to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

平清盛 第9回

2012-03-05 22:16:02 | TV dorama

脚本 藤本有紀
演出 柴田岳志
制作統括 磯智明
音楽 吉松隆
語り 岡田将生
出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/松田翔太/藤木直人/玉木宏/加藤あい/豊原功補/大東駿介/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/山本耕史/加藤浩次/松雪泰子/阿部サダヲ/國村隼
第9回 「ふたりのはみだし者」13.4%
1138年、平清盛(松山ケンイチ)と妻・明子(加藤あい)の間に長男・清太(後の重盛)が生まれた。祝宴でにぎわう清盛邸にかけつけた弟・家盛(大東駿介)と清盛は和やかに酒をくみかわす。
一方朝廷内では、待賢門院璋子(檀れい)の産んだ皇子たちの間に深い溝ができていた。父・鳥羽上皇(三上博史)に疎まれ続け、子もいない崇徳天皇(井浦新)は孤独感にさいなまれていた。それを横目に、弟・雅仁親王(松田翔太)は、賭場をうろついたり今様に熱中したりと、気ままな毎日を過ごしていた。
そして得子(松雪泰子)が鳥羽上皇の皇子を産み、御所では男児の誕生を祝う宴会が開かれ、義清(藤木直人)は、この場にいない崇徳天皇の歌を詠んだ。弟の誕生も祝うことができない崇徳帝の気持ちを代弁したのだ。
宴席に緊張が走ったそのとき、雅仁親王が笑い声とともに宴会に乱入し・・・


今回はのちに後白河法皇として清盛の行く手に立ちはだかることになる雅仁親王との出会い、
乱れた愛憎渦巻く王家と対照的な平家の家族愛が描かれるとともに、
清盛と同世代の人物の今後を予感させる内容、良かったです!

清盛に男子が誕生し、我がことのように祝ってくれる家人に思わずうるうるの清盛新米パパ。
生まれたばかりの清太を抱いて思わずつぶやく清盛の、
「血の繋がったオレの子じゃ・・・」に、早くもやられてしまいました。
愛されて育ったとはいえ、平氏の誰とも血が繋がっていない清盛の、
それこそ心の底から湧き出たつぶやきに聞こえました。



誕生祝に駆けつけた祇園女御は、清盛が幼き頃に一緒に遊んだ双六(すごろく)をプレゼント、
サイコロの目次第では出後れた者が勝ち上がることもあると清盛に暗示的な言葉を残すのですね。

で、"出後れて"いる関東の義朝にチャンス到来、、ですが、
ちょっとこの三浦家の申し出の場面は端折り過ぎで唐突だわ

さて、穏やかで温かな清盛邸の酒席のあと展開される御所の宴席―。
思いがけず波乱の口火を切ったのは、この席に本来居て然るべき崇徳天皇の孤独を知る義清。
それをきっかけに噴出する鳥羽上皇をめぐる、得子VS璋子の確執。嗤う藤原摂関家。
得子の 「何もかも失わねばこの女は目を覚まさぬのじゃ!」に凍りつくおじゃるまるたち
それを受けての璋ちゃん、トシのせいか今回はいろんな意味でお弱い
そこに高笑いの雅仁親王が乱入、王家のどろどろはマックスに
祇園女御の云う、法皇様の撒き散らした災いの種が芽をふき、花をつけようとしているのです。


この朝廷の宴の席の、誰一人として御子の誕生を心から祝っていない。
こんな連中にわが国は治められている――ことに改めて失望する清盛。

その後またしても姿を消した雅仁親王を賭場でみつけ家に連れ帰ると、双六の勝負を挑まれ、
負けた者は勝った者の云うことを何でもきくというものであった筈が、
清盛の一振りを残して、そこに現れた清太を自分が勝てば貰うと言い出す、きかん坊雅仁たん。
清盛が拒み続けていると、カンタンに清たんが勝ちの目をーーっ

癇癪を起こし清太に向かって台を投げようとする雅仁に剣を突きつける清盛
そんな清盛に親子の絆などもろいものよと、いうのですが
平氏は王家とは違う!と返す清盛に「いつかお前にも流れている白河法皇の血が騒ぎ出す」と、
まるで呪いのようなセリフを残すのです。
二人にとっての、この後の長い双六遊びの始まりでした・・・


それにしても義清さん。孤独な崇徳天皇の為にカレの歌を披露したはずが、
そのカレの生みの親(璋ちゃん)の方までお慰めに行ってしまうとは、かなりの自信家。
義清にとって美しきものとは、どこか頼りない、空虚なものなのか、ヤバイですよね~、ダブル不倫

この王家のドロドロ劇も、家族で観れない要因となっているのでしょうか、
はたまた一般に浸透していない平安時代の朝廷の複雑な系図のせいでしょうか、視聴率は低迷しています。
ですが、あんまりにもアレだった昨年大河の視聴率とかを思うと、
やはりドラマの内容の面白さと視聴率は必ずしも比例しないと改めて思います。

さて来週は、念願の皇子を得て動き出す得子さまと、暴走する親友義清、
親となりようやく大人の顔を見せてきた清盛は次回、どんな成長を見せてくれるのでしょうか。
来週も楽しみです♪

大河ドラマ平清盛「恋ひしきに~“清盛”で描かれるそれぞれの愛」
3/07(水)11:45~11:55 【NHKBSプレミアム】
3/08(木)11:20~11:30 【NHKBSプレミアム】
↑ネタバレ部分もありますので、今後が楽しみになる綺麗な映像です


コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 今夜は「清盛」~♪ | トップ | 戦火の馬 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待 (ぺろんぱ)
2012-03-07 22:23:07
こんばんは。

清盛レヴュー、楽しんで読ませて頂いております。

>視聴率は低迷

そうらしいですね。
確かにあのドロドロは夕食の消化に悪おような・・・^_^;。(私は見続けまするが。)
某紙では「龍馬伝のような主役に拮抗する俳優(香川さんのこと)の不在、云々」とか書いてありましたので、もしもそうならば、今後は益々、玉木宏(義朝)さんや松田翔太(雅仁親王)さんとかにも頑張ってほしいところですね。

ところでその雅仁親王。
祝宴の席で見せた御子へのあの問題行動!
私、今回はたまたま録画で月曜夜に観ることになったのですが、何と月曜のお昼に前を歩くOL風の女性二人が「昨日の清盛見たぁ?あのシーンさぁ・・・」とかでつぶさに話してたのを聞いてしまい・・・!
件の宴席のシーンで今か今かと心臓がバクバクしてしまいました。

ああいうのん、適役ですね~、松田翔太クン。
ぺろんぱさん♪ (kira)
2012-03-08 01:07:45
こんばんは~
この清盛は、今回思いっきりネタバレで書いているんですが、
そうしないと自分でも整理出来ないっていう長いお話ですからね、スミマセン

このドラマ、低視聴率の原因はいろいろと挙げられているようですが、
先ず初回から良くなかったのをみても、やはり合戦とかお城とか出てこない時代というのが
そもそも大衆受けしないのでは?と思っています。
しかも、人気薄の「平家」だし、おどろおどろしい(爆)朝廷シーンは長いし、
"子供店長"みたいな、泣かせる子役は出なかったし
と、
でも、私は凄く嵌ってしまってるのですよ~

もう、普段は長すぎて飛ばしたくなるタイトルバックから大好きですもん♪
あのタイトルバックの音楽と映像!!毎回観ていても飽きません(笑)

時代の背景、移ろいを描くのに王家の説明は必要ですが、
ドラマの半分以上を占めるのはなあ~・・と思いますが、
松ケンの敵に回る松田翔太クンと山本耕史さんにはとっても期待しています。

>祝宴の席で見せた御子へのあの問題行動
あそこは私もえ?!でしたが、その後の清盛嫡男への行為が、
示唆的で、印象的でした~~


コメントを投稿

TV dorama」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

平清盛 第9回 ふたりのはみだし者 (レベル999のgoo部屋)
『ふたりのはみだし者』 内容 清盛(松山ケンイチ)と明子(加藤あい)の間に子が生まれた。 血を分けたわが子の誕生に、涙する清盛。 父・忠盛(中井貴一)弟・家盛(大東駿介)らも大喜びで祝いの宴が開かれる。 そのころ、鳥羽院(三上博史)に疎まれ続ける崇徳帝(....
平清盛 第9話 感想「ふたりのはみだし者」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)は明子(加藤あい)が男児を出産して初めて子供をもちます。清盛は感激にうち震え、一族郎党でドンチャン騒ぎをします。庭先で褌一丁で歩いてますし、南京玉簾まで登場して収拾がつかなくなりますが、あの平忠正が毎週恒例の清盛イビり...
NHK大河ドラマ「平清盛」第9回「ふたりのはみだし者」 (真田のよもやま話)
どうせおいらははみ出し者よ、同じお前もはみ出し者よ、どうせはみ出た身であれば見事咲きましょ咲かせましょ。花の都ではみ出した男同士の血が騒ぐ。松田ブラザーズ弟参戦!松と松とが初対面、喧嘩四つで渡りあうううっ?
『平清盛』 第9話「ふたりのはみだし者」 (英の放電日記)
 テーマは血の因縁  ふたりのはみ出し者、清盛(松山ケンイチ)と雅仁親王(松田翔太)、このふたりもライバルとなるらしいが、義朝(玉木宏)や頼長(山本耕史)とは違い、白河法皇がらみの血の因縁が絡んでいる。  鳥羽上皇(三上博史)、崇徳天皇(井浦新)との複雑...
NHK大河ドラマ『平清盛』第9回「ふたりのはみだし者」 (よくばりアンテナ)
今回は朝廷パート多め。 それもそのはず、後の後白河帝の雅仁親王(松田翔太)登場の巻~~!! 清盛と明子の間に若君が誕生し清太と名付けられる。 祝いの宴はみんな仲良く盛り上がって楽しんだ。 久し...
平清盛 第9回「ふたりのはみだし者」 (shaberiba)
平清盛の長男誕生を祝う平家の宴は大賑わい。 弟と酒を酌み交わす清盛の姿にほっこりだ!!。 しかし、鳥羽上皇と得子の皇子誕生を祝う王家の宴は微妙なものに。 そこに璋子の子4男後の後白河法皇 雅仁...
大河ドラマ「平清盛」 Vol.9ふたりのはみだし者 (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送...
「平清盛」第9話。 (Flour of Life)
今週も新キャラ登場!その名は秋山真一…え、違うの?おかしいなぁ。。。
NHK大河ドラマ「平清盛」第9回「ふたりのはみだし者」 (真田のよもやま話)
どうせおいらははみ出し者よ、同じお前もはみ出し者よ、どうせはみ出た身であれば見事咲きましょ咲かせましょ。花の都ではみ出した男同士の血が騒ぐ。松田ブラザーズ弟参戦!松と松とが初対面、喧嘩四つで渡りあうううっ?
平清盛 #9 ふたりのはみだし者 (シフォンなキモチ)
後の後白河法皇こと、雅仁親王登場です! みずらが似合うーーーーー! 危ない雰囲気が最高! 是非、厩戸王子をやって欲しいw それにしても、今週の朝廷はぶっちゃけ過ぎでしたわw 折角の誕生日パーティが台無しっ そりゃ、清盛も怒るって[E:coldsweats01] 清太くん...
サイコロころがし有り金なくしすってんてんのあの皇子様~(松山ケンイチ) (キッドのブログinココログ)
ここで、この歌を歌うことになろうとは・・・(松田翔太)・・・でもよかったが・・・とにかく、今回の大河はあまりにも面白いので主役にも敬意を表しておきたい。 高校生総理大臣に続いて小学生皇子の登場である。まあ、あんな子供はいない・・・と思うのは一般的ですな。 ...
平清盛 第9話 (なんでもあり~な日記(カープ中心?))
雅仁親王の出番がやってきました! ますますドロドロじゃないですかい。 得子→鳥羽院←?璋子様←義清←崇徳帝 ドロドロというよりカオスですな(゜∀゜) 義清のほうが清盛より目 ...
大河ドラマ「平清盛」第9回 (日々“是”精進! ver.A)
高笑いは、泣き声のよう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203040004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 3298 Amazon...
平清盛 第9回「ふたりのはみだし者」~これは長い長いすごろく遊びの始まりであった。 (平成エンタメ研究所)
 父親となった清盛(松山ケンイチ)。  父親になると、さすがに地に足をつけた落ちついた感じになるようですね。今までのような放蕩無頼ではいられない。  あふれるエネルギーを子供と明子(加藤あい)と平家一門に注いでいる感じ。  エネルギーは方向性を見出した。 ...
平清盛 第9話「ふたりのはみだし者」 (坂の上のサインボード)
 このドラマの中で頻繁に登場する双六遊びのシーン。現代の私たちは双六というと、家族ぐるみで楽しむ和やかな盤上遊戯というイメージだが、平安時代における双六は、賽と駒、盤を用いる博打で、射幸心を著しくくすぐる危険な遊戯だった。このため、ときの為政者は再三再...
『平清盛』 第9回「二人のはみだし者」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛と明子のあいだに生まれた子は、清太と名づけられました。家盛の祝福も、兄であり父となった清盛は笑顔で受けます。わりと兄弟仲が良かったのは、平氏の美点というべき習いでした。しかし、さらに高い身分の方々は・・・・・・。崇徳帝は即位...
平清盛 第9回「ふたりのはみだし者」 (みはいる・BのB)
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・
平清盛 第9回「ふたりのはみだし者」 ~ 賽の目を あやつる特技は 三代目 ~ (風のうわさ)
清盛のご長男の誕生、おめでとうございます!!長男誕生と言えば、松山ケンイチもパパになったそうで、おめでたいことですね~。この子供が のちの重盛かと思うと、賢そうに見えてきますw 
平清盛 #09「ふたりのはみだし者」 (昼寝の時間)
公式サイト 清盛と明子の間に第一子、後の重盛が皆の祝福を受けて誕生します。1年後