to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

平清盛 第24回

2012-06-21 00:01:54 | TV dorama

脚本 藤本有紀
演出 柴田岳志
制作統括 磯智明
音楽 吉松隆
語り 岡田将生
出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/窪田正孝/松田翔太/藤木直人/森田剛/西島隆弘/田中麗奈/和久井映見/阿部サダヲ/井浦新/中村梅雀/松雪泰子/上川隆也
第24回 「清盛の大一番」 12.1%
大学生(だいがくしょう)の信西(阿部サダヲ)が取りしきる後白河帝(松田翔太)を頂いた政が始まった。信西は手始めに内裏を修復し、宮中行事として相撲節会を復活させようとする。そのうたげの取りしきりを清盛(松山ケンイチ)は請負う。鎮西(現・九州)に飛んだ清盛は、見たこともない茶器に出会う。いよいよ清盛の朝廷での大一番が始まる!

朝廷を真っ二つにした保元の乱の後の、その財力で内裏を修復したり、金のかかる宮中行事の資金集めからその仕度まで、
武力以外でも朝廷を支える、順調な平氏と、
片や、自分の親まで手にかけて尽くしたのに、評価されない源氏の棟梁・義朝の焦り。
それは、親の代から財を成し長く朝廷を支えてきた平氏に、いきなり肩を並べようと直訴という行為になって表れるのも
無謀という気がするのだけれど、それほどにこの戦だけに懸ける義朝が、
政治的駆け引きの出来ぬ只ただ、不器用な男だったのだという印象で、
ひとつの戦いが終わった後での、ふたりの明暗が大きく浮き彫りになった回でありました。

それは、鎮西に出向いて大宰府役人原田種直と渡り合った清盛の攻め方においても、
その後で相撲節会の宴の膳を自分に用意させて欲しいと切り出すところも、
父忠盛でさえ出来なかったであろう大胆な駆け引き。
それは、後白河帝の、性格を良く知る清盛だったから出来た、大一番。
信西が首を縦に振らなかった大宰大弐の位をかけた清盛の攻めでした。


「大宰府を手に入れるのじゃ」と明るく言ってのける清盛の言葉は、
成親には冗談にしか聞けなかったのを、
「きっとまことに致しましょう。あの戦よりこちら、我が夫の肝の据わりようはそれまでの比ではござりませぬ」
やんわりと言う時子様も、どこか誇らしげで、
夫を信頼しきってる様子が、平家全体の穏やかさの象徴のような気さえしました。

相撲節会と、その成親の妹・経子と重盛の婚礼が同時進行で映されるのも、
手を打つだけ打って、仕上がりを待つ清盛の、器の大きさが窺える演出で良かったです。

一方の源氏では、由良の働きかけで頼朝が統子(後白河天皇の姉)の娘に出仕が決まり
その祝いの席で突然由良が倒れてしまう…。ますます出世を焦る義朝―。

さて、清盛の「大一番」は、かつてサイコロを振りあった後白河天皇にも影響を与えました。
玉座におっては、あやつと遊べぬゆえな
いともあっさり、美福門院と守仁親王に譲位を告げたのですから、、、。

今回ばかりは、頼り甲斐のある夫・清盛。
出来のいい妻に、いいところを見せられない不甲斐ない義朝の構図が目立ちましたが、
これも嵐の前の静けさとなるのでしょうか、差がついたライバル。次なる戦いは迫ってます!

コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 今日の大輔君♪ | トップ | 疲れたら・・・「愛情物語」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中々見えない (よぼじぃ)
2012-06-21 15:03:23
丁度教室の時間で中々見る事が出来ない。

たまにはゆっくりと見たいでェ~~~ス
よぼじぃ♪ (kira)
2012-06-25 21:44:07
詩吟に農園に写真に、
もう直ぐまた孫の工作の宿題~(笑)
いつも忙しすぎるね

たまにはゆっくり大河ドラマで松ケン&恭子ちゃん
楽しんで~面白いよ、今年の大河

コメントを投稿

TV dorama」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

平清盛 第24話 感想「清盛の大一番」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
平清盛ですが、叔父を斬った清盛(松山ケンイチ)は一味違う感じとなります。落ち着いており迫力もありますし、何より史実どおりに欲深くなっています。忠正処刑を命じた張本人の信西(阿部サダヲ)と手を組むという非情な決断に重盛は疑問に思いますが、清盛の貪欲さは誰...
平清盛 第24話 感想「清盛の大一番」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
平清盛ですが、叔父を斬った清盛(松山ケンイチ)は一味違う感じとなります。落ち着いており迫力もありますし、何より史実どおりに欲深くなっています。忠正処刑を命じた張本人の信西(阿部サダヲ)と手を組むという非情な決断に重盛は疑問に思いますが、清盛の貪欲さは誰...
『平清盛』 第24話「清盛の大一番」 (英の放電日記)
 武士の世を興すため忠正の斬首を言い渡した信西(安部サダヲ)と手を組み、財力や地位を確固たるモノにしていく清盛(松山ケンイチ)。  それに対し、冷遇されている源氏。さらに由良御前(田中麗奈)が病に伏し、心が切迫していく義朝。憎き信西と手を組む父・清盛に....
大河ドラマ「平清盛」第24話  (またり、すばるくん。)
第二十四回「清盛の大一番」 視聴率12.1%  
結婚式に出たんだ、2つの顔を持って(松山ケンイチ) (キッドのブログinココログ)
叔父とその子ら四人を斬った平播磨守清盛は別人と化した。 阿修羅となったのである。 もはや、保元の乱後の清盛ではない。もちろん、その準備は着々と出来ていたのである。 物心つく前に生母は実父に殺害された。父と思い、母と思った人は他人であった。しかし、父と慕い...
【平清盛】第24回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
後白河帝(松田翔太)のもとで実権を握る信西(阿部サダヲ)の政治改革が始まった。 信西は手始めに内裏を修復し、宮中行事としての相撲節会(すまいのせちえ)を 復活させるなど、精力的に行う。 相撲節...
大河ドラマ「平清盛」第24回 (日々“是”精進! ver.F)
清盛を、太宰大弐に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206170003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラン...
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男24清盛は財と武力で大宰府を後白河天皇に珍しき茶器で心を掌握し太宰大弐に任命された (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第24話は清盛は信西に協力して平氏の財力を活かして地位を駆け上る事を念頭に置く事とした。その手始めに朝廷が播磨より税が収められていない九州地方の税 ...
平清盛 第24回「清盛の大一番」~玉座におってはあやつと遊べぬゆえな (平成エンタメ研究所)
 清盛(松山ケンイチ)が後白河帝(松田翔太)に、相撲節会で<太宰府の器>を見せたのはどのような意味があるのだろう?  それは、自分が<太宰府が管理する富を掌握した>ということを示すこと。  太宰府の富を掌握して<自分はますます大きくなっている>という自己...
NHK大河ドラマ『平清盛』第24回「清盛の大一番」 (よくばりアンテナ)
いやぁ~~先週の悲惨で重厚な話の中で、 平氏と源氏を対比させながらの処刑シーン。 これは斬ることのできた清盛と斬れなかった義朝の今後の伏線かなって 見てる誰しもが予想してたと思うけれど、 こんな...
平清盛 第24回 清盛の大一番 (レベル999のgoo部屋)
『清盛の大一番』 内容 保元の乱の悲劇的結末。 崇徳上皇(井浦新)をも流罪にした信西(阿部サダヲ)と、 手を組むことを決意する清盛(松山ケンイチ) 乱の功績で、平氏一門それぞれ官位が上がり、満足げな清盛。 だが忠正を死に追いやった信西と手を組む父・清盛の行....
『平清盛』 第24回「清盛の大一番」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ保元の乱の戦後、信西の権力は、いっそう大きくなっていました。内裏の修復もおわり、喜ぶ後白河帝へ、信西は平氏の財力による貢献を説きます。さらに信西は、ながらく廃れていた宮中行事を復活させると言い、その財源は租税を使うとも。大宰府の...
平清盛 第24回「清盛の大一番」 (みはいる・BのB)
はい、今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です♪ あらすじ・・・・・
平清盛 #24「清盛の大一番」 (昼寝の時間)
公式サイト 保元の乱以降。 平氏一族はみな官位があがりました。清盛自身は公卿には