to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ミス・ポター

2007-10-19 01:07:02 | the cinema (マ・ヤ行)
原題 MISS POTTER
製作年度 2006年
製作国・地域 イギリス/アメリカ
上映時間 93分
監督 クリス・ヌーナン
製作総指揮 レネー・ゼルウィガー 、レニー・ゼルウィガー 、ルイス・フィリップス 、ナイジェル・ウール 、スティーヴ・クリスチャン
脚本 リチャード・マルトビー・Jr
音楽 ナイジェル・ウェストレイク
出演 レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン/ビル・パターソン/バーバラ・フリン/マッティエロック・ギブス/ロイド・オーウェン

ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの波乱に満ちた半生を描いたヒューマン・ドラマ。

1902年、ヴィクトリア王朝時代。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちるが、身分違いの恋には思わぬ運命が待っていた。 (シネマトゥデイ)

20世紀初頭、まだ女性は親か夫に頼って生きるしかなかったその頃、好きな絵本で身を立てたいと願うポターは、
自ら出版社に赴き、絵本の出版にこぎつける。
世間体を気にし、干渉する母親やお目付け役の侍女を明るくかわしながら
彼女の担当になった編集者のノーマンの理解のもとで、嬉々として夢に向かう姿が可愛い
絵本に登場するお気に入りの動物たちはみんな彼女のお友だち
そのお友だちは、時々誘うように動き回り彼女を慰める

少女のころ過ごした湖水地方の自然の中で出会った動物たちを描き、
弟にその動物たちのお話を作って聴かせるのが得意だったポターは、そのまま想像の世界を絵本に投影。
ピーターラビットの誕生だった。
そしてそのポターに信頼を寄せ、一緒に知恵を出し合い導いてくれたノーマンへの愛にも
純粋に一途な姿は微笑ましい。
30代で未婚―これは現代においてもやはり周囲の目がうざったく感じる女性は多いだろうが、
この時代に特に体裁を気にする母を相手に、凛として見合いを断り続ける事がいかに大変だったか想像に難くない。
このあたりの母娘のやりとりは、先に観賞した"高慢と偏見"が思い出され、
(結婚に)「愛を求めてはいけないの?」にジンとしてしまった。

キュートで愛らしい女性、ポターと、穏やかで優しいノーマン。
レニー・ゼルウィガーは厭味なく自然に演じていて、
純情な恋する紳士、ノーマン役のユアン・マクレガーもぴたりと嵌っていた
ふたりが恋に堕ちた場面でユアンが歌う"ダンスを教えて"にうっとり・・・
史実に基いたドラマだと解かっていても、理想的な微笑ましいカップル
このままふたり幸せになってもらいたかったな・・・

ケイティ・メルアが歌う主題歌「ダンスを教えて」が流れる時、再び涙に襲われる
ポターの、いつまでも瑞々しい感性と愛を静かに綴った、すてきに心地よい作品でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント (36)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
« ウィンター・ソング | トップ | 今夜の「堂本兄弟」 »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あっさり風味でよかったです^^ (ゆう)
2007-10-19 08:40:16
とても後味のいい作品でした。

派手な演出とかはありませんけど、
美しい映像はスクリーンで観る価値大だと
思いました。
音楽もよかったです。

TBしていきますね^^
上手い~ (cyaz)
2007-10-19 18:28:28
kiraさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m

うちのお風呂にいる10年選手のピーターラビット。この映画を観て、なんだか今まで以上に癒されている感じです^^
ユアンの久々の歌声は思わず『ムーラン・ルージュ』を思い出してしまいました^^ 上手いですよね~♪
体型はわからないけど、本物のポターに見えてしまうレニー(笑)、やはりキマッてますね!
あの時代から自然保護運動に提唱していたポターの生き方が、世界中でピーター・ラビットが親しまれた一番の要因でしょうね~
ゆうさん* (kira)
2007-10-19 22:10:39
こんばんは!TB,コメントありがとうございます♪

>とても後味のいい作品
ほんとにそうでした~!
この時代の慎ましやかな恋愛、
充分ロマンティックな気分を味わえました
音楽もステキでしたね♪
いい環境で観賞できたし、満足でした~
こんばんは。 (オリーブリー)
2007-10-19 22:41:03
kiraさん、
TB&コメント、ありがとうございました(^^)

良い映画でしたね~オルゴールのダンスシーン、飛び出すピーター達も可愛かったです♪
エンドロール「ダンスを教えて」の字幕でも泣けました!

ここでは結ばれなかったお二人の「恋は邪魔者」を思わず借りて観ました(笑)
これも、良かったです♪
今晩は(^_-)-☆ (mezzotint)
2007-10-19 23:19:12
kiraさん
今晩は
TB・コメントありがとうございます
ピーターラビットは知っていても、
原作者の事はあまり知りませんでした。
映画公開で、作者ポターの足跡を
知るいい機会だったと思いますね。
ピーターラビットが100年経った今も
世界中で愛される理由も
分かりますねユアンのノーマン、
本当にそっくりですね
こんばんは! (由香)
2007-10-19 23:46:14
kiraさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・

優しい映画でしたね~
鑑賞直後は盛り上がりに欠けたかなぁ~と思ったのですが、後からラジオで映画の曲を聴く機会があった時に、ジーンとして涙が浮かびました。
ビアトリクスとノーマンのピュアな愛に心打たれていたようです。幸せになってもらいたかったですね~

ところで、プチレオ君祭として『太陽と月に背いて』の感想をupしました~
本当はkiraさんと同じく『バスケット~』を書こうと思ったのですが、悲しい話なので後回しにしちゃった(汗)
今度勇気を出して観ようと思います。DVDを持っているので♪
TB&コメントありがとうございました☆ (rikocchin)
2007-10-20 18:12:57
kira.さん、こんばんは~☆
独身女性が身分や家の都合での結婚を余儀なくされる時代背景として、私も「プライドと偏見」を思い出しましたよぉ~
日本でも十数年前でも30代を過ぎた女性は肩身がせまかったでしょうが、特に財産や身分の順に結婚相手が当然のごとく決められていたこの国のこの時代に、自立して生きていこうとするビアトリクスは想像以上に大変な事だったでしょうね~
実在の人物ですから、事実は変らないですが、お似合いの二人のハッピーエンドを願うkira.さんの優しさが伝わって来てほほえましく思いました~☆
Unknown (margot2005)
2007-10-20 20:01:16
こんばんは!
ご覧になりましたのね!
この作品は今年度の癒される映画NO1に入れたいと思います。
エンディングの曲も素敵でしたね。
レニ&ユアンのカップルが素敵でした。
そうそう「高慢と偏見」思い出しますよね?

映画では婚約者として描かれているノーマン、実際はポターと結婚してからお亡くなりになったみたいですね。
土地開発業者から湖水地方を守ったポターさん素晴らしい方ですわ。
cyazさん* (kira)
2007-10-20 21:57:55
こんばんは!コメントありがとうございます♪

そうですよね、もう普段に使っていない食器ですが、観賞後はほんとにもっと大切な存在になった感じです

cyazさん、「ムーラン」未だ観てないんですよ~。
なんだろ、なかなか手が伸びなかったんですが、これで観てみたいと思いました!
レニーはこういう役に可愛さを与えるというか、ほんとにチャーミングですね
オリーブリーさん* (kira)
2007-10-20 22:08:53
こんばんは♪お越し下さりありがとうございます!

>エンドロール「ダンスを教えて」の字幕でも泣けました!
そぅ!私もあそこで不思議なくらい涙が止まらなかったんですよ
お似合いの二人だったのに・・・

「恋は邪魔者」感想見に伺いますね~。私も早速借りてこなくっちゃ(笑)

コメントを投稿

the cinema (マ・ヤ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

50 トラックバック

私もそうでありたい。『ミス・ポター』 (水曜日のシネマ日記)
ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品です。
映像が美しいです!!『ミス・ポター』 (武と映画と日常)
公開を楽しみにしていた作品のひとつの『ミス・ポター』を 観てきました。 作品の詳細は[http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD10161/story.html こちら]をどうぞ。 ピーター・ラビットが好きなのにその作者のことは 何ひとつ知らなくて・・・。 男...
「ミス・ポター」 想像すれば人生はいつも輝く (明日へのヒント by シキシマ博士)
映し出されるすべてが愛おしい、大切な宝物のような映画に出会えました。 ?ピーターラビット?の生みの親、ビアトリクス・ポターの物語「ミス・ポター」。 女性向けの映画のように思われがちですが、仕事や人間関係に疲れているオジサンにこそ、是非とも観て頂きたい映画...
ミス・ポター(映画館) (ひるめし。)
その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。
『ミス・ポター』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ミス・ポター」□監督 クリス・ヌーナン □キャスト レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン、ビル・パターソン、バーバラ・フリン ■鑑賞日 9月22日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (...
ミス・ポター (ネタバレ映画館)
ハリー・ポッター作者の伝記映画だと思ってた・・・
ミス・ポター (Akira's VOICE)
こらピーター,魔法を使っちゃダメ!
『ミス・ポター』 (Sweet* Days**)
監督:クリス・ヌーナン CAST:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー 他 1902年、ヴィクトリア王朝時代の封建的なロンドン。上流階級の女性、ビクトリアス・ポタ...
「ミス・ポター」みました♪ (★Shaberiba ★)
「ピーターラビット」の生みの親♪   
ミス・ポター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。』  コチラの「ミス・ポター」は、「ピーターラビット」の作者ビアトリクス・ポターの恋と波乱に満ちた半生を描く感動作で、9/15に公開となっていたのですが、昨日の「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」とは逆に、あまり...
ミス・ポター (心のままに映画の風景)
1902年、ロンドン 上流階級の家庭に育ったビアトリクス(レニー・ゼルウィガー)は、 子供の頃からの夢であった絵本を出版しようとしていた。 その主人公は、青い上着をきた愛らしいうさぎのピーター。 担当編集者の
ミス・ポター (そーれりぽーと)
『恋は邪魔者』のコンビ、レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーが再び恋人同士の役? ピーター・ラビット出生の逸話を描いた『ミス・ポター』を観てきました。 ★★★ ピーターラビットの作者ヘレン・ビアトリクス・ポターのユニークな半生を描いた映画。 キュート...
★「ミス・ポター」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは・・・ 「スキヤキウェスタン・ジャンゴ」とか、先行上映の「アーサーとミニモイ・・・」など、 見たいものが目白押しだったけど・・・ 何故か苦手系女優レニー・ゼルウィガー主演の本作を鑑賞。
MISS POTTER☆ミス・ポター (銅版画制作の日々)
その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。   9月17日、MOVX京都にて鑑賞しました。「ピーターラビット」を生んだビアトリクス・ポターの物語。お話も素敵ですが、イギリスの湖水地方の景色もたまらなく美しく、心が和む映画です。   STORY 時は19...
ミス・ポター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今週から続々と期待している新作が公開される何本観れるかなぁ~【story】1902年、ビクトリア王朝時代。身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ビアトリクス・ポター(レ二ー・ゼルウィガー)は、『ピーターラビットとその仲間たち』...
ミス・ポター (とりあえず、コメントです)
ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターの人生を描いた物語です。 動物たちの絵の可愛さと見渡す景色の美しさ、そしてミス・ポターの選んだ人生に胸を打たれました。 1900年初頭の封建的で階級意識の強いイギリス。 上流階級の家で育ったビアトリクス・ポター(レ...
「 ミス・ポター/ MISS POTTER (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ミス・ポター 】 9月 日(土) 公開 監督 : クリス・ヌーナン 出演 
「ミス・ポター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Miss Potter 」2006 UK/USA “ピーターラビット”の舞台となる英国カンブリア州にある湖水地方1/湖水地方2は3年前の夏に訪れた。そこは自然が一杯の素晴らしい地域で、この映画は楽しみにしていた。 ミス・ポターが土地開発業者から湖水地方を守ろうと、財産を投げ...
ミス・ポター (ぷち てんてん)
昨日「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」と一緒に見た映画。なんという組み合わせ(笑)でもそれぞれ全く違うものというのは意外といい組み合わせです^^)☆ミス・ポター☆(2006)クリス・ヌーナン監督レニー・ゼルウィガーユアン・マクレガーエイリー・ワトソンストーリ...
「ミス・ポター」 MISS POTTER (俺の明日はどっちだ)
昔々ロンドンにいた頃、日本からやってきた友達に人気だったのがマリークワントの口紅とピーターラビット柄のウエッジウッドの食器だったりした。 そんなピーターラビットの作者ヘレン・ビアトリクス・ポターがまだまだ封建色の強かった20世紀初頭という時代に抗して生き...
『ミス・ポター』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1571に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  し……、尻すぼまり? 『ミス・ポター』 "MISS POTTER" 2006年・イギリス&アメリカ・93分 監督:...
★★★★★「ミス・ポター」レニー・ゼルヴィガー、ユアン・マク... (こぶたのベイブウ映画日記)
ビアトリクス(レニー)の子供時代のお洋服や帽子がピーターラビットの絵本と一緒で感激しました♪子猫のトムくんのエプロンみたいなお洋服が出たり、お帽子もそっくりで、しかも汚して怒られていたり。↑こういう話が絵本にあるんです~♪ピーターがちょこちょこ動いたり、...
ミス・ポター・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Potterさん」と言っても、眼鏡を掛けた魔法使いの少年ではない。 英国の児童文学者で画家、というよりは世界一有名なウサギ、ピーター・ラビットの生みの親として知られるビアトリクス・ポターの半生を描いた「ミス・ポ
ミス・ポター (Yuhiの読書日記+α)
ヴィクトリア朝の封建的な空気が残る1902年のロンドン。上流階級の家庭に育ったビアトリクス(レニー・ゼルウィガー)は、子供の頃からの夢であった絵本を出版しようとしていていた。主人公は、青い上着を着た愛らしいうさぎ、ピーター。新人編集者、ノーマン(ユアン・マ...
「ミス・ポター」 (首都クロム)
 ずっと以前からピーターラビットが大好きなのです。愛読していた頃から、鼻をヒクヒクさせて今にも本のページから飛び出してきそうな彼らを、幼いビアトリクス同様、思い描いては逃げ出さないうちにページを繰るという楽しい遊びに耽ったものです。シンプルな語り口がま...
ミス・ポター (2006) MISS POTTER 93分 (極私的映画論+α)
 ピーターラビットにはさほど興味はありませんが(笑)
ミス・ポター/レニー・ゼルウィガー (カノンな日々)
幼少の頃から慣れ親しんでるピーターラビット。大人になってからはプレゼントを買うときにピーターラビットの絵柄のウェッジウッドの食器を選んでます(笑)。友達と共同で買う時なんかは意見が一致しやすいというかスゴク好きじゃなくても好感を持ってるんでしょうね。。で...
ミス・ポター (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  青い上着をつけたあの可愛いうさぎ、ピーター・ラビットが生まれて100年が経つ。この愛らしいうさぎの絵本は、今だに全世界の子供たちと女性の心を掴んで離さない。  ピーター・ラビットを生み出したのは、英国のビアトリクス・ポターである。彼女は上流...
映画「ミス・ポター」 (<花>の本と映画の感想)
ミス・ポター 監督 クリス・ヌーナン 出演 レニー・ゼルウィガー 、ユアン・マクレガー 、エミリー・ワトソン 、ビル・パターソン 、バーバラ・フリン 、マッティエロック・ギブス 2006年 映画館にて鑑賞 1902年、ヴィクトリア王朝時代。ビクト...
【ミス・ポター】 (+++ Candy Cinema +++)
【MISS POTTER】 監督・製作 クリス・ヌーナン    脚本 リチャード・マルトビー・Jr 製作総指揮 レネー・ゼルウィガー 製作年度 2006年     日本公開 2007年9月15日   上映時間 1時間33分 製作国 ア
「ミス・ポター」 (或る日の出来事)
「ピーターラビット」の本を、この世に生み出した作家ビアトリクス・ポター。 私はピーターラビットの絵くらいは知っていたが、作者のことは、まったく知らなかった。 映画のいいところのひとつは、実在した人物につい
ミス・ポター (小部屋日記)
Miss Potter(2006/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン/ビル・パターソン/バーバラ・フリン/マッティエロック・ギブス ようこそ、 ピーターラビットが生まれた世界へ。 上品で...
#132.ミス・ポター (レザボアCATs)
全世界111ヶ国で出版され、一億部を売り上げた大ヒットシリーズ、ピーター・ラビットの生みの親、ベアトリクス・ポターの物語。
ミス・ポター (5125年映画の旅)
イギリス上流貴族の娘、ビアトリクス・ポターは、32歳になっても結婚せずに絵本ばかり書いていた。そんな中で生まれたキャラクター「ピーターラビット」を出版しようとするビアトリクスだったが、なかなか出版社が見つからない。やっと見つけた出版社からやってきた...
映画 【ミス・ポター】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ミス・ポター」 ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品。 おはなし:1902年、ヴィクトリア王朝時代。上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。やがて編集...
ミス・ポター (迷宮映画館)
世に偶然というものがあるのならば、やはりそれは神の気まぐれ?
「ミス・ポター」 (NAOのピアノレッスン日記)
~ピーター・ラビットの誕生に秘められた恋~ 予告編から気になってたので、とっとと行ってきました。2006年 アメリカ作品 角川映画配給 (07.9.15公開)[監督]クリス・ヌーナン[製作総指揮]レニー・ゼルウィガー[出演] レニー・ゼルウィガー・・・・・・ビクト...
ミス・ポター (映画を観たよ)
ピーターのパパはウサギパイに・・・
「ミス・ポター」 (森の中の一本の木)
 始まる瞬間、一緒に行ったお義母さまが、「今日は、泣くような映画ではないわよね。」と言いました。「えっ、さあ、それは分からないわ。」 だって、これから見るんですもの。それに、私の涙は軽くてさらさら流れてしまう事をこの人は知らない・・・・  だからと言っ...
”ミス・ポター ” (映画趣味)
”ミス・ポター ”を観た。 よかった。 ヴォルデモートとの闘いを陰で支えた、ポッター夫人の生涯...な、わきゃない。綴りは一緒なのに”ミス・ポッター”でないのはやはり、こういうくだらないことを言う人を一人でも少なくする為か... ピーターラビットの生みの親。...
愛は田園の彼方に―「ミス・ポター」 (豆酢館)
20世紀初頭。ヴィクトリア調の古い封建制度を色濃く残すここロンドンでも、新しい時代への潮流は起こり始めていた。 裕福な法廷弁護人のルパート・ポターを父に持つビアトリクスは、上流階級の女性は結婚して家庭に引きこもるのが当前とされた時代に、アーティストとして...
ミス・ポター (夫婦でシネマ)
世界で最も有名な絵本「ピーターラビット」の作者、ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品。温かな優しい気持ちになる素晴らしい映画です。
『ミス・ポター』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
111カ国で1億部のベストセラー! 100年を超えて世界で一番愛されているうさぎ「ピーターラビット」 その誕生に秘められた感動の物語優秀な才能たちが贅沢に表現する、一途に生きた女性の心 英国ヴィクトリア朝の保守的な気風が色濃い時代に、当時としては珍しく職業...
ミス・ポター (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 アメリカ/イギリス 監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン/ビル・パターソン ストーリー:ヴィクトリア朝の封建的な空気が残る1902年のロンドン。上流階級の家庭に育ったビアトリクス...
◆DVD・ミス・ポター (映画大好き☆)
ミス・ポター監督:クリス・ヌーナン出演者:レニー・ゼルウィガー、 ユアン・マクレガー、 エミリー・ワトソン、 ビル・パターソン収録時間:93分レンタル開始日:2008-02-08Story「ピーターラビット」の生みの親、ビアトリクス・ポターの恋と波乱に満ちた半生を描く。ヴ...
『ミス・ポター』 を劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
「WhenYouTaughtMeHowToDance」 に聴き入ったエンディングとても幸せな気持ちで帰ってきました。レタスを食べて眠くなる、マクレガーさんの農場のお話セージを使ってお料理されそうになる、あひるのジマイマのお話すっかり忘れていた 『ピーター・ラビット』 の物語が....
映画評「ミス・ポター」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年イギリス=アメリカ映画 監督クリス・ヌーナン ネタバレあり
『ミス・ポター』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1902年、ヴィクトリア王朝時代。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガ...
ミス・ポター (Blossom)
ミス・ポター MISS POTTER 監督 クリス・ヌーナン 出演 レニー・ゼルウィガー ユアン・マクレガー     エミリー・ワトソン ビル・パ...
映画「ミス・ポター」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
いや~、正直言って、お土産付試写会でなかったら応募していなかった地味そうな映画。 ところがどっこい! なんだか~いいんだな~~この映画。 本当に癒される映画・・・・・・自然と微笑んで観ている自分がそこにいた。 このレビューは、2007年に試写会で観た時のも...