to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

トラッシュ!この街が輝く日まで

2015-01-12 22:04:18 | the cinema (タ行)

製作国 イギリス/ブラジル
上映時間 114分
原作 アンディ・ムリガン『トラッシュ』(KADOKAWAメディアファクトリー刊)
脚本 リチャード・カーティス
監督 スティーヴン・ダルドリー
出演 マーティン・シーン/ルーニー・マーラ/ヒクソン・テヴェス/エドゥアルド・ルイス/ガブリエル・ワインスタイン/ワグネル・モウラ

リトル・ダンサー」「愛を読むひと」のスティーヴン・ダルドリー監督がアンディ・ムリガンの児童文学をブラジルを舞台に映画化したジュブナイル冒険サスペンス
リオ郊外のゴミ山で暮らす3人の少年ラファエル、ガルド、ラット。ある日、彼らはゴミの中から1つのサイフを見つけ出す。ほどなく警察が現われ、そのサイフを血眼に探している様子に何か裏があると悟った3人は、警察には内緒にすることに。すると案の定、そのサイフには世の中を震撼させる大きな秘密が潜んでいることが明らかとなってくる。正義感に突き動かされた少年たちは、悪徳警官に命を狙われながらも、日頃から世話になっているアメリカ人神父ジュリアードと彼のボランティア・スタッフ、オリヴィアの助けを借りながら、ある驚くべく真相へと迫っていくのだったが…。

リトル・ダンサーでは貧しい炭鉱の町の少年。愛を読むひとで病弱な文学少年と、哀しい宿命の年上女性の愛を描いたダルドリー監督の今作は、
リオの郊外の貧民街を舞台に、ジュブナイル冒険サスペンスと云えないほどの鬼気迫る2時間弱!
とっても面白かったです。

ラファエルが拾ったサイフのことをただ一人打ち明けたガルドの、ある行動によって、
刑事のフェデリコに目を付けられ、執拗に追われることになる。
そしてその異常さが少年たちに疑惑とともに、何としても謎を解きたい正義感に突き動かされ
独りぼっちで生きてきたラットを加えて危険な謎解きに挑んでいく。

開始3分で心拍数が上がり始め、謎解きとサスペンスに巻き込まれていきました。
そんなに過激な暴力描写はないものの、つきまとうフェデリコが十分怖い!
久しぶりに先の解らない展開にドキドキでした!

この、少年たちの逃走のさまは、彼らの日常的差別、貧困、を感じさせます。
暴力や、銃弾、執拗な追跡を、子供の身軽さと地の利と、単純にある心の正義でくぐり向けて――

僅かに14年の人生経験が、彼らに悪とキケンを嗅ぎ分けさせる!
政治家や警察は悪だと、彼らの防衛本能が言っているのが凄いなあと、感心しながら見守りました。

何も持たない少年たちが、ブレない心で大人の悪に挑む。
ちょっとお伽噺っぽい結末でも、最後までスピーディで爽快さがあって良かった


11年ガーディアン児童文学賞を受賞し27カ国語に翻訳された本作は、舞台制作に関わりながらも
後に教師となった原作者の、ムンバイとマニラでの経験を基に書かれたものだそうです。なるほど
2012年のカーネギー・メダル賞にノミネートされたという原作ですが、
少年の持つへこたれない信念と、取り巻くオトナたちが
ムリないギリギリの攻防で見せる脚本も演出もよかったです

コメント (8)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 世界の果ての通学路 | トップ | 恭子ちゃんの舞台挨拶動画 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キタ感! (ノルウェーまだ~む)
2015-01-16 00:24:42
kiraさん☆コメントありがとうございます~~
そして今年もよろしくお願いいたしますネ☆

ほんと、ずーっとハラハラドキドキしっぱなしであっという間でした。
少年たちの仲間を想う気持ち、弱いものを助けようとする気持ち、正しい事をしたいと思う気持ち、悪い大人を許さない気持ち・許す気持ちが、キラキラ輝いてとても眩しかったです。
子供に「あたなに神のご加護を」と囁かれてなお、「殺せ」と言う大人が本当に情けなかったわ。

キター!感ありましたね♪新年にいい映画に出会えて良かったです☆
ラストの爽快感 (ituka)
2015-01-17 16:14:06
ワタシもいちどでいいから札束を空に向かって放り投げたい!
彼らはすごく頭がいいですよね。
最後、自分らの分としてゴミ袋を持ち帰りましたからね(爆)
Unknown (mig)
2015-01-17 23:30:44
こんばんは~
重すぎずで良かったですよね!
この映画へのTBがぜんぜん皆さんのがなぜか届かずコメだけ入ってるんだけどkiraさんのはちゃんと入ってました!
チラシに文句ありです
ラストどうなるか、ネタバレーーー!!
ノルウェーまだ~む♪ (kira)
2015-01-19 18:51:16
児童文学、でも、侮ってはイケナイ展開でしたよね~。
舞台をメキシコに変えているという以外にも、
子供からオトナを納得させ、興奮させる、ギリギリの演出だったのではないかと思いながら
少年たちを見守りました!

この頃はコメなしTBばかりで失礼してますが、
まだ~むの記事は拝見してますよ~♪
今年も同じ作品で語れるといいなあ~☆
宜しくお願いします
itukaさん♪ (kira)
2015-01-19 19:03:08
>札束を空に向かって放り投げたい!
この場合、「空に向かって」が日本ではキーワードよね~。
外でやると法に触れそうだし、
部屋で札束~は、犯罪者のイメージだもんね(笑)

そそ、あのゴミ袋から目が離せなかった~
お久しぶりです (zooey)
2015-01-23 11:43:23
私も、記事は拝見していたのですが
読み逃げばかりで失礼いたしました。

面白かったですね!
このダサいポスターと副題からは想像できない、
リオの政治汚職、警察の腐敗、白人ボランティアの善意と無知、
少年たちの正義と友情が詰まった良作でしたね。
もっともっと沢山の人に観て欲しいのに…
migちゃん♪ (kira)
2015-02-05 17:50:10
お返事遅くなり過ぎーーで、ごめんなさい!

gooのTB,またちょっと入らないハナシを聞きますよね~。
以前はgoo同志が入らないことが多かった気がしましたが、私のは入っててよかった~。

そうそうチラシも予告もネタバレでした!
まあ、私はすっかり忘れて楽しめましたけど、
この手の作品でそれはないですよね~
zooeyさん♪ (kira)
2015-02-05 18:34:59
zooeyさんの多彩な記事は、いつも興味を持って読んでいます。
最近ではPCを立ち上げない日もあり
今頃のこのこお返事を書いておりますが、
この拙い記事で、私がどこに心を奪われたか、感じて戴ければ幸いです。

これはもう、ポスターからネタバレですが(笑)少年からオトナまで
幅広く観て欲しい作品でしたよね!
配給会社にももっと頑張ってほしいくらいでした。

コメントを投稿

23 トラックバック

『トラッシュ! この街が輝く日まで』 (ラムの大通り)
(英題:Trash) ----またまた間があいたのニャ。 もうすぐ2014年も終るというのに、 ちょっとヤバくニャい? 「う~ん。 仕事も忙しかったし、 PCの調子が悪いのもあったんだけどね」 ----まあ、言い訳はその程度にして、 今日の映画は? 「『トラッシュ! この街が輝く....
TRASH!この街が輝く日まで (映画好きパパの鑑賞日記)
 「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー監督が、絶望的な状況に陥った少年たちの勇気と希望を見事に描いた傑作。ハラハラドキドキ笑って泣けて、新年にみるのにふさわしい作品といえましょう。  作品情報 2014年イギリス/ブラジル映画 監督:スティーブン...
『トラッシュ! この街が輝く日まで』 ゴミの山が宝の山になる (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー。  脚本は『アバウト・タイム』のリチャード・カーティス。  昨年末にぴあの試写会で鑑賞。劇場公開は本日(1月9日)から。  主人公のラファエルはリオデジャネイロのゴミ山で暮らしている。そこで...
トラッシュ!ーこの街が輝く日までー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
オーディションで現地の少年を採用して、実際にリオデジャネイロでロケを行った映像はドキュメンタリーのような緊迫感にあふれていた。殺される寸前までいきながら、愚直に社会を変えたいから権力に立ち向かう姿は平和ボケした我々の胸に突き刺さる。子供が主人公だからと...
「トラッシュ この街が輝く日まで」☆今年のベスト入り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
とにかく、この手の映画が大好き! まだ1月だけど、加えて多分今年も年間ベストは作らないと思うけど・・・・・間違いなく私の今年のベスト5には入る。 いや、ナンバーワンだと断言してもいいくらい☆
トラッシュ!-この街が輝く日まで- (心のままに映画の風景)
ブラジル・リオデジャネイロ郊外でゴミ拾いをして暮らすラファエルは、ある日ゴミ山で一つの財布を見つける。 ほどなく警察が現われ、サイフを血眼に探している様子に、何か裏があると悟ったラファエルは、友達のガルド、ラットと協力し、警察には内緒にする。 案の定...
『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 2015年1月10日 TOHOシネマズららぽーと船橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 を鑑賞しました。 パスポートの19本目! 間におかわりで『フューリー』見てたわ。 仕事も忙しくなってきたので、ペースダウンですね。 今日は3本見たけど、クタクタで体力の衰えも感じた 【ストーリー】  ブラジル・リオデジ...
トラッシュ!-この街が輝く日まで- (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) なかなかよくできた映画であることは間違いない。
『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』 (こねたみっくす)
恐れるな。事は成された。 イギリス人のスティーブン・ダルドリーが監督を、イギリスを拠点に活動するニュージーランド人のリチャード・カーティスが脚本を担当し、ブラジル人の ...
トラッシュ! この街が輝く日まで (はるみのひとり言)
映画館で観ました。リオデジャネイロ郊外。ゴミ捨て場でゴミを拾って暮らしているやんちゃな少年ラファエルは、ある日ゴミの中から財布を拾います。財布の中身は、お金、ID、アニマルロト、カレンダー、少女の写真、コインロッカーの鍵。警察はすぐに謝礼金を掛けて捜...
トラッシュ!-この街が輝く日まで- (ダイターンクラッシュ!!)
2015年1月11日(日) 16:10~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) 正しいことをする。 『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』公式サイト 清々しいまでのブラジルの政治家と警察の腐敗っぷりに対して、少年たちの...
トラッシュ!-この街が輝く日まで- ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
天使が、舞い降りた街。 ブラジル、リオのスラムを舞台に、ある暗号を秘めた財布を拾った事から、三人の少年が街を牛耳る巨悪と対決する。 「ビリー・エリオット」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーヴン・ダルドリー監督、「戦火の馬」「アバウ...
トラッシュ! この街が輝く日まで (とりあえず、コメントです)
ブラジルを舞台に貧困の中で生きる少年たちの命をかけた冒険を描いたドラマです。 予告編を観て、この少年たちがどんなことを成し遂げるのだろうと気になっていました。 ゴミの山と共に暮らしていた彼らの純粋な強さと行動力に引き込まれてしまうよな物語が描かれていまし...
「トラッシュ この街が輝く日まで」 (Zooey's Diary)
脚本は『ラブ・アクチュアリー』、『アバウト・タイム』 のリチャード・カーティス、 監督は『リトル・ダンサー』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』の スティーヴン・ダルドリー監督の新作といえば、嫌でも期待は高まります。 舞台は、2年後南米初のオリ....
「トラッシュ! この街が輝く日まで」 (セレンディピティ ダイアリー)
「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルトリー監督、「ラブ・アクチュアリー」のリ
「トラッシュ!-この街が輝く日まで-」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Trash」2014 UK ブラジル ある日、14歳の少年ラファエルはゴミ山で財布を見つける。中にはもちろん現金が入っていたが、他にもID、少女の写真、カレンダー、アニマル・ロト・カード、そしてコインロッカーの鍵。ラファエルはなぜか現金以外の物に俄然興味を覚えてし...
正しいことだから~『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』 (真紅のthinkingdays)
 TRASH  リオ郊外のゴミ集積場で働く14歳の少年、ラファエルは、ゴミの中から財布を 見つける。警察がその財布を探していると直感したラファエルは、仲間のガル ド、ラット(ガブリエル)と共に、財布が秘めた謎に迫ろうとするのだが・・・。  大...
トラッシュ!-この街が輝く日まで-  (風に吹かれて)
心は貧しくない 公式サイト http://trashmovie.jp 原作: トラッシュ (アンディ・ムリガン著/MF文庫)監督: スティーヴン・ダルドリー  「リトルダンサー」 「愛を読むひと」脚本
「トラッシュ! この街が輝く日まで」 (ここなつ映画レビュー)
かなり良かった。あの、私から涙拭くハンカチを手放させない「リトル・ダンサー」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーブン・ダルドリー監督の作品だと思うと、「かなり」という修飾語は割愛されるかもしれないけれど。ちなみに今回はハンカチの必要は...
正しいことをする。 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「トラッシュ! この街が輝く日まで」を鑑賞しました。 リオデジャネイロ郊外でゴミ拾いをして暮らす3人の少年はゴミ山で一つの財布を見つける その財布には世界を揺るが秘密が隠されていた。 少年たちは自らの信念に基づきと財布に隠された謎を....
トラッシュ!この街が輝く日まで (迷宮映画館)
にしちゃ、地味な扱い。
トラッシュ!この街が輝く日まで (いやいやえん)
【概略】 ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日、ゴミ山の中で財布を拾うのだが…。 ドラマ ブラジル、リオデジャネイロ郊外のスラムが舞台。ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日ゴミ山の中でひとつのサイフを拾う…。中身は、お金、ID、ポケッ...
映画評「トラッシュ!-この街が輝く日まで-」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年イギリス=ブラジル合作映画 監督スティーヴン・ダルドリー ネタバレあり