to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

50歳の恋愛白書

2010-02-19 01:11:33 | the cinema (カ行)
人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。
原題 THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE
製作年度 2009年
上映時間 98分
原作:脚本;監督 レベッカ・ミラー
音楽 マイケル・ロハティン
出演 ロビン・ライト・ペン/アラン・アーキン/マリア・ベロ/モニカ・ベルッチ/ブレイク・ライヴリー/ジュリアン・ムーア/キアヌ・リーヴス/ウィノナ・ライダー/マイク・バインダー
誰から見ても理想的な女性、ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)。50歳まで美しく年を重ね、夫ともうまくいっていた。しかし、若いころのピッパ・リー(ブレイク・ライヴリー)の人生は波瀾(はらん)万丈だった。そして現在、幸せながらも物足りなさを感じていたピッパ・リーだったが、15歳年下のクリス(キアヌ・リーヴス)と出会ったことから変化が訪れる。

コチラは一度も予告を観ることもなく、そのタイトルから大人のラブストーリーで、
珍しくロビン・ライトが軽いラブストーリーで主役なんだわ♪と、決め付けて観にいきました~。ら、違ってました。。。

これは人生のターニングポイントを迎えた一人の主婦が、
自分の50年を振り返り、人生における幸せとはなにかを探り、自分を取り戻すまでをみつめた物語でした。

ピッパ・リーの夫ハーブは30も年上。出版業界で成功しているが、心臓発作を起こした為、
引退した老人ばかりが住むコネチカットのコミュニティに引っ越す。
誰もが羨む裕福な家庭の理想的な妻。
しかし、その退屈な生活は必要以上に夫に手をかけることになり、
理想的な夫婦の間に、精神的にも、肉体的にも変化が忍び寄って来ていた。

30年も良い妻であり、2人の子供を育て上げてきたピッパは、思い出す―。
私はこんな女ではなかった―。

そして彼女は原点から振り返る…

幼いピッパ・リーの残酷とも言える家庭環境もコミカルに
クスリに溺れていたケイハクな青春時代もポップに、手短に繰り広げられて、
そんな雰囲気のままその事件は突如起き、
彼女は平安を手にしたかのように30年を生きてきたのだ.....

ハッキリ言って、精神疾患と一言でいってしまうともう、、何も言えないものがある。
薬物中毒も、あまりに遠くて、
その行動や言動には、こういう作品などでしばしば学習はしているものの、到底理解は出来ない。
しかし―、
その理解できない人物ばかりがうじゃうじゃ登場する過去と現在なのだけれど、
思わず引き入れられてしまった!

暗くなりがちなテーマを、時にユーモラスにテンポよく、
重くなり過ぎない運びが良かったし、
共感はしなくとも、ピッパの爽やかな決断に胸のすく思い。

マリア・ベロ、モニカ・ベルッチ、ウィノナ・ライダーと、
豪華女優陣の演技が素晴らしかったです

いつか、誰の身にも起きる人生のターニングポイント。
それは冬の嵐のようにやってくるのか、回転ドアを潜り抜けるが如きものなのか?
ちょっと考えさせられるものがありました
コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« まっすぐな男 | トップ | おめでとう~!!高橋選手! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2010-02-19 15:39:41
会社で眠くて(笑)自分のブログ見たら
TBがあったのでお邪魔しました♪
(仕事しろよ~って感じですが・笑)
絶対にロビンの軽いラブストーリーだ~って
思ちゃうよねえ(汗)私もイメージとだいぶ
違いました。

>その行動や言動には、こういう作品などでしばしば学習はしているものの、到底理解は出来ない。

kiraさんに、共感!同感!理解はほんとできませんでした(汗)でも、重くなりそうな内容を軽いタッチで描いていたので見易かったかな。
ラストも明るかったし(笑)まずまずの作品
でした^^俳優陣も豪華でしたしね^^

なんですが、私は「新しい~」のほうが好きな作品でした♪

ひろちゃん♪ (kira)
2010-02-19 23:39:19
大きい声じゃ言えないけど、、、
ハリウッドは女優が余ってるんでしょうか~?(爆)
だってぇ・・・
「バレンタインデー」といい「ニューヨーク、アイラブユー」といい、
本作品も、主役級の女優てんこ盛りじゃない?

で、やっぱり非凡な設定だから、ちょっと離れてみちゃうわよね(^^ゞ
でもかなりキャストに助けられた作品って感じがしました。

なんか、またしてもアチラの中年のラブモノには乗り切れない私です。
「新しい~」DVDの楽しみにします(笑)
kiraさん★ (mig)
2010-02-20 18:06:08
こんばんは~♪いま例によって外からです

今日も新作押し寄せて公開でしたね!
中年のラブもの、、、、
モニカ・ベルッチ、ウィノナも気になるところだけど
時間ないのでパスになるので読んじゃった(笑)

でも際どいタイトルで見逃してたアシュトンの新作は観たいと思ってまーす★

ナマ恭子ちゃんの記事、upされるのかな?


共感出来ないと言いながら。 (mezzotint)
2010-02-21 23:15:35
あの奔放な生き方にちょっぴり
羨む私がいるのかも(笑)
ところでピッパとクリスはあの後どうなった
のか?それも気になるところです。
TB&コメントありがとうございました。
migちゃん* (kira)
2010-02-22 12:38:00
こんにちは~
あ、やっぱりmigちゃん、パスしちゃう~?
今までの、概ね評判がよかった中年ラブコメと比べてダメとかって事じゃないけど、
日本人からはちょっと遠い人物設定で、
共感し難いキャラ、描写なのよね~。

でも、モニカ・ベルッチは綺麗でショウゲキ!
ウィノナ・ライダーの壊れ方もある意味ショーゲキ!でしたよ
mezzotintさん* (kira)
2010-02-22 22:15:39
ピッパの青春時代、、には
母親目線で、かなり同情的に観てしまいましたが、
大人のピッパは、ただロビン・ライトって上手いなぁ~で、
あのあと、アノ二人、今度は介護するのが逆転?と、
その年齢差が、すぐ介護と直結してしまうオバチャンでした

コメントを投稿

18 トラックバック

50歳の恋愛白書 (心のままに映画の風景)
10代の頃は奔放で荒れた生活を送っていた50歳のピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)は、30歳年上で作家の夫ハーブ・リー(アラン・アーキン...
50歳の恋愛白書 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE】 2010/02/05 公開アメリカ(PG12) 98分監督:レベッカ・ミラー出演:ロビン・ライト・ペン、アラン・アーキン、マリア・ベロ、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー、ジュリアン・ムーア、キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー、...
★50歳の恋愛白書(2009)★ (CinemaCollection)
THEPRIVATELIVESOFPIPPALEE人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。50歳のピッパ・リーが求めたのは、これからの人生を楽しむための、セカンドチャンス。豪華なキャスト&スタッフで贈る、悩める大人たちの恋と、人生の物語上映時間98分製作国アメリカ公開情報劇場....
『50歳の恋愛白書』 (ラムの大通り)
(原題:The Private Lives of Pippa Lee) ----「大人たちよ、間違った恋をしよう」って、 プレスに書いてあるけど、 これって、50歳のオトナたちのコイバナ? 「コイバナとは、これまた、懐かしい言葉使うね。 でも、確かにそれはそうだね。 キャッチコピー は “人生半...
50歳の恋愛白書 (こんな映画見ました~)
『50歳の恋愛白書』 ---THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE--- 2009年(アメリカ) 監督:レベッカ・ミラー 出演: ロビン・ライト・ペン 、アラン・アーキン、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー 、ジュリアン・ムーア、キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー 奔...
50歳の恋愛白書 (試写会) (風に吹かれて)
今の私 無理しすぎてない?公式サイト http://50love.gaga.ne.jp2月5日公開監督・脚本は、原作の著者でもあるレベッカ・ミラーエグゼクティブ・プロデューサー: ブラッド・ピットピッ
試写会「50歳の恋愛白書」 (流れ流れて八丈島)
週末も休み無しで働いて結構クタクタなんだけど、今晩は試写会2本ハシゴしましたまず1本目は、九段会館で「50歳の恋愛白書」邦題からして「60歳のラブレター」みたいな爽やかなのを想像してたんだけど、ところがどっこい、まあドロドロした映画でしたドラッグ漬けの...
『50歳の恋愛白書』・・・邦題にご用心 (SOARのパストラーレ♪)
登場人物の誰にどう感情移入すべきなのか、なんだかよくわからない作品だった。おまけにこの邦題だ。どうしたってアラフィフの洒落た恋物語を連想してしまうではないか。
「50歳の恋愛白書」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  原題は“THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE”いろいろなところで言われていますが、この邦題はちょっと…。「恋愛白書」を期待して観に来た観客は戸惑うでしょう。とても奇妙な物語でしたが、なかなか面白かったです。主人公ピッパ・リーの...
50歳の恋愛白書 (銅版画制作の日々)
 原題はTHE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEEです。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。火曜日は会員:1300円で鑑賞出来るのでラッキー!原題を直訳すると、本作の主人公ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)のプライベートな人生(生活の数々)で、つまりはピッパの恋愛につい...
50歳の恋愛白書 (映画の話でコーヒーブレイク)
先日見た予告編のラインナップは、 「新しい人生の始め方 Last Chance Harvey」ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン 「恋するベーカリー  It's complicated」メリル・ストリープ 「50歳の恋愛白書 The Private Lives of Pippa Lee」ロビン・ライト、キアヌ・リー...
「50歳の恋愛白書」まだまだイケる~?! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[恋愛白書] ブログ村キーワード  “人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。”←何ともポジティブなキャッチ!「50歳の恋愛白書」(ギャガ GAGA★)。あれ?吾輩も人生折り返し地点に、刻一刻と近付いてるんやなあ~(哀)。  ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)...
『50歳の恋愛白書』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「50歳の恋愛白書」□監督・脚本・原作 レベッカ・ミラー □キャスト ロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーヴス、ジュリアン・ムーア、ウィノナ・ライダー、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー、アラン・アーキン■鑑賞日 ...
50歳の恋愛白書 (Movies 1-800)
The Private Lives of Pippa Lee (2009年) 監督:レベッカ・ミラー 出演:ロビン・ライト・ペン、アラン・アーキン、ブレイク・ライヴリー、キアヌ・リーヴス R・ミラー作の同名小説を自身自らがメガホンを取って映画化した作品で、年老いた夫の世話を献身的にする妻の波...
50歳の恋愛白書 (映画的・絵画的・音楽的)
 『50歳の恋愛白書』を日比谷のみゆき座で見てきました。  時間が空いたので、アラフィフの恋愛模様を描いたお気楽な映画でも見ようか、ということで足を運んだところ、邦題から思い描いていたストーリー(キアヌ・リーヴスを中心とする甘いラブストーリー)とは大違い...
50歳の恋愛白書 (活動写真放浪家人生)
 <シネプレックス小倉>  「小倉コロナシネマワールド」から「シネプレックス小倉」まで徒歩1時間。路
50歳の恋愛白書 (Diarydiary! )
《50歳の恋愛白書》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE PRIVA
映画評「50歳の恋愛白書」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督レベッカ・ミラー ネタバレあり