to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

64-ロクヨン-前編

2016-05-14 22:18:47 | the cinema (ラ・ワ行)

犯人は、まだ
昭和にいる。

上映時間 121分
原作 横山秀夫
脚本 瀬々敬久 久松真一
監督 瀬々敬久
出演 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/菅田俊/瑛太/吉岡秀隆/永瀬正敏/三浦友和

横山秀夫の傑作ミステリーを豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の前編。
7日間で幕を閉じた昭和最後の年、昭和64年。そのわずかな間に少女誘拐殺人事件が発生。それは刑事部で“ロクヨン”と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点を残し14年が過ぎ去った……。
時効まであと1年と迫る平成14年。当時“ロクヨン”の捜査にあたった刑事・三上義信(佐藤浩市)は、警務部広報室に広報官として異動する。三上は時効が迫ったロクヨン解決のために動き出すが、そこに巨大な壁が立ちはだかる。記者クラブとの確執、キャリア上司との対立、刑事部と警務部の軋轢……。そんななか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する……。


公開初日の夜の回、観てきました。
普段は大抵、情報を入れずに映画を観てきているので、最近ドラマ版を観たばかりで
こういうミステリーが(しかも前後編)どこまで愉しめるか、不安でしたが、
ぃや~~っ流石のキャスト陣!ぐいぐい引き摺りこんでくれました。
面白かったです!


とある県警。
ある交通事故の被疑者の実名を公表するか否かで、県警と記者クラブとで激しい攻防が繰り広げられている。
この仕切りを任されているのは警務部の広報に異動になったばかりのベテラン警察官・三上。
この県警の抱える未解決の少女誘拐殺人事件“ロクヨン”の担当刑事だった。
そして、彼は恐らくは精神疾患(醜形恐怖症)だと窺わせる高校生の父親でもあり、
家庭の悩みも抱えながら、再び“ロクヨン”と関わっていく…―

三上は、県警と記者クラブの板挟みで窮地に立たされ、あるいは本庁と県警の板挟みになり
また、対立する刑事部と警務部との板挟み、情報を得られない中で、被害者家族と関わっていく。。

もの凄い数の登場人物ですが、それぞれの立ち位置がしっくりするキャスティング。
広報官三上を支える若手の綾野剛。
三上を窮地に追い込む尖がった記者の瑛太。かなりイイです(笑)
タカピー警務部長の滝藤賢一、その部下の調査官仲村トオルちゃんのキャラは
ドラマ「刑事の勲章」と同じ(笑)
そして“ロクヨン”関係者の永瀬、窪田、吉岡秀隆、菅田俊、何れもぴったり


この前編は、ミステリーとしてはプロローグでも、
ヒューマンドラマとしてはちゃんとクライマックスもある。

警察という特殊な舞台ではあるけど、社会はこんなにも生き難い。
だけど、様々な困難と闘って、大人は子供を護ろうと必死に生きている。

この2時間で描かれる三上の孤独な闘いに胸が潰れそうになる。
が、
これは、大人だけでなく、これから大人になる世代にも観て欲しい作品。
来月の後編も楽しみです♪
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« 私たちまた・・・ | トップ | 恭子ちゃんテレビ♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
邦画の力強さ (ituka)
2016-05-15 09:43:30
単に「ロクヨン」というネーミングが凄くかっこいいと思ったのと
「犯人を昭和64年に引きずり戻す!」この決め台詞に釣られたというのが、このワタシ(笑)

この映画のためにやつれた感をうまく出してる佐藤浩市が上手いし
どの俳優も持ってるイメージのままなのですごく見易かったです。
三上の娘の壊れっぷりにホラーが出てて、この状態で仕事だなんて手に付かないですよね(笑)
itukaさん♪ (kira)
2016-05-15 21:51:12
横山秀夫さんのタイトルは、シンプルで好きですが、
これはかっこいいですよねー

だいたい何時もですが、ほぼキャストに左右されて
まあ、次に監督~原作者でしょうか
もともと佐藤浩市さんはお気に入りだし、
そんでこの作品、恭子ちゃんの共演者がそろい踏みなんですよ~
犯人解っちゃってるのに楽しみ~って、珍しいデス♪
こんにちは (yukarin)
2016-05-16 15:52:54
ドラマ版を見ても面白かったんですね!
私は見ていないので気になります。
最高のキャストに引き込まれる展開でまだ前編なのにとても見応えありました。
後編が早く観たいですーっ
yukarinサマ♪ (kira)
2016-05-21 13:50:29
ドラマ版は、NHKのも観ましたが、私は
TBSの横山秀夫のシリーズものが好きなんですよ~。
D県警のキャストはほぼ同じなんですよね~
もう犯人は解っちゃってるので、キャストの演技を楽しみに
来月の後編を待ちたいです~

コメントを投稿

the cinema (ラ・ワ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

64-ロクヨン-前編 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 警察内部の構造を知るうえで可なり為になる映画。
64-ロクヨン-前編 (佐藤秀の徒然幻視録)
豪華キャストも中身もてんこ盛り 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英 ...
『64-ロクヨン-前編』 (こねたみっくす)
そこに心はあるのか。 何とも日本的な重さが心にずしりと残る映画だ。しかし何とも日本的な感動がじわじわと心に響く映画だ。 まだ事件の核心に迫っている訳ではないのに、それで ...
「64(ロクヨン) 前編」 (ここなつ映画レビュー)
後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って、平成元年って、もはやこんなにノスタルジックな風景なのか。...
64-ロクヨン-前編 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/05/07公開 日本 121分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、瑛太、永瀬正敏、三浦友和 犯人は、まだ昭和にいる。 STORY:わずか7日間でその幕を閉じた昭和64年。その間に管内で発生した少女誘拐殺人事件。....
映画『64-ロクヨン-前編』 (よくばりアンテナ)
人物相関図(クリックで拡大) 原作は昨年読みまして、さらに昨年NHKのドラマでも放映されてましたが、 本当に面白い作品です。 映画版はやっぱり2時間くらいの長さでは収まらないから、 前・後編で別れちゃうんですね。 見応えあるだろうけれど、 正直...
64-ロクヨン-前編  監督/瀬々 敬久 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 浩市  綾野 剛  榮倉 奈々  瑛太 【ストーリー】 わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・...
64ロクヨン 前編 ネタバレ注意 (まっきいのつれづれあれこれ)
犯人は、まだ昭和にいる。 昭和64年1月5日に起こった誘拐事件。 身代金は奪われ
64 ロクヨン 前編 (映画的・絵画的・音楽的)
 『64 ロクヨン 前編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)以前、原作小説を読んでとても面白いと思い、なおかつ佐藤浩市が主演の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和64年1月5日。  まず漬物工場が映し出され、併設されている住...
64―ロクヨン―前編 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞64―ロクヨン―前編 2016年/日本/121分 監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人 公式サイト 公開: 2016年05月07日 昭和64年01月05日。雨宮漬物店の店主である雨宮芳男の娘、翔子が誘拐され、身代金を要求する...
64 ロクヨン 前編 (花ごよみ)
横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化。 映画は2部作になっていて今回は前編。 佐藤浩市が主演。 主人公の警務部の広報官、 三上義信を演じます。 綾野剛、永瀬正敏、三浦友和、榮倉奈々、 瑛太ら豪華キャストが出演 監督は瀬々敬久。 通称「ロクヨン」という....
64-ロクヨン-前編 (映画好きパパの鑑賞日記)
 横山秀夫のベストセラーの映画化で、原作もNHKドラマもみています。映画版は超豪華キャストの演技は満足だけど、日本人好みの手堅い泣かせに走っているのはいまいちでした。後編は原作と変えているらしいので、ちょっと楽しみかも。  作品情報 2016年日本映画 監督...
「64 ロクヨン 前編」、横山秀夫の警察小説を映画化! (ひろの映画日誌)
おすすめ度 ☆☆☆☆ 2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位の、横山秀夫原作の映画化。 骨太な作品で、1本の映画に収まらず、前・後編。映画界の事情で、ずらして公開という手法がとられている。 お陰で、一気に見ることができず、つらい思いも。 私は、原作...
64-ロクヨン-前編 (2016) 121分 (極私的映画論+α)
 このキャストの写真の中で。。。この前編にほとんど出ていない人がいます(笑)
映画「64 ロクヨン 前編」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/5/9、109シネマズ木場。 3番スクリーン。K列を選択。 **   佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、 椎名桔平、滝藤賢一、奥田暎二、仲村トオル。 ** 昭和64年1月4日。 雨宮漬物の社長の小学生の娘、翔子が誘拐される。 警察の張....
『64 -ロクヨン- 前編』('16初鑑賞48・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月7日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 13:50の回を鑑賞。
「64-ロクヨン-前編」事件が迷宮入りしそうになった先に発覚した警察の失態を組織ぐるみで隠蔽された事件の真相と時効目前で再び動き... (オールマイティにコメンテート)
「64-ロクヨン-前編」は1989年1月1日~7日のわずか7日間に起きた昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こう ...
64 ロクヨン (映画と本の『たんぽぽ館』)
中間管理職は、つらいよ * * * * * * * * * * 本作はすでに本で読んでいて、しかも苦手な前・後編、ということで、 ややためらっていたのですが、それにしてもこの出演陣の豪華さはどうよ・・・って、 見れば見るほどこれは見逃せないという気持ち...
「64-ロクヨン-前編」 報道の役割とは (はらやんの映画徒然草)
例によって原作は未読ですが、横山秀夫さん原作の作品らしく骨太のドラマとなっていま
「64-ロクヨン-前編」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
昭和64年。 少女が誘拐された事件は最悪の結末を迎えた。 時代は平成となり誘拐殺人事件は時効まであと1年。 64(ロクヨン)(上) D県警シリーズ (文春文庫)横山秀夫 文芸春秋 by G-Tools
「64 ロクヨン 前編」:緊迫感あふれる骨太の力作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『64 ロクヨン 前編』は、近年数少ない「大人が楽しめる良質の骨太日本映画」
64-ロクヨン- 前編 (そーれりぽーと)
1週間しかなかった昭和64年に起きた殺人事件にまつわる話と言うフレーズに興味を持って、『64-ロクヨン- 前編』を観てきました。 ★★★★★ 話が面白いのも有りますが、直前に観た『アイアムアヒーロー』と比べて、編集もカメラワークも非の打ち所が無く、テンポが良い...
前編は事件より警察内部のドラマ (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「64 -ロクヨン- 前編」を鑑賞しました。 わずか7日で終わった昭和64年 その年に起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨンから14年が経過し 未解決のまま時効が近づく中 ロクヨンの捜査に携わり現在は警務部 広報室の広報官の三上は再びこの事件に....
映画「64-ロクヨン-前編」 (FREE TIME)
映画「64-ロクヨン-前編」を鑑賞しました。
64-ロクヨン-前編 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
64-ロクヨン-前編 '16:日本 ◆監督:瀬々敬久「アントキノイノチ」 ◆主演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英...
64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編 (いやいやえん)
【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称......
64-ロクヨン-前編 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、坂口健太郎、宇野祥平、菜葉菜......
映画評「64-ロクヨン-前編」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり