to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

「平清盛」 第4回

2012-01-30 22:42:06 | TV dorama

脚本 藤本有紀
演出 柴田岳志
制作統括 磯智明
音楽 吉松隆
語り 岡田将生
出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/三上博史/檀れい/りょう/和久井映見/小日向文世/國村隼
第4回 「殿上の闇討ち」 17.5%
朝廷に忠誠を尽くしてきた功績が認められ、忠盛(中井貴一)が殿上人となる。武士として初めて内裏の清涼殿に上がる資格を得て、平氏一門は沸き立つ。北面の武士を務めていた清盛(松山ケンイチ)も喜ぶが、一方で、忠盛の出世を快く思わない者も多かった。その一人である摂関家の藤原忠実(國村隼)は、配下の源為義(小日向文世)をそそのかして、殿上で忠盛を襲わせようとする。


今回は、北面の武士になっても尚、宮仕えに不満を抱える若き清盛の日々と、
そんな清盛にライバル心を燃やしながらも父の姿を情けないと嘆く義朝が、
父親同士のとある場面に表れる、武士として、親としての心情に触れ、絆を取り戻すというもの。―


面白う生きてやる――清盛の中にはまだ女子への関心はありませぬ。まだお子ちゃまな清盛は、
濡れてぞ今朝は・・・って違うからねっ
何なのじゃ~?!何が北面の武士じゃ~!
めかしこんで女に色目を使いおってぇぇぇー!
と、ひとりプンプン怒っています
「腹が満たされるほどに、心はいよいよ虚しゅうなって」いく清盛でしたが、、、


平氏に差をつけられた源氏の棟梁源為義がやけ酒をあおり、愚痴をこぼす様を傍で聞いて成長する義朝も
出世のきっかけさえ与えられず、不満を抱えていて、
武士の心を忘れて宮仕えにいそしむ父・忠盛への不満を抱える清盛とまたしてもぶつかり合うが、
そこに源氏の家臣が為義は忠盛を斬るつもりだと告げにくる!!
そして二人は命を懸けた為義の闇討ちの顛末を見届けることになっていくのです・・・。

いやあ・・・
我が子義朝に矢を向けられ、藤原摂関家の長・忠実に罵倒され、唆され、、為義に道は無かったのを
忠盛は見越していたばかりか、武士として「王家の犬では終わりたくない」と、
現段階での平氏と源氏との争いは無益だといい去っていくのですが・・・
その後で、それぞれの父を待ち受ける若き清盛と義朝が、実に爽やかに描かれていました。

思いを遂げるどころか、自分の行為は源氏を終わりにしてしまいかねないものだと宿敵・忠盛に
逆に諭されてしまった為義に、息子は言います。
「やられればいいのです」私がその分強くなって父上をお守りいたしますと泣かせるセリフ

一方、忠盛の真意を知り清盛も訊ねます。「いつから王家の犬では終わりたくないと考えていたのですか?」
問われた忠盛、「お前をわが子として育てると決めた時からだ。」
お前を抱き、平太と呼びかけた時、わしの心に揺らぐことなき軸ができたのだ!
単純な純粋な少年清盛の、心を晴らす偉大な父の言葉でした・・・
そして「お前が思う以上に殿上は面白き所ぞ」と言い残す父の後を追う清盛の嬉しそうなこと♪
先週には継母である宗子の叫びに心を打たれ、今回は、批判的だった父の志と
自分への確かな愛情に触れ、いよいよ幼き頃からのわだかまりから開放されるのですね。。。
で、清盛15歳。己の呪縛からの「卒業~」(笑)
義朝は、、言いますまい

中井さん、イイですねぇ・・。。。
小豆色の狩衣姿も似合いすぎですが、その立ち居振る舞い、眼差し、全てが惚れ惚れするくらい
カッコよかった!
まだ青臭く純粋な少年「清盛」の、くるくる変わる表情も、それらしくて(笑)松ケン、キュート♪

さて次回、鳥羽上皇の心をずたずたにする璋子との関係にも変化があるようだし、
もうひとつ、この鳥羽上皇と藤原摂関家の長・忠実の攻防もあり、それが平氏の今後にも
大きく影響を及ぼすようで、楽しみでおじゃる~。

コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« ヒミズ | トップ | 今月の気になる作品♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
gooホームの終了 (よぼじぃ)
2012-01-31 20:41:22
平清盛は見るようにしていますが、稽古日は丁度重なっちゃうので見えません。


gooホームなくなっちゃいましたね。

これからも宜しくです。
よぼじぃ♪ (kira)
2012-01-31 22:23:57
そうだね、よぼじぃは忙しすぎるんだよぉ~
恭子ちゃんはまだ出てないからいいけどサ(笑)

うん。休憩時間に見たらもう開けなくなってた。
夜12時位までかなーと思ってたからちょっとびっくり。
これからもよろしくね

コメントを投稿

TV dorama」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

NHK大河ドラマ『平清盛』第4回「殿上の闇討ち」 (よくばりアンテナ)
まだまだ清盛は子どもっぽいけれど、 面白くなってきた~~ 北面の武士としての役目もまだまだ不慣れな清盛。 同じ役目の同僚たちが、 女房たちの歌の会(?)の警護に来てウキウキしているのが 武士ら...
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男4忠盛が為義に暗殺未遂されるも忠盛は王家の犬にはならないと説き伏せ清盛はそれを見て自覚が芽... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第4話は清盛が北面の武士となり朝廷に仕えるも、その実態は姫たちへのすり寄りに清盛は呆れてしまう。そんな中忠盛が朝廷への忠誠が認められ、内裏の清涼殿 ...
大河ドラマ「平清盛」 Vol.4殿中の闇討ち (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送...
「平清盛」第4回 少しは大人になったかな清盛=松山ケンイチさん (今日も何かあたらしいドラマ)
北面の武士にはなったものの、風雅でイケメンな先輩についていけない清盛=松山ケンイチさん。 教養があるだけでなく武芸にも優れた佐藤義清=藤木直人さん、ここでもぶちょおは素敵です。 しかし今回...
「平清盛」第4話。 (Flour of Life)
NHK総合で見てるので、BSでいちはやく見られる人たちがうらやましい…
【平清盛】第4回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
平氏に大きな知らせが舞い込む。朝廷に忠誠を尽くす忠盛(中井貴一)の功が認められ 殿上人に武士として初めてなったというのだ。喜ぶ平氏一門。 北面の武士として務める清盛(松山ケンイチ)にとっても...
平清盛第4話(1.29) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
待賢門院璋子@檀れいとの愛憎に苦しむ鳥羽上皇@三上博史に 得長寿院観音堂を造営、巧みに取り入った平忠盛@中井貴一は 殿上人に昇進、武士でありながら昇殿が許される 忠盛の台頭を不快に感じる藤原忠実@國村隼は 源...
大河ドラマ「平清盛」 第4話 あらすじ感... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
「北面の武士」となった清盛。その中にいたのは、武芸に優れ、容姿もいいという佐藤義清。いやぁ、藤木さんがなんとも涼しげだわ~♪かっこいい~♪歌を理解し、射的も完璧。清盛は...
大河ドラマ「平清盛」 第4話 あらすじ感想「天殿の闇討ち」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
「北面の武士」となった清盛。 その中にいたのは、武芸に優れ、容姿もいいという佐藤義清。 いやぁ、藤木さんがなんとも涼しげだわ~♪ かっこいい~♪<emoji code="a012" /> 歌を理解し、射的も完璧。 清盛は矢を取れずに失敗...
平清盛 第4回「殿上の闇討ち」~わしは王家の犬では終わりたくないのだ。 (平成エンタメ研究所)
 「わしは王家の犬では終わりたくないのだ」  忠盛(中井貴一)の口から出た言葉。  忠盛は「未熟な舞ゆえ、お目汚しになり申し訳ございません」と貴族たちに謝りながら、胸に刃を秘めていた。  忍従は「武士が十分な力を得る」までのひとつの過程だった。  忠盛が....
平清盛「殿上の闇討ち」 (のほほん便り)
“北面の武士”となった清盛クン(松山ケンイチ)なれど、まだまだ十代前半のおこちゃま。そのオシゴトには、待賢門院璋子(檀れい)の警固もあるものの、歌に関しても風情も理解がなく「濡れる」を、オネショと勘違いしてしまう始末 (^^;) そんな中、文武両道。イケ...
【平清盛】第4回感想と視聴率&濡れ場で視聴... (ショコラの日記帳)
第4回「殿上の闇討ち」の視聴率は、前回の17.2%より少し上がって、17.5%(関東地区)でした。ただ、関西では、前回18.1%だったのに、今回15.7%と急落してしまったそうです。(デイリ...
【平清盛】第4回感想と視聴率&濡れ場で視聴率UP?  (ショコラの日記帳・別館)
第4回「殿上の闇討ち」の視聴率は、前回の17.2%より少し上がって、17.5%(
平清盛 #04「殿上の闇討ち」 (昼寝の時間)
公式サイト 北面の武士として務め始める清盛。しかし、実力はまだまだ、その上半分貴
大河ドラマ「平清盛」第4回 (日々“是”精進! ver.A)
殿上は、面白きところ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201290004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 1029 Amazonで...
平清盛 第4回「殿上の闇討ち」  (みはいる・BのB)
大河ドラマ『平清盛』のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・
『平清盛』 第4回「殿上の闇討ち」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ御所のなかで、北面の武士たちが流鏑馬の稽古をしています。そこには、新参者というべき清盛の姿も。が、的を狙ううちに駆けすぎてしまい、笑いものになってしまいました。 颯爽と命中させた佐藤義清に、清盛は歯がみします。そのあと、...
大河ドラマ「平清盛」第4話 (またり、すばるくん。)
第四回「殿上の闇討ち」 視聴率17.5%
平清盛 第4回「殿上の闇討ち」 ~ 今にみろ 刀は打たれて 強くなる ~ (風のうわさ)
清盛、北面の武士となりました!親のコネで 一流企業に就職した お坊っちゃん、といったところでしょうか。この 北面の武士の仕事は、武芸よりも 見た目を気にする社風。まるでOLみたいに 、お肌の手入れも熱心ですw見た目をきれいにしておかないと、汚いと文句を言われる...
平清盛 #4 殿上の闇討ち (シフォンなキモチ)
今年の大河は面白いわー。いや、まじで、これ見ない人はもったいないよ! 今日も、忠盛パパ無双!でした。いやはや、なんとも器の大きい親父様です。 鳥羽上皇への寄進がはんぱなくて、平家ってもの凄く羽振りがいいのがわかりましたねー。地味にしてるけど、金は持ってる...
平清盛の「王家騒動」を再検証する ((自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート)
トップ>平清盛>平清盛の王家騒動を再検証する ブログ見に来たよ!という方、まずはポチリと ↓↓↓ 深更ですがこんばんは、一大河です。 回を追うごとに高い評価と批判を浴びる『平清盛』。 今回は、三度目となります「王家」呼称騒動を取り...
〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第4回「殿上の闇討ち」 落成したばかりの得長寿院が汚い!と言うべからず (しっとう?岩田亜矢那)
平忠盛が建立した 「得長寿院 観音堂」に鳥羽上皇が訪れるんだけど 「落成したばかりなのに汚い!」 と明日あたり井戸敏三兵庫県知事がまた噛み付いているかも? もう今は「得長寿院跡」と言う石碑しか残っていないので 同規模と言われる蓮華王院本、つまり 「三十三間....