・(苦)
こんばんは。 (未来)
2007-09-16 21:29:17
ドラマのファンだった私にすれば、結構楽しめました。
でも肝心のストーリー・・・
事件・相手弁護士・裁判シーンなど真新しさも無くごく平凡、
ドラマスペシャルでも十分かもしれませんね。。。
最後のシーンは意外でした。。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-09-16 22:45:18
TBありがとうございました!
6年といえば長いですもんね。
その間に主要キャストはそんなにたくさんのドラマに出ていたんですね~。
一番の出世頭は阿部ちゃんかな?
6年経ってもすぐに城西支部の雰囲気になっちゃうのが嬉しいところでした。
ラストシーンでは驚きの声が上がってましたよ。
あれには私も反対だなぁ。
TB&コメントありがとうございました☆ (rikocchin)
2007-09-16 23:26:26
kiraさん、こんばんわ~

>ストーリーは始まって結構すぐに予想がつく展開。

まさに、そうですね(笑)
でも、それでも大~い好きです☆
法廷でのシーンでは、キムタク演じる久利生の迫真の台詞に感動して思わず泣いてしまいました。
安倍首相が突然退陣されて、首相戦の話題でメディアは持ちきりですが、実際の話、あの方々がこんな久利生の切々と訴えるような巷の出来事にどれだけの価値観を持っているのかなっと冷めた目で見てしまう自分がいます。
そうそう、ラストの翻訳機でのあのシーン(笑)
あんな中途半端なんだったら、ない方が「HERO」っぽかったですよね~

コメントを投稿

39 トラックバック

『HERO』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「HERO」□監督 鈴木雅之 □脚本 福田靖 □キャスト 木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、角野卓造、児玉清、松本幸四郎、森田一義、イ・ビョンホン、岸部一徳、中井貴一、綾瀬はるか、香川照之 ■...
「HERO」:大久保通りバス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}いま、池袋から渋谷まで道路の下は、地下鉄の工事の真っ最中だけど、地下鉄が完成したら、ここのバス路線はなくなるのかしら。 {/kaeru_en4/}さあ、どうだろうな。検察があれば警察がいらないように、地下鉄があればバスはいらないのかもな。 {/hiyo_en2/}な...
「HERO」みた。 (たいむのひとりごと)
やっぱ久利生公平、サイコー!木村拓哉演じるドラマの主人公は、どいつもカッコイイヤツばかりなのだけど、中でも一番好きなのがこの久利生公平。番組そのものも大好きで、インパクトある”メインテーマ”や御馴染
HERO(映画館) (ひるめし。)
久利生公平、最大の危機。
映画「HERO」を観ました!!(2007-20) (馬球1964)
映画「HERO」を観ました!!2007年の第20作目です。
HERO (Akira's VOICE)
裁判劇は物足りなくても, ラブストーリーは満足。
HERO (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  『チーム・HERO』、ここにあり!  
『HERO』 (ラムの大通り)
----これって記録的な視聴率を獲得した あのテレビ番組の映画ヴァージョンなんでしょ? 「そうだね。 ぼくはテレビシリーズとは縁がなかったけど、 この映画を観れば人気の秘密も分かるな。 間違いなくこれは大ヒットするだろうね」 ----あらあら、また予言ニャんかしちゃ...
角野卓造さんの似顔絵。「HERO」映画+全11話+スペシャル編おさらい。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
「あるよ。」あのバーテンダー(田中要次)の、小ネタとも言えるセリフ。 「俺、諦めないことには自信あるんですよ。」 これは昨夏放送された、スペシャルドラマでの久利生公平(木村拓哉)の言葉。 職業の違いはあれど、不可能と簡単に思われたくない(思いたくない)...
「 HERO (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【HERO】 9月8日(土) 公開 監督 : 鈴木雅之 出演 : 木村拓哉/
HERO (future world)
テレビシリーズは好きで観ていたので、映画も楽しみにしていた。 初日夕刻の映画館、かなりの人でいっぱいだ。 客入りは良いみたいで、客層も老若男女様ざまだわ・・・ 女同士・カップル・家族連れ・・・さすが人気ドラマ、 フジテレビもかなりの力の入れよう、まん...
映画 【HERO】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「HERO」 2001年にフジテレビ系列で放送された大ヒットドラマ「HERO」の劇場版。 TVシリーズ&昨年放送のスペシャル版を踏まえた展開になっています。 “人気ドラマ→映画化”は最近ではお馴染みの流れ。ただ、映画になると急に話が大きくなったり、海外ロケ...
【劇場映画】 HERO (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 東京地検・城西支部の検事、久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。担当弁護士は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護士、蒲生一臣。豪腕弁護士として名を轟かしてい...
HERO(2007年) (勝手に映画評)
レギュラーテレビ放送の11話すべてと昨年7月に放送された特別編が、視聴率30%を超えたと言うドラマの映画化。 前回のレギュラー放送から実年月で6年の時を経ているわけですが、物語上も6年経過しています。この6年と言う時間が経過しているにもかかわらず、東京...
【2007-128】HERO (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 証言を覆された小さな事件 国家を揺るがす大きな事件 揺るぎない1つの真実 久利生公平 最大の危機
HERO (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2007/09/08(09/08鑑賞)製作国:日本監督:鈴木雅之製作:亀山千広出演:木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、角野卓造、児玉清東京地検・城西支部に戻ってきた久利生公平はある日、容疑者が既にその犯行を認めている傷害致死...
HERO (心のままに映画の風景)
東京地検・城西支部の検事、久利生公平(木村拓也)は、同僚の芝山貢(阿部寛)が起訴した事件の裁判を任される。 容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。 担当は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護
「HERO」完成披露プレミア試写会 (てんびんthe LIFE)
「HERO」日本武道館で鑑賞 ドラマをみたことのない私がどうして武道館にいたのかよくわからないけど、たぶん、フジTV発のお祭り作品だからだったのでしょう。武道館という場所で試写会をするというのは全く魅力を感じないことですが、(主催者はどうしてあそこで...
HERO (虎猫の気まぐれシネマ日記)
映画は観るけどドラマは殆ど観ない私は,実はこのHEROのドラマ版は未見だ。だから,まっさらな状態で検事久利生公平や,その仲間たちと今回スクリーンで出逢った。 法曹界のことも詳しくはない。検事は,被疑者を告発する側で弁護士は被疑者を弁護する側。陪審員制のない...
★ HERO ★ (私の気ままな部屋 - ♪asitahatennki♪)
楽しみにしていた HIRO 観てきました。{/onigiri_1/} うーーーーん。{/face_ase1/} なんというか・・・。 面白かったんですけど、 内容も悪くはないんですけど、 映画館で観なくても・・・? 映画にしなくても・・・? テレビとどこが違うのか・・・? スクリーン...
HERO・・・・・評価額1150円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ここのところ、映画に活躍のフィールドを広げつつある木村拓哉の最新作は、2001年に放送されたヒットドラマ「HERO」のザ・ムービー。 内容的には、昨年放送されたスペシャル版テレビドラマの続編的な性格の作品であり、
「HERO」 (森の中の一本の木)
HERO - goo 映画  テレビドラマでも好きで、家族で毎回見ていた「HERO 」、映画も家族揃って初日の初回に観に行きました。    始まったばかりなので、ネタバレせずに簡単に感想を書きたいと思います。この映画、ほぼ2時間20分飽きるシーンがありません。 &n...
やっぱキムタクはかっこいい! 【HERO】 (犬も歩けばBohにあたる!)
今秋一番の注目作品といえば…… やっぱ、木村拓哉主演『HERO』でしょう。 かく
HERO (ネタバレ映画館)
あれは被告の弁護士?あ・・・お父さん。
事件に大きいも小さいもない?『HERO』 (水曜日のシネマ日記)
2001年にテレビ放送されたドラマの続編劇場版作品です。
あんぱんち出演・映画『HERO』の舞台挨拶には行けなかったので、ゴールドクラスで見てきた(爆) (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
「ないよっ!」舞台挨拶チケットが取れなかった (;>_<;)ビェェン徹夜でチケぴに並ぶ予定が体調不良で断念。電話を片手に朝10時前からPC前でスタンバイするも、つながらずw10万とか6万もポンと出せる富裕層のキムタクファン。最低でも3万って・・・手も足も出や...
★「HERO」 (ひらりん的映画ブログ)
テレビシリーズでは毎週30%以上の視聴率を獲得してたらしい。 ひらりんも、ちょろちょろ月9ドラマは見てたので、キャストはばっちり。 という事で、混んでるだろうなーー・・・とは思いつつ、初日のナイトショウで鑑賞。
映画「HERO」 (日々のつぶやき)
出演:木村拓哉、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、松本幸四郎、香川照之 面白かった~~~!連ドラは欠かさず見ていたのでとっても楽しみな映画でした。・・スペシャル版はところどころ見逃したのだけれど・・ 本当は初日に見にいこうと思ってい
『HERO』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『HERO』 (本館) 【監督】鈴木雅之 【製作】亀山千広 【脚本】福田靖 【出演】 木村拓哉/松たか子/大塚寧々/...
HERO (cococo)
テレビドラマが放送されていた時もほんの少し見かけただけだったが、おおむね話のベー
映画:HERO (駒吉の日記)
HERO(TOHOシネマズ六本木ヒルズ 2007/10/03) 「わたしたちはキムチが大好きです」 レディースデイ、「パーフェクト・ストレンジャー」か「キャンディ」かと悩みましたが週中でお疲れ気味だったんでアタマ使わないのにしようと本作にしました。公開されて一ヶ...
HERO 観た! (せるふぉん☆こだわりの日記)
かなり遅れ馳せながら「HERO」観てきました~。 まあ、連ドラも面白かったので
HERO  称号:凡作+ (映画細胞~CinemaCell)
地方から東京地検城西支部に再赴任した久利生は、簡単と思われた裁判を任された。し
HERO (Yuhiの読書日記+α)
フジテレビ系列で放映されていたドラマ自体は、先日放映していたスペシャル以外、全く見ていなかったので、映画も特に見る予定ではなかったのですが、何となく見てしまいました。 連ドラでやっていた時に全く見ていなかったので、人間関係が分かるかどうか心配していたの...
HERO (Schicksal)
日経エンターテイメント12月号で、動員550万人、興行収入が70億円突破し、80億円を超えると見込まれているHERO。 久利生公平(木村拓哉)は、中卒ながらも司法試験に合格し、検事に
HERO (愛猫レオンとシネマな毎日)
2001年に放送された大ヒットドラマの映画化です。 伝説のドラマと呼ばれているのは、平均視聴率が30%を超えてたからなんですね。 昨年の夏、テレビスペシャルの形で1度蘇ったそうですが、その時も30%を超えてたそうです。 内容は、みんなの方が、よく知っ...
HERO (Memoirs_of_dai)
お金のかけ方 【Story】 東京地検城西支部に再び戻った久利生(木村拓哉)は、ある傷害致死事件の裁判を任されるが、容疑者が初公判で犯行を全面否認、無罪を主張したために思わぬ事...
映画評「HERO」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・鈴木雅之 ネタバレあり
『HERO』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ東京地検・城西支部の検事、久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。担当弁護士は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護士蒲生一臣だった・・・。感想ファン納得!?ドラマと同...