to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ゆりかごを揺らす手

2007-09-08 00:54:33 | the cinema (マ・ヤ行)
―ゆりかごを揺らす手は 世を支配する手なり―

原題 THE HAND THAT ROCKS THE CRADLE
製作年度 1991年
上映時間 110分
監督 カーティス・ハンソン
出演 アナベラ・シオラ/レベッカ・デモーネイ/マット・マッコイ/アーニー・ハドソン/ジュリアン・ムーア/マデリーン・ジーマ

逆恨みした女の復讐劇を描いたサイコ・スリラー。

二人目の子どもを妊娠中のクレア(アナベラ・シオラ)は受診した産婦人科の医師にセクハラされたとして医師会に訴えた。
その事件は大きな社会問題にまで発展し、ついに医師はピストルで自ら命を絶つ。その妻で妊娠中のペイトン(レベッカ・デモーネイ)は財産を奪われ、ショックで流産してしまう。
全てを失ったペイトンは半年後、クレア一家にベビー・シッターとして接近。しだいにその狂気を剥き出しにしていく。

ペイトンはまず、クレアからジョーイを奪い、幼いエマも手なずける。
家族から慕われていた知的障害を持つ使用人ソロモン(アーニー・ハドソン)を罠にはめ・・・

一方は愛する夫を亡くし、母になることも叶わず、棲家を追われた女。
対して、一方はもう一人の家族を迎え、喘息の持病はあるものの、愛する家族や
友人夫婦に囲まれて今も変わらない幸せな日々。
絵に描いたような善良で温かい家庭が、日常生活のトラブルを機に、
知らないうちに復讐のターゲットになっていく。

最初夜中にこっそりジョーイの授乳をし、そのうちクレアから母乳を飲まなくなる、母親としての役目を奪ってくペイトン。
いろいろな物を使って小細工をし、クレアを罠にはめて少しづつ勝利を確信していく彼女はぞっとするくらい怖ろしい。

どこにでも居そうな只のちょっと裕福な家庭の主婦でしかないクレアは、いとも簡単に罠に掛かり次第に家族との距離を感じ孤独をつのらせる。
次々に仕掛けられる小細工を予測できるこちら側のほうが、少しドンくさいクレアより先に恐怖を感じてしまう

レベッカ・デモーネイの静と動の切り替えの見事な演技!
キレたシーンの迫力は心臓が痛くなるほどだけど、
失った夫のかわりにマイケルに近づき、吾が子のようにジョーイに授乳する顔に
怖さとともに切なさも感じる
クレアの友人、マリーン役のジュリアン・ムーアも存在感があり、
エマ(マデリン・ジーマ)は可愛いだけじゃないなかなかの名子役!

実は十数年前一度観ているのだけど、あまりの怖さに途中数分間が観れていない
なまじ一度観ているから余計に怖かった部分もあるが、
サスペンスとしての見応えとともに、「信頼」できる人間関係ということも考えさせられ、
感動できた1本
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 理想の女 | トップ | ラッシュアワー3 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (アイマック)
2007-09-08 16:23:37
これ観たことあります!^^
サイコなストーリーでしたね。
逆恨み、女性ならではの想いもあって
キレたら恐い典型的なケース。
レベッカ・デモーネイがきれいなだけに、豹変すると別人みたいでした。
よくできたサスペンス映画ですよね。
夫はほとんど頼りにならなかったっけ?^^
ジュリアン・ムーアをはじめてみた映画かも。
お邪魔します~ (かの)
2007-09-09 00:05:32
こんばんは、kiraさん
コメント&TBありがとうございました!
こちらからもTB送らせて頂きます~。

>少しドンくさいクレア
思わず吹き出してしまいましたが、確かに同意です(笑)
クレアは善人なんだろうけど、ちょっと危機感が足らなかったですね~

レベッカ・デモーネイの切り替えはほんと見事でしたね!
トイレでのキレっぷりはもちろん、エマをいじめる男の子にもビシッと言い放つ辺りがすごかったです。
復讐の中にも彼女なりの母性が感じられて怖いけど、悲しいものもありました。

ジュリアン・ムーアも良かったですね。
クレアが頼りない分、ペイトンvsマリーンが迫力でした。
まさに女の戦い
アイマックさん~* (kira)
2007-09-09 00:57:03
こんばんは~アイマックさん
お立ち寄り下さって嬉しいです!

あ、やっぱりご存知でした?
たしかTVの洋画劇場でもやっていたと思うのですが、
どこらへんがカットされていたんでしょうかね?
よく出来た脚本なので、全く無駄がないように思えました。
そうです!夫は人がいいだけで、危機感もなく、腕力もなかったの!
ま、それだから最後ちょっとイイんですけど(笑)
かのさん~* (kira)
2007-09-09 01:26:08
こんばんは~
早速のエコー、コメント、ありがとうございます!

出番は少なかったですけど、この時のジュリアン・ムーアはとても印象的でした!

ソロモンを除いては男性陣の印象はうすく(笑)
レベッカ・デモーネイの狂気の演技の凄さ、
アナベラ・シオラの徹底した「普通」さ、
ジュリアン・ムーアの都会的なオーラ、
エマのいじらしさ
これって、この4人のドラマでしたよね!
あ、あと、ジョーイもヨカッタ

再び・・・ (由香)
2008-11-23 16:05:03
お邪魔します♪
『あまりの怖さに途中数分間が観れていない』
分かります、分かります、、、私も途中で観るのを断念しそうになりました。
別にホラー映画でもないのにスッゴク怖いの!!何だか圧迫感のある怖さで心臓が痛くなるほどでしたよね~
こういう上質のサスペンスって最近あまり無いような気が、、、
10数年前とかの映画を観ると、脚本が上手く作ってあるなぁ~と感心することが多々あります。これもそういう映画でした!
由香さん♪ (kira)
2008-11-24 01:31:12
そうそう、心臓が痛くて、飛び出してしまうかという怖さがありましたねー
映画館だと逃げ出せないですが
DVDは一時停止して呼吸が整えられるし(笑)

>こういう上質のサスペンスって最近あまり無いような気が
そうですよね~。
しつこいようですが、やはりハリウッドは脚本家不足、脚本家旱なんじゃないでしょうか・・

それと、TBは禁止ワードに引っかかってるのでしょうか?
また自●かな~。

コメントを投稿

関連するみんなの記事