to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ジュリエットからの手紙

2015-01-15 22:34:58 | the cinema (サ行)

制作年度 2010年
原題 Letters to Juliet
監督 ゲイリー・ウィニック
出演 アマンダ・セイフライド/クリストファー・イーガン/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/フランコ・ネロ/ガエル・ガルシア・ベルナル

「ロミオとジュリエット」で名高いイタリア・ベローナで行われている、世界中から届く恋愛相談の手紙に「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちが返信する「ジュリエットレター」を題材にした恋愛ドラマ
ニューヨークで雑誌の調査員として働くソフィは、婚約者のヴィクターとイタリアのヴェローナに婚前旅行でやって来る。ところが、レストランの開店を予定しているヴィクターはソフィそっちのけで食材探しに夢中。仕方なく、一人で“ジュリエットの家”を訪れたソフィ。偶然にも、壁の中にあった一通の“ジュリエット・レター”を見つける。それは、50年前にイタリアを訪れ、そこで出会った青年ロレンツォと恋に落ちた英国人女性クレアが書いたものだった。その手紙にソフィが返事を書いたところ、それを受け取ったクレアが孫のチャーリーを伴ってはるばるイタリアまでやって来た…。

50年前に手紙を書いたクレアと、現代の“ジュリエットの秘書”に成り代わったソフィの
世代を超えて通じ合う恋心を、王道の展開ながら、
ヴェローナの美しい風景と、華のあるキャストと心にクル台詞で魅せてくれます。
予定調和であろうと心地よい、二人のジュリエットのラブロマンス。



観光名所となっている、ヴェローナのジュリエットの生家に、
今なお世界中から恋の悩みを綴った手紙が年間5000通も届くという事実にも驚きましたが、
各国の言語に対応する“ジュリエットの秘書”が真摯に対応しているということに感動。
壁に貼り付けられているのは、ほんの一部なのですねぇ~。

途中泣けるけど、最後はハッピーエンド が好き・・・と言ったのは、
ウォンビンクン演じる青年と旅先で出会った、もう一人のジュリエット(笑)恭子ちゃんでしたが、
行くか、引き返すか?
人生の岐路に立つ恋する乙女・・・
そして、ソレがまた半世紀の後に訪れたクレアを、温かく見つめられる。


原題の“ジュリエットへの手紙”に対し、
邦題はジュリエットからの手紙としたことでその後の展開を期待させるし、
現代の「ジュリエット」を想像させるという意味でイイ邦題だと感じたわ

2011年2月27日に脳腫瘍により49歳で死去したゲイリー・ウィニック監督の、これが遺作だそうです。
『シャーロットのおくりもの』もいつか観てみたいです。。。

1年前は・・・
危険な関係
愛を弄んで、運命に弄ばれる。製作年度 2012年原題 危險關係/DANGEROUS LIAISONS原作 ピエール・コデルロス・ド・ラクロ製作国・地域 中国上映時間 1...
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 恭子ちゃんの舞台挨拶動画 | トップ | セカンド・ラブ HPオープン☆ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2015-01-16 20:40:57
自分の記事ないって探したら昔のブログで書いてました(笑)

この映画結構好きだったんですよね~
ロケーションがいいのか、とっても雰囲気ある映画ですよね~
アマンダ (ボー)
2015-01-17 19:07:21
だもの、観ましたよ! 当時!
私の彼女のアマンダはもちろん、ヴァネッサもフランコも(友達みたいに呼ぶなよ)よかった。
こんばんは! (ヒロ之)
2015-01-17 21:46:37
コメント&TBありがとうございました!

レンタル開始当時は、アマンダちゃんに興味を抱いていた時期でもあったので、苦手なラブロマンスものでしたが、勢いで借りて観た記憶があります。
心温まるストーリーになっていて、気持ちよく観終える事が出来ました^^
Nakajiさん♪ (kira)
2015-01-19 18:58:05
そうそう、劇場鑑賞した方からみればReTBするのもお手間かけ過ぎになるので、
あまりに時間がたったモノはTBをしないようになりましたが
旧ブログからありがとう♪

この手のラブSTは好きなんですよ~。
ジュリエットの秘書・・・も知らなかったので、珍しかったよね~♪
ボーさ~ん♪ (kira)
2015-01-22 13:13:31
甘いと言われようと(笑)
ラブストーリーは、登場人物の美しさと、そのキャラクターですよね~

皆がちゃんと自分を持っていて、ひたむきなキャラだったし、
爽やかなロマンスで、イイ感じでした
ヒロ之さん♪ (kira)
2015-02-05 17:43:42
あ、やっぱりこういうラブロマンス、苦手ですか~(笑)

ラブサスペンスとなると、俄然男性も興味をもたれるかと思いますが、
こういう王道のものだと展開の予測がついちゃうし、仕方ないかもですが、
やはりそれでもこういう作品を求めるところに(実は女性の方がロマンチスト)だと
勝手に私は思ってるデス

コメントを投稿

the cinema (サ行)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ジュリエットからの手紙 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ジュリエットからの手紙'10:米◆原題:LETTERS TO JULIET◆監督:ゲイリー・ウィニック 「シャーロットのおくりもの」◆出演:アマンダ・サイフリッド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル ...
ジュリエットからの手紙 (銀幕大帝α)
LETTERS TO JULIET/10年/米/105分/ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:ゲイリー・ウィニック 出演:アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ <ストーリー> 婚約者のヴィク...
「ジュリエットからの手紙」 (或る日の出来事)
わがアマンダ・セイフライドちゃんの3作連続上映! みたいな楽しいことになってるうちの、まずは第1弾! (「ジュリエットからの手紙」5月14日公開、「クロエ」5月28日公開、「赤ずきん」6月10日公開。全部、前売券買ってます!)
ジュリエットからの手紙 (風に吹かれて)
愛の告白はバルコニーで 公式サイト http://www.juliet-movie.jpニューヨークで働くソフィ(アマンダ・セイフライド)は、記者志望だけど、今の仕事は事実調査員。イタリアレストランの